メニュー

セキュリティコードとは?クレジットカードのセキュリティーコードを徹底解説

記事更新日:2016年3月11日

印刷する

クレジットカードのセキュリティコードとは?

 

インターネット通販などでクレジットカードを使用する場合や、楽天Edyなどの電子マネーのチャージをしようとした時などに『セキュリティコードの入力』を求められることがある。

 

しかしクレジットカードを発行した時にも、普段カードを利用する時にも、そんなコードを意識することはない。そのため、初めての時には、「セキュリティコードを入力してください」なんて言われても、「それ何?」とちょっと面食らってしまう方も多いかもしれない。

 

ここではそんなセキュリティコードについて詳しく説明していきたいと思う。

 

セキュリティコードに関する情報リンク:

クレジットカードのセキュリティコードを徹底解説:

クレジットカードのセキュリティコードとは?

カードの裏面に書かれた3桁の数字のこと:

セキュリティコードの位置わかってしまえばなんてことはないのだが、セキュリティコードとは通常、クレジットカード裏面のサイン欄上部に記載されている数字のうち、一番右の3桁の数字を指す。

 

例えば右の参考例のように1234 567とかかれていれば567の部分がセキュリティーコードとなる。カード会社によっては裏面にも16桁のクレジットカード番号を印字している場合もあるが、その場合でも一番右端の3桁の数字と覚えておけば問題ないだろう。

 

個人的に所有しているクレジットカードの範疇でセキュリティコードを確認してみたので、参考にしてみてほしい発行時期などによってもm表示は違うかもしれないが、ひとつの参考にしてみて欲しい)。

 

セキュリティコードの表示例:

クレジットカード名

セキュリティコードの場所

楽天カード、Tカード、ニコスカード、JCBカード等

裏面サイン欄の右上あたりに7桁の数字があるが、その右端3桁の数字がセキュリティコードとなる。わかりやすく7桁の数字は4桁と3桁に分離されているので、3桁の方と覚えておこう。

オリコカード

裏面サイン欄の右上に3桁のセキュリティコードのみが記載されている。非常にわかりやすい。

 

国際ブランドによるセキュリティコードの表示の違い:

以下に、 国際ブランドごとのセキュリティコードの名称と桁数を、わかりやすいように表にしてみた。

 

各社、様々な用語でセキュリティコードのことを説明しているが、どこの通販サイトでもテレフォンショッピングでもそのような呼称は使わずに『セキュリティコード』という呼び方でほぼ統一されている。専門的にクレジットカードを勉強している方以外は覚えなくても良いだろう。

 

国際ブランド名 呼称 セキュリティコードの概要 

VISA

(ビザ)

CVV2 CVV2はCard Verification Valueの略。VISAブランドのクレジットカードの場合には裏面の右端3桁の数字がセキュリティコード。 

MasterCard

(マスターカード)

CVC2 CVC2はCard Validation Codeの略。マスターカードブランドのクレジットカードの場合には裏面の右端3桁の数字がセキュリティコード。 

JCB

(ジェーシービー)

特になし JCBブランドのクレジットカードの場合には裏面の右端3桁の数字がセキュリティコード。

American Express

(アメリカン・エキスプレス)

CID CIDはCard Identification Numberの略。アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードは表面の右端4桁の数字がセキュリティコード。

Diners Club

(ダイナースクラブ)

特になし ダイナースクラブブランドのクレジットカードの場合には裏面の右端3桁の数字がセキュリティコード。 

 

このようにほとんどのクレジットカードが裏面の右端にセキュリティコードを記載しているので、アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードを持っていない限りは、裏面にセキュリティコードがあるのだと覚えておけばよい。 

 

アメリカン・エクスプレス・カードのセキュリティコード表示は例外:

アメリカン・エキスプレス・カード(略称:アメックス)のセキュリティコードだけが他と少し違っている。

 

アメリカン・エキスプレス・カード提携のクレジットカードの場合、セキュリティコードはクレジットカード裏面ではなく表面に記載されている。しかも3桁の数字ではなく4桁の数字と、紛らわしいことこの上ない。

 

 アメリカン・エキスプレス・カードのセキュリティコードの位置

 

個人的にもぜひ統一してほしい・・・と思うが、こればかりは仕方がない。印字されている場所は、15桁のクレジットカード番号の右上あたり。クレジットカードデザインによって印字場所が異なるが、概ね右上周辺に記載されているようだ。エンボス加工(デコボコした加工)されていない4桁の数字なので、それを目印にすればわかりやすいだろう。

 

■セキュリティコードの記載がない場合は?:

残念ながらごく一部のクレジットカードにはセキュリティコードが記載されていないこともあるようだ(JCB公式サイトに注記有り)。また同様にサイン欄という非常に汚れやすい場所にセキュリティコードは記載されているため、クレジットカードの使用頻度によっては読み取り不能になってしまっているケースもあるかもしれない。

こういった場合には、クレジットカード会社のサポートセンターに聞く以外に方法はないため、面倒だとは思うが電話してみよう

 

国際ブランドに付いて詳しく知りたい方はこちらで!

セキュリティコードは何のためにある?

ネット上で安全にクレジットカードを使うため:

プレゼンをする暮角べんり君(当クレジットカードサイトのキャラクター)セキュリティコードは何のためにあるのかというと、ネット上で安全にクレジットカードを利用するため。インターネット通販やテレフォンショッピングなどでの不正利用が増えたことを背景に、1997年にマスターカード、2001年にVISAカードが導入した。ネットでのクレジットカード利用の普及とともに導入されてきたセキュリティコードの歴史は、まだそれほど長くはないと言える。。

 

セキュリティを守るしくみ:

セキュリティコードはカード自体に書かれているだけで、磁気ストライプやICチップには記録されていない。これが、セキュリティコードのセキュリティの基本。データ化されていないため、スキミングなどの犯罪でセキュリティコードが盗まれることはないというところに強みがあるわけだ。

 

また、そのクレジットカード本体が手元に無い人には確認のしようがない番号だということもある。万一、データ流出などで第三者にカード番号や有効期限などを知られたとしても、セキュリティコードがわからなければそのカードを悪用できない。それを利用して、インターネット通販利用時やカード情報の変更の際に、不正使用を防止するためのしくみとして利用されているのだ。

 

まだまだ問題点も多いセキュリティコード:

とはいえ、セキュリティコードがあるから不正利用がなくなるのかといえば必ずしもそうともいえない。例えば、ネットに入力した情報を盗み取るフィッシング詐欺などでは、入力したセキュリティコード番号が流出する可能性があるため、万能とは言いがたい。

 

また、インターネット上にはこのセキュリティコードが無くても、クレジットカード番号と有効期限だけで買い物ができてしまう場合もまだ多い(楽天市場などの最大手通販モールでも不要)。

 

購入の度にセキュリティコードを入力しなければならないとなると、利用者に手間がかかったり、そもそもセキュリティコードの意味が分からず購入をやめてしまうこともあるかもしれない。そうなると、販売する側の企業にとっては、売上減に繋がることにもなりかねない。そのため、あえてセキュリティコードを入力させないという場合もあるようだ。

 

入力は面倒でも安全に配慮した通販サイトがいいか、手軽に買えるサイトがいいか、あなたなら、どう考えるだろうか?

 

もうひとつのセキュリティのしくみ「3Dセキュア」:

世界標準の本人認証のしくみ:

忍者になった暮角べんり君スキミング被害やなりすまし被害を防ぐためのしくみとして、クレジットカードにはセキュリティコードの他にも「3Dセキュア」というものがある。参考として、紹介しておこう。

 

3Dセキュアは、ビザ・インターナショナルが開発したもので、インターネット上でクレジットカード決済をより安全に行うための本人認証のしくみ。現在では「VISA」「MasterCard」「JCB」「アメリカン・エキスプレス」が採用し、世界標準の本人認証方法となっている。

 

カードの不正利用防止に力を発揮:

3Dセキュアでは、クレジットカード所有者本人があらかじめクレジットカード会社にパスワードを登録しておき、ネットショッピングなどの際にそれを入力して認証を行うようになっている。セキュリティコードと違ってクレジットカード自体にパスワードは書かれておらず、もちろん磁気ストライプやICチップにも記録されていない。パスワードは本人以外に知られることがないので、カードの不正利用防止に力を発揮するというわけだ。

 

最近のネットショッピングサイトでは、この3Dセキュアの導入が進みつつある。詳しくは、「クレジットカードの「セキュリティコード」と「3Dセキュア」は別のもの?違いを教えて」を見て欲しい。

 

ネット通販に強いクレジットカード一覧

 

この記事に関する参考リンク:

一般基礎知識に属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。フリーターでも20歳以上なら申込可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動