メニュー

プラチナカードとは?その特徴や申込方法を徹底解説!

記事更新日:2014年10月12日

印刷する

プラチナカードの特徴と魅力をわかりやすく徹底的に解説

 

プラチナカードとはゴールドカードよりも更に高所得者向けに作られた格式の高いクレジットカードのこと。金属のプラチナ(白金)がゴールド(黄金)よりも価値が高いことから、このような名前がつけられたものと思われる。利用限度額や付帯保険等がゴールドカードよりも充実しているが、年会費ももちろん高いのがプラチナカードの特徴である。

 

もちろん、ただ年会費が高いクレジットカードというわけではなく、年会費が高いだけの理由があるクレジットカード。使い方によってはその年会費以上の利点をあなたにもたらしてくれるはずなので、プラチナカードについて興味がある方はこれから紹介する特徴などをぜひ、参考にしてもらえればと思う。

 

プラチナカードに関するまとめ:

プラチナカードとは?:

プラチナカードの位置づけ:

最初に、プラチナカードの位置づけを確認しておこう。プラチナカードよりも格式の高いクレジットカードとしては、ブラックカードが存在する。プラチナカードは、図のようにゴールドカードとブラックカードの間のステータスと考えておけばわかりやすいだろう。

 

ブラックカードの位置づけ(ゴールドカードとプラチナカードよりも上)

とはいえ、ブラックカードはかなり特別なお金持ち用のクレジットカードなので、一般の人が持つクレジットカードとしては、プラチナカードは最高ランクのクレジットカードだと考えてもいいと思う。

 

クレジットカードとしての利用限度額が高い:

プラチナカードのクレジットカード機能での特徴は、利用限度額が使い切れないくらい高めに設定されていること。200万~300万などと言う大きな枠が設定され、カードによっては利用限度額自体が存在しないものさえあると言われている(とはいえ、青天井というわけではなく、実際には設定自体はあるようだ)。

 

付帯サービスが充実している:

プラチナカードは、クレジットカードとしての機能に加え、様々なサービスが充実しているのが特徴。ただ決済に使うのではなくビジネスやライフスタイルをしっかりとサポートしてくれるサービスが受けられるカードなのだ。

 

みんなが知っている有名クレジットカード特集!

プラチナカードの年会費:

プラチナカードの年会費は高い!: 

宝物を見つけた暮角べんり君プラチナカードでは、年会費が数万円以上かかることが多い。一般的なゴールドカードの年会費が5,000~15000円程度であることが多いのに比べると、プラチナカードを持つだけでその数倍以上の年会費がかかってしまうことになる。

 

元よりそんな年会費を払うだけのお金がないという方には、縁のないクレジットカード。これだけの年会費を払う余裕のある人しかもてないからこそ、ステータスのあるクレジットカードだとも言えるだろう。

 

■年会費がかかるクレジットカードのグレード別年会費:

クレジットカードのグレード 年会費の金額 
クラシックカード(一般カード) 年会費1000~3000円程度のものが多い
ゴールドカード 年会費5000円~15000円前後のものが多い 
プラチナカード 年会費3万円~5万円程度のものが多い(2万円程度のものや、10万円以上のものもある)。

 

プラチナカードの年会費は決して高くないという見方も…:

絶対額としてのプラチナカードの年会費は確かに高いのだが、考え方を変えると、それほど高いものではないという見方もできる。

 

例えば年会費が36,000円だとしたら、1ヶ月あたりにかかる費用はわずか3000円(36000円÷12ヶ月)。一気に引き落としされてしまうとちょっと痛い金額だが、月額で考えると社会人ならさほど大きな金額ともいえないのではないだろうか。

 

■年会費の月額換算

年会費 月額換算すると
3万円 500円
6万円 000円
10万円 334円

 

これだけの金額で、様々なメリットが受けられると考えれば、逆に「お得だ!」という見方もできる。

 

毎月、きちんと貯金が出来るようなタイプの方であれば、年会費を払う月に向けて毎月コツコツと積み立てておくという方法もある。プラチナカード保有は決して高嶺の花というわけではないのだ。

プラチナカードならではのサービス:

先に説明したように、プラチナカードの年会費は他のクレジットカードと比べるとずば抜けて高いのだが、なにも中身がないのに、ステータスだけのために年会費だけ高いというわけではない。充実した様々な特典やサービスがあるからこその値段設定なのだ。

 

プラチナカードは付帯保険が充実:

プラチナカードならではの充実したサービスの代表ともいえるものが付帯保険だ。海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険は特に充実しており、旅行や出張時に万が一、事故に巻き込まれて無くなってしまった場合(または重度の傷害が残った場合)には、プラチナカードの種類にもよるが、1億円といった高額な保険がおりることになる。

 

出張の多い働き盛りのビジネスマンの方であれば、家族を守るためにもプラチナカードを持つというのもひとつの選択肢になることだろう。また、死亡時だけでなく、海外滞在時に病気になってしまった場合などにも疾病治療がおりるので、海外によく行くビジネスマンにとってはプラチナカードは必携とも言えるカード。医療費が高い海外では、ありがたく心強い存在だと言えるだろう。

 

例えば、プラチナカードの最高峰といわれているアメリカン・エキスプレス・プラチナ(年会費13万円+税)の場合は、以下のようになっている。

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードの海外旅行保険例:
付帯保険項目 最高金額
死亡・後遺障害 最高1億円
家族特約 (傷害死亡・後遺障害) 最高1,000万円
傷害治療 最高1,000万円
携行品損害 最高100万円
疾病治療 最高1,000万円
賠償責任 最高5,000万円
救援者費用 最高1,000万円

 

グルメ系の特典が用意されているプラチナカードも多い:

ワインを飲みながらくつろぐ暮角べんり君(当クレジットカードサイトのイメージキャラ)私が個人的に好んで利用しているプラチナカードの特典がグルメ系のもの。すべてのプラチナカードでこのようなサービスが用意されているわけではないが、三井住友VISAプラチナカードをはじめ、多くのプラチナカードで用意されている。

 

サービス内容は日本国内の著名レストランを2人で利用すると1名分無料になるというもの。例えば二人で2万円のディナーコースを頼んだとしても、会計は4万円ではなく2万円になる…といったものだ。落ち着いて食事を楽しみたい時にも、商談にも、これはかなり(^_^)サービスだと思う。

 

こういったグルメ系の特典を2つか3つ利用するだけでも、プラチナカードの年会費の元は簡単に取れるし、それ以上のお得さを享受することも可能だ。しかもレストラン側としてみても『お金持ちにどんどん使ってもらいたい』という思惑があるため、よくあるクーポンなどのような手抜きなども感じたこともないし、普段から用意されているコースを選ぶことができる。

 

美味しいもの大好き、高級レストランにたくさん行ってみたい!という方は、こういった特典のあるプラチナカードを選ぶとすぐに年会費が回収できることだろう。 

 

高級レストランの優待サービスがお得。

数回利用するだけで年会費の元は取れる!

プラチナカードを持っているだけで入ってくる情報が凄い:

プラチナカード保有の見えない利点としては、プラチナカード会員向けに配信されるキャンペーンやお得な特典情報。これが意外と馬鹿にできない。というか、使う人にとってみればこれだけで年会費の元が取れる。

 

そもそもプラチナカードを保有している人というのはほとんどがお金持ち。これらのお金持ち相手に企業は率先して広告を配信したいと考えるのは当然の話で、少しくらい自腹を切ったとしてもどんどん自社サービスを使ってもらうおうと考える傾向にある。

 

例えば高級ホテルの会員権。普通であれば取得に数万円以上の費用がかかるものが、プラチナカードを保有しているという理由だけで無料で回ってきたりする。ホテル側としてみれば「タダでも一度使ってもらって、その後の優良顧客になってもらいたい」と考えるためだ。

 

他にも外資系航空会社の上級マイレージ会員になる資格が案内されたり、プラチナカード会員だけに開放されるイベントがあったりと、プラチナカードを持っているだけで面白い情報がどんどん舞い込んでくる。お金と時間に余裕がある人にとってみれば、こういった情報や特典だけできっと、プラチナカードを持って良かったと思うことだろう。

 

■プラチナカード会員であれば回ってくる会員資格例:

会員加入 解説
航空会社の上級会員 プラチナカードを持っているからという理由だけで、本来は何十回も飛行機に乗らないとなることが出来ない上級会員になれることも。
高級ホテルの会員権 本来であれば3万円程度するホテルの会員権が無料で貰えることも。そのホテルを利用する方であれば大きな節約に。

あくまでこういった会員資格が回ってくる可能性があるというだけで、必ず回ってくるわけではない(上記は私の実体験による)。  

 

プラチナカード会員であれば招待されるイベント例:
イベント例 解説 
お寺の宝物庫見学 普通であれば入ることが出来ない宝物庫をプラチナカード会員だけに招待。 
有名人主催のディナー会 著名なシェフが直接、振舞ってくれるディナー会などの招待。 
限定コンサートのSS席確保 コンサートやライブなどの限定イベント開催時に、プラチナカード会員用の席を確保。
歌舞伎の特別講演 歌舞伎の特別講演開催。しかも開催後には著名な歌舞伎役者から挨拶も。

 

その他のプラチナカードのメリットや特典:

その他、プラチナカードのサービスは、カードの種類によっても異なるが、以下のようなサービスが付帯していることが多い。

 

■プラチナカードでよくあるサービス:

 サービスの種類

 サービス内容

充実したポイントサービス ほとんどのプラチナカードで、ポイントの有効期限が無い。そのため、プラチナカードは、じっくりポイントを貯めたいという方などにも向いている。また、交換出来るアイテムも、レアアイテムやそこでしか手に入らないような限定アイテムなどが幅広く用意されている。
空港ラウンジサービス
プライオリティパス
国内の主要空港ラウンジサービスが無料で受けられる。飛行機によく乗る方であれば、このラウンジサービス代だけで元が取れる場合も(数往復で結構な金額の節約になる)。国内外850ヵ所以上にあるVIPラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料で利用できる場合も多い。
プラチナ専用コンシェルジュサービス 24時間365日、通話料無料でどんなことにでも対応してくれる秘書サービス。航空券やホテルの予約や手配、コンサートチケットやレストランの予約や手配を始め、様々な要望に対応してくれる。
ホテルのアップグレート 国内外の提携ホテルに宿泊すると、無料で部屋のグレードがアップグレードが受けられたり、ドリンクやギフトなどのプレゼントが用意されるなど、VIP待遇が受けられる。

 

コンシェルジュサービス付きのクレジットカード一覧

プラチナカードを使いこなすためのポイント:

プラチナカードを持つメリットは充分にお分かりいただけたかと思うが、ここからは、そのメリットを活かすためのポイントをまとめておきたい。

 

買い物に使うだけでは宝の持ち腐れ:

ゴルフにはまる暮角べんり君(当カードサイトのキャラクター)プラチナカードは高い年会費が必要なクレジットカードであるため、使わなければただの宝の持ち腐れになってしまう可能性が高い。使うと言っても、買い物に使うだけなら、何もプラチナカードにする必要はない。というか、プラチナカードを利用するのは絶対に損な使い方なので、注意してほしい。

 

プラチナカードの年会費はプラチナカードを利用して買い物をするために払うのではなく、様々な付帯サービスや付帯保険を利用するからこそ支払う価値があるのだ!このことを肝にしっかりと銘じておこう。

 

プラチナカードを持つなら付帯サービスを使いこなそう:

プラチナカードを持とうと考えているのであれば、高級レストランで食事をしたり海外旅行を楽しんだりといった付帯サービスをぜひ、利用してみてほしい。プラチナカードならではの恩恵をきっと受けることができることだろう逆にいえば、そうしなければ年会費の元はとれないだろう。

 

 

買い物に利用するだけならプラチナカードは損

サービスを利用しよう!

プラチナカードは、意外と気づかれない:

ダイエット中の暮角べんり君プラチナカードをステータスのシンボルとして持ちたい方は、ちょっと微妙だ。というのは、プラチナカード自体の色がシルバーっぽく見えるため、ハイステータスなクレジットカードだということが第三者から見てわかりにくいからだ。

 

ゴールドカードであればゴールド色、ブラックカードであればブラック色…といったようにどちらも特徴がわかりやすいのに対し、プラチナカードの場合には年会費無料カードやクラシックカードなどと同様の色合いになってしまうこともあるため、せっかくのプラチナカードの魅力が半減してしまうのだ。

 

プラチナカードという名称も微妙:

また、プラチナカードの認知度も一般的には意外と低い。クレジットカードに興味のない人たちの多くが未だにゴールドカードが一番高級なクレジットカードだと思っているため、せっかくプラチナカードを持って見せびらかしてもあまり驚いてもらえない…なんてことも経験することだろう。

 

■ゴールドカードVSプラチナカード:

比較項目 認知度 見た目
ゴールドカード 誰でも知ってる 見れば一発でわかる
プラチナカード あまり知られていない わからない場合も多い

 

これは、プラチナカードをサービスや充実した付帯保険目的で作ろうとしている方にとっては全く関係のない話ではあるが、周りに対する見栄でプラチナカードを持ちたい…などという人は、ゴールドカードも1枚、持っておくと良いだろう。

 

プラチナカードの入手方法や審査情報:

プラチナカードが欲しい!と思っても、インターネット上にはプラチナカード情報がない場合も多い。ここではそんなプラチナカードの入手方法や入会審査基準などの情報を公開してみようと思う。

 

プラチナカードを発行しているカード会社:

魔法使いになった暮角べんり君現在プラチナカードを発行しているのは、アメリカンエキスプレスクレディセゾンなど。SBIカードのように名称だけでなく、実際に白金(プラチナ)が入ったカードもある。

 

三井住友VISAプラチナカードのように、名称はプラチナカードでも、カード自体がブラック色をしているためブラックカードに分類されているカードもある(人によってはプラチナカードに分類する人もいる)。

 

プラチナカードの入手:

また、一様にプラチナカードといっても、比較的簡単に発行出来るプラチナカードがあれば、発行自体が難しいプラチナカードもあり入手のしやすさは様々だ。

 

以前はプラチナカードを手に入れるためには、まずはワンランク下のゴールドカードを作ってインビテーション(招待状)が届くのを待たなくてはいけなかったが、今では回ランクのカードの利用実績が一切なくても申し込むことが出来るプラチナカードも出てきている。

 

このような動向を見れば、プラチナカードのステイタスは徐々に落ちているという見方もできるかもしれない。しかし、それでも魅力的なサービス満載の者が多いので、気になる方はぜひ狙ってみて欲しいと思う。

 

おすすめのプラチナカード特集

 

プラチナカードに関する参考リンク:

クレジットカードのグレードに属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。パート主婦やアルバイトの学生も可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動