BENRISTA

専門家がお金の情報をわかりやすく解説する事業を展開中

VisaやMastercardなどの国際ブランドをわかりやすく解説&関連リンク集

accepted here

VisaやMastercardなど、国際ブランドまわりの情報をまとめてみました。

あわせて国際ブランドに関するQ&Aも作成したので、詳しく理解したい方はどうぞ。

Visa(ビザ)

Visaとは?

Visaのロゴマーク

Visaのロゴマーク

Visaは世界最大の国際ブランド。

ごく限られた場所を除き、ほぼすべての国や地域での支払いに使えるため、国際ブランド選びで迷ったらVisaで問題ありません。

Mastercard(マスターカード)

Mastercardとは?

Mastercardのロゴマーク

Mastercardのロゴマーク

MastercardはVisaと並ぶ国際ブランドの筆頭格です。

Mastercardいわく、「世界でもっとも多くの場所で使える国際ブランド」とのことですが、使い勝手はVisaとほぼ同等。

むしろ国際的なシェアで考えるとVisaより劣る世界No.2の国際ブランドである…というのがカード業界内の共通認識となります。

JCB(ジェーシービー)

JCBとは?

JCBのロゴマーク

JCBのロゴマーク

JCBは日本発の国際ブランド。

日本人がよく行く観光地や、アジア、アメリカ、ヨーロッパなどで一定のシェアがありますが、VisaやMastercard比べると使い勝手にはやや難ありと言えます。

American Express(アメックス)

American Expressとは?

American Expressのロゴマーク

American Expressのロゴマーク

American Expressは高ステータスの象徴とも言える国際ブランド。

旅行やエンターテイメント系のサービスや優待に強みがあります。

Diners Club(ダイナースクラブ)

Diners Clubとは?

Diners Clubのロゴマーク

Diners Clubのロゴマーク

Diners Clubは高ステータスの象徴とも言える国際ブランド。

その名の由来となったように、グルメ系のイベントや優待に強みがあります。

UnionPay(中国銀聯)

UnionPayとは?

UnionPayのロゴマーク

UnionPayのロゴマーク

中国銀聯は中国発の国際ブランド。

英語名はUnionPay、もしくはChina UnionPay(ユニオンペイ)。

中国本土はもちろんのこと、シンガポール、台湾、タイ、マレーシアといった地域で高いシェアを持ちます。

日本国内では三井住友カード株式会社や三菱UFJニコス株式会社が発行中。中国への渡航頻度が多い方はこれらのカード会社で申込ください。

Discover Card(ディスカバーカード)

Discover Cardとは?

Discover Cardのロゴマーク

Discover Cardのロゴマーク

Discover Cardは北米で使いやすい国際ブランドです。

国際ブランドとしての位置付けではあるものの、使えるのはアメリカ合衆国やカナダが主。

UnionPayと提携したことで中国国内で使えるようになったり、JCBとの提携によって日本国内でも使えますが、VisaやMastercardほどの利便性はありません。

よくある質問とその答え:

国際ブランドに関するよくある質問とその答えをQ&A形式で解説。詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

Q.国際ブランドのVisaと査証のビザって一緒なの?

国際ブランドのVisaと、海外渡航時に求められる査証のVISAは一緒なのかというと、当然、まったくの別モノ。

呼び方が一緒なだけで中身は異なるのでご注意ください(引用元)。

  • 国際ブランドのVisa:決済ネットワーク
  • 査証のVISA(ビザ):入国や滞在するために必要なもの

ビザとは入国審査をクリアした証

ビザとは、日本では査証とも呼ばれていますが、渡航先の国に事前に申請し、審査を経て発行される「入国許可証」ともいえるものです。

自国の安全を守るなどの目的で、渡航希望者の身元を事前に審査するため、問題がある場合は入国が拒否される場合もあります。

ビザは、渡航する国や渡航する目的、渡航先での滞在期間などによって、取得の要不要、取得するビザの種類が異なるため、海外に行く予定がある場合は、ビザが必要なのかどうかなど、余裕を持って確認しておく必要があります。

査証が必要な国にクレジットカードのVisaを持って渡航しても、入国できずに追い返されるだけとなります。

Q.VisaとMastercardはどちらがいいの?

VisaとMastercard、国際ブランドを選ぶ際にはどちらがいいのか…というと、これはみなさんの好きなほうを選んで問題ありません。

昔はVisaだと北米で使いやすいとか、Mastercardだとヨーロッパやオーストラリアで使いやすいよ…なんて特徴があったものですが、現在ではそれらの差はほぼ解消済み。

  • 過去:VisaとMastercardには地域性があった
  • 現在:VisaとMastercardの地域性は解消済み

Visaしか使えないお店、Mastercardしか使えないお店なんてほとんど存在しないので悩むだけムダと言えます。

どちらも世界中の国や地域で使える、業界を代表する国際ブランドで間違いありません。

会社規模はVisaの勝利:

尚、VisaもMastercardも使えるお店の数に違いはありませんが、会社規模でいえばVisaの勝利。

2022年9月時点で時価総額には下記のような差があるので、迷ったらVisa選択でしょう。

  • Visa:時価総額3843億ドル(日本円で55兆円程度)
  • Mastercard:時価総額2883億ドル(日本円で40兆円程度)

しばらくVisa、Mastercardの順位逆転は起きないものと思われます。

Q.VisaとJCBはどちらがいいの?

VisaとJCBでは、どちらの国際ブランドのほうがいいのか…というと、これはあなたが海外に行くかどうかで決めればOK。

仮に海外旅行や出張に行く予定があるならVisaで間違いありません。JCBは残念ながら海外で使いにくい国や地域が多いので、JCB1枚で海外渡航するには無理があります。

しかし、日本国内でしかクレジットカードを使う予定がないならJCBでも十分。使える場所で不自由することはないでしょう。

国内でもVisaが優勢になりつつある:

尚、一昔前ではVisaよりもJCBのほうが日本国内で使いやすい状況がありましたが、現在では立場が逆転し、JCBよりもVisaのほうが使える場所が多い状況あり。

  • 2000年代まで:国内ではVisaよりもJCBほうが優勢
  • 2010年以降:国内でもVisaのほうが優勢

それゆえ、特にこだわりなく国際ブランドを選びたいと思うのならば、海外でもVisa、国内でもVisaで問題ないのかもしれません。

あえてJCBを選ぶ理由がない状況です。

Q.国際ブランドごとのシェアは?

国際ブランドごとのマーケットシェアはどのくらいなのか、これはNilson Reportによる統計データを見るのが一番(Nilson Reportより転載)。

Nilson Reportによる2020年の国際ブランドシェア

Nilson Reportによる2020年の国際ブランドシェア

これをみるとVisa、Mastercard、UnionPayの3ブランドでほぼ寡占状態。

  • Visa:40%
  • UnionPay:32%
  • Mastercard:24%

JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブはまったく太刀打ち出来ていないことがわかります。

UnionPayは中国での売上が大きい:

尚、数字だけをみるとMastercardよりもUnionPayのほうがマーケットシェアが上ですが、UnionPayの利用はそのほとんどが中国国内や中華圏の国によるもの。

それゆえ、国際的な使いやすさでいえばまだMastercardのほうがUnionPayよりも優位性がありますね。

中国やシンガポール等に渡航する予定がなければ、あえてUnionPayを作る理由はないでしょう。

最終更新日:2022年10月3日

PAGE TOP