メニュー

クレジットカードポイントは何と交換するのが一番効率が良いのか?

記事更新日:2016年3月11日

印刷する

 クレジットカードのポイントはどのアイテムと交換すべき?

 

クレジットカードを使い初めて半年もすると、ずいぶんとクレジットカードポイントが貯まってくるはず。何に使おうかな…と考え始める方もいるかもしれない。そこで、クレジットカード会社が提供しているポイントプログラムの交換商品を見てみたのだが、たくさんありすぎて何と交換していいのかわからない・・・などという方もいるかもしれない(実際、私も昔はそうだった)。

 

そこでこのページでは『クレジットカードポイントは何と交換すると、一番効率が良いのか?』について、徹底的にまとめていってみたいと思う。いつもポイント交換時に迷ってしまうという方は、ぜひ参考にしてみてほしい。

 

このページの目次:

クレジットカードポイントのお得な交換方法とは?:

1.商品との交換は損!:

お金の価値が明確なものへの交換がおすすめ:

弁護士になった暮角べんり君(当クレジットカードサイトのイメージキャラクター)みなさんは、クレジットカードポイントをどのように使っているだろうか?また、クレジットカードの貯まったポイントは何と交換するのが一番効率的か?と、よく考えて使っているだろうか?

 

ポイントを貯めることには熱心だが、使う時には意外と安易に考えている人も多いのだが、何に使うかでポイント価値は変わってくる。

 

以下のようにポイント交換にはいろいろなメニューが用意されているが、どれを選ぶかによってお得度は大きく変わるので気を付けて欲しい。

 

クレジットカードポイントの交換品別お得度:
交換商品の種類 お得度 解説 
キッチン用品、家庭用品 ☓  包丁やまな板、鍋などのキッチン用品や健康グッズ交換するのは基本的に効率が悪い。自分で探して買った方が安く買える。
家電製品 ☓  掃除機やテレビといった家電製品とポイント交換するのも同じく効率が悪い。
宿泊券 クレジットカード会社と提携しているホテルなどの宿泊券はやや効率が悪い。
(ただ特別プランなどがある場合もあるので個別に判断)
期間限定商品 期間限定でポイント数の割引がある商品だったとしても、効率が悪い場合が多い。
キャッシュバック キャッシュバックは利用者側にはた手間いらずで便利だが、効率が悪いケースもある(個別にレートを計算して判断しよう)。
商品券やギフトカード 図書カードやVISAギフトカードなどとの交換は概ね効率が良い傾向にある。
(ただし、レートを計算して交換アイテムには注意したい)
ポイント交換 楽天スーパーポイントやTポイント、様々な電子マネーポイントなどへのポイント交換は、効率が良い場合が多い。ただ交換先によって効率が悪い場合もあるので要注意。
年会費に充填 クレジットカードの年会費を無料にすることができるプランはお得な場合が多い。

 

表を見ていただけばわかると思うが、結論から先にお伝えしてしまうと、いくらで仕入れたのかわからない商品などのアイテムと交換するよりも、商品券や共通ポイントへの交換や、ポイントを代金支払いに使うなど、いわばお金の価値がはっきりしたものに交換することをおすすめしたいと思う。

 

検証:商品とポイント交換すると本当に効率が悪いのか?

でも、それって本当なの?…という方のために、試しに三井住友VISAカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」で貯めた4100ポイントで交換できるアイテムを比較してみた。同じ4100ポイントの商品で、こんなに差がある。ポイントを商品に交換するのがいかに効率が悪いかがわかるはずだ(三井住友VISAカードホームページの内容による)。

 

事例:ワールドプレゼント5,000ポイントで交換できる商品:
5000ポイントで交換できる商品 価値  利用方法
VISAギフトカード・20000円分 20,000円 25000円分の好きなものに使える。 
楽天ポイント・25000ポイント 20,500円 楽天市場などで20,5000円分の買い物が出来る。 
iDにキャッシュバック・20500円 20,500円 20,5000円分のiDの支払いに利用できる
ホームベーカリーパンくらぶ BB-HD10 10,500円程度 商品として受け取る
(通販サイトで10500円から購入することができる・2016年3月現在調べ)

 

たまたまじゃないの?本当に商品と交換するのは効率悪いの?という疑い深い方のために、同様にJCBカードの利用で貯めたOki Dokiポイント1050ポイントで交換できる商品も表にしてみた(JCBホームページの情報による)。

 

事例:OkiDokiポイント1050ポイントで交換できる商品:
1000ポイントで交換できる商品 価値 解説 
JCBギフトカード5000円分 5000円 解説不要。5000円分の買い物がデパートやスーパーで出来る。 
Tポイント5250ポイント 5250円 Tpoit加盟店やYahoo!ショッピングなどで1ポイント1円として利用できる。 
楽天スーパーポイント4200ポイント 4200円 楽天市場などで1ポイント1円として利用できる。 
オムロン 体重体組成計 カラダスキャン 3,000円程度 商品として受け取る
(通販サイトなどで実売3,000円程度で購入できる・2016年3月現在調べ)

 

この他、2016年に関しては、nanacoとの交換ポイントが10%OFFとなるキャンペーンも実施されている。通常Oki Dokiポイント1ポイントあたりnanacoポイント5ポイントとなるところ、もれなく1ポイント増量の6ポイントに移行できるため、Oki Dokiポイント1050ポイントを6300nanacoポイントに移行できる(通常なら5250nanacoポイント)。こういったメリットはキャンペーン時に限られるが、情報にアンテナを張っておけばかなりお得に交換できる!

 

また、Oki Dokiポイントはアマゾンと連携させておくと、「Oki Dokiポイント1ポイント=3.5円分」として、1ポイントから支払い時に利用できる。同様に、毎月自動的にOki Dokiポイント1ポイント=Tポイント5円分として移行されるプログラムもある。これらを利用すれば交換の手間がかからず、たくさんポイントが貯まるのを待つ必要もない。それほどクレジットカードを多く使わない方には、ちょっとしたポイントも無駄なく活用できる、賢い活用方法の一つだと思う。

 

ポイントが貯まりやすいクレジットカードを手に入れよう

 

結論:他では手に入らないアイテムなどを除いて商品は損:

例えば会員限定のオリジナルグッズなど、他では手に入らないレアなアイテムが用意されているなどという場合は別だが、ここまでの話で、ポイントを一般に売られているようなアイテムと交換するのは損することが多いということがお分かりいただけたと思う。

 

商品券やポイントに換えてから購入するのがおすすめ:

もしそのアイテムが本当に欲しかったとしても、商品券やネット通販で使える共通ポイントなどに一旦交換して、自分で購入した方がお得になるはず。楽天スーパーポイントやTポイントに交換すれば、楽天市場やYahoo!ショッピングでの支払いに利用できるので、ほとんどのものはかなりお得な値段で購入できるはずだ。

 

 

クレジットカードで貯めたポイントは

商品券か他社のポイントなど

価値が明確なものと交換すべき!

2.商品券との交換時の注意点:

商品券の種類で交換率が異なる場合

プレゼンをする暮角べんり君(当クレジットカードサイトのキャラクター)クレジットカード会社によっては、全く同額の価値を持つ商品券でも、交換するために必要なポイントが異なる場合がある。例えば

 

・VISAギフトカード5000円分→1100ポイント
・図書カード5000円分→1000ポイント

 

などといった具合である。

 

こういった場合は説明するまでもないが、図書カードを選べば1ポイントあたりの価値は5円になるが、VISAギフトカードを選んでしまうと1ポイントあたりの価値が4.17円となってしまうため、図書カードを使う機会があるのであれば図書カードとの交換をお勧めしたい。

 

このように同じ金銭価値を持った商品券でも、交換ポイントが異なる場合があるので、交換前には必ず1ポイントあたりの価値を確認して、少しでもお得度が高いものを選ぶようにしたい!

 

同じ商品券であっても交換レートが異なる場合も:

また同様に、同じ商品券であっても交換ポイントのレートが異なるケースもある。すべてのクレジットカード会社がそうだというわけではないが、基本的にポイントを貯めれば貯めるほど交換比率が良くなる傾向にあるので、「すぐに商品券に交換しなくても良い」という場合には、じっくりとポイントを貯めてみて欲しい(ただし、ポイントの失効には注意すること)。

 

ライフカードの例:

ここでは、ライフカードLIFEサンクスプレゼントで貯めたポイントをJCBギフトカードに交換する例を紹介してみたいと思う。これを見て頂ければ、ポイントを貯めれば貯めるほど多くの商品券と交換できることがお分かりいただけるだろう。

 

ライフカードで交換できるJCBギフトカード:
サンクスポイント数 交換できるJCBギフトカード金額  お得度
1000ポイント 5000円分 1ポイントあたり5円の商品券と交換できる。 
1800ポイント 1万円分  本来であれば2000ポイント必要なところが1800ポイントで1万円分の商品券と交換。 
1ポイントあたり5.55円の商品券と交換できる
8800ポイント 5万円分 更にポイント交換効率がアップする。
1ポイントあたり5.68円の商品券と交換できる
15000ポイント 10万円分 更にポイント交換効率がアップ。
1ポイントあたり6.67円の商品券と交換できる。

 

電子マネーや他のポイントとの交換の場合も同じで、交換レートには差があるので、しっかり計算してみて欲しい。ただし、こちらは、自分が日ごろよく使うポインとかどうかなど、使いやすさも含めて総合的に考えてみよう。

3.ポイントを無駄なく活用するための注意点:

ポイントはクレジットカード会社の販促手段:

マタドールになった暮角べんり君クレジットカード会社にすれば、会員にできる限り多くのポイントを集めてもらうことは、たくさんクレジットカードを使ってもらったことの結果だと言える。つまり、自社の利益につながっている。

 

そのために、各社競ってポイントプログラムというインセンティブを用意して、利用者にどんどんクレジットカードを使ってもらおうとしているわけなので、私たち利用者としては、しっかり利用させてもらうようにしよう!

 

ポイント交換の条件は変わる場合もある!

ただし、クレジットカードのポイント制度は、変更されることもありうるということを頭に入れておこう。手数料収入の一部を会員に還元する形で運用しているので、競争激化で手数料率が下がったり、会員のカード利用が減ってしまったりすると、大盤振る舞いはできず、ポイントをケチらなければならなくなってしまう。その結果、ポイントサービスが改悪されたというケースは過去にも少なくない。そういう可能性も頭に入れておこう。

 

また期限があるポイントの場合、うっかり失効させてしまうと、一番もったいないことに…。実際の話、多くのポイントが使われずに消えているという現実がある。ここは、それぞれの考え方にもよると思うが、日頃利用している電子マネーや共通ポイントなどに早めに交換して、どんどん使っていくのが、最も無駄の少ない方法ではないかと思う。お得さももちろん重要だが、その前に無駄にしないことが大切である。みなさんも、自分なりのベストな交換方法を考えてみて欲しい。

 

なお、クレジットカードのポイントについて、もっと知識を深めたい方は、以下に、いろいろな情報を集めている。ぜひ目を通してみて欲しい!

 

 

ポイントがたまりやすいクレジットカードを探そう!

 

この記事に関する参考リンク:

ポイントの仕組みに属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。パート主婦やアルバイトの学生も可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動