BENRISTA

専門家がお金の情報をわかりやすく解説する事業を展開中

【事件】不正入手したカード情報を使って約14億円分の電気代を支払った、自称「新電力会社」の男女3人を逮捕

不正入手した他人名義のクレジットカード情報を使い、約14億円分の電気料金を支払ったとして中国籍の男女3人が逮捕されました。

容疑者は新電力会社を装って契約を取り、その代金を他人名義のかクレジットカードで支払っていたようです(朝日新聞より引用)。

  1. 新電力会社を装う
  2. 個人や小売店などと契約
  3. 発生した電気料金は他人名義のカードで支払い
  4. 小売店からは現金で入金させる

他人名義のクレジットカード情報を使って電力会社と契約し、自分の顧客に送電させたとして、警視庁は18日、いずれも中国籍で33~41歳の男女3人を窃盗などの疑いで逮捕し、発表した。

3人は「新電力を安く供給できる」として全国の料理店や個人を顧客として獲得し、実際に自分たちが供給しているように見せかけることで3年間に総額13億9400万円を不正に売り上げていたという。

まぁなんとも大胆な詐欺の手口を思いつくものだよなぁ…と関心してしまうほど。

みなさんも念のため、不審な電気料金が請求がないかどうかクレジットカード明細書にてご確認ください。いつの間にかカード情報が漏洩し、彼らに不正利用されている可能性はゼロではありませんよ。

寄附:2023年1月20日

PAGE TOP