BENRISTA

専門家がお金の情報をわかりやすく解説する事業を展開中

【事件】ショッピング枠の現金化業者が出資法違反で逮捕される

クレジットカードのショッピング枠を現金化する「現金化商法」を営んだとして、警視庁は2022年6月27日付けで7人を出資法違反で逮捕したとのこと(読売新聞より引用)。

ショッピング枠を悪用した「現金化商法」の手口で、違法に金を貸し付けたとして、警視庁は27日、ネット関連会社「トラストオブファイブ」(東京都世田谷区)の社長(41)(世田谷区)ら男7人(29~41歳)を出資法違反(超高金利)容疑などで逮捕したと発表した。

警視庁は同社が2018年3月~21年12月、同様の手口で全国の約5900人に計約23億5000万円を貸し付け、計約9億5000万円の利息を違法に得たとみて調べている。

現金化商法はこんな感じで逮捕者が出るような違法行為。

どんなにお金に困ったとしても絶対に利用しないようお気をつけください。法律で定められた以上の金利手数料が請求されるだけでなく、利用時に記入してしまった個人情報やカード番号が悪用されてしまう可能性すらありえますよ。

最終更新日:2022年9月1日

PAGE TOP