電気料金を劇的に節約できるクレジットカード特集

記事更新日

東京電力の値上げ騒動などで、注目が集まっている電気料金。高い高いと思いながらも、この費用の支払いについて真剣に考えたことがある方は少ないのではないでしょうか?

 

電気料金の支払いは何がお得なのか?

そこで今回は電気料金の支払い方法はどれを選ぶのが一番お得なのかという点を徹底特集。一般的にクレジットカード払いをすると電気代の支払いは節約できる…と思われることも多いのですが、実はそうではないケースもあるといったあたりに重点をおいて書いていってみたいと思います。

 

『こまめに照明を消す』や『待機電力を減らす』といったような節電方法も大事ですが、できることであれば今の生活環境を一切変えないで済むのが一番。電気料金の支払い方法を工夫することで是非、家計の節約を実現してみてくださいね。

 

この特集のメニュー一覧:

初級編:電気代の支払い方法まとめ:

パワーポイントを使って説明をする暮角べんり君(当サイトのイメージキャラ)まずはじめに解説すべき点は電気代の支払い方法にはどのようなものがあるのか?ということ。これを把握しておかない限りには、どの支払い方がお得かなんてわかるはずもありません。

 

わかりやすく各種支払い方法を表にまとめてみます。

 

電気代の支払い方法まとめ:
支払い方法 利用者数 解説
銀行口座引き落とし 多い 金額が確定したら、銀行口座から直接その電気料金が引き落とされる方法。多くの方が利用している。
クレジットカード払い 多い 最近、利用者が増えている支払い方法。クレジットカードで電気料金を支払うことでポイントが貯まるため人気。
コンビニ払い 普通 毎月、電力会社から届く支払い用紙を使って、コンビニで支払う方法。セブンイレブンやローソンといった大手なら対応してくれる。
銀行や郵便局 普通 コンビニ払い同様、電力会社から送られてくる支払い用紙を使って電気代を支払う方法。
電力会社の窓口 少ない 電力会社の窓口に支払い用紙を持っていくことで電気代を支払う方法。窓口によっては支払い対応してくれない場所も。

 

一般的に電気料金の支払いには銀行口座引き落とし(銀行口座振替)を利用している方とクレジットカード払いを利用している方が多いのではないでしょうか?コンビニ払いや銀行払いなどはもはや、少数になりつつあります。

 

電力料金は支払い方法によってお得さが異なる:

上記の支払い方法をまとめた表だけでは、どの支払い方法がどのくらいお得なのかはわからないので、次に支払い方法によってどのような割引やポイント優遇があるのかをまとめてみたいと思います。

 

支払い方法のお得さのまとめ:
支払い方法 お得度 割引やポイントの解説
銀行口座引き落とし 有り 銀行口座から引き落としが行われる度に、52.5円の口座振替割引有り。1年間で考えると630円の電気料金割引を受けられる。
クレジットカード払い 有り 電気料金の金額によって、クレジットカードポイントが貯まる。どのくらいのポイントが貯まるかは、支払いに使うクレジットカードによって異なる。
コンビニ払い 基本無し 深夜でも祝日でも支払いが出来るのは利点だが、割引などは無し。ファミマTカード利用やnanaco活用などの例外はあるが、恩恵は少ない。
銀行や郵便局 無し 銀行窓口での支払いでは割引無し。
電力会社の窓口 無し 電力会社の窓口での支払いでは割引無し。

 

ご覧いただければわかるように、銀行口座引き落としかクレジットカード払いを利用しないと、電気料金の割引を受けることは一部例外を除き出来ません。つまり電気代の節約を考えているのであれば、どちらかの支払い方法を使うのがベスト…ということです。

 

電気料金の節約を考えているのであれば
銀行口座引き落としかカード払いで払おう!

電気料金を払うならこれらのクレジットカードで払おう!

 

中級編:銀行口座払いとクレジットカード払いのどちらがお得?

電気料金の節約を考えているのであれば、銀行口座引き落としかクレジットカード払いが良い…というところまではおわかりいただけましたよね。そうなると次の疑問として思われるのは、『では、どっちの支払い方法のがお得なの?』という点なはず。

 

これを解説していきましょう。

 

まずは銀行口座引き落としの利点まとめ:

経理作業をする暮角べんり君(当サイトのメインキャラ)まずは銀行口座引き落としで電気代の払い込みをした場合、どのくらいの節約ができるのかというと、これは前述の表のように2012年現在、月間52.5円、年間630円の割引を受けることが可能。

 

この口座振替割引は大手電力会社である東京電力、関西電力、中部電力、九州電力、中国電力などであれば受けることができます(北海道電力や沖縄電力では記述を見つけられず。予測するにそういったサービス無し)。

 

銀行口座からの引き落とし金額にかかわらず52.5円の割引:

この52.5円の割引は銀行口座からの引き落とし金額にかかわらず常に52.5円の割引となります。電気代が月に1000円の一人暮らしの方も、月に3万円使っている大家族の方も一律52.5円の割引です。

 

月額電気代の例 割引金額 請求金額 割引率
1000円 52.5円 948円 約5%
5000円 52.5円 4948円 約1%
1万円 52.5円 9948円 約0.5%
2万円 52.5円 19948円 約0.25%
3万円 52.5円 29948円 約0.17%

 

ちょっと数字が苦手な方にはわかりにくいかもしれませんが、割引率の視点で考えると大家族で電気をよく使う方であればあるほど割引率は低く(お得ではない)、一人暮らしの節電派の方であればあるほど割引率が高くなります(お得である)。

 

クレジットカード払いの利点まとめ:

ベンリスター次に電気料金をクレジットカード払いする利点はやはりクレジットカードポイントが得られるということ。クレジットカードポイントは貯めると商品券や各種ポイントに交換可能で、現金同様に利用することが出来ます(クレジットカードポイントの仕組みはここで勉強)。

 

ただ一言にクレジットカードといっても、どのクレジットカードを利用しても同じ分だけポイントが溜まっていくわけではありません。電気料金の支払いに向いているクレジットカードもあれば、あまり電気料金ではポイントが貯まらないクレジットカードも存在します。

 

ここではわかりやすくポイント還元率0.5%、1%、1.5%の3つで比較してみます。

 

クレジットカード払いで節約できるポイント:
月額電気代の例 還元率0.5% 還元率1% 還元率1.5%
1000円 5円 10円 15円
5000円 25円 50円 75円
1万円 50円 100円 150円
2万円 100円 200円 300円
3万円 150円 300円 450円

 

この表をご覧いただくとわかりやすいかと思いますが、銀行口座引き落としと比べ、毎月の電気代が高い方であればあるほど節約できる金額が多いことがわかります。

 

銀行口座引き落としとクレジットカード払いのどちらがお得なのか?

銀行口座引き落としの利点とクレジットカード払いの利点をご理解いただいた上で、では、どちらがお得なのか?というと、もはや言うまでもないですよね。

 

結論としては毎月、得られるクレジットカードポイントが52.5円よりも多い場合にはクレジットカード払いを利用し、それ以下であれば銀行口座引き落としを使うほうがお得ということになります。

 

先ほどの表をわかりやすく色をつけてみます。

 

月額電気代の例 還元率0.5% 還元率1% 還元率1.5%
1000円 5円 10円 15円
5000円 25円 50円 75円
1万円 50円 100円 150円
2万円 100円 200円 300円
3万円 150円 300円 450円

 

だいたい月間電気代が5000円を超えてくるあたりでクレジットカード払いのほうがお得になることが、一目瞭然でおわかり頂けるかと思います。 

 

生活スタイルで選ぶ支払い方法:

同様にあくまで目安としてですが、生活スタイルで銀行振替とカード払いのどちらの支払い方を選んたほうが良いのかも簡単な表にしておきますね。

 

比較項目 適した支払い方法
一人暮らし 銀行口座引き落とし
二人暮らし 場合による(カード払いならポイントが貯まりやすいものを)
三人家族 場合による(カードポイントのほうがお得な場合が多い)
四人以上の家族 クレジットカード払いのほうがお得

 

特に一人暮らしの場合には月間の電気代が5000円を超えることはまずありませんので、クレジットカード払いではなく銀行口座引き落としにしておいたほうが節約に繋げられるはずですよ。

 

電気代の支払いはこのクレジットカードで払おう

上級編:電気料金に限らず他の支払いも含めて考える

携帯電話で談笑している暮角べんり君ここまで書いたのはあくまで電気料金の節約に限っての話。

 

公共料金には電気代の他に、ガス代水道代新聞代NHK受信料といった支払いがあるため、これらの支払い分についてもポイントを貯めることが出来るクレジットカード払いは、総合的に考えると銀行口座振替よりもお得であると言えます。

 

気になるのはどのくらい節約できるのか?ですよね。一般的なクレジットカード(ポイント還元率0.5%)と公共料金の支払いに強いクレジットカード(ポイント還元率1.5%)で年間どのくらいお得なのかを表にしてみます。

 

月間支払い金額 比較項目 ポイント獲得額(年間)
5000円 一般的なクレジットカード 300円
公共料金支払いに強いカード 900円
1万円 一般的なクレジットカード 600円
公共料金支払いに強いカード 1800円
2万円 一般的なクレジットカード 1200円
公共料金支払いに強いカード 3600円
3万円 一般的なクレジットカード 1800円
公共料金支払いに強いカード 5400円
5万円 一般的なクレジットカード 3000円
公共料金支払いに強いカード 9000円

 

月間1万円以上なんて支払いしないよ~という一人暮らしの方も、携帯電話料金プロバイダ料金などを含めると簡単に1万円なんて金額は超えると思います。

 

同様に家族をお持ちの方の場合、配偶者や子供の携帯料金を支払ったりすると月間5万円オーバーなんてこともザラ。銀行口座振替からクレジットカード払いに切り替えるだけで、これだけのポイントが貯まるということを是非、ご確認ください(3年間、5年間といった期間で考えると更に凄いことに)。

 

クレジットカード払い自体の利点も:

家計のやりくりに困る暮角べんり君また、クレジットカード払いには銀行口座引き落としにはない利点が存在。いくつかありますので、簡単に箇条書きにしておきますね。公共料金はとにかくクレジットカード払いにしておくほうが総合的に私は価値やメリットがあると思っています(現に私も今、電気料金の金額が少ないけれどもクレジットカード払いを利用中)。

 

  1. クレジットカード払いは銀行口座引き落としよりも支払いを先延ばし出来る。その分だけ、銀行口座内にお金を貯めておくことが出来る(家計にゆとりが出来る)。
     
  2. クレジットカードの中には年間の利用金額が多いと翌年のポイント獲得分を増やしてくれるものがある。電気料金の支払いもその分に含めてもらえる。 
     
  3. 毎月クレジットカードを利用するとクレジットヒストリーという利用歴を良くすることが出来る。この利用歴が良くなると、住宅ローンや車のオートローンなどを借りる時に有利になることも。 
     
  4. 電気料金の他にもガス料金やNHK受信料などもまとめてクレジットカード払いにすることで、引き落とし日を統一させることが出来る。バラバラだと家計の管理が面倒に。 
     

 

こういった利点もあるため、電気料金単体だけでの割引で考えないほうが良いということもあります。詳しくはクレジットカードの基礎知識を学ぼうで確認してみてください。

 

電気料金の支払いに向いているクレジットカード一覧

月間利用金額が多い方は是非、ポイントが貯まりやすいカードを:

喜んでいる暮角べんり君以上、電気代の支払いはどの方法がお得なのか特集でした。クレジットカード払いのほうが問答無用でお得だ!と思っていた方は、意外と損していたケースもあったのではないかと思います。

 

月間の電気料金の支払いが多いという方や、ガス代や水道代などをまとめてお得なクレジットカードで支払いたいという方は、是非、この機会に公共料金の支払いでお得なクレジットカードを手に入れてみてくださいね。

 

もちろん選ぶなら、電気料金の支払いでポイントが貯まりやすいクレジットカードを選ぶべきですよ!

 

今すぐ電気代をクレジットカード払いに切り替えよう

比較リストに追加する 楽天カード

今や不動の顧客満足度ナンバー1クレジットカードになった楽天カード。楽天市場だけでなくそれ以外でもかなりお得なクレジットカードで、節約を考えるのであればこのカードは絶対に欠かせない1枚であると言えます。現在、入会+利用でなんと8,000円分の楽天ポイントがもれなくもらえるキャンペーン実施中!

入会+利用で8,000円分の楽天ポイントが、全員もれなくもらえるキャンペーン中!(2月25日午前10時まで)

  • 年会費無料
  • 有名カード
  • 初めての1枚に
  • 誰もが憧れるステータスカード
  • 当サイトのお勧め
  • ポイントがザクザク貯まる
  • ポイントの有効期限がない
  • マイルが貯まる
  • 空港ラウンジ利用可能
  • 海外での利用に
  • スピード発行可能
  • サービスが充実
年会費1年目無料2年目以降無料
発行会社名楽天カード株式会社
発行資格楽天会員(無料)であり、高校生を除く満18歳以上の方。アルバイト、専業主婦、年金受給者の申込も可能

比較リストに追加する JCB CARD W

日本発唯一の国際カードとして、世界中にその名を知らしめるJCBカード。JCB CARD Wは〈年会費永年無料〉のクレジットカードで、JCB加盟店ならどこでも使用可能。39歳以下・WEB入会限定という条件をクリアすれば、ポイントの高還元率が最大の魅力。

新規入会限定で、ポイント4倍キャンペーン!Amazon.co.jp利用で、ポイント10倍キャンペーン!

  • 年会費無料
  • 有名カード
  • 初めての1枚に
  • 誰もが憧れるステータスカード
  • 当サイトのお勧め
  • ポイントがザクザク貯まる
  • ポイントの有効期限がない
  • マイルが貯まる
  • 空港ラウンジ利用可能
  • 海外での利用に
  • スピード発行可能
  • サービスが充実
年会費1年目無料2年目以降無料
発行会社名株式会社ジェーシービー
発行資格18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

比較リストに追加する Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

ポイント獲得を重視したオリコの新しいクレジットカード。どこで利用してもポイントがザクザク貯まるため、メインカードとしての人気も高くなりそうな感じです。iDとQUICPayという電子マネー2種類が内蔵されているため、コンビニなどでの支払いにもお薦めですね。

入会+キャンペーン参加で、最大8,000オリコポイントもらえるチャンス!

  • 年会費無料
  • 有名カード
  • 初めての1枚に
  • 誰もが憧れるステータスカード
  • 当サイトのお勧め
  • ポイントがザクザク貯まる
  • ポイントの有効期限がない
  • マイルが貯まる
  • 空港ラウンジ利用可能
  • 海外での利用に
  • スピード発行可能
  • サービスが充実
年会費1年目無料2年目以降無料
発行会社名株式会社オリエントコーポレーション
発行資格原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

比較リストに追加する ライフカード

ライフカードはポイントをとにかく貯めたいというポイント重視派の方に最適なクレジットカードで、特に誕生月のポイント3倍は自分の誕生日のある月にライフカードを使うだけで普段の3倍のポイントが貯まります!1年に1回のこれだけのためにライフカードを作るのもアリですよ。

カード発行・ショッピング利用で最大13,000円相当のポイントがもらえる+キャッシング利用の利息、最大2ヶ月分全額キャッシュバックの新規入会Wキャンペーン実施中!

  • 年会費無料
  • 有名カード
  • 初めての1枚に
  • 誰もが憧れるステータスカード
  • 当サイトのお勧め
  • ポイントがザクザク貯まる
  • ポイントの有効期限がない
  • マイルが貯まる
  • 空港ラウンジ利用可能
  • 海外での利用に
  • スピード発行可能
  • サービスが充実
年会費1年目無料2年目以降無料
発行会社名ライフカード株式会社
発行資格日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。

比較リストに追加する 楽天プレミアムカード

楽天市場を徹底的に使いこなせるカードが楽天プレミアムカード。ただ楽天市場だけでお得なのかというとそうではなく、ガソリン代やETCカード利用などにおいても他のクレジットカードよりもお得なカードに仕上がっています。プライオリティパスが無料、入会ポイントを考えると1年間実質無料などの特典も嬉しいですね。

新規入会・ランクに応じた利用特典などで、最大15,000ポイントがもらえる!(2月25日午前10時まで)

  • 年会費無料
  • 有名カード
  • 初めての1枚に
  • 誰もが憧れるステータスカード
  • 当サイトのお勧め
  • ポイントがザクザク貯まる
  • ポイントの有効期限がない
  • マイルが貯まる
  • 空港ラウンジ利用可能
  • 海外での利用に
  • スピード発行可能
  • サービスが充実
年会費1年目11,000円(税込)2年目以降11,000円(税込)
発行会社名楽天カード株式会社
発行資格原則として20歳以上の安定収入のある方

公共料金に属している特集一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード
    楽天カード

    入会+利用で8,000円分の楽天ポイントが全員もれなくもらえるキャンペーン中!

    JCB CARD W
    JCB CARD W

    39歳以下・WEB入会限定という条件をクリアすればポイントの高還元率が最大の魅力。年会費無料のJCBカード。

    アコムACマスターカード
    アコムACマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。フリーターでも20歳以上なら申込可!

  • dカード GOLD
    dカード GOLD

    持っているだけでドコモ利用料金が10%還元! dポイントがザクザク貯まる! お得なdカード GOLD

    三井住友カード デビュープラス
    三井住友カード デビュープラス

    三井住友カードが発行する18歳~25歳のためのカード。ポイントがザクザク貯まるのがその特徴。

    「ビュー・スイカ」カード
    「ビュー・スイカ」カード

    Suicaとクレジットカード、定期券が一体型になったカード。Suicaチャージがお得!

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別カテゴリー

  • 初めての
    方向け 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに
    欲しい
    方向け 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイト
    お薦め 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦
    ステータス
    カード 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に
    強いカード 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが
    貯まる マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが
    貯まる マイルが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典で
    お得 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めカテゴリー

  • お薦め
    ETCカード お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦め
    VISAカード お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め
    無料
    カード お薦めVISAカード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め
    学生カード お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化カテゴリー

  • 公共料金の
    節約に 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の
    節約に ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の
    節約に ガソリン代の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を
    賢く ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めての
    クレジットカード入門 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から
    手元に届くまで クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る