VISAカードとマスターカード、どちらを持つべきか?

記事更新日

VISAカードとマスターカード、どちらを選ぶべきか?

VISAカードとマスターカード、どちらを作るべきか迷っている・・・という方は非常に多いように思う。そこで、VISAカードとマスターカードのどちらがいいのか?どちらがより優れているのか?について、まとめてみたいと思う。

VISAカードとマスターカードの選び方:

日本国内で使うなら、どちらも一緒:

選び方などと書いておきながら、アバウトな答えのようになってしまうが、もしあなたが国内限定でクレジットカードを利用しようと考えているのなら、VISAカードでもマスターカードでもどちらを選んでも良いと思われる。

というのも、日本国内でVISAカードが使えるお店(ビザカード加盟店)とマスターカードが使えるお店(マスターカード加盟店)の数はほぼ同一なため。両方使える場合も多い。つまりどちらのクレジットカードをつくっても、使えるお店の数は変わらないのだ。

クレジットカードの利便性という面では、どちらの国際ブランドを選んでも変わらないため、自分の好みで選べば良いだろう。

海外でも使うならやっぱりVISAカード:

世界的に見れば、利用出来る加盟店数が最も多いのはVISAカード。海外旅行や海外出張によく行くという方の場合には、とりあえずVISAカードを選んでおけば無難だろう。どちらかを選ぶとすれば、わざわざマスターカードを選ぶ必要性はないのではないだろうか。

但し、マスターカードが世界で使えないというわけではない。世界での加盟店数はVISAに次いで多く、積極的に海外利用のキャンペーンも実施している。海外でも、観光地や大都市にしか行かないというのであれば、マスターカードでも充分だろう。特にヨーロッパ各国ではマスターカードが最も利用しやすいとされている。

世界で使えるおすすめVISAカード!

理想はVISA、マスター2枚持ち!:

日本国内のみで考えるとどちらの国際ブランドを選んでも良いのだが、海外に目を向ける場合にはやはりVISAカードのほうが強い。理想はやはりVISAカード、マスターカード両方持ってしまうこと。クレジットカードは1枚しか持ってはいけないという決まりはない。両方持ってしまえば次のようなメリットが受けられる。

VISAカードキャンペーン、マスターカードキャンペーンの一挙両得:

VISAカード、マスターカードともに、一年を通して、所有者向けキャンペーンを実施している。従って、両方の国際ブランドのクレジットカードを持っていれば、両方のキャンペーンを受けることができる。

特に利用金額に応じて漏れなく貰えるキャンペーンなどが実施されている場合には、家計の節約にも大きくつながるだろう。両方のカードを持って常にチェックするようにしたい!

片方が使えないお店でも大丈夫:

こう言うと当たり前の話のようだが、VISAカードが使えないお店ではマスターカードを利用し、マスターカードが使えないお店ではVISAカードを利用し・・・といったように、両方の国際ブランドを所持することによって、クレジットカードが使えないお店を限りなく少なくすることができる。

国内に限ればそれほど関係ないが、海外ではまだまだどちらか片方しか使えないお店やレストランも多いので、様々な国や地域に行く場合には、両方を持つことが大切なのである。

海外キャッシングでも安心:

VISAとマスターカードでは、異なる海外ATM網を持っているため、海外キャッシングが必要になった時の備えとしても、両方のカードを持っていると安心。VISAは「PLUS」、マスターは「Cirrus」というATMネットワークに加盟しているので、海外ATMで片方が使えないときも、もう片方で現金を引き出すことができる。

知名度バツグン!マスターカード徹底比較

この記事に関する参考リンク:

国際ブランドの比較に属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード
    楽天カード

    入会+利用で5,000円分以上の楽天ポイントが全員もれなくもらえるキャンペーン中!

    JCB CARD W
    JCB CARD W

    39歳以下・WEB入会限定の条件をクリアすればポイントの高還元率が最大の魅力。年会費無料のJCBカード。

    dカード GOLD
    dカード GOLD

    ドコモ利用料金が10%還元! ドコモのdポイントがザクザク貯まるお得なdカード GOLD

  • JCB一般カード
    JCB一般カード

    JCBカードの基本となるクレジットカード。初めての方にもポイント重視の方にもおすすめできます。

    三井住友カード デビュープラス
    三井住友カード デビュープラス

    三井住友カードが発行する18歳~25歳のためのカード。ポイントがザクザク貯まるのがその特徴。

    「ビュー・スイカ」カード
    「ビュー・スイカ」カード

    Suicaとクレジットカード、定期券が一体型になったカード。Suicaチャージがお得!

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別カテゴリー

  • 初めての
    方向け 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • スピード
    発行可能 スピード発行可能
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方におすすめのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイト
    おすすめ 当サイトおすすめ
    当サイトとしておすすめしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は、おすすめから選んでみてください。
  • 推薦
    ステータス
    カード 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に
    強いカード 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが
    貯まる マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい方は、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが
    貯まる マイルが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方におすすめのカードを取り揃えています。
  • 入会特典で
    お得 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典がもらえるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時にもらってしまおう!

おすすめカテゴリー

  • ETCに
    おすすめ ETCにおすすめ
    ETCカードを作るのにおすすめのクレジットカードを集めたカテゴリ。
  • おすすめ
    Visa おすすめVisaカード
    当サイトがおすすめするVisaカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVisaカードは節約のためにも必携です。
  • おすすめ
    無料
    カード おすすめ無料カード
    年会費無料で持つことができるクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない方におすすめです。
  • 学生に
    おすすめ おすすめ学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することができるクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化カテゴリー

  • 公共料金の
    節約に 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の
    節約に ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の
    節約に ガソリン代の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を
    賢く ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めての
    クレジットカード入門 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から
    手元に届くまで クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のおすすめカード