メニュー

クレジットカードの盗難保険を徹底解説!紛失時の被害から守ってくれる

記事更新日:2016年7月25日

印刷する

クレジットカード被害を救済!盗難保険を徹底解説

 

盗難保険とはクレジットカードを落としたり、もしくは盗まれたりなどして、運悪く第三者に不正に利用された場合に、その損失分を全額補償してくれるというありがたい保険のこと。紛失・盗難保険と呼ばれることもあるが、単に盗難保険といわれる場合でも、紛失・盗難の両方をカバーしていると思って大丈夫だ。

 

基本的には、現在日本で発行されているクレジットカードで、この盗難保険が付いていないものは存在しないと言っていいと思う(一部のマイナーなハウスカードなどには付いていない可能性があるかもしれない)。どのクレジットカード会社から発行されたクレジットカードであろうと、また、ゴールドカードプラチナカードブラックカードはもちろん、年会費無料のクレジットカードであろうとも、グレードに関係なく、すべてのクレジットカードに盗難保険は必ず付いているものと思って大丈夫だ。

 

私たちが安心してクレジットカードを使えるのは、この盗難保険のおかげ。ただし、いざという時に確実にこの保険の適用を受けるためには、知っておくべきこともある。この記事を読んで、ぜひひととおり理解しておいて欲しい。

 

クレジットカードの盗難保険に関するまとめ:

盗難保険とは?

クレジットカードに付帯されている盗難保険とはどんな保険なのか?まずは、そこからわかりやすく説明していこう。これを読んでいただければ、クレジットカードがいかに安心な支払いツールなのか、ということがお分かりいただけると思う。

 

そもそも盗難保険とは?何を補償してくれるのか?

警察官になった暮角べんり君(当クレジットカードサイトのイメージキャラクター)そもそも、クレジットカードに盗難保険があることで、何がどういいのだろうか?この話から始めよう。

 

例えば、あなたがクレジットカードを盗まれて、その犯人に不正に100万円分を利用されてしまったとしよう。このとき、「この100万円はあなたのクレジットカードで支払われたのだから、あなたがお金を負担してくださいね」と言われたらどうだろうか?世の中には、計画的な犯罪を犯す悪い人もいるわけなので、これではこわくてクレジットカードを使う気になれないと思う。

 

また、誰にだって、うっかりクレジットカードを失くしてしまうという可能性も十分にある。もしも、失くしたクレジットカードを不正に使われた場合に、自分で損害額を負担しなくてはならないとしたら、やはり多くの人がクレジットカードを使うのをためらってしまうだろう。

 

そこで登場したのが盗難保険だ。盗難や紛失時に不正使用された分の金額はすべて保険によって支払われ、自分の負担金額が0円になるとわかれば、多くの人は、安心してクレジットカードを使おうという気になるはず。つまり、盗難保険は、クレジットカード会社がクレジットカードを多くの人に安心して使ってもらうために、必要不可欠なサービスとして誕生したものだと言うことができる。

 

原則として、損害額は100%補償される:

盗難保険がある限り、あなたのクレジットカードを誰が悪用しようとも、あなたの負担金額は0円だ。被害額が10万円だろうが100万円だろうが、たとえ1,000万円であろうが、盗難保険さえあれば1円も負担しなくてすむ。もちろん、そこまで利用限度額の大きなクレジットカードを持っている方は少ないとは思うが、大切なポインと被害額は上限なく補償されるということだ。

 

クレジットカードを盗まれ100万円利用された場合の負担:
保険のあり・なし 被害金額 あなたの負担
盗難保険がない 100万円 100万円
盗難保険がある 100万円 0円

 

クレジットカード盗難保険は申し込み不要!自動的についてくる:

クレジットカードの盗難保険では、申込などの作業は一切不要。基本的には自動的にクレジットカードについてくる。クレジットカードに申し込んで審査に通ったら、そのクレジットカードが手元に届いた瞬間から、盗難保険は適用されている状態だと思って大丈夫だ。

 

そのため、クレジットカードを持っていても、盗難保険についてはあまり意識していないという方もきっと多いと思うが、自分のクレジットカードにも盗難保険がついていることを確かめておけば、より安心してクレジットカードを利用できるだろう。

 

なお、盗難保険料には有料と無料の2種類があるが、ほぼ100%に近いクレジットカードに、無料で盗難保険が付いている。有料の場合でも、便宜上、『盗難保険料』として徴収しているだけであって、実質的にはクレジットカード年会費と同じ扱いだと思えば大丈夫だ。

 

盗難保険はすべてのクレジットカードに

無料で自動的に付帯

金額の上限なしで補償される

 

盗難保険の適用範囲と適用条件:

クレジットカード盗難保険が適用される事例:

エイサー風の暮角べんり君盗難保険は、具体的にどのような場合に適用されるのだろうか。クレジットカードの盗難保険が適用される事例を簡単に紹介してみよう。

 

1.クレジットカードを落としてしまった:

気づかないうちにクレジットカードを落としてしまい、それを拾った誰かに悪用されてしまった…という場合、盗難保険の適用対象になる。いくら注意していても、クレジットカードを落としてしまうということは、誰にでも起こりうることだが、この保険がある限り安心しても大丈夫だ。

 

2.クレジットカードを失くしてしまった:

クレジットカードを紛失してしまった。しかも、どこかに落としてしまったのか、置き忘れてしまったのかさえ全く記憶がない…。こんな場合でも、不正使用に遭えば難保険の適用を受けられるので大丈夫だ。

 

3.クレジットカードを盗まれてしまった:

クレジットカードが入っている財布を誰かに盗まれ、悪用されてしまった…という場合はどうだろう?この場合も、盗難保険が守ってくれる。スリの常習犯などは、足が付かないような巧妙なクレジットカード悪用方法を熟知している場合が多いが、盗難保険がある限り被害額は負担しなくて済むので安心だ。

 

4.個人情報流出などでクレジットカード情報が第三者に漏れてしまった:

ネット犯罪などによる個人情報の流出事故が相次いでいるが、万一、自分のクレジットカード番号が漏洩してしまい被害にあった場合も、盗難保険が守ってくれる。こういった個人情報流出については、カード保有者は対処できないのだから、負担義務がないと思って良いだろう。ネット上の不正使用については、オンライン不正使用保険という別の保険で対応しているクレジットカード会社もあるが、基本的にはそれも盗難保険の一部と考えていいだろう。

 

5.スキミングやフィッシング詐欺などでカード番号を盗まれてしまった:

クレジットカード犯罪として有名なスキミング詐欺やフィッシング詐欺などで、あなたのクレジットカード番号が盗まれてしまった場合の損害についても、盗難保険の適用対象となる。例えば、悪意のある誰かにカード情報をコピーされて複製されてしまったとしても、盗難保険がある限り安心だ。

 

その他、クレジットマスター(他人のカード番号を割り出す手口)など、ありとあらゆるクレジットカード犯罪に巻き込まれてしまった場合の被害金額についても、基本的には盗難保険の対象となる。

 

以上、いくつかの例を挙げたが、要するに、自分に落ち度がなく、不正にクレジットカードを使われてしまった場合は、すべて盗難保険の対象となると思っておいていいだろう。

 

盗難保険適応の条件は至ってシンプル:

盗難保険適応の条件は、各クレジットカード会社によってやや異なるところもあるが、標準的なのは「不正利用発見後、その日からさかのぼって60日以内の被害であれば保険適応」となるというもの。つまり不正に利用されてから60日以内にその利用を発見さえすれば、盗難保険がどうにかしてくれるというわけだ。

 

但し、60日という期限が定まっているということは、それよりも前の不正利用については保険適応とならないということ。中には、事情を汲んでもらえて60日以上前の不正使用でも保険適応となった…などという例もあるようだが、適応されない可能性も視野に入れて、早く気付くことが大切。そのため、毎月の利用明細書だけはきちんと確認してほしいと思う。

 

発見から60日前までさかのぼり、

落ち度がない不正使用はすべて補償される

クレジットカードのトラブル対処法一覧!

クレジットカード盗難保険の申請手順:

盗難にあったら、まずはカード会社に連絡:

携帯電話で通話をするビジネスマンの暮角べんり君(当カードサイトのキャラクター)クレジットカードを失くしたり、盗まれたことに気づいたら、まずはクレジットカード会社に連絡しよう。連絡が遅れるほど、不正使用される恐れが出て来るからだ。盗難保険が適用されるとは言え、余計な不正使用の被害は防ぐのが賢明。連絡すると、対象カードの利用停止手続きを行った上で、新しいカードを発行してもらえるので、安心してクレジットカードを利用できるようになる。

 

いつでも連絡先がわかるようにしておこう:

不正使用などの緊急連絡は、夜間や、土、日、祝日などでも受付けているはず。イザという時に慌てないように、携帯電話やスマートフォンなどにカード会社の連絡先を登録しておくといいだろう。

 

警察で被害届の証明書をもらっておく:

クレジットカード会社に連絡した際に指示があると思うが、警察への届け出も行っておこう。自宅や勤務先の近くの警察でも大丈夫なので、先延ばししたり、忘れたりしないように早めに手続きを行っておこう。

 

その際、警察から、確かに被害届を出したということを証明する書類「盗難届証明書」をもらっておくことを忘れないようにして欲しい。後で、失くしたクレジットカードの不正使用による損害がわかって、盗難保険の適用を受けることになった場合に、この盗難届証明書をクレジットカード会社に提出する必要があるからだ。

 

後で気付いた場合も、とにかくすぐに連絡を!:

利用明細を見て始めて不正使用に気づき、調べてみたらあるはずのカードが無くなっていた…そんな場合もあるかもしれない。この場合も、気が付いた時点で、一刻も早くクレジットカード会社に連絡しよう。

 

先ほども説明の通り、盗難保険が適用されるのは「不正利用発見後、届け出日からさかのぼって60日以内の被害」という制限がある。うかうかしていてこの期間が過ぎてしまうと、自分で被害額を負担しなければならなくなってしまう。どれだけ早く不正使用に気づけるかがポイント!毎月の明細書確認は非常に重要だと言われる理由はここにある。

 

うっかりしていて60日以上たってしまった場合でも、諦めずにまずは相談してみ ることをおすすめする。クレジットカード会社の担当者も人間だ。誠実にお願いすれば、時には柔軟に対応してくれるかもしれない。

 

不正使用に気づいたら、即カード会社に連絡を。

毎月の明細書確認が重要!

クレジットカード盗難保険が適用されない事例:

60日以上過ぎた場合の他にも、クレジットカード盗難保険の対象外となる場があるので、これについても紹介しておこうと思う。

 

1.家族や知人に不正に使われた場合:

弁護士になった暮角べんり君(当クレジットカードサイトのキャラクター)家族や知人によって不正利用されてしまった場合には、盗難保険の適用とはならない可能性が高い。クレジットカード所有者と結託してクレジットカードを利用させた可能性がどうしても否めないためだ(わざと知り合いに使わせて盗難保険を申請する詐欺もある)。

 

例えば、本人が知らないうちに、本当に無断で家族や友人にクレジットカードを使われたということが立証できれば補償されるかもしれないが、その場合はクレジットカードの保管がルーズだったのではないかなどという別の問題も出て来るので、かなり難しいと思っておこう。

 

2.規約違反の使い方をしていた場合:

クレジットカードの利用規約に違反するような行為をして不正使用にあった場合には、盗難保険が適用されなくなってしまう。いくつかの例を挙げてみよう。

 

家族に使わせてクレジットカードをなくした場合:

クレジットカードは所有者本人しか使えないと言う規約になっているので、たとえ家族であっても、他人に使わせることは規約違反。例えば自分のクレジットカードを家族に常日頃から利用させているような状況で、その家族の誰かがクレジットカードを無くしてしまった場合には、保険適用とならない。家族にクレジットカードを使わせたいのであれば、きちんと家族カードを発行しよう。

 

クレジットカードの暗証番号が漏れた場合:

クレジットカードの暗証番号などを、適切に管理すべきことも規約に明記されている、例えば、第三者に推測されにくい番号に設定しておくことや、自分以外の誰かに知られないように管理することなどが該当する。

 

そのため、暗証番号を使って第三者がクレジットカードで買い物をしたり、キャッシングをしたりすることが出来た場合には、暗証番号の管理が適切でなかったとして、被害額が補償されない可能性がある。自分の誕生日や車の番号、電話番号などを暗証番号をしている方は、すぐにもっと推測しにくい番号に変更しておくことをおすすめしたい。

 

クレジットカード裏面にサインがない場合

クレジットカード裏面にサインがない状態で利用することも、利用規約違反にあたる。不正使用後、廃棄されたクレジットカードが警察に届けられ、サインがなかったことが分かった…などというケースも少なくない。そのような場合には、盗難保険の適用外となってしまいかねないので、クレジットカードが届いたらすぐに、裏面にサインをしておこう。

 

3.その他、盗難保険が適用されないと思われる場合:

そのほか、クレジットカードの盗難保険が適用されないであろうと思われる場合として、クレジットカードの年会費を支払っていない場合や、申告した不正利用の調査に協力しなかった場合などが考えられる。

 

とはいえ、これらはあくまでも例外的なケース。クレジットカード利用規約に則り、クレジットカードを健全に利用している方であれば問題無いことばかりなので、安心して欲しい。例外として戦争や巨大地震が発生した場合には盗難保険適用外となることがあるようだが、そもそもそんな場合にはどの保険も適用とならないので、ここは例外中の例外として判断しても良いだろう。

 

利用規約に違反せず健全に利用すれば、

盗難保険は問題なく適用される。

盗難保険がある限り、クレジットカードは現金よりも有利:

現金よりもむしろ安全:

忍者になった暮角べんり君例えば現金10万円を落としてしまった場合と、クレジットカードを落として10万円を不正に利用された場合を比べると、盗難保険がある限り、クレジットカードのほうが圧倒的に有利なことは明らか。利用者によほどの落ち度がなければ、不正に利用された10万円は支払う必要性がないためだ。反対に、現金を10万円落としたり盗まれたた場合には、よほど運が良くない限り、まず戻ってくることはないだろう。

 

現金主義者の方がクレジットカードを持たない理由の一つに「クレジットカードの不正利用がこわい」というものがあるが、クレジットカードに盗難保険がある限りは、現金を持ち歩くよりもよほど安心というわけなのだ。

 

実際、落ちているクレジットカードを拾ってもよほどの根性がある方でない限り、そのクレジットカードを悪用しようなどとは考えないはず。しかし、現金ならどうだろうか?このあたりもよく考えて、ぜひクレジットカードを有効に使ってほしいと思う!

 

盗難保険付きの安心クレジットカード特集!

 

この記事に関する参考リンク:

付帯保険に属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。フリーターでも20歳以上なら申込可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動