ポイント制度の改悪とは?知らず知らずに損なカードになっていることも

記事更新日

ポイント制度の改悪についてわかりやすく徹底解説

ポイント制度の「改悪」とは、クレジットカード発行各社が提供しているポイントプログラムの内容が変更されて、それまでよりも魅力的でなくなること。変更によって条件が悪くなるので「改悪」と言われている。何かを変更して良くする「改善」の反対というイメージだ。

実は多くのクレジットカードで、このポイント制度の改悪が頻繁に行われているということを、あなたは知っているだろうか。「お得なクレジットカードだと思って使っていたら、いつの間にかそうではなくなっていた…」なんてことになっている場合も。詳しく解説していこう。

ポイント制度の改悪に関するまとめ

まず最初に、ポイント制度の改悪はどのように行われるのか。このあたりから、わかりやすくまとめてみたいと思う。

よくある改悪のパターンは2つ

改悪パターン1:交換に必要なポイント数が変更される

クレジットカードのポイント制度の改悪で最も多いのは、特定の商品と交換するために必要なポイント数を水増しするという改訂だ。わかりやすく図や表にまとめながら説明していこう。

ポイント交換条件の改悪例
ポイント制度の改悪がわかりやすい図

今度は、これを表にしてみよう。

ポイント交換条件の改悪例
交換商品 必要ポイント数
改悪前 改悪後
5,000円分の商品券 1,000ポイント 1,2000ポイント
ゲーム機(15,000円と仮定) 3,000ポイント 3,6000ポイント
楽天ポイントへ交換 1ポイント→5楽天ポイント 1ポイント→4楽天ポイント

上の図や表を見ていただけば、同じものと交換する場合でも、改悪前と改悪後で必要ポイントが違うことがわかると思う。これが、改悪でよくあるパターンだ。

結局は、ポイントの価値が減ってしまうということ

ただ、あまり数字に強くない場合だと、どのくらい違うのかがわかりにくいかもしれない。そこで次に、上の表の事例を、1ポイントあたりの価値として計算してみた。

1ポイントあたりの価値
交換商品 必要ポイント数
改悪前 改悪後
5,000円分の商品券 1ポイント5円の価値 1ポイント4.17円の価値
任天堂DS(1,5000円と仮定) 1ポイント5円の価値 1ポイント4.17円の価値
楽天ポイントへ交換 1ポイント→5円分の価値 1ポイント→4円分の価値
家計に苦しむ暮角べんり君(当クレジットカードサイトのメインキャラクター)

このように、改悪前は1ポイントあたり5円の価値があったのに、改悪後には1ポイントあたり4円~4.17円程度の価値しかなくなってしまった、などということことが起きる。つまり、ポイントを貯めても、それと交換できる商品の魅力が減ってしまうということだ。

もちろんこれは1つの事例だが、改悪が行われる場合には、このようにポイント交換に必要なポイント数を引き上げることで、1ポイントあたりの価値を希薄化させる、という手段が取られることが多いので、ひとつのチェックポイントとして覚えておこう。

■注意!必要ポイント数の改訂は利用者が改悪に気づきにくい
クレジットカード会社が、なぜ必要ポイント数の改訂を行ってポイント制度の改悪を行うのかというと、利用者に改悪が行われたことを分からせにくくする意図があると思われる。数字に強い方や、ポイント交換に必要なポイント数を常日頃からチェックしているという方でない限りは、そもそも、こういった改悪に気付かないことも多いので、カード会員からの批判や解約を防ぐ効果があると言えるだろう(利用者側である私たちからすれば、ちょっとズルいやり方だともいえる)。

今よりもお得なクレジットカードをみつけよう!

改悪パターン2:カード利用で貯まるポイント数が減らされるケース

女教師になった須田さいこちゃん(べんり君彼女)

もうひとつのポイント制度の改悪パターンは、クレジットカード利用によって貯まるポイント数を減らすというものだ。

例えば、それまでは1万円買い物すると100円分のポイントが貯まっていたのに、改悪によって8円分のポイントしかたまらなくなる…などというケースがこれに当たる。例えば、ポイント還元率が1%から0.8%に改悪されたらどうなるかを、利用額ごとに見てみよう。

ポイント制度改悪による、貯まるポイントの変化
クレジットカード利用額 貯まるポイント(金額換算)
改悪前(ポイント還元率1%) 改悪後(ポイント還元率0.8%)
1万円の買い物 100円分のポイント 80円分のポイント
10万円の買い物 1,000円分のポイント 800円分のポイント
50万円の買い物 5,000円分のポイント 4,000円分のポイント
こちらは、利用者側にもわかりやすい方法!

この「貯まるポイント数を減らす」という方法による改悪は、さきほどの「交換に必要なポイント数の変更」よりもわかりやすいはず。カード会員である私達にも改悪されたことが明確にわかるので、いわば「堂々としたポイント制度の改訂」だと言える。

■話題になったポイント改悪例:「漢方スタイルクラブカード」
年会費は有料ながら、それを補っても余りあるほど魅力的な「1.75%」という高いポイント還元率で人気のクレジットカードだった漢方スタイルクラブカード。ところが、2015年12月から、ポイント還元率が従来の1.75%から1.5%に引き下げになり、当時は大きな話題になっていた。※残念ながら、「漢方スタイルクラブカード」は現在新規発行を停止している。
特定の使い方のみでのポイント改悪もある

この他、特定の条件でもらえるポイントが変更される場合もある。例えば、次のようなケースだ。

  • リボ払い利用で貰える特別なポイントが廃止される。
  • 100万円利用時にもらえるボーナスポイント数が減らされる。

これらは、クレジットカードのお得な利用の仕方にも変化を与える改悪なので、どのようなケースでポイントがもらえなくなる(あるいは減らされる)のかを、しっかりチェックするようにして欲しい!

改悪に備える方法はある?

ポイント制度に補償はない

ところで、「ポイント制度って、簡単に変えれるものなの?」「ポイントが貯まりやすいからそのカードを選んだという人を、だましたことにならないの?」そんな疑問も持つ方もいるかもしれない。

これについては、残念ながら、ポイント制度はあくまでもクレジットカード会社の会員サービスなので、自由に変えることが可能なのだ。もちろん、会員の反発や退会などのダメージも考慮されるはずだが、最終的には経営判断ということになる。「ポイントには補償はない」ということを頭に入れておこう。最悪、ポイント制度が廃止されることもありうるというくらいに考えておいてもいいかもしれない(実際にそんなことはしないと思うが、可能性として)。

改悪される前提でポイントと付き合うくらいでちょうどよい

では、私達はどうすればいいの?その答えは、改悪されること前提でポイントと上手に付き合うこと。その基本としては、貯まったポイントはどんどん使うようにするのが賢いやり方だ。楽天カードなど1ポイントから支払いに使えるカードは使いやすくおすすめ。ポイントをどんどん使ってさえいれば、ポイントが改悪されても大きな損をすることがなく、他のカードへの乗り換えも検討しやすくなるはずだ。

改悪の発見は、日々のマメなチェックから!

弁護士になった暮角べんり君(当クレジットカードサイトのキャラクター)

ポイント制度の改悪は、毎月届く利用明細書の同封物や、会員向けのWEBサイトやWEB明細上のお知らせ欄、電子メールなどで告知されることが多い。しかし、普段からそういったものをチェックする習慣のない方の場合、「いつの間にかクレジットカードのポイント制度が変更されていた…」なんてことになりかねない。

知らないうちに損をしていたなどということがないように…

お得だと思ってクレジットカードを使っていたのに、実は知らないうちにダメダメカードになっていた…なんて悲惨な目には遭わないようにしたいもの。せめて年に1度くらいは、持っているクレジットカードのポイント制度を見なおして、本当にいまの自分の生活スタイルにあった最善のカードなのかを確認してみるようにしよう。

当サイトでも常にお得なクレジットカード情報を収集して、各カードのポイント制度を研究している。もっとお得なクレジットカードが欲しいと思っている方は、ぜひ、下のリンク先をクリックしてポイントが貯まりやすいクレジットカードを見つけて欲しい。

ポイントが貯まりやすいクレジットカード一覧!

この記事に関する参考リンク

ポイントの仕組みに属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード
    楽天カード

    入会+利用で5,000円分以上の楽天ポイントが全員もれなくもらえるキャンペーン中!

    JCB CARD W
    JCB CARD W

    39歳以下・WEB入会限定の条件をクリアすればポイントの高還元率が最大の魅力。年会費無料のJCBカード。

    dカード GOLD
    dカード GOLD

    ドコモ利用料金が10%還元! ドコモのdポイントがザクザク貯まるお得なdカード GOLD

  • JCB一般カード
    JCB一般カード

    JCBカードの基本となるクレジットカード。初めての方にもポイント重視の方にもおすすめできます。

    三井住友カード デビュープラス
    三井住友カード デビュープラス

    三井住友カードが発行する18歳~25歳のためのカード。ポイントがザクザク貯まるのがその特徴。

    「ビュー・スイカ」カード
    「ビュー・スイカ」カード

    Suicaとクレジットカード、定期券が一体型になったカード。Suicaチャージがお得!

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別カテゴリー

  • 初めての
    方向け 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • スピード
    発行可能 スピード発行可能
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方におすすめのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイト
    おすすめ 当サイトおすすめ
    当サイトとしておすすめしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は、おすすめから選んでみてください。
  • 推薦
    ステータス
    カード 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に
    強いカード 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが
    貯まる マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい方は、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが
    貯まる マイルが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方におすすめのカードを取り揃えています。
  • 入会特典で
    お得 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典がもらえるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時にもらってしまおう!

おすすめカテゴリー

  • ETCに
    おすすめ ETCにおすすめ
    ETCカードを作るのにおすすめのクレジットカードを集めたカテゴリ。
  • おすすめ
    Visa おすすめVisaカード
    当サイトがおすすめするVisaカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVisaカードは節約のためにも必携です。
  • おすすめ
    無料
    カード おすすめ無料カード
    年会費無料で持つことができるクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない方におすすめです。
  • 学生に
    おすすめ おすすめ学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することができるクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化カテゴリー

  • 公共料金の
    節約に 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の
    節約に ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の
    節約に ガソリン代の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を
    賢く ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めての
    クレジットカード入門 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から
    手元に届くまで クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

国際ブランド
年会費
カードの種類
カードの特徴
その他のポイント
フリーキーワード
表示数

今のおすすめカード