BENRISTA

専門家がお金の情報をわかりやすく解説する事業を展開中

フィッシング詐欺やスキミング詐欺などの関連犯罪から身を守ろう!

Phishing with icon

キャッシュレス決済やキャッシングの関連犯罪を解説するページ。あらかじめ知識を得ておけば、無用な犯罪に巻き込まれるリスクが減りますよ。

スキミング詐欺:

スキミング詐欺とは?

スキミング詐欺とは、スキマーと呼ばれる小型装置を使ってクレジットカード情報を盗み取る詐欺のこと。

被害経路は小売店やレストランなどのレジで盗まれてしまう場合もあれば、タクシー車内のような暗い空間でこっそり盗まれてしまう場合も。

  • 小売店:会計処理の際に盗む
  • レストラン:テーブル会計の際に盗む
  • タクシー:暗い車内でそっと盗む

最近では銀行ATMのキャッシュカード挿入口にスキマーが設置されていた…なんて事例もあるので、気をつけていても完全に防ぐことは出来ません。

スキミング詐欺の事例:

参考までにスキミング詐欺の事例をいくつか紹介。

まずは銀行ATMに設置されていたスキマーの写真をご覧ください(新生銀行より転載)。

キャッシュカードの挿入口に取り付けられたスキマー

キャッシュカードの挿入口に取り付けられたスキマー

ATMのカード挿入口にスキミング装置を取り付ける

カード挿入口に付けたスキミング装置により、磁気記録情報を取得し、かつ、ATM付近に小型カメラ等を設置することで、入力した暗証番号を盗撮する手口です。

また、セブン銀行のATMにスキマーとカメラが設置された事例もありました(転載元)。

セブン銀行ATMに設置されたスキマーと暗証番号確認用カメラの画像

セブン銀行ATMに設置されたスキマーと暗証番号確認用カメラの画像

正直、これだけ巧妙にスキマーを設置されたら、私たちには防ぐ術はなし。

不運にもスキミング犯罪の餌食となってしまった場合には、後述する盗難補償を申請して被害額の全額を補填してもらってください。

手間はかかりますが、それで被害額を0円にすることが出来ます。

フィッシング詐欺:

フィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺とは、本物のWEBサイトそっくりのものを作ってクレジットカード番号や銀行口座情報などの個人情報を盗み出す詐欺のこと。

主に「新しいパスワードに変更ください」「支払いがまだ完了していません」といったEメールを無作為に送りつけ、本物からの連絡と勘違いしたターゲットから情報を盗み出すことが一連の流れとなります。

  1. 無作為にメールを送りつける
  2. メール内容に騙された人に個人情報を入力させる
  3. カード番号や有効期限を盗み取る

本物そっくりのメールが届くゆえに、騙されてしまう人があとを絶ちません。

クレジットマスター:

クレジットマスターとは?

クレジットマスターは、コンピュータープログラムを利用して使えるクレジットカード番号と有効期限を探し出す詐欺のこと(引用元はこちら)。

クレジットマスターとは、クレジットカード番号の規則性を悪用し、他人のカード番号を割り出す犯罪行為を指す言葉です。

わかりやすくいうと適当に入力したカード番号が使えるかどうかを延々と繰り返し、ほんとうに使える番号を見つけ出してしまう手法なので、クレジットマスターを防ぐ方法は今のところありません。

ある日突然、空から隕石が降ってきて、不幸にも当たってしまったくらいの感覚に近いです。

振り込め詐欺:

振り込め詐欺とは?

振り込め詐欺とは、オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺といった金品や現金を騙し取る詐欺の総称のこと(金融庁による解説を参照)。

元々は電話によるものが主流でしたが、最近では封筒やハガキで訴訟をちらつかせたり、フルーツや海産物を送りつけてお金だけを取ろうとする手法など、様々な手口が存在するのでご注意ください。

以下、特徴的な振り込め詐欺の事例を紹介していきます(広義にはフィッシング詐欺も振り込め詐欺の一種ですが割愛)。

オレオレ詐欺

電話で「オレだよ、オレ。交通事故を起こしちゃって示談金が必要なんだ。○○の口座に今すぐお金を振り込んでくれ。」などと親族、警察官、弁護士等を装って現金を振り込ませる詐欺行為です。

昔は孫や息子を語るシンプルな手口が多かったんですが、最近では警察官、弁護士など名乗って巧みに騙してくる手口も増加中。

「自分はオレオレ詐欺なんかに騙されない」と思っていても、迫真の演技に騙されてしまうことも多いようです。

架空請求詐欺

郵便やEメールを使い、「あなた○○のホームページを見ましたよね? ○○は有料サイトなので、利用料として○○円を今すぐ振り込んでください。」と不特定多数に料金を請求し、だまし取る詐欺。

出会い系サイトや成人向けサイトの利用料など、家族にバレると恥ずかしい事情がある方が「そのくらいなら…」と言われるがままに払ってしまう傾向にありますが、一度払ってしまうと次から次へと請求が届くことになるのでご注意ください。

過去には1億円以上のお金をだまし取られた方もいるほどです(朝日新聞より引用)。

北海道警札幌西署は11日、札幌市西区の50代男性が約1億900万円をだまし取られる架空請求詐欺の被害にあったと発表した。

署によると、10月14日に「利用料金の確認が取れていない」などと書かれたメールが男性の携帯電話に届き、男性がメールの連絡先に電話すると、「アダルトサイトの未納料金がある」と言われ、警察などを名乗る男らから「サイバー保険料」「損害賠償の補償金」といった名目で金を要求された。

融資保証金詐欺

融資保証金詐欺は「この案件に対して融資を行うためには保証金が必要です。指定口座にお金を振り込んでください。確認でき次第融資をいたします。」、「宝くじの当せん金を受け取るためには会員登録費用として○○円を指定口座に振り込んでください。会員登録完了後、当せん金を振り込みます。」といったような、大きなお金をチラつかせてお金をだまし取る詐欺。

だいたいは振込後に連絡がつかなくなるか、さらに別の名目で費用請求されることになります。当然、指示通りに動いても大金を手にすることはありません。

還付金詐欺

還付金詐欺は「○○税務署のほうから来ました。税金の還付金があるのですが、手数料を払っていただけないとお返しできないのです。つきましては、○○の口座に手数料を振り込んでください。」といった手数料を請求する手口や、「還付金があるので銀行ATMへ行ってください。そこでATM操作を教えますので…」とATM操作に不慣れな高齢者を狙ってお金をだまし取る詐欺。

税務署、社会保険事務所、市役所、銀行などなど、信頼の高い機関を名乗り、信じさせようとすることが多いです。

クレジットカードには盗難補償がある:

Police

最後に。

クレジットカードには不正利用された際の盗難補償がしっかり備わっているので、仮に関連犯罪に巻き込まれてしまったとしても安心そのもの。

しっかり申請すれば被害にあった全額を補償してもらうことが出来るためです。

但し、デビットカード、電子マネー、スマホ決済には補償の上限が設定されていることが多いので、やはり犯罪は未然に防ぐのがおすすめ。

前述のように知識をつけることで避けられる被害は多いですよ。

最終更新日:2022年9月26日

PAGE TOP