BENRISTA

専門家がお金の情報をわかりやすく解説する事業を展開中

【情報漏洩】奈良県の生活協同組合「ならコープ」より最大48万9,085人分の個人情報が漏洩した疑い

奈良県の生活協同組合「ならコープ」は2023年1月18日付けで、約49万人分の個人情報が漏えいした恐れがあると発表しました。

公式リリース『重大なシステムトラブルに伴う個人情報についてのお知らせ』より引用させていただきます。

重大なシステムトラブルに伴う個人情報についてのお知らせ

2022年10月9日(日)に発生した重大なシステムトラブルにより、皆様には多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

この間、『あをがき臨時号』等で経緯を皆様にお知らせしてまいりましたが、今回あらためてのご報告となります。トラブル発生後、現在も外部専門機関による個人情報漏えいの事実確認を継続しておりますが、現時点では漏えいの事実や不正利用の事実は確認されておりません。

今後も引き続き監視を実施してまいります。

なお、法律の専門家および外部専門機関等との協議の結果、個人情報漏えいの可能性を完全には否定できないことから、個人情報保護法等の法令に基づき、ご本人様にお知らせいたします。

「株式会社ハートフルコープなら」が出した公式リリースの画像

「株式会社ハートフルコープなら」が出した公式リリースの画像

尚、ならコープ側によると漏洩した疑いのある個人情報にカード番号等は含まれないとのことですが、過去にならコープを利用したことがある方は念のため、ご注意ください。

漏洩した可能性のある情報:

  • 組合員番号
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス
  • 引落口座情報
  • 購入履歴
  • 出資金情報

2022年10月付で発生した不正アクセスゆえ、個人情報が不正利用されている場合にはすでに顕在化している可能性が高めとなります(明細書等の確認をどうぞ)。

最終更新日:2023年1月19日

PAGE TOP