「ビュー・スイカ」カード

  • 年会費無料
  • 有名カード
  • 初めての1枚に
  • 誰もが憧れるステータスカード
  • 当サイトのお勧め
  • ポイントがザクザク貯まる
  • ポイントの有効期限がない
  • マイルが貯まる
  • 空港ラウンジ利用可能
  • 海外での利用に
  • スピード発行可能
  • サービスが充実

新規ご入会+登録で最大2,000円相当のポイントプレゼント実施中!さらに、キャンペーン登録など諸条件で、抽選で100名様に30,000ポイントをプレゼント!

年会費1年目477円(税抜)2年目以降477円(税抜)
発行会社名株式会社ビューカード
発行資格電話連絡のとれる満18歳以上の方(未成年の方は親権者の同意が必要)。高校生は不可。
公式サイトをチェックネットからすぐに申込可能

現金でSuicaチャージや定期券購入している人にオススメ! JR東日本ユーザーはポイントがお得に貯まる「ビュー・スイカ」カード

ポイント1「ビュー・スイカ」カードの特徴

「ビュー・スイカ」カードはJR東日本の子会社の株式会社ビューカードが発行するクレジットカードだ。同社の発行するクレジットカード「ビューカード」にはさまざまなシリーズがあるが、「ビュー・スイカ」カードはそれらのなかで標準的な位置づけのクレジットカードとなる。

 

Suicaが付帯されたクレジットカード

ビューカードが発行するクレジットカードの大半は年会費が必要で、「ビュー・スイカ」カードも年会費が477円(税別)かかる。

 

ビューカードの中には年会費が初年度無料になるものもあるが、「ビュー・スイカ」カードではそうした特典はない。

 

一般ランクのクレジットカードであるため年会費無料を期待する人もあるかもしれないが、Suicaが付帯されたクレジットカードはそのぶんの見合ったサービスが提供されているので、年会費は必要なものと割り切って考えるのがよいだろう。

 

「ビュー・スイカ」カードは家族カードの発行も可能だ。家族カードの年会費は無料か本会員よりも低価格に設定されているクレジットカードが多いが、「ビュー・スイカ」カードは家族カードの年会費も477円(税別)となる。

 

VIEWカラーを基調とした券面デザイン

券面はSuicaでも用いられている水色が基調のデザインだ。

 

ビューカードのロゴにも利用されているイメージカラーが使われている。券面に大きくあしらわれた「VIEW Suica」のカード名が印象的で、ビューカードシリーズの中でも「ビュー・スイカ」カードであると一目でわかるスタイリッシュさだ。

 

Suicaが付帯するクレジットカードであることもわかりやすい。

 

国際ブランドはVISA・MasterCard・JCBから選択可能

「ビュー・スイカ」カードはVISA・MasterCard・JCBがの3つの国際ブランドが用意されている。

 

どの国際ブランドを選択しても年会費に差はなく、自分の好みで選択できる。

 

ビューカードシリーズの中には国際ブランドが1つか2つに限られているものもあるので、それらと比較すると3つの国際ブランドがある「ビュー・スイカ」カードは選択肢が多いところは魅力的だ。

 

「ビュー・スイカ」カードが提供するサービスは共通だが、国際ブランドそれぞれのサービスに多少の差はある。ただし大きく差が出るものではないのでそこまで気にする必要はないだろう。

 

たとえば海外利用が多い方はVISAやMasterCard、「Oki Dokiポイント」を集めているならJCBといった具合に、自身のクレジットカードの使い方によって選ぶことをオススメする。

 

「ビュー・スイカ」カードの支払いで「JRE POINT」が貯まる

「ビュー・スイカ」カードで支払いをすると「JRE POINT」が貯まる。JRE POINTはビューカードでの支払いやポイントカードの提示で獲得できるJR東日本共通のポイントプログラムだ。

 

1,000円(税込)の支払いにつき5ポイントが貯まる。1ポイントは1円相当で、還元率は0.5%という計算だ。

 

クレジットカードの多くで還元率が0.5%に設定されているので、「ビュー・スイカ」カードも標準的な還元率のクレジットカードといえる。

 

年間利用額に応じたポイントのボーナス加算がうれしい

支払いで獲得できるポイントとは別に、「ビューサンクスボーナス」と呼ばれるボーナスポイントも付与されるのがビューカードの特徴だ。

 

これは毎年4月~翌年3月までの利用金額合計に応じてポイントが獲得できるサービス。

 

期間内の利用金額とボーナスポイントを以下のとおりまとめてみたので参考にしてほしい。

 

期間内の利用金額(税込) ビューサンクスボーナスの付与ポイント
30万円以上70万円未満 250ポイント
70万円以上100万円未満 1,000ポイント
100万円以上150万円未満 1,500ポイント
150万円以上 2,500ポイント

 

ボーナスポイントは段階的に獲得できる。

 

たとえば期間内の利用金額が130万円(税込)であった場合、250ポイント・1,000ポイント・1,500ポイントの3つのポイントを内包した合計2,750ポイントが付与される。

 

130万円(税込)の利用金額だった場合、1,500ポイントだけが付与されるわけではないので、これはちょっとうれしい。

 

150万円以上利用した際にはすべてのボーナスポイントを獲得できるため合計で5,250ポイントを獲得できるわけだ。

 

ただし期間内の利用であっても以下はボーナスポイントの対象には含まれない。

 

  1. Suicaチャージ金額
  2. 定期券・特急券の購入金額
  3. 年会費やリボ払い手数料

 

特に1のSuicaチャージは多くの方が「ビュー・スイカ」カードの利用目的にすると考えられるが、Suicaチャージは含まれない。

 

これは後述するSuicaへのチャージではポイントが3倍獲得できる特典が用意されているからだ。Suicaへチャージすることで利用金額が増えると思いがちだが気をつけたい。

 

JRE POINTはSuicaチャージなど幅広い用途で利用できる

獲得したJRE POINTは幅広い用途に利用できる。

 

Suicaのチャージに利用できるのはもちろんのこと、JR東日本の関連施設で利用できる商品券・各種ギフト券への交換などが例に挙げられる。

 

また、ルミネなどJRE POINT加盟店であれば1ポイントを1円として1ポイント単位でショッピングの支払いにも利用できる。

 

利用用途を以下のとおりまとめてみた。

 

ポイントの用途 内容
Suicaチャージ VIEW ALTTEでSuicaにチャージ
商品券交換 ルミネ商品券、びゅう商品券、鉄道博物館入館引換券、グリーン車利用券、ハーゲンダッツミニカップギフト券 など
オリジナルグッズ トラベルタンブラー、Suicaのペンギン立体パスケース など
寄付 日本ユネスコ協会連盟、日本赤十字社
商品 鉄道グッズ、かばん類、キッチン用品、アウトドア用品 など

 

ポイントは貯めても使わなければ意味がないが、JRE POINTは貯めるだけではなく、利用者がポイントを使いやすい環境が作られている点が魅力的だ。

 

ビューカードの利用でJRE POINTがお得に獲得できるJR東日本のエキナカなどの商業施設・優待店については、以下の記事もくわしいので参考にどうぞ。

 

JRE CARD

 

 

ポイント2「ビュー・スイカ」カードの利点

Suicaへのチャージでポイント3倍

ビューカードシリーズ共通の利点は、JR東日本の関連会社が発行しているクレジットカードであり、Suicaとの相性が良いことだ。

 

Suicaチャージで多くのポイントを貯められ、定期券の購入でもポイントが貯まる。

 

JR東日本を普段からよく利用する方には優遇されていることが実感できるはずだ。

 

たとえば、Suicaへのチャージ・定期券や特急券を購入すると、1,000円(税込)につき15ポイントが貯まる。

 

通常のショッピングでは1,000円(税込)につき貯まるのは5ポイントだ。

 

つまり、還元率は通常の0.5%から3倍の1.5%までアップする。電子マネーのチャージで還元率1.5%が適用されるようなクレジットカードはほとんどないので、Suicaへのチャージに限られた特典とはなるものの「ビュー・スイカ」カードを利用する大きなメリットだ。

 

交通機関の利用だけではなく、コンビニなどでも普段Suicaで支払いをしている人であれば見逃せない大きな利点だろう。

 

JR東日本の定期券購入でもポイント3倍

また、定期券や特急券を購入する際に「ビュー・スイカ」カードを利用することでもポイントは3倍になる。通勤・通学でSuica定期券を利用する場合、「ビュー・スイカ」カードで購入しておくと還元率1.5%が適用されとてもお得だ。

 

たとえば毎月の通勤定期代が2万円の場合、現金で購入しても1円の得にもならないが、「ビュー・スイカ」カードで購入すれば300ポイントが獲得できる。年間でみれば3,600ポイント=3,600円もお得になる計算だ。ちょっとぜいたくな食事や買い物ができる金額だろう。

 

このことだけでもJR東日本を通勤・通学で利用している方は「ビュー・スイカ」カードを持っておかないほうが損だといえる。

 

ちなみにJR東日本の自動券売機に対応しているクレジットカードはビューカードだけである点もお忘れなく。

 

電車利用に便利なSuicaオートチャージに対応

「ビュー・スイカ」カードはSuicaのオートチャージに指定できるクレジットカードだ。

 

オートチャージ設定をしておくことで、JR東日本のSuica対応改札・首都圏鉄道のPASMO対応改札を通過した際に、Suica残高に応じて自動的に所定の金額がチャージされる。

 

いちいちチャージするわずらわしさから解放されとても便利だ。一度オートチャージの便利さを味わったらもう戻れないと思う方はきっと多いだろう。

 

Suicaのオートチャージに利用できるクレジットカードはビューカードに限られており、ほかのクレジットカードではオートチャージができない。

 

Suicaのオートチャージができてなおかつポイントも貯まりやすい点で「ビュー・スイカ」カードはJR東日本利用者にとって利便性・経済性の面でがとてもお得感の高いクレジットカードだ。

 

海外旅行保険が自動付帯

「ビュー・スイカ」カードは、一般ランクのカードではあるが海外旅行保険が自動付帯するのも利点のひとつ。

 

一般カードは海外旅行保険が付帯されていないものが多いが、自動的に海外旅行保険が付帯される「ビュー・スイカ」カードは貴重だ。

 

「ビュー・スイカ」カードに付帯される海外旅行保険の内容は以下のとおり。

 

保険内容 補償額(最大)
死亡・後遺障害 500万円
疾病・傷害治療 50万円

 

一般カードということもあり付帯されている保険の内容は限られる。また、補償額も多いとはいえない。

 

とはいえ海外旅行保険はほかのクレジットカードと合算して利用もできるので、「ビュー・スイカ」カードのほかに海外旅行保険が付帯されたクレジットカードを利用することで内容を充実させることは工夫次第でどうにでもできる。

 

国内旅行保険は利用付帯

「ビュー・スイカ」カードには国内旅行保険も付帯されている。

 

一般カードでは付帯されていないものが大半であるなか、このメリットも際立つ。条件は利用付帯となるので、公共交通機関の乗車料金やツアー代金を「ビュー・スイカ」カードで支払うことで保険が適用される。

 

国内旅行保険の中でも「ビュー・スイカ」カードに付帯されている保険は独自の特徴がある。改札内で発生したトラブルにも対応していることだ。

 

他社のクレジットカードに付帯されている国内旅行保険では、改札内でのトラブルには対応していない。JR東日本のビューカードならではの利点だ。

 

 

ポイント3「ビュー・スイカ」カードの注意点

JRE POINTの付与は1,000円(税込)ごと

「ビュー・スイカ」カードでは1,000円(税込)ごとにポイントが貯まる。つまり、1,000円(税込)以下の支払金額ではポイントが付与されない。

 

たとえば950円(税込)の支払いをした場合、200円(税込)ごとに1ポイント貯まるクレジットカードであれば4ポイントが貯まる。それに対して、「ビュー・スイカ」カードでは1ポイントも付与されない。

 

最近はクレジットカードのポイントといえば100円(税込)や200円(税込)ごとに貯まるものが主流だ。数百円程度の少額決済でもポイントが付与され、ポイント対象外の端数金額が出にくいように設計されている。

 

上記は極端な例ではあるが、「ビュー・スイカ」カードでは支払金額に対して端数が大きく出る可能性があるので注意してほしい。「ビュー・スイカ」カードでポイントを集めるなら1,000円(税込)ごとと覚えておこう。

 

Apple PayではないiDやQUICPayには連携しない

「ビュー・スイカ」カードはApple Payに対応しているクレジットカードだ。iPhoneのWalletアプリと連携させて、QUICPay加盟店での電子マネー支払いができる。

 

しかし、Apple PayではないiDやQUICPayと直接連携できない。Apple Payの決済クレジットカードに指定するときだけQUICPayでの支払いが可能だ。後払い式の電子マネーを利用する人が増えているが、「ビュー・スイカ」カードで後払い式電子マネーを利用したいのであれば、Apple Payの利用を検討しよう。

 

もちろん、Suicaのオートチャージをうまく活用すれば、残高を気にせず後払い電子マネーのように利用できるので、iPhoneを使わなくても実質的にはiDやQUICPayと使い勝手は変わらないので、さほど気にすることはない。

 

 

ポイント4「ビュー・スイカ」カードのその他情報

Apple PayのQUICPayに対応

iPhoneが日本で広く利用されていることでApple Payも幅広く利用される支払手段のひとつとなっている。

 

前述したように「ビュー・スイカ」カードはApple Payの決済クレジットカードに対応する。

 

iPhoneのWalletアプリで「ビュー・スイカ」カードを登録したApple PayはQUICPay扱いとなる。QUICPayの加盟店でApple Pay支払が可能だ。

 

 

ポイント5「ビュー・スイカ」カードまとめ

ビューカードが発行する「ビュー・スイカ」カードの特徴を紹介した。

 

JR東日本系のクレジットカードであり、Suicaとの相性の良さなどJR東日本利用者には魅力的な特典が付帯されている。

 

特にSuicaチャージやSuica定期券を利用している人であれば「ビュー・スイカ」カードを持たないことはかえって損失といってもいいだろう。「ビュー・スイカ」カードを利用することで効率よくポイントが獲得できるので、ぜひ入会を検討してほしい。

 

還元率1.5%が提供されるのは「ビュー・スイカ」カードを利用するからこそのメリットだ。ポイントもSuicaチャージを中心に、JR東日本の商業施設やさまざまな用途に利用できる。

 

年会費は税込でもわずか500円強だ。「ビュー・スイカ」カードを持つことで、年会費以上のメリットを享受できる。

 

いまだ現金でSuica単体のICカードへのチャージや定期券を購入している人であれば、この記事を読んだことをきっかけに、ぜひ真剣に「ビュー・スイカ」カードへの入会をオススメしたい。

  公式サイトをチェックネットからすぐに申込可能

「ビュー・スイカ」カードの詳細

「ビュー・スイカ」カードの発行会社情報

発行会社名株式会社ビューカード
本社所在地東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル
設立年月日2009年9月1日

「ビュー・スイカ」カードの会費・料金情報

1年目年会費477円(税抜) 2年目以降の年会費477円(税抜)
発行手数料無料 入会金無料
解約手数料無料 支払サイクル毎月末日締め、翌々月4日払い

「ビュー・スイカ」カードの基本情報

発行資格電話連絡のとれる満18歳以上の方(未成年の方は親権者の同意が必要)。高校生は不可。
手元に届くまでの目安-
初期利用限度額10万円~80万円 ポイントプログラム名JRE POINT
ポイントレート1,000円=5ポイント ポイント有効期限最終利用時より2年間

「ビュー・スイカ」カードの保険情報 & 発行可能カード情報

海外旅行傷害保険最高500万円 国内旅行傷害保険最高1,000万円
ショッピング保険- 盗難保険盗難保険付き
その他の保険-
ETCカード年会費477円(税抜)で発行可能 家族カード1枚につき477円(税抜)(最大9枚まで)。※定期券機能付きのカードに限る。
対応電子マネーSuica

「ビュー・スイカ」カードの特色

買い物全般JRE POINT加盟店で100円(税抜)につき1ポイント 車関連-
公共料金や携帯- レジャー全般-
その他年間のご利用額累計に応じて、ボーナスポイントがもらえる。

「ビュー・スイカ」カードの空港 & 海外利用情報

空港ラウンジ- プライオリティパス-
海外での利用国際ブランドVISAを選択した場合は、海外のほとんどの国や地域で利用可能。
  公式サイトをチェックネットからすぐに申込可能

※本ページの記載内容は2019年9月15日現在の内容になります。
正しい詳細に関しては 「ビュー・スイカ」カードの公式サイト をご確認ください。

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード
    楽天カード

    入会+利用で5,000円分の楽天ポイントが全員もれなくもらえるキャンペーン中!

    JCB CARD W
    JCB CARD W

    39歳以下・WEB入会限定という条件をクリアすればポイントの高還元率が最大の魅力。年会費無料のJCBカード。

    アコムACマスターカード
    アコムACマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。フリーターでも20歳以上なら申込可!

  • Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    MUFGカード ゴールド
    MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    イオンカード(WAON一体型)
    イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

このカードの公式サイト情報

他カード検索

「ビュー・スイカ」カードの詳細が更にわかる公式サイトはこちらからどうぞ。

公式サイトをチェックネットからすぐに申込可能