クレジットカードでSuicaをチャージする方法まとめ。ICカードから、モバイル利用まで!

記事更新日

クレジットカードでSuicaチャージをする方法まとめ

 

日頃からJRをよく使っている方を中心に、今や多くの人が当たり前のように持っているSuica(スイカ)。切符を買わずに電車に乗れる非常に便利な電子マネーだ。しかも全国相互利用が開始以降は日本全国で利用できるようになったため、出張や旅行などでも大いに活躍してくれるオールマイティの心強い1枚になった。

 

クレジットカードを使ったチャージもどんどん便利になっている。Suicaカードには、いまだにビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)でしかチャージできないが、モバイルSuica(おサイフケータイで利用可能)を使えば、より多くのクレジットカードでチャージが可能。また、2016年10月25日からは、iPhone 7の発売に合わせてサービス開始された「Apple Pay」によってiPhoneでもSuicaが利用できるようになり、手持ちのクレジットカードからチャージが可能になっている。

 

Suicaにクレジットカードでチャージする方法 総まとめ

Suicaチャージといえばビューカードが王道

Suicaカードにチャージできるのはビューカードだけ

ペンギンになった暮角べんり君クレジットカードを使ってSuicaにチャージする一番簡単な方法は「ビューカード」を使うこと。JR東日本グループのカード会社・ビューカードが発行するクレジットカードだけあって、Suicaチャージに関しては優位性がある。これまでのところ、ICカードタイプのSuicaにチャージできるのはこのビューカードだけとなっている。

 

ビューカードを使ったSuicaカードへのチャージには、具体的にどのような方法があるのか? 表にまとめてみた。

 

ビューカードを使ったSuicaカードへのチャージ方法
チャージ方法 手続きの概要
VIEW ALTTE(ビューアルッテ)を利用 首都圏の主要な駅に設置されている駅のATMがVIEW ALTTE。これを利用すれば簡単にSuicaチャージができる。VIEW ALTTEではビューカード利用で貯めたポイントをSuicaに交換(チャージ)することも可能だ
オートチャージ機能を利用

ビューカードの多くでオートチャージ機能VIEW ALTTEで設定が行える)が利用できる。一度設定しておけばSuica残高が減少した際に自動的にクレジットカードでチャージしてくれるので残高を気にする必要がない

多機能券売機を利用 首都圏を中心に設置が進んでいるJR乗車券の多機能券売機を利用すればビューカードを使ってSuicaチャージ可能(ただし利用できるのはいまのところSuica一体型のビューカードの場合のみ)

 

必ずしも本家ビューカードを選ぶ必要性はない

Suicaカード(ICカードタイプのSuica)を使っている場合、クレジットカードからチャージをするためにはビューカードが必要だが、正直なところJR東日本以外の利用ではビューカードにはそれほど大きな魅力はない。基本的には年会費がかかるので、できれば持ちたくない方も多いのではないだろうか? 実は私もそう思っていた1人で、せっせと現金でSuicaチャージをしていたことがある。

 

提携クレジットカードも検討してみよう

しかしSuicaチャージできるのは本家JR東日本発行のビューカードだけとは限らない。他社との提携で発行されているビューカードシリーズでもSuicaチャージは可能だ。

 

一例をあげると、JALカードとビューカードが提携して発行しているクレジットカード「JALカードSuica」。普段のカード利用ではJAL(日本航空)のマイルが貯まり、Suicaチャージでもポイントが貯まる。また、ビックカメラとの提携によるクレジットカードで実質年会費無料の「ビックカメラSuicaカード」も、Suicaチャージ用として人気だ。そのほかたくさんの提携カードのラインアップがある。自分のスタイルにあったお得なカードが見つかるかもしれないのでチェックしてみるといいだろう。

 

 

Suicaチャージやビックカメラの買い物で最大11.5%のポイント付与! ビッグカメラSuicaカード

 

モバイルSuicaなら、より便利なSuicaチャージ

モバイルSuicaならどのクレジットカードでも使える!

陸上選手になった暮角べんり君携帯電話やスマ―トフォンでSuicaが利用できるサービス「モバイルSuica」が普及。スマホでSuicaを利用する人がどんどん増えている(”モバスイ”などと略す人もいる)。

 

このモバイルSuicaでなによりうれしいのは、ほぼどのクレジットカードからでもチャージが可能なこと。JCB・Visa・マスターカード・アメリカン・エキスプレス・ダイナースクラブ・JR東海エクスプレスカードであればチャージができる。苦労してSuicaカードにチャージをしていた時代はモバイルSuicaの登場によって過去のものになった!

 

モバイルSuicaは年会費が、ついに無料に

2020年2月26日より、モバイルSuicaはビューカード以外のクレジットカードでも年会費が無料になった。

 

これまでモバイルSuicaは、ビューカード以外のクレジットカードだと1,050円(税込)の年会費がかかっていた。そのため、ビューカード以外のクレジットカードを持っている方は、年会費がかかるので見送っていた方も多いと思う。

 

Suicaチャージでポイントが付くクレジットカード

ちなみに、Suicaへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは限られる。JR東日本系のビューカード(ビックカメラSuicaカード・JRE CARD・ルミネカード)以外では、イオンSuicaカードなどのSuica提携カードのほか、リクルートカードライフカードOrico Card THE POINTなどが、モバイルSuicaへのチャージでもポイントが付与されるようになっている。

 

楽天カードは現在のところSuicaチャージをしてもポイントは付かないが、2020年春以降の予定でスマートフォンの楽天ペイアプリ内でSuicaを発行できるようになることを発表した。Suicaの発行のほかチャージや決済が可能で楽天ポイントも付与されるとのことなので期待したい。ただしオートチャージは非対応とのこと。

 

またイオンSuicaカードはSuica付きのクレジットカードでありながらチャージ分のポイントは0.25%しか付かず、かなり還元率が低いので注意が必要だ。また電子マネーチャージ分に対するポイント付与に関しては各クレジットカードとも変更が多いので、最新情報は各クレジットカードの公式サイトでチェックしよう。Suicaを使いこなしたい人は以下のQ&A集もぜひ参考にしてほしい。

 

■合わせて読もう!
もっと便利にSuicaを使いたい! こんな時はどうすればいいの? などSuicaに関してよくある質問集
よくある疑問に回答! Suicaの疑問解決Q&A
クレジットカードでチャージするなら、どっちがお得?

Suicaチャージでポイントが得られるクレジットカードは一部に限られている。各自の総合的な判断になるとは思うが、Suicaにチャージをしたいだけなら、そのためだけのサブカードと割り切って、実質年会費無料の「ビックカメラSuicaカード」などの提携型ビューカードを入手するのをオススメする。

 

ちなみに、ビューカードには「VIEWプラス」という特典があり、JR東日本グループ内での利用に限ってポイント(JRE POINT)が3倍になる。もちろん定期券の購入やSuicaチャージもポイント3倍の対象だ。このあたりもあわせて損得を考えてみるといいだろう。ただし、提携カードの中には一部VIEWプラスが適用されない提携カードもあるので要チェックだ。そのあたりは、以下のQ&Aをぜひ参考にしてほしい。

 

SuicaカードへのオートチャージもOK! ビュー・スイカカード

 

Apple PayでSuicaチャージする方法

iPhoneでもSuicaが使える

須田さいこちゃん(暮角べんり君の彼女)モバイルSuicaの登場でSuicaチャージは大きく変わったが、長らくおサイフケータイ対応していないiPhoneでは使うことができなかった。

 

しかし、2016年10月25日からは、iPhone 7以降の機種で国内でもAppleの決済サービス「Apple Pay」がスタートし、Suicaが利用できるようになった。つまりiPhoneでもモバイルSuicaを利用できるようになったのだ。

 

チャージはモバイルSuicaよりも便利でお得!?

しかもApple PayはモバイルSuicaよりメリットが大きい。好きなクレジットカードやプリペイドカードをApple Pay(「Wallet」アプリ)に登録しておくと、登録したクレジットカードを使ってSuicaにチャージができる。しかも複数のカードの登録や切り替えがいつでも可能だ。

 

Apple PayでSuicaを利用する場合は、登録したいSuicaカードやSuica定期券をiPhoneにタッチして、残額や定期券情報を端末内に移行するだけ(以後移行済みのICカードは使えなくなる)。また、JR東日本が提供するSuicaアプリをダウンロードして会員登録すると、iPhone上でSuicaを新規発行することも可能だ。アプリで複数のSuicaを持つことができる(要は無記名式のSuicaを複数持つイメージだ)。

 

iPhoneのSuicaにチャージする時にはApple Payを使用するか、Suicaアプリに登録したクレジットカードを使うかを選ぶことができる。

 

 

モバイルSuicaとApple PayによるSuica利用の比較

以上の話をまとめると以下のようになる。

 

モバイルSuica(おサイフケータイ) Apple PayでのSuica利用
サービス提供元 JR東日本 アップル(日本での提携先のひとつとしてJR東日本と提携)
対応機種 おサイフケータイ対応の携帯電話、スマートフォン iPhone 7以降のiPhone、Apple Watch Series 2以降のApple Watch
Suica専用アプリ ダウンロード(モバイルSuicaアプリ) Apple PayのSuicaアプリをダウンロード、またはプラスチックのSuicaカードを取り込む
会員登録 必要 登録なしでも使える(無記名式のSuicaでも利用可能)。記名式のMy Suicaを発行する場合は登録が必要
クレジットカード モバイルSuicaにクレジットカードを登録 Apple Payに登録したクレジットカード、プリペイドカード(複数登録・切り替えも可能)、またはSuicaアプリに登録したクレジットカードを選択可能
年会費 無料 不要

 

 

■合わせて読もう!
Apple Payの概要やどのクレジットカードが使えるのか、Suicaの利用法などについてまとめている。
Apple Payに関する徹底まとめ。メリットから使えるクレジットカードまで

おまけ・そのほかJR東日本でポイントを貯める方法

クレジットカードを使うならできるだけポイントを貯めたい人は多いハズ。そこで最後に、JR東日本でクレジットカードポイントを貯める裏ワザ的方法を紹介しよう。

 

Suicaは使わずみどりの窓口で普通切符をカードで購入する

キック姿のベンリスター(変身後の暮角べんり君)「Suicaチャージでカードポイントを有利に貯められることはわかったけれど、そのためにビューカードをつくるのはちょっと……。」そんな人はJRの普通乗車券をみどりの窓口で購入するのがオススメ。この方法のいいところは、すでに保有しているクレジットカードを使って切符が購入でき、その金額に応じてポイントが貯まることだ(くわしくはこちらの記事を参考にしてほしい→「JRの普通切符をクレジットカードで買う方法」)。

 

みどりの窓口で使える「びゅう商品券」を購入

みどりの窓口では、VisaギフトカードやJCB商品券などのクレジットカード会社発行の商品券は支払いに利用できない。しかし、JRグループ発行の「びゅう商品券」なら利用できる。そこで「びゅう商品券」を金券ショップなどで割安で入手して使うのもひとつの手といえる。切符や定期券を正規料金よりも1~2%割引程度で買うことができるので、クレジットカード利用で貯まるポイント分とほぼ同じお得さを手にできる。

 

ただしびゅう商品券の購入競争は結構厳しいらしく、金券ショップなどでも販売開始後にすぐに売れてしまうことも多いのだとか……。金券ショップでびゅう商品券を見つけたら積極的に購入してみてもいいかもしれない。

 

以上、長くなったが、Suicaにクレジットカードでチャージする方法をまとめてみた。この情報が少しでもお役に立てばうれしく思う。

 

Suica利用に便利でお得! 「ビュー・スイカ」カード

 

この記事に関する参考リンク

Suicaに属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード
    楽天カード

    入会+利用で5,000円分以上の楽天ポイントが全員もれなくもらえるキャンペーン中!

    JCB CARD W
    JCB CARD W

    39歳以下・WEB入会限定の条件をクリアすればポイントの高還元率が最大の魅力。年会費無料のJCBカード。

    dカード GOLD
    dカード GOLD

    持っているだけでドコモ利用料金が10%還元! dポイントがザクザク貯まる! お得なdカード GOLD

  • JCB一般カード
    JCB一般カード

    JCBカードの基本となるクレジットカード。初めての方にもポイント重視の方にもおすすめできます。

    三井住友カード デビュープラス
    三井住友カード デビュープラス

    三井住友カードが発行する18歳~25歳のためのカード。ポイントがザクザク貯まるのがその特徴。

    「ビュー・スイカ」カード
    「ビュー・スイカ」カード

    Suicaとクレジットカード、定期券が一体型になったカード。Suicaチャージがお得!

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別カテゴリー

  • 初めての
    方向け 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • スピード
    発行可能 スピード発行可能
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方におすすめのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイト
    おすすめ 当サイトおすすめ
    当サイトとしておすすめしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は、おすすめから選んでみてください。
  • 推薦
    ステータス
    カード 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に
    強いカード 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが
    貯まる マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい方は、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが
    貯まる マイルが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方におすすめのカードを取り揃えています。
  • 入会特典で
    お得 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典がもらえるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時にもらってしまおう!

おすすめカテゴリー

  • ETCに
    おすすめ ETCにおすすめ
    ETCカードを作るのにおすすめのクレジットカードを集めたカテゴリ。
  • おすすめ
    Visa おすすめVisaカード
    当サイトがおすすめするVisaカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVisaカードは節約のためにも必携です。
  • おすすめ
    無料
    カード おすすめ無料カード
    年会費無料で持つことができるクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない方におすすめです。
  • 学生に
    おすすめ おすすめ学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することができるクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化カテゴリー

  • 公共料金の
    節約に 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の
    節約に ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の
    節約に ガソリン代の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を
    賢く ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めての
    クレジットカード入門 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から
    手元に届くまで クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のおすすめカード

ピックアップ記事

一覧を見る

ご入会&ご利用で、最大5,000円相当ポイントプレゼント中!
<<詳しくはこちら>>