【改訂版】現金よりクレジットカードのほうが安全な6つの理由

記事更新日

Credit Card
Credit Card / mueritz

テレビや新聞でクレジットカードに関する怖いニュースが報道されるたびに、落としたら怖い、盗まれたらどうしよう、個人情報が流出したら大変・・・と、なんともいえない不安を感じる方は多いですよね。確かに自分が所有しているクレジットカードを悪用されたら、現金よりも大きな損害が出てしまうんじゃないか…と危惧する気持ちはすごくわかります。

しかし、ズバリ断言します。クレジットカードは間違いなく現金よりも安心して使うことが出来る決済手段だということを!

今回のクレジットカードDAYsでは、そんな『なぜクレジットカードが現金払いよりも安全なのか?』という点について、6つほどまとめてみました。これを読んだら今後は率先してクレジットカードを使いたくなること、まちがいなしですよ(^^)

この記事は以前書いた記事の改訂版です。更に詳しく記述しなおしてありますので、是非、読んだことがある方ももう一度、読んでみてくださいね。

1.クレジットカードには盗難保険が付いている:

日本で発行されているクレジットカードには盗難保険という保険がほぼ100%の割合で付けられています。

詳しい説明は『クレジットカードを落としてしまったら自己破産するしかない?』に委ねますが、盗難保険とは万が一クレジットカードを落としてしまった時、無くしてしまった時、盗まれてしまった時などに誰か悪意のある人があなたのクレジットカードを利用してしまった際に、その損害を保障してくれるというもの。

簡単に言えば誰かがあなたのクレジットカードを勝手に使っちゃったとしても、その使われてしまった分については支払い不要になる保険ということです。

そのため、クレジットカードを盗まれて不正に50万円使われてしまった・・・、スキミング詐欺にあって100万円使われてしまった・・・、という場合でも、この盗難保険がある限りあなたの負担分は0円。300万でも500万円でも、上限が存在しませんので、どんなにクレジットカードを不正に使われてしまった場合でも、1円も負担する必要性がないのです。

逆に現金の場合はどうでしょうか?あなたが現金を落としてしまった時、善意の方が届けてくれる可能性はあるかもしれませんが、基本的には落としたお金は戻ってきませんよね。10万円落としてしまったら0円になってしまう。言わば10万円の損害が発生してしまうということです。

クレジットカードは何枚落としてしまっても負担ゼロで済むのに、現金は落としたら最後、滅多に戻ってこない。この点で安心さはクレジットカードに軍配があがると思います。

2.第三者が勝手にクレジットカードを使うのはリスクが大きい:

1番目と同様に現金とクレジットカードを落としてしまった時のリスクでもクレジットカードに軍配があがります。

1000円札や1万円札といった紙幣には、名前が書いて有りません。そのため、落ちている紙幣を誰かが勝手に使うことは非常に簡単ですよね。どこで使われたかもわからないし、使った日時もわからない。

しかしクレジットカードともなるとかなり厄介です。使った場所、使った日時、使った金額・・・全てがクレジットカード会社に筒抜けになるため、拾ったクレジットカードを使うのはよほど根性がある方かもしくは、クレジットカードについての知識がない無知な方かのどちらかしか使うことが出来ません。防犯カメラが近くに設置されているようなところでは、すぐに誰が利用したかの足がついてしまいます。

こういう面でもクレジットカードは現金よりも安全性が高いと言えますね。

3.ショッピング保険が付いている:

全てのクレジットカードに付いているわけではありませんが、クレジットカードにはショッピング保険が付いている場合が多くなっています(クレジットカードを使って商品を購入した場合)。

ショッピング保険とは言わば『買い物にかけられた保険』のことで、特定商品に限りますが、購入した商品がすぐに壊れてしまった場合や盗まれてしまった場合などに、その購入商品を保障してくれるというありがたいもの。デジカメを落として壊してしまった、旅行先で高級ブランドバッグが盗まれてしまった、買ったばかりの掃除機が動かなくなってしまった・・・といった場合などに保険で助けてくれます。

反面、当たり前ですが現金で購入したものを落として壊してしまった場合、誰かが助けてくれることはありません。自己責任という名のもとに、自分で自分を納得させるしかないのです。それがクレジットカードで購入しただけで自動的に保険適用となり、修理、もしくは新品商品と交換してくれるとしたら・・・クレジットカードで買うほうが圧倒的に安全といえますよね(^^)

4.代金の支払いが後払いであるということ:

特にインターネット通販の場合はそうですが、現金払い(銀行振込払い)の場合、商品が届く前に先に代金を支払わなくてはいけません。万が一、その通販サイトが詐欺サイトだった場合や、良心的なお店でもなんらかのミスで商品が届かなかった場合、先に支払ったお金がもどってくる可能性は低いですよね。

反面、クレジットカード払いの場合には、代金は基本的に後払い。クレジットカード払いは先に行われるような感覚がありますが、実際にその代金が銀行口座から引き落とされるのは30~45日程度あとになるため、それまでに商品が届かないなどの詐欺だと判断できた場合には、引き落とし停止を求めることが出来るためです。

現金払いよりも支払い猶予がある分、クレジットカードは安全だと言えますね。

楽天市場で買い物をするなら楽天カードが安心:
楽天市場で買い物をする場合、楽天カードで支払いをすることで商品未着あんしん制度を利用することが可能。これを使えばほぼ100%、商品が届かなかった場合の保証を受けることが出来ます。ネット通販は怖い…と感じている方は、楽天カードを使って安心を手に入れてみてください(楽天カードの公式サイトはこちら)。

 

5.クレジットカードを使用したら利用明細書が手に入ること

財布の中にある現金は、よほどキッチリした方ではない限り、すこしばかり誰かに盗まれてしまったとしてもわかることはありませんよね。私も子供の頃は親の財布から1000円程度盗んだものです(^^;)

これは現金には利用履歴が残らないためにある弊害だと言えませんか?現金払いを主体としている方は、どうしても財布の中に大金を入れておかなくてはいけない。お金がたくさん入っているからこそ、少しくらい無くなってもバレにくいのです。

クレジットカード払いを主体にしている方であれば、財布の中のお金は極端に少なくしておくことも可能。また、クレジットカードは利用した情報が利用明細書という形で記録されるようになっているので、誰かに勝手に使われてしまった形跡を見つけるのも楽チンですよ。

6.犯罪者は財布の中の現金を見ています

日本でも今や安全と水はタダの国とは言えないくらい、治安が悪くなりはじめていますよね。

アメリカ同様、お金をたくさん持ち歩くと犯罪に巻き込まれる時代がもうすぐそこまで来ているわけで、そんな中、財布の中にたくさんの1万円札が入れて歩くことはもう、誰かに自分を襲ってくださいといっているようなものだと言えます。

アメリカがこれほどまでにクレジットカード社会になった背景には、現金を持ち歩くことへの危険性があると言われています。前述のように日本ももはや安全な国ではなく、いつどこで犯罪に巻き込まれるかわからない時代。そんな時代にはやはり盗んでも使うことが出来ないクレジットカード払いへシフトしたほうが安全ですよね。

現金をたくさん持ち歩くことは怖いことなんだということを是非、考えてみてください。

安全を手に入れるためにもクレジットカードを持とう:

現金よりもクレジットカードのほうが安全な6つの理由、いかがでしたでしたか?みなさんの中にある、クレジットカードは怖い…という誤解が少しはとけたのではないかと思います。

そして時代は間違いなく現金よりもクレジットカードや電子マネーに傾きつつあります。そんな時に『私は現金払いしか利用しない!』と言っていたのでは、いつか周りに取り残されてしまう可能性もあることでしょう。

是非、少しずつでも良いのでクレジットカードを利用したことがない方は、この機会にクレジットカードを勉強していただいて、その安全さと魅力を感じていただければ幸いです(^^)

クレジットカードの基礎知識カテゴリ

Pickupに属している最新ニュース一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード
    楽天カード

    8月26日の10時まで!入会+利用で8,000円分の楽天ポイントがもらえる!

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    ACマスターカード
    ACマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。フリーターでも20歳以上なら申込可!

  • JCB CARD W
    JCB CARD W

    39歳以下・WEB入会限定という条件をクリアすればポイントの高還元率が最大の魅力。年会費無料のJCBカード。

    MUFGカード ゴールド
    MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    イオンカード(WAON一体型)
    イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る