メニュー

管理人コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新日: 2018年10月02日

印刷する

ローソン&楽天ペイ

 

みなさん、最寄りのコンビニはなんですか。私がふだん良く使っているのはローソンです。そのローソンで、とても簡単に、お得にお買い物ができるということを知り、試してきたのでご報告。

 

結果は、コンビニでの支払い時間がわずか10秒あまり。あっという間に、Pontaポイント(または、dポイント) 1%、楽天スーパーポイント 1.5% で合計 2.5%のポイントがゲットできました。なんて便利でお得!

この記事を読めば、簡単にできることがわかりますよ。

 

ローソンに行って iPhone X で支払ってみました

まずは、実際に使ったときの体験記です。

ローソンに行って、買うものを決めたら、「楽天ペイ」、「ローソン」アプリの順番に立ち上げます。

「楽天ペイ」アプリ「ローソン」アプリ

 

最初にローソンアプリを画面に出した状態でレジに行きます。店員さんが商品のバーコードをスキャンするために、ハンドスキャナーを持っていますので、

「ローソンのポイントカードです」

と言って、iPhoneを見せましょう。あっという間に、店員さんがスキャンしてくれます。

次に、iPhone X の場合は、下の黒いバーを右へスライドして、楽天ペイのアプリを表示させ、

 

 「支払いは楽天ペイでお願いします」

 

と、言って、楽天ペイのコードをスキャンしてもらいます。これも、あっという間にスキャンされます。

言葉で書くと大変そうですが、実際にやってみると実に簡単。支払いにかかる時間は10秒あまりで、すぐに終わります。

これで、ポイントが合計 2.5% ゲットできて、さらに楽天スーパーポイントがあれば、自動的に楽天スーパーポイントから支払われるので、ポイントが現金代わりに使えちゃいます。

ただし、楽天スーパーポイントが、1.5% ゲットできるのは、楽天カードを登録した場合のみ。楽天カード以外のクレジットカードでは、そのクレジットカードの規定によります。

楽天カードの詳しいことはこちら

 

アプリの切替方法

支払う際、最初はローソンアプリを立ち上げておいて、次に「楽天ペイ」アプリに切り替える必要があります。iPhone X 以降ですと、下部のバーを右にスライドさせればOKです。

iPhoneのホームボタンがあるタイプ(iPhone8 以前)では、ホームボタンを2回連続で押すと、アプリのサムネイルが出るので、「楽天ペイ」アプリを選択します。

Android では、ホーム画面で画面右下の「□」 を選択します。起動しているアプリのサムネイルが表示されるので、「楽天ペイ」アプリを選択します。

 

楽天スーパーポイントとは

楽天スーパーポイントとは、日本最大級のインターネットショッピングモール「楽天市場」で買物をすることによって、どんどん貯まるポイントです。通常、買物金額の1%が1ポイントとなり、1ポイント1円として使用できます。現在では、今回のローソンのように、インターネットのみならず、「マクドナルド」「ミスタードーナッツ」、「ビックカメラ」など、様々な現実の店舗でも、楽天スーパーポイントを貯めたり、使ったりできる、とても便利なポイントシステムとなっています。

 

準備編(アプリのインストールと設定)

さて、楽天ペイとローソンアプリを使うためには、最初にアプリのインストールと設定をします。

 

「ローソン公式スマートフォン」アプリ

ローソンの公式アプリをダウンロードしたら、ローソンIDでログインして、Ponta ポイントカードか、dポイントカードのどちらかの番号を登録します。

Lawson google-play-badgeLawson apple_badge

 

Lawson-apri

 

「楽天ペイ」アプリ

「楽天ペイ」は、クレジットカードを登録して、スマホアプリで簡単に支払いができるサービスです。アプリをダウンロードして起動したら、楽天IDでログイン後、クレジットカードを登録しましょう。クレジットカードは楽天カードは全種類OK、それ以外ではVisa、Mastercardに対応しています。

rakuten-pay-Androidrakuten-pay-ios

私が、実際に2個のアプリをダウンロードして設定するのにかかった時間は約3分でした。
ダウンロードおよび設定には3分~10分ほど見ておけば大丈夫でしょう。
しかも、設定をするのは最初1回だけです。

 

楽天スーパーポイントが現金として使える設定

楽天ペイのすごいところは、ポイントの獲得だけじゃありません。貯めた楽天スーパーポイントを、まるで現金と同じように使うことができるのです。

「楽天ペイ」を立ち上げて、以下の「設定」をタップしてみてください。

rakuten-pay

すると、以下の画面になります。

rakuten-pay

画面と同じように、「すべて使う」を選ぶと、支払う時に楽天スーパーポイントが優先されます。

もし、楽天スーパーポイントを貯めて置きたい場合は、「使わない」を選択すれば、使用しません。

「一部使う」を選択すると、楽天スーパーポイントで支払う上限金額を設定することができます。

 

ポイントの種類

楽天ペイは、楽天カード以外に、Visa、Mastercardに対応しています。

Visa、Mastercard の場合のポイントは以下のとおりです。

  1. Pontaポイント(または、dポイント) 1%
  2. 楽天ペイ利用分楽天スーパーポイント 0.5%
  3. 各クレジットカードの利用規定による特典

しかし、楽天ペイに楽天カードを登録するとこうなります。

  1. Pontaポイント(または、dポイント) 1%
  2. 楽天ペイ利用分楽天スーパーポイント 0.5%
  3. 楽天カード利用分楽天スーパーポイント 1%

楽天スーパーポイントが、1.5% になり、Pontaポイント(dポイント)と合わせて、2.5% です。

ローソンを良く利用する人が、毎日、500円の買物をしたとすると、1年間で4000円以上の節約となります。

 

そんなわけで、ローソンで楽天ペイを利用する場合は、楽天カードがおすすめなんです。

楽天カードの詳しいことはこちら

 

楽天ペイをローソンで使用するときの注意点

最後に、ちょっとした注意点をお知らせします。ローソンで「コード表示」決済をする場合、上限は最大2万円です。また、 楽天の会員ランクがレギュラー会員の場合は、上限4千円となります。コンビニで買い物する場合は、2万円を超えることは滅多に無いと思いますが、レギュラー会員の上限4千円は、お酒を買ったりすると超えたりしそうなので、要注意です。心配な方は、ご自分の会員ランクを確認してみましょう。楽天のWebサイトにアクセスして、ログインすれば確認できます。

まとめ

●ローソンで楽天ペイアプリを使うと支払いが簡単。

●楽天ペイアプリに楽天カードを登録して支払うと、楽天スーパーポイントがどんどん貯まる。

●貯まった楽天スーパーポイントが、現金のように支払いに使える。

楽天カードの詳しいことはこちら

記事更新日: 2017年09月27日

印刷する

楽天Edyでオートチャージ楽天Edyのオートチャージができる店舗が拡大して、さらに便利になった。2017年9月19日から、カレーハウスCoCo壱番屋やコメダ珈琲など約6万店舗で利用可能になる。

電子マネー「楽天Edy」の残高不足解消策は?:

Edy機能付き楽天カードならオートチャージが使える:

プリぺイド電子マネーの楽天Edyは、利用するためにあらかじめチャージが必要。残高不足になった時がちょっと不便だ。そこで、これを解消するためのサービスとして、Edy機能付き楽天カード利用者には、「Edyオートチャージ」のサービスが2015年6月から提供されている。

「Edyオートチャージ」というのは、楽天カード会員専用の「楽天e-NAVI」にログインしてあらかじめ利用設定しておくと、Edy残高が設定金額を下回った時に、クレジットカード払いで自動的にEdyがチャージされるというもの。 使い方は簡単。支払いの際に、決済端末にEdy機能付き楽天カードをかざすだけで、残高が一定金額以下になったら、何も言わなくても自動チャージされるので、残高を気にせずいつでもEdyを利用できるというわけだ。

オートチャージ可能な店舗が一気に拡大:

ただし残念なのは、オートチャージが利用できるのがファミリーマートやローソンなどの店舗に限られていたこと。それが今回、一挙に2万店増えて6万店に拡大した(Edyオートチャージ対象店舗は楽天Edyのページから確認できる)。

カレー専門店の「カレーハウス CoCo壱番屋」、コーヒーショップ「珈琲所コメダ珈琲店」、和食麺類のファミリーレストラン「和食麺処サガミ」、ドラッグストア「キリン堂」、「ホクレンショップ」「エーコープ」のチェーン店で利用できるようになり、Edyオートチャージ加盟店が約6万店舗に拡大した。セブンイレブンで使えたらいいのになぁ…など、ちょっと不便さは残っているが、この先の対応を期待したい!

ポイントがダブルで貯まるのも見逃せない:

ちなみにEdyオートチャージを利用すると、クレジットカードからのチャージポイントとEdyの利用ポイントとして、楽天ポイントがダブルで貯まるのでお得。Edy機能付き楽天カードを持っているなら、楽天e-NAVIにログインして、オートチャージを設定しておこう!

Edyオートチャージ

 

楽天Edyを単体で使っている方は、Edy機能付き楽天カードを検討してみてはどうだろう。

Edyつき楽天カードをまだ持っていないならこちらで!

記事更新日: 2016年12月30日

印刷する

クレジットカードイメージ画像

イベント参加やプレゼントなどが多いシーズン。何かと出費もかさみがちですよね。皆さんの中には、クレジットカードが限度額いっぱいになって使えなくなってしまった…なんていう方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、クレジットカードの利用限度額オーバーについて書いてみようと思います。突然使えなくなっても慌てないように、最近ちょっと使い過ぎかな?と思う方は参考にしてみてくださいね^^

そもそも、利用限度額オーバーとは?:

暮角べんり君利用限度額については意外と誤解があるのですが、「そのカードを使って買い物ができる上限金額」のことです。

例えば以下は間違いです。クレジットカードではこのような設定はありません。

×1回の買い物で利用できる上限額
×1か月に利用できる上限額

利用限度額は、その人の信用度合いによって審査の際に決められます。ゴールドカード以上のランクの高いクレジットカードなら200万円以上など大きな枠が設定されますが、一般カードでは、多くの場合100万円程度が上限。年会費無料のクレジットカードになると、10万円~30万円くらいなんてこともよくあります。

そのような場合、頻繁にカード払いをしたり、ちょっとまとまった金額の利用をすると、すぐに上限に達してしまいます!これが「利用限度爆オーバー」という状態。残念ながら、もうそれ以上はそのクレジットカードは使えません。

利用限度額オーバーは突然やって来る:

利用限度額オーバーになると、いきなりそのカードは使えなくなります。決済時の認証でチェックされ、店員さんに「お客様、このカードは現在ご利用できなくなっています」なんて言われてしまうわけですね。そうなってしまったら、その場は、他のクレジットカードやプリペイドカードを使うか、現金で支払うしかありません。

ちなみに、限度額オーバーになること自体は、別に悪いことではありませんし恥ずかしいことでもありません。使い過ぎて枠が一体になってしまったというだけなので、もちろんペナルティになるようなこともありません。ただ、ちょっと不便ですよね。

こんなことにならないためには、WEB明細などで利用可能残高をチェックしておくようにするといいですよ。心配な場合は、電話すれば、クレジットカード会社でも教えてもらえます。

どうすればいいの?:

限度額オーバーになったクレジットカードは、次の支払日が来て支払いをした分だけリセットされ、利用可能枠が復活します。基本的には、それを待つことになります。

例えば利用限度額が30万円のクレジットカードを限度額いっぱいまで使ってしまった場合で、次の支払日の支払金額が15万円だった場合、それを支払えば15万円分の利用可能枠が空きます。

この場合、支払日からどれくたいててばリセットされるかはクレジットカードによって異なります。それについては、以下のQ&Aで詳しく説明していますので参考にしてください。

そこまで待てない…などという場合は、繰り上げ返済して一気に枠を空けてしまうこともできますよ。このあたりについては、以下の基礎知識に詳しくまとめていますので、よかったらぜひ参考に読んでみてくださいね。

頻繁に利用限度額オーバーになってしまう方は、クレジットカードをもう1枚持っておいてもいいかもしれません。そんな方は、以下のリックをクリックして探してみてくださいね~!

今よりもお得なクレジットカードを作ろう

記事更新日: 2016年12月22日

印刷する

7cd0bd49今日は、キャンペーンのご案内です。国内外のJCB加盟店で使えるプリペイドカード「LINE Payカード」が、ポイント還元率が通常の2倍の4%になるキャンペーンを、2016年12月23日から1月9日までの18日間限定で開催しています。

決済金額の2%(100円利用で2ポイント)のLINEポイントが貯まるという通常のポイント還元率自体も結構すごいのに、それがさらに2倍に。「そんなに大盤振る舞いしちゃって大丈夫なんですか?」と、つい言いたくなってしまいます。

お買いモノが多いシーズンに、ポイント還元率がなんと4%に!:

とはいえ、もちろん大盤振る舞いは大歓迎。年末年始の何かと出費が多い時期に、ポイントをしっかり貯められるので、かなり活用しがいがありそうですね。ちょっとポイント還元率1%のクレジットカードと比べてみましょう。

貯まるポイント比較:
利用金額 還元率1%で貯まるポイント 還元率4%で貯まるポイント
5万円 500円 2,000円
10万円 1,000円 4,000円
15万円 1,500円 6,000円
※ポイントは1ポイント1円の金額換算で表記

ポイント還元率1%でもいい方なのに、こうしてみると、かなり大きな差になりますよね。クリスマスなどのプレゼントや帰省の旅費やおみやげ、1年頑張った自分へのご褒美や新年の福袋…などなど、使いどころの多い季節にポイントがたくさん貯まるキャンペーンは魅力的です。

しかも、エントリーなどは不要。ただ国内外約3,100万店のJCB加盟店でLINE Payカードを決済に利用するだけで、自動的に4%分のポイント(100円につき4ポイント)が還元されます。

LINE Payは高額利用も可能:

ちなみに、LINE Payのチャージ限度額は本人確認の有無によって異なりますが、以下のようになっています。大丈夫なのか?と心配なほどのちょっと驚きの設定です。

 本人確認の有無  チャージ限度額
本人確認を行っていない場合(LINE Cash) 10万円
本人確認後(LINE Money)  1000万円

 

また、代金決済の上限も以下のとおりで、従来のプリペイド電子マネーなどに比べると、かなり大きな利用ができるようになっています。クレジットカードの替わりとしても十分使えると言えるでしょう。

設定 LINE Cash LINE Money
残高限度額 10万円 10万円
1回あたりの利用限度額 10万円 100万円
1か月あたりの利用限度額 10万円 なし

 

コンビニでも手に入る:

ちなみにLINE Payカードはローソンやファミマといったコンビニでも購入できるので、まだ持っていない方もキャンペーンに間に合いますよ。店頭で支払いを済ませて、LINEアプリから利用開始手続きをするだけで、すぐにカードを利用できるようになります。

LINE Payカード

なお、コンビニで購入するときは、LINEの支払いのみに利用できる「LINEカード」と間違えないように、JCBマークが付いている「LINE Payカード」であることをよく確認してくださいね。プリペイド式なので、事前に残高をチャージしなければならないのはちょっと面倒ですが「銀行口座連携」「コンビニ」「チャージ専用口座」「Pay-easy」など、いろいろな方法が用意されています。チャージについては、以下のQ&Aを参考にしてください。

さて、あなたなら、このキャンペーンを何に使いますか?

キャンペーンについては以下のLINE公式ブログでで
http://official-blog.line.me/ja/archives/67938117.html

記事更新日: 2016年12月13日

印刷する

detail_2329_1480994773

クレジットカードや電子マネーの普及で、よりコンパクトな財布人気が高まっています。先日も、「カードがたくさん入る小さいふ。コンチャ」を紹介しましたが、小銭とカードも収納できるマネークリップというユニークなアイテムを見つけたので、続いてご紹介します!

小銭が入るマネークリップ「C-wallet(シーウォレット)」:

マネークリップはコンパクトであるというメリットはありますが、小銭が入らず不便さと感じることがありますよね。そこで開発されたのがこの小銭とカードも収納できるマネークリップなんです。

コンパクトでありながらも財布の収納力を併せ持つマネークリップとして、「C-wallet(シーウォレット)」という名称で、クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」で2016年12月12日(月)より先行販売(予約販売)が開始されています。

detail_2329_1480994168

コンパクトでスタイリッシュ:

C-walletは、従来のマネークリップのコンパクトさも生かして、スーツやズボンのポケットに入れてもかさ張らないスタイリッシュなデザインに仕上がっています。それでいてクリップ面がシンプルなので札とカードを一緒に挟むなど対応力が広くなっています。

また、クリップ面はステンレスでコインケースは本革を採用。ステンレスのシルバーと本革のブラックでアクセサリーのような雰囲気の財布になっています。

002

ほどよい収納力のあるマネークリップ:

C-walletには、お札が2つ折りで15枚、カードが片面4枚、コインはランダムに10枚程度収納できます。

001

電子マネーやクレジットカードなどがC-wallet1つに収まるので、便利そうですね。このC-walletは、クラウドファンディングで30個限定で販売。価格は12,000円(税別)ですが、2017年2月27日まで20~50%引きで申込できるようです。興味がある方は、クラウドファンディングのサイト「Makuake」で詳細をご覧ください。

良かったらこちらの記事もご覧くださいね。
カード時代にぴったりの財布を見つけました!「カードがたくさん入る小さいふ。コンチャ」

記事更新日: 2016年12月10日

印刷する

nocoly

スマホは持っているけれど、交通系電子マネーはICカードで利用している…という方に、便利なiPhone用スマホケースが発売されたのでご紹介します!

その商品とは、電子マネーの残高が分かるICカードポケット付きケース「nocoly Air(ノコリーエアー)」。Suica、PASMO、 ICOCAなどの交通系電子ICカードユーザーのニーズに対応して発売したものだそうです。

ICカードをセット。ボタンを押すだけで残高確認

ケースにはICカードを入れるポケットが付いていて、そこにICカードを入れてボタンを押すだけで残高確認が可能になっています。防磁シート付きのため、ケースに電子マネーカードを入れたままでも、改札で干渉せずに使えます。使用直後には、自動的に残高を表示してくれますよ。

nocoly

対応ICカード:

Suica、PASMO、ICOCA、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCA

nanacoカードはポイントも表示:

また、nanacoカードは残高に加えてポイントも表示。これは業界初となるそうです。

Apple Payとの併用もOK:

実は、先行モデルの発売した電子マネー残高表示機能付パスケース「nocoly(ノコリー)」は6月に発売され、いつでもどこでも残高確認ができて「うっかり」を防ぐ便利さが評価され、発売後2万台が売れたそうです。そして、今回発売された「nocoly Air(ノコリーエアー)」では、iPhone 7/PlusでApple Payとも併用が可能で、Apple Payと電子マネーICカードの使い分けもでき、ケースをつけた状態でApple Payを利用できるようになっているそうです。

カラーはピアノブラック、ワインレッド、ゴールド。対応端末はiPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone 6/iPhone 6 Plusです。

 

nocoly-color

販売は、開発元のブライトンネットのECサイトの他、楽天、 ヤフーショッピングで行われており、参考小売価格はiPhone7用が4,480円、 iPhone 7 Plus用が4,580円(共に税抜)だということです。

欲を言えば、nanacoだけでなく他のプリぺイドカードの残高もチェックできるとなお便利な気がしますが、関心がある方は、ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。

商品ページ: iPhone 7用
http://brightonnet.co.jp/product/another/bp-noair7.html
iPhone 7 Plus用
http://brightonnet.co.jp/product/another/bp-noair7p.html

あなたにぴったりな1枚を探そう!おすすめクレジットカード検索

記事更新日: 2016年12月02日

印刷する

小さいふ。コンチャネット通販の普及なども追い風となって、高まるクレジットカード利用率。日本クレジット協会の統計によると、日本国内の2015年のクレジットカードショッピング利用額は49.8兆円で、前年比7.7%の増加となったそうです。

合わせて電子マネーも普及。日頃、現金はほとんど使わない…という方も多いのではないでしょうか?そんな今の時代に向けて登場したのが、「カードがたくさん入る小さいふ。コンチャ」。とても便利そうなのでご紹介しようと思います!

小さくても、カード9枚+お札やコインもたっぷり入る:

この財布を発売したのは、大阪で「小さい財布 小さいふ。シリーズ」をはじめとしたハンドメイドの革製品を製作するクアトロガッツという会社。2016年12月1日の夜から、公式ウェブショップで販売を始めました。

小さいふ。コンチャは、縦8cm×横10cm×高さ2cmという、まさに「小さいふ」。そのに何がどれだけ入るかというと

・カード:約6~9枚
・お札:約10~20枚
・コイン:約20~30枚

だそうです。カードだけではなく、お金も結構入りますね。

使いやすさの工夫がいろいろ:

この財布にはいろいろな工夫が詰まっています。

回転式の新型カード入れ:

 大容量と省スペースの秘密は回転式のカードポケット。名刺も入るサイズで、裏側から出てくるポケットには裏表のスペースがあり、全3カ所にカードは最大で9枚収納可能だそうです。

小さいふ。コンチャ

1万円札がすっぽり!たっぷり!:

お札は一万円札も畳まずにすっぽり収納。おサイフとしての機能も十分なので、海外旅行にも便利そうです。

小銭がたくさん入り、取り出しやすい:

コインケースはお財布を傾けることによって、スライドして出てきて一覧できるクアトロガッツ独自の方式。まだまだ電子マネーが使えない時もあるので、これはこれでうれしいですよね。

小さいふ。コンチャ

ところで、「小さいふ。シリーズ」とは?

「小さいふ。シリーズ」は、その名の通り小さな財布のブランドで、大阪府認定の「大阪製ブランド」のロールモデルにも選ばれたものらしいです。確かに、こだわりが感じられますよね。別名、旅財布とも言われ、海外旅行・食べ歩き・芸術鑑賞などにも適したものだそうです。インスタグラムにもいろいろな「小さいふ」が紹介されていますが、とってもおしゃれですよ!

クレジットカードや電子マネーなどのカード利用が主流となるだけではなく、スマホでの支払いも増えてきているので、小さな財布がいいという人は私の周りでも増えているように感じます。でも、それでもやっぱり財布としての機能も、しっかりあった方がいいと思うのではないでしょうか?小さいふ。コンチャは、そんな気持ちに応えてくれるバランスのいいお財布だなと感じました。

年が明けると春財布の季節がやってきます。「今年は、お財布を新調しようかな…」などという時に、クレジットカード派の財布の候補として、よかったら思い出してみてください。

ちなみに、お値段は12,800円(税抜)だそうです。気になる方は、詳しくはクアトロガッツのサイトで見てみてくださいね(写真もこのサイトから引用させていただきました)。

あなたにぴったりな1枚を探そう!おすすめクレジットカード検索

記事更新日: 2016年12月01日

印刷する

電気代のクレジットカード払いがお得なケースと損なケースのまとめ

家電製品を省エネタイプにしたり、こまめに照明を消したり待機電力を減したり…などといった節電も大事ですが、電気料金の支払い方法を工夫することでも家計の節約ができるなら、ぜひ見直しをしたいですよね。電気料金の支払いは、どうすればお得なのでしょうか?クレジットカード?口座振替?

そこで今回は、電気料金の支払い方法について徹底解説。一般的にクレジットカード払いをすると、電気代の支払いはお得になる…と思われることも多いのですが、実はそうではないケースもあるといったあたりに重点をおいて書いていってみたいと思います。

電気代の支払い方法にはどのようなものがあるのか?:

まずはじめに知るべき点は電気代の支払い方法にはどのようなものがあるのか?ということ。これを把握しておかない限りには、どの支払い方がお得かなんてわかるはずもありませんよね。

わかりやすく各種支払い方法を表にまとめてみます。

電気代の支払い方法まとめ:
支払い方法 利用者数 解説
銀行口座引き落とし 多い 金額が確定したら、銀行口座から直接その電気料金が引き落とされる方法。多くの方が利用している。
クレジットカード払い 多い 最近、利用者が増えている支払い方法。クレジットカードで電気料金を支払うことでポイントが貯まるため人気。
コンビニ払い 普通 毎月、電力会社から届く支払い用紙を使って、コンビニで支払う方法。セブンイレブンやローソンといった大手なら対応してくれる。
銀行や郵便局 普通 コンビニ払い同様、電力会社から送られてくる支払い用紙を使って電気代を支払う方法。
電力会社の窓口 少ない 電力会社の窓口に支払い用紙を持っていくことで電気代を支払う方法。窓口によっては支払い対応してくれない場所も。

一般的には銀行口座引き落とし(口座振替)かクレジットカード払いを利用している方が多いのではないでしょうか?コンビニ払いや銀行払いなどはもはや、かなり少数だと思われます。

電力料金は支払い方法によってお得さが異なる:

次に、支払い方法によってどのような割引やポイント優遇があるのかを見て行きましょう。

支払い方法のお得さのまとめ:
支払い方法 割引など 概要
銀行口座引き落とし 有り 銀行口座から引き落としが行われる度に、52.5円の口座振替割引有り。1年間で考えると630円の電気料金割引を受けられる。
クレジットカード払い 有り 電気料金の金額によって、クレジットカードポイントが貯まる。どのくらいのポイントが貯まるかは、支払いに使うクレジットカードによって異なる。
コンビニ払い 基本無し 深夜でも祝日でも支払いが出来るのは利点だが、割引などは無し。ファミマTカード利用などの例外はあるが、恩恵は少ない。
銀行や郵便局 無し 銀行窓口での支払いでは割引無し。
電力会社の窓口 無し 電力会社の窓口での支払いでは割引無し。

ご覧いただければわかるように、銀行口座引き落としかクレジットカード払いを利用しないと、電気料金の割引を受けることはできません。つまり電気代の節約を考えているのであれば、どちらかの支払い方法を使うしかない…ということです。

 

電気料金の節約を考えているのであれば
銀行口座引き落としかカード払いで払おう!

銀行口座引き落としとクレジットカード払い、どちらがお得なのか?

電気料金の節約を考えているのであれば、銀行口座引き落としかクレジットカード払いがよい…というところまではおわかりいただけましたよね。ここで今回のテーマ、『では、どっちの支払い方法がお得なの?』というところです。

次にこれを解説していきましょう。

銀行口座引き落としのメリット:

経理作業をする暮角べんり君(当サイトのメインキャラ)銀行口座引き落としで電気代の払い込みをした場合、どのくらいの節約ができるのでしょうか?2016年11月現在、月間54円、年間648円の割引を受けることが可能です。

この口座振替割引は東京電力、関西電力、中部電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力の大手電力会社であれば受けることができます。北海道電力、東北電力、沖縄電力は口座振替割引がありません。

銀行口座からの引き落とし金額にかかわらず52.5円の割引:

この54円の割引は銀行口座からの引き落とし金額にかかわらず常に54円の割引となります。電気代が月に3,000円の一人暮らしの方も、月に5万円使っている大家族の方も一律54円の割引です。

月額電気代の例 割引金額 請求金額 割引率
1000円

54円

1,080円 約5%
5000円 54円 5,400円 約1%
1万円 54円 10,800円 約0.5%
2万円 54円 21,600円 約0.25%
3万円 54円 3,176円 約0.17%

割引率の視点で考えると、大家族で電気をよく使う方であればあるほど割引率は低く、一人暮らしの節電派の方であればあるほど割引率が高くなります。

クレジットカード払いの利点まとめ:

ベンリスター電気料金をクレジットカード払いするメリットは、やはりクレジットカード利用ポイントが得られるということ。結果的に、その分だけ節約になります。

ただ一言にクレジットカードといっても、どのクレジットカードを利用しても同じ分だけポイントが溜まっていくわけではありません。電気料金の支払いに向いているクレジットカードもあれば、あまり電気料金ではポイントが貯まらないクレジットカードも存在します。

ここではわかりやすくポイント還元率0.5%、1%、1.5%の3つで比較してみましょう。

クレジットカード払いで節約できるポイント:
月額電気代の例 還元率0.5% 還元率1% 還元率1.5%
1000円 5円 10円 15円
5000円 25円 50円 75円
1万円 50円 100円 150円
2万円 100円 200円 300円
3万円 150円 300円 450円

このように、クレジットカード払いでは、銀行口座引き落としと比べ、毎月の電気代が高い方であればあるほど節約できる金額が多いことがわかります。

銀行口座引き落としとクレジットカード払いのどちらがお得なのか?

銀行口座引き落としの利点とクレジットカード払いの利点をご理解いただいた上で、では、どちらがお得なのか?というと、もはや言うまでもないですよね。

結論としては毎月、得られるクレジットカードポイントが54円よりも多い場合にはクレジットカード払いを利用し、それ以下であれば銀行口座引き落としを使うほうがお得ということになります。

先ほどの表をわかりやすく色をつけてみます。

月額電気代の例 還元率0.5% 還元率1% 還元率1.5%
1000円 5円 10円 15円
5000円 25円 50円 75円
1万円 50円 100円 150円
2万円 100円 200円 300円
3万円 150円 300円 450円

だいたい月間電気代が1万円を超えてくるあたりでクレジットカード払いのほうがお得になることが、一目瞭然でおわかり頂けるかと思います。 

その他、クレジットカード払いの利点も:

家計のやりくりに困る暮角べんり君なお、ポイントによる直接的なお得さ以外にも、クレジットカード払いには銀行口座引き落としにはない利点がいくつかあります。簡単に箇条書きにしておきますね。

同じくらいの節約金額であれば、クレジットカード払いにしておくほうが総合的に私は価値やメリットがあると思っています(現に私も今、電気料金の金額は少ないけれどもクレジットカード払いを利用中)。

  • クレジットカード払いは銀行口座引き落としよりも支払いを先延ばし出来る。その分だけ、銀行口座内にお金を貯めておくことが出来る(家計にゆとりが出来る)。
     
  • クレジットカードの中には年間の利用金額が多いと翌年のポイント獲得分を増やしてくれるものがある。電気料金の支払いもその分に含めてもらえる。
     
  • 毎月クレジットカードを利用するとクレジットヒストリーが育ち、利用歴を良くすることができる。それによって、住宅ローンや車のオートローンなどを借りる時に有利になることも。
     
  • 電気料金の他にもガス料金やNHK受信料などもまとめてクレジットカード払いにすることで、引き落とし日を統一させることが出来る。バラバラだと家計の管理が面倒に。
     

こんなところでしょうか。特に、良いクレジットヒストリーづくりのために、毎月の公共料金支払いはおすすめですよ!

今回のまとめ

喜んでいる暮角べんり君

以上、今回は電気代のカード払いが損になるケースとお得になるケースのまとめでした。電気料金支払いはクレジットカード払いのほうが問答無用でお得だ!と思っていたのに、実は意外と損していた…などという方もいらっしゃったたのではないかと思います。

また、電気代などの公共料金は、毎月必ず発生し、長く続くもの。利用するクレジットカードによってもお得度が大きく変わります。月間の電気料金の支払いが多いという方や、ガス代や水道代などをまとめてお得なクレジットカードで支払いたいという方は、ぜひ、この機会に公共料金の支払いでお得なクレジットカードかどうか、見直してみてくださいね!

公共料金の支払いでお得なクレジットカード

記事更新日: 2016年11月30日

印刷する

クリスマスや年末年始など、これからギフトの機会が多い季節ですよね。何にしようかな…と迷っている方も多いのではないでしょうか?

そんな今、プリペイドカードとメッセージカードを2枚一緒に収納できる、おしゃれなギフトバッグが登場。全国のファミリーマートとドン・キホーテで販売開始されます。新しいスタイルのプレゼントに活用できそうなので、ちょっと、ご紹介しますね。

プリペイドカードを、もっとおしゃれに送れるギフトバッグ:

米国では、「贈る人がプレゼント選びに困らない」「贈られた人が使い道を自由に選べる」など、実用性の高さからギフトアイテムとしてプリペイドカードが人気。たくさんのプリペイドカードが、専用のギフトケースと一緒に購入されているそうです。

最近は日本でも、若い世代を中心に、友達にスマホゲームやスマホアプリ、音楽などのプリペイドカードをプレゼントしたり、社会人でも各種イベントでの景品としてプリペイドカードを利用したりする機会が増えてきています。そこで、もっとおしゃれに贈れるように…ということで登場したのが、プリペイドカードをメッセージカードとセットにして収納、楽しくおしゃれに贈れるギフトバッグなんです!

プリペイドカードをおしゃれに楽しく贈れるギフトバッグ

ギフトバッグのデザインは「ラフォーレ原宿」の広告・CMや「BAO BAO ISSEY MIYAKE」のバッグなどを手掛けてたくさんの賞も受けているデザイナーの古平正義氏が担当したそうです。おしゃれですよね!

動画付きメッセージカードを送れるタイプも…:

ファミリーマートで11月29日より販売開始されたギフトバッグは、メッセージカードが同梱された「POSAギフトラッピング(バッグ)」1種類のみ。こちらは、全国のファミリーマートの店舗で販売されます。

一方、ドン・キホーテでは12月5日より、「moovin POSAカードバッグ」を販売。こちらはデザインも7種から選べて、メッセージカードに動画を添えて贈ることができるようになっています!プリペイドカードと動画を添えたメッセージカードを、ギフトバッグの収納箇所にそれぞれ挿入。贈りたい相手にプレゼントすることができます。

紙のメッセージカードにあらかじめQRコードが印刷されていて、動画メッセージをつくってカードに付けられるmoovinといアプリを使って、後から動画を付けることができるようになっています。カードをもらった人は、スマホでQRコードをスキャンするだけで簡単に動画を見ることができるようになっています。

ドン・キホーテグループのドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテ、長崎屋、ドイト等の店舗で購入できますよ。

実用的なプリペイドカードにメッセージを添えて

プリペイドカードにも急いろな種類が増えてきていますが、それだけを贈るのはちょっと…という時にも、これならよさそうですよね。最近では、誕生日や結婚記念、イベントなどの特別なシーンで、動画メッセージを贈る人も増えています。実用的なプリペイドカードと想いを伝える動画つきメッセージカードを、センスのいい専用ギフトバッグに入れて贈る…。ちょっと新しいプレゼントの贈り方として楽しめそうな気がしませんか?

機会があれば、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

記事更新日: 2016年11月27日

印刷する

個人信用情報機関という組織があって、そこに各人の個人信用情報が登録されているということは知っていても、実際に自分の情報がどのように登録されているのかは知らないという方、案外多いのではないでしょうか?

そこで今回は、個人信用情報機関に登録されている自分の情報を確認する方法について、説明してみたいと思います。すごくハードルが高いのでは?と億劫に感じる方も多いかもしれませんが、事務的に進めることができますよ。ぜひ自分の情報は、自分で管理しましょう!

あなたの個人信用情報はどこにある?:

クレジットカードをたくさん保有している暮角べんり君自分の個人信用情報は、誰でも請求して取り寄せることができます。信用情報機関に信用情報の「開示請求」をすればいいのです。自分の情報については知る権利があります!

現在、日本にある信用情報機関は3つ。パソコンやスマートフォン、郵送、窓口などで開示請求を行うことができます。以下のリンク先で、それぞれの最新情報を確認してみてください。

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シーアイシー(CIC)

どこまで開示請求すればいい?:

開示請求はそれぞれの個人信用情報機関あてに別々に行い、3つのうちのどれかあるいは複数に請求することができます。

クレジットカードに関する情報を確認したい場合は、まずはCICに開示請求をすればいいでしょう。CICは、クレジット会社の共同出資により設立された個人信用情報機関なので、ほとんどのクレジットカード会社が加盟しています。

その他、銀行系金融機関からのローンなどの情報はKSCに,消費者金融やローン会社での借り入れはJICCに開示請求をすることになります。それぞれ手数料がかかりますが、しっかりと自分の情報を確認するためには一度、全部の機関に開示請求をしてみることをおすすめします。

各機関への開示請求方法:

以下に、各個人信用情報機関への申し込み方法の概要をまとめておきます!詳細は、各リンク先で最新情報を確認してくださいね。

CICへの情報開示請求:
請求方法 手数料
インターネット(パソコン・スマートフォン) クレジットカード一括払い(1,000円)
郵送 ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)
窓口 500円(現金)

CICのインターネットによる開示請求は、パソコンやスマートフォンを使って開示請求を行い、画面上ですぐに開示報告書を確認できるので便利。ただし利用できるクレジットカードの種類が限定され、利用したクレジットカード会社に開示請求をしたことがわかります。一般には開示請求をしたこと自体はマイナスにはなりませんが、状況によって知られたくない場合には郵送などを利用しましょう。

CIC(情報開示請求に関する詳細情報ページ)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

全銀協への情報開示請求:
請求方法 手数料
郵送 ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)

KSCでは郵送のみでの受け付けになっています。

KSCへの個人信用情報開示請求に関する詳細
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

CICへの情報開示請求:
請求方法 手数料
スマートフォン クレジットカード(1,000円)
コンビニエンスストア(1,000円+手数料161円)
ペイジー対応ATM(1,000円+手数料161円)
オンラインバンキング(ペイジー)1,000円+手数料161円)
郵送 クレジットカード(1,000円)
ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)
窓口 500円(現金)

JICCでのスマートフォンでの請求は申し込みのみ。開示所書は書留で郵送されます。

JICCへの個人信用情報開示請求に関する詳細
http://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/index.html

個人信用情報の開示について、より詳しく知りたい方はぜひ、以下の情報もチェックしてみてくださいね。

ちなみに、自分の個人信用情報を見たことがないという方は、一度、自分自身で確認してみるのもおすすめです。個人信用情報の開示手続きは簡単に行えるので、ぜひ申し込みをしてみてください!自分の情報が、どのように管理されているかがよくわかりますよ。

クレジットカード入会審査時の信用照会とは?

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。フリーターでも20歳以上なら申込可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

ライフカード

今なら最大1万5000円分相当のポイントが漏れなく貰える。

カードの詳細を見る

カテゴリー一覧

過去のカード情報

タグ一覧

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動