メニュー

SBIレギュラーカード

  • 年会費無料
  • 有名カード
  • 初めての1枚に
  • 誰もが憧れるステータスカード
  • 当サイトのお勧め
  • ポイントがザクザク貯まる
  • ポイントの有効期限がない
  • マイルが貯まる
  • 空港ラウンジ利用可能
  • 海外での利用に
  • スピード発行可能
  • サービスが充実

ポイント還元率の高い年会費無料クレジットカード。ETCカード発行無料&海外旅行保険も充実しているため、総合的に使える無料カードとして人気があります。新しいカード会社のため、従来にはない変わったサービスも豊富ですよ。

年会費1年目無料2年目以降条件付き無料
発行会社名SBIカード株式会社
発行資格18歳以上の方で収入のある方(高校生を除く)
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイント1SBIレギュラーカードの特徴

SBIカードが発行しているSBIレギュラーカードは年会費無料で作ることが出来るクレジットカードにも関わらず、そのポイント還元率は最大1.2%と非常に魅力的な節約系カード。ポイントをとにかく貯めて、家計を少しでも楽にしたい!という方にお薦めできる一枚になっている。

 

ETCカード年会費も無料なため、高還元率ETCカードを探してる方にもお薦めできるだろう。

 

SBIレギュラーカード公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

ポイント還元率が高い年会費無料カード!付帯保険も充実

 

ポイント2SBIレギュラーカードの利点

SBIレギュラーカードの利点や長所をまとめてみた。とにかくお得な年会費無料カードを探している方にお薦めの一枚である。

 

SBIカードのポイント還元率は驚愕の1.2%

SBIカードが発行しているSBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカードの3種類のクレジットカードのポイント還元率は全て驚愕の1.2%。他のクレジットカード会社がポイント還元率を大幅に下げてきている中で、この還元率を維持出来ているのはさすがといえる。

 

ポイント還元率1.2%の根拠:

SBIカードのポイント還元率が1.2%な根拠は非常にシンプル。実はSBIカードでは他のクレジットカードであるようなポイントを貯めてキッチン用品と交換したり、商品券と交換したり・・・といったようなポイント制度が無く、そのかわりあるのは2種類の交換特典で、どちらも貯めたポイントをキャッシュバック出来る仕組みになっているためだ。

 

SBIカードのポイント交換例:
5000ポイント→5000円分のキャッシュバック
1万ポイント→1万2000円分のキャッシュバック

 

要するに貯めたポイントはキャッシュバックとしか交換が出来ない・・・というわけ。どのアイテムと交換したらお得なのか?とか、商品券と交換してその商品券の利用方法を考えて・・・といったことが煩わしいと感じる方であれば、SBIカードのこのシンプルすぎるポイント制度が魅力的に見えるのではないだろうか?

 

尚、SBIカードでは1000円のショッピング利用につき10ポイント貯まるため、これが実質最高還元率1.2%の裏付けとなっている。100万円のショッピング利用で12000円分のキャッシュバックが受けられると考えればわかりやすいだろう。

 

1000円未満の利用についてもSBIカードは安心:

非常に細かい話になってしまうが、SBIカードを使った時に貯まるクレジットカードポイントは余すことなく貯めていくことが出来る。

 

他のクレジットカードであれば、その月その月でクレジットカードポイントを計算し、ポイントを付与してくれる仕組みになっているため、ポイント付与に達しない利用金額については自動的に破棄されることになる。例えば1000円で1ポイント付くクレジットカードの場合、999円の利用ではポイントが1ポイントもつかない。これは仕方ないところだろう。

 

反面、SBIカードでは999円の利用があった場合、自動的にその利用分を翌月に繰り越してくれる。翌月、仮に1円のクレジットカード利用があれば999円+1円で1000円となり、しっかりとポイントとして付与されることになる・・・というわけだ。

 

細かい話ではあるが、クレジットカードポイントを効率よく余すことなく貯めていきたいという倹約家の方には、こういった繰越サービスは嬉しいのではないだろうか?(^^)

 

キャッシュバックはなんとリアルタイムで対応可能:

通常、クレジットカードを利用して貯めたクレジットカードポイントを交換しようと思ったら、どんなに早くても3日、長い場合には1ヶ月近い時間を必要とすることが多い。ポイント交換をしたことすら忘れた頃に、景品が届いた・・・なんて経験をした方も多いことだろう。これではせっかく貯めたポイントによる喜びも薄れてしまうというもの。

 

その点、SBIカードで貯めたポイントは、営業日中であれば即日キャッシュバック対応してくれるのが嬉しい。例えば1万ポイント貯めた方はインターネット上で手続きを取った瞬間に、指定口座内に12000円が振り込まれる・・・というわけだ。まさにポイントをお金に換金する・・・といったイメージを持つとわかりやすいと思う。

 

2年間の有効期限内であればいつでもポイント交換は可能なので、金欠の時のために予めポイントを蓄えておくなんて使い方も面白いかもしれない(くれぐれも有効期限を迎えてポイントは失効させないように!)。

 

SBIレギュラーカード公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

ポイント還元率が高い年会費無料カード!付帯保険も充実

 

SBIカードのETCカードは高還元率:

SBIカードが凄いのは、SBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカードのどのカードを保有していても発行可能なETCカードの還元率も、元となる親カード同様に最大1.2%となっている点。

 

多くのクレジットカード会社ではETCカードはポイント対象外だったり、ポイントが付いても親カードとは違うポイント制度になっていたりする中でこの還元率は大きな魅力。現状ではポイント還元率が1%を超えるETCカードは非常にレアな存在になりつつあるため、一番ポイントが貯まりやすいETCカードのうちの1枚がこのSBI ETCカードだと言えるだろう。

 

SBI ETCカードの年会費は無料:

更にこのSBI ETCカードが嬉しいのは、年会費も発行手数料も無料で手に入れることが出来るという点。要するにETCカードを手に入れるための費用と1年を通して利用するための費用が完全無料なのだ(ETC利用料金はもちろん別)。

 

そのため、高速道路を頻繁に使うビジネスマンの方やドライブ好きな方に限らず、年に数回した高速道路を利用しないという方でも安心して利用出来ると言えるだろう。なにせ持っているだけなら何の費用もかかわらないわけなのだから、ETCを使う機会がある方であれば持たないほうが損だと言える。

 

ETCカードの項目 他のカード SBIカード
年会費 ◎~×
年会費有料なETCカードが増加中 年会費無料。持つだけならタダで使える
発行手数料 ◎~×
発行手数料が有料なETCカードも出てきています。 発行手数料も無料。作る手数料はいりません。
ポイント還元率 ○~×
ETCカードだけポイントがつかないなどの、ETCカード不利なポイント制度は多い ポイント還元率は親カード同様に最大1.2%。数あるETCカードの中でも最優秀な部類。

 

年会費無料の高還元率ETCカードをお探しな方には、このSBI ETCカードは強くおすすめしたい。

 

SBIカードの引落日は自由に設定可能:

SBIカードではクレジットカード利用代金の引き落とし日を自由に設定可。1日から31日の間で、自分の都合に合わせたカード代金の引落日を設定することが可能となる。

 

そもそも人によって給料日というものは異なるもの。5日が給料日な人もいれば20日や25日が給料日という人もいるのに、クレジットカードの引落日というのは大抵、誰しもが同じ日に設定されてしまっているのは不便そのものだと言える。その点、SBIカードであれば自分の都合の良い日に引落日を設定することが出来るため、なにかと使い勝手が良いことだろう。

 

また、この引落日設定は入会の際に1度だけでなく、いつでもインターネット上から自由に変更をすることが出来るという点も嬉しい。転職などで給料日が変わってしまったという場合などにも柔軟に対応することが出来るはずである。

 

とにかく月末が良いという方は31日に設定しておけばOK:

クレジットカード代金の引き落としは、とにかく月末が良いという方は、SBIカードの引落日を31日に設定しておけばOK。こうすれば30日までしか無い月では30日に引き落とされ、28日までしかない2月でも28日に引き落とされるようになるため。

 

毎月1日に引き落としがかかるクレジットカードはたくさんあるが、月末設定が出来るのは数多くあるクレジットカードの中でもSBIカードくらいなのではないだろうか?その月の支払いはその月のうちに・・・と考えている方には最適だと言えるだろう。

 

マルチバンクを利用すれば残高不足も怖くない

SBIカードにはマルチバンクという機能がある。

 

この機能はその名前の通り、複数の銀行口座を登録しておくことが出来るというもので、銀行口座引き落とし日に優先口座内に十分な預金残高が無かった・・・なんてうっかりミスをしてしまった時でも、事前に登録しておいたメインの銀行口座以外の銀行口座から自動的に引き落としをかけてくれる。

 

そのため、なんども同様のイージーミスをしてしまって個人信用情報を傷付けてしまったという過去をお持ちの方は、このサービスを利用することである程度はそんなミスを防ぐことも出来るようになることだろう。まさにうっかりさんのためのサービスといえる。

 

また、マルチバンク機能はなにも銀行口座引き落としだけに使うものではない。キャッシングやリボ払い残高の支払いなどにも対応することが出来るようになるため、複数のネットバンク口座やメガバンク口座をお持ちの方は、是非、活用してみてほしい。

 

SBIレギュラーカード公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

ポイント還元率が高い年会費無料カード!付帯保険も充実

 

ポイント3SBIレギュラーカードの注意点

 SBIレギュラーカードを使う上での注意点まとめ。

 

無料で持てるカードのため注意点らしい注意点は存在しないが、使い方を間違うとまったくお得ではないカードになってしまうので注意が必要だ。

 

SBIレギュラーカードのポイント注意点:

SBIレギュラーカードのポイント制度には若干の落とし穴が用意されている。それは『SBIカードは頻繁にクレジットカードを使わない方には向いていない』ということ。

 

どういうことかというと、SBIカードのポイント有効期限は2年間であるために、ポイント交換に必要な最低ポイント数を言い換えれば2年以内に貯めなければいけないということ。SBIカードの最低ポイント交換数は5000ポイントのため、キャッシュバックを受けるためには2年間で50万円という金額をSBIカードで使う必要性があるのだ。

 

ただ安心してほしいのは、50万円というと途方もない金額のように感じるかもしれないが、月割をすると約2万円ちょっと。あまりクレジットカードを使わないという方でも、電気代やガス代、NHK受信料といった公共料金の支払いをSBIカードですれば決して難しい金額ではないだろう。

 

是非、SBIカードを使う場合にはメインカードとして活用してみてほしい。

 

SBIレギュラーカード公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

ポイント還元率が高い年会費無料カード!付帯保険も充実

 

ポイント4SBIレギュラーカードのその他情報

SBIレギュラーカードに関するその他の情報を集めてみた。

 

SBIカード株式会社の情報:

『SBIレギュラーカードのことはよくわかったのだけれども、SBIカードというカード自体、どこのクレジットカード会社が発行しているかよくわからないし、大手じゃないから不安がある』という方のために、簡単にSBIカード株式会社についての情報を紹介したいと思う。

 

SBIカード株式会社はSBIホールディングのグループ会社:

SBI(エスビーアイ)という名前だけでピンと来た方には説明は不要だと思うが、SBIカード株式会社はあのSBIホールディングのグループ企業。

 

SBIという名前を知らない人のために簡単に説明すると、その名前が知れ渡ったのは記憶に新しいライブドアによるニッポン放送買収騒動の時で、当時のライブドア社長だった堀江貴文氏とニッポン放送との確執騒動の時にホワイトナイトとして登場したのがこのSBIホールディングCEOの北尾吉孝氏となる。七三分けの髪型の強烈な印象を持った方を覚えている方は多いのではないだろうか?

 

企業実績としては関連企業にSBI証券、住信SBIネット銀行、SBI損保など、幅広く事業を展開しているIT系の総合投資企業であり、今、楽天などとともに一番勢いのある企業に・・・。そしてその企業グループのクレジットカード発行企業がSBIカード株式会社・・・ということになる。

 

SBIカード自体、若い企業ではあるものの:

SBIカード株式会社自体、2006年に誕生したまだまだ若い企業ではあるものの、5年以上のクレジットカード発行実績があるだけでなく、SBIホールディングの伸びとともに急成長を続けており、これからに期待出来るクレジットカード会社なのは間違いない。

 

2010年1月にはSBIイコールクレジットという会社を吸収し、資本金が5億円に近い更に大きな企業に成長。クレジットカードだけでなくキャッシングにも強い企業になったため、SBIカードの利便性も更にアップしたことだろう。

 

是非、この機会にそんなSBIカードを作ってみてはいかがだろうか?

 

SBIレギュラーカード公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

ポイント還元率が高い年会費無料カード!付帯保険も充実

 

SBIカードには高級素材が使われている:

SBIレギューラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカードといったSBIカードが発行しているプロパークレジットカードそのものには、実は高級素材が使われている。要するにクレジットカード本体に高級素材が『埋め込まれている』ということなのだ。

 

例えばゴールドカードといっても基本的に他社が発行するゴールドカードは、金色の輝きこそすれどその輝きは所詮偽物でしかない。しかしSBIゴールドカードには、鋭い方であればすでにおわかりかと思うが、実際に純金が埋め込まれているため、本物のゴールドと同様の輝きを持つゴールドカードに仕上がっているのだ。

 

偽物の金の輝きよりもやはり本物の金の輝きのほうが良いのは当たり前。きっと他のゴールドカードよりも、周りの人から見た時には光り輝くゴールドカードに見えることだろう。

 

SBIカードの種類 埋め込まれている高級素材
SBIレギュラーカード 黒や灰色のカード以外の色には本真珠が埋め込まれている。パールの輝きを堪能できることだろう。
SBIゴールドカード 純金が埋め込まれているため、本物のゴールドの輝きをアピールすることが出来る。
SBIプラチナカード 白金(プラチナ)がクレジットカード盤面に埋め込まれている。プラチナならではの輝きを堪能可能。
SBIワールドカード そもそも入手困難なクレジットカードではあるが、手に入れた場合にはダイヤモンドが埋め込まれているために、圧倒的な輝きを見せてくれることだろう。

 

SBIカードの輝きはインターネットからはよくわからない:

実際に私も実物を見るまではSBIカードの輝きって大したことがないのかな?と思っていたものなのだが、先日、SBIカードを訪問し、実物を拝見させていただいた感想で言えばそれは大きな間違いであったと認識させられた。

 

特にSBIプラチナカード。このプラチナカードはパソコンのディスプレイを通して見る画像と、実際に実物を見たときの差というものは、あまりにも大きいものであった。インターネット上でみると、ただの灰色のクレジットカード・・・といった感じであったのに対し、実物は本物の磨いたばかりのプラチナのようにキラキラと光を放ち、まるで宝石を触るかのような感じで触れさせてもらったのを覚えている。とにかく本当に綺麗なのだ。

 

シンプルで綺麗なクレジットカードを探しているという方は、SBIカード、お奨めである。

  公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

SBIレギュラーカードの詳細

SBIレギュラーカードの発行会社情報

発行会社名SBIカード株式会社
本社所在地-
設立年月日-

SBIレギュラーカードの会費・料金情報

1年目年会費無料 2年目以降の年会費条件付き無料
発行手数料無料 入会金無料
解約手数料無料 支払サイクル-

SBIレギュラーカードの基本情報

発行資格18歳以上の方で収入のある方(高校生を除く)
手元に届くまでの目安-
初期利用限度額- ポイントプログラム名-
ポイントレート- ポイント有効期限-

SBIレギュラーカードの保険情報 & 発行可能カード情報

海外旅行傷害保険最高2000万円 国内旅行傷害保険-
ショッピング保険- 盗難保険盗難保険付き
その他の保険-
ETCカード年会費無料で利用可能 家族カード1枚まで無料発行可能
対応電子マネー-

SBIレギュラーカードの特色

買い物全般- 車関連-
公共料金や携帯- レジャー全般-
その他-

SBIレギュラーカードの空港 & 海外利用情報

空港ラウンジ- プライオリティパス-
海外での利用世界中にあるマスターカードが使えるお店で利用可能。
  公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。パート主婦やアルバイトの学生も可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

このカードの公式サイト情報

他カード検索

SBIレギュラーカードの詳細が更にわかる公式サイトはこちらからどうぞ。

公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動