メニュー

楽天カードの海外旅行保険が驚くほどよくわかる徹底まとめ!

楽天カードの海外旅行保険が驚くほどよくわかる徹底まとめ

みなさんご存知の楽天カード。年会費無料のクレジットカードでありながら、海外旅行保険が無料サービスとして付いているのですが、この保険のことを詳しく知っている方は意外と少ない…というのが現実のようです。

そこで今回は楽天カードの海外旅行保険について、詳しく解説していってみたいと思います。仕事や旅行で、海外にたまには行くよ~という方は、読んでおくと必ず役立つと思います。是非、参考にしてみてください。

楽天カードの海外旅行保についての開設目次:

初級編:海外旅行保険って何?

楽天カードに海外旅行保険が付いているのはわかったけど、そもそも海外旅行保険って何?って方も多いと思います。まずはその解説から始めてみましょう。そこはわかってる!という方は、初級編は飛ばして次に行ってください

海外旅行保険とは?

海外旅行保険(正式には海外旅行傷害保険)とは、その名前の通り、海外旅行に行った時の万が一を助けてくれる保険のこと。

例えば、旅先で事故にあって死んでしまった場合とか、縁起でもないですが飛行機が墜落して死んでしまった場合、高度な障害が残った場合などに保険会社が保険金を払ってくれるサービスです。

他にも、

  • 海外で病気になって入院した場合の医療費の補償
  • 高級ブランドショップで商品を壊してしまった場合の補償
  • ホテルでお湯を出しっぱなしにして水漏れを起こし損害賠償請求された場合の補償
  • 旅先に持っていったブランドバッグが盗まれた場合 の補償

などの損害や被害を保険でカバーしてくれます(詳しくは海外旅行保険の詳細へ)。

このように、旅行中に予想される様々なリスクを補償してくれるのが海外旅行保険。日本の常識が通じず、健康保険証も使えない海外では必須の保険だと言えます。

海外旅行保険に加入するためには?

海外旅行保険の販売機海外旅行にいくのであれば必須なのはわかったけれども、その海外旅行保険にはどのように加入するの?最近ではインターネット申し込みがメインになってきています。

私も過去に挑戦してみたことがありますが、海外旅行保険の加入手続きは慣れた方であれば3~4分、時間がかかる方でも10分くらいあれば終わるので、海外に行くのが不安…という方は加入を検討してみてください。

成田空港や関空には保険の自動販売機もある

空港に、、この海外旅行保険の手続きができる自動販売機のようなものが設置されている場合もあります。旅慣れしている方であれば『ああ、あれか!』とイメージがつきやすいとおもいますが、例えば、成田空港や関西国際空港などにはありますよね。

海外旅行保険に加入するための肝心の金額は?

海外旅行保険に加入するためには、だいたいどのくらいの掛け金が必要なのかというと、これはもちろん提供している保険会社やその補償内容などによります。あくまで目安となりそうな金額を調べてみました(補償内容を手厚くすると更に掛け金が高くなる。今回の金額はあくまで最低掛金の額)。

海外旅行保険の保険料:
渡航先 滞在日数 掛け金の範囲
韓国 3日間 1500円~3000円
5日間 1900円~4500円
30日間 5500円~14000円
アメリカ 3日間 1700円~3500円
5日間 2000円~4500円
30日間 7000円~14000円
イタリア 3日間 1700円~3500円
5日間 2000円~4500円
30日間 7000円~14000円
台湾 3日間 1500円~3500円
5日間 1900円~4500円
30日間 5500円~14000円

このように短期滞在であっても、結構な出費となるのが海外旅行保険。もちろん、長期になればなるほど、高額になっていきます(短期留学や駐在などの場合には結構な痛手に)。

■海外旅行保険は海外旅行のみに適用?
海外旅行保険…と聞くと、どうしても海外旅行にのみ適用される保険のような気がしますが、実際には仕事での出張でも英語の語学留学でも保険の対象となります。とにかく海外に行く場合に使える保険と考えてOKですね。

中級編:楽天カードの海外旅行保険を徹底解説:

ここまで海外旅行保険の内容について解説してきましたが、では、楽天カードについている海外旅行保険はどんなものなのでしょうか?次に、そのあたりから解説をしていきたいと思います。

楽天カード付帯の海外旅行保険はこんな内容:

2016年現在、楽天カード付帯の海外旅行保険はこんな内容になっています。

補償内容 保険金額
(傷害)死亡後遺障害 最高2000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2000万円
携行品損害 最高20万円
免責金額3000円
救援者費用 最高200万円

※救援者費用は、捜索費用や、日本への飛行機での医療搬送費用、海外で入院したときに日本から家族を呼ぶ費用などをカバーしてくれる保険。

年会費無料で作れるクレジットカードとして、これだけ手厚い海外旅行保険が付いているのはうれしい限り。万が一、海外で事故にあって亡くなってしまった場合でも、遺族に2000万円もの保険金が入るわけですから、家族を持っている方であればなおさら、こういった保険はありがたいことでしょう。

楽天カードを使って海外旅行保険に加入するためには?

パワーポイントを使って説明をする暮角べんり君(当サイトのイメージキャラ)では、どのようにすれば楽天カードの海外旅行保険が使えるのかということですが、残念ながら、ただ楽天カードを持っているだけでは旅行保険は適用されません。楽天カードの海外旅行保険は「利用付帯」と言って、楽天カードで旅行費用を支払った場合のみ適用されます。

具体的には、下記の条件のどちらか1つを満たす必要性があります。

  1. 1.公共交通乗用具の費用を楽天カードで支払った場合
  2. 2.募集型企画旅行の費用を楽天カードで支払った場合

 

1.公共交通乗用具の費用を楽天カードで支払った場合:

公共交通乗用具とは、一般的な言葉で言うと、公共交通機関が近いです。楽天カードの公式サイト上には、以下のような表記がある通り、簡単にいえば飛行機、電車、船、バス、タクシーなどの交通機関のことを指します。

公共交通乗用具とは航空法、鉄道事業法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運用される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどを言います(当該旅行のために乗用するものに限ります)。

楽天カードの海外旅行保険を適用させるためにはこれらの交通費を楽天カード払いすれば、自動的に旅行保険に無料で加入したのと同じ状態になるわけですね。ただ、代金を支払うだけで保険料はかからず、手続きも要りません。簡単ですね!

 

2.募集型企画旅行の費用を楽天カードで支払った場合

募集型企画旅行…という言葉についても難しいように思いますが、いわゆるパッケージツアーのことです。こちらも楽天カードの公式サイトを見ると、以下のように書かれています。

旅行会社が旅行者の募集のために予め、旅行の目的地及び日程、旅行者が提供を受けることが出来る運送又は宿泊のサービス内容並びに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行を言います。

要するにHIS、JTB、JALパック、近畿ツーリストなどが提供しているツアーなどのことで、これらの費用を楽天カードを使って支払えば、自動的に旅行保険の加入手続きが完了した状態となります。

これらの費用を楽天カードで支払うだけで自動加入:

『へっ?』と思うかもしれませんが、前述の2つのうち、どちらか1つでも条件を満たせばそれで自動的に楽天カードの海外旅行保険に加入している状態になります。加入申込も手続きも一切不要です。

とにかく、対象となる費用の支払いを楽天カードですれば、自動的に手続き完了となるので、海外旅行にいく時の旅行保険に無料で加入したいと考えている方は忘れずに実行するようにしてください。

楽天カードの海外旅行保険の適用期間は?

読書中の暮角べんり君(当カードサイトのキャラクター)『楽天カードで対象となる支払いをすると、海外旅行保険に加入できることはわかったけれども、どのくらいの期間までカバーしてくれるの?』と、鋭い方であればそういった疑問を持たれますよね。初級編で紹介させていただいたいように、海外旅行保険は期間が長くなればなるほど高額になる保険なので、いくら無料で海外旅行保険に加入できるといっても、数日とか1週間といった期間じゃ意味がありません。

楽天カードの海外旅行保険は最大3ヶ月まで:

楽天カードの海外旅行保険補償期間はなんと3ヶ月まで。中国でもイタリアでもアメリカへの渡航でも、すべて出国から3ヶ月間、海外旅行保険に無料加入することが出来ます。

渡航先 滞在日数 一般的な保険の掛け金(参考例) 楽天カード
韓国 3日間 1500円~3000円 0円(無料)
5日間 1900円~4500円 0円(無料)
30日間 5500円~14000円 0円(無料)
アメリカ 3日間 1700円~3500円 0円(無料) 
5日間 2000円~4500円 0円(無料) 
30日間 7000円~14000円 0円(無料) 
イタリア 3日間 1700円~3500円 0円(無料) 
5日間 2000円~4500円 0円(無料) 
30日間 7000円~14000円 0円(無料) 
台湾 3日間 1500円~3500円 0円(無料) 
5日間 1900円~4500円 0円(無料) 
30日間 5500円~14000円 0円(無料) 

長期で海外滞在を考えているビジネスマンの方も、学生ビザが不要な期間まで目一杯に留学しようと考えている大学生も、この3ヶ月という補償期間があれば安心ですよね。

もちろん上記の表のように、3日しか滞在しなくても3ヶ月目一杯まで海外に滞在してもかかる費用は0円となります。年会費無料の楽天カードでこれは凄いことですよね。

楽天カードの海外旅行保険の落とし穴:

 いいことづくめのような楽天カードに帯の海外旅行保険。しかし、いくつか落とし穴もあるので、紹介しておきます。必要であれば他の旅行保険が付いた年会費無料クレジットカードを作るか、もしくは出発空港などでトラベル保険加入の手続きをして、補償金額の足りない分は補ってみて欲しいと思います。

疾病死亡では保険金がでない:

落ち込んでいる暮角べんり君楽天カードの利用者向け海外旅行傷害保険は事故や事件などによる死亡では最高2000万円までの保険金が出ますが、残念ながら疾病死亡、つまり海外旅行中に病気で死亡した場合には保険金は1円も出ません(病院にかかったり、入院した場合の医療補償はあり)。

そのため持病を持っている方などの場合、楽天カードの海外旅行保険では不十分な場合もあるため、このあたりは注意が必要ですね。クレジットカード付帯の海外旅行保険はどれの同じような制限がありますので、死亡補償に関しては、生命保険などでカバーするようにしてください(加入している生命保険が海外での疾病死亡にも適用されるかは確認しておいてくださいね)。

傷害治療費用や疾病治療費用は不十分な場合も:

海外での医療費というのは、日本人が想像しているよりも途方もなく高いです。例えば出張中に盲腸になってしまい、現地で手術をしただけで、300~600万円程度の費用がかかってしまうなんてことも。つまり楽天カードに付いている海外旅行保険の最高200万円という補償金額だけでは足りない可能性があります。

まぁ可能性を言ってしまえばキリがないので、どこまでの補償を求めておくかはみなさんの判断にお任せしますが、こちらも持病持ちの方などの場合には何らかの上乗せを考えておいたほうが良いかもしれません。これについては、後で海外旅行保険を更に手厚くする方法として紹介しますので、ちょっと待ってくださいね。

帰国してもリセットされない補償がある

さきほど保険の適用期間は3ケ月で、一度帰国すれば回数に制限はないと書きました。しかし、楽天カードは、帰国してもリセットされない補償があるので注意が必要です。

・携行品損害 20万 (会員期間通算で)

・救援者費用 200万()

この2つの補償の限度額については会員期間通算となり、帰国してもリセットされないので要注意です。例えば、携行したカメラが壊れてで10万円の保険金をもらった場合、それ以降の旅行では残りの10万円しか携行品損害を補償してもらえないことになります。

上級編:楽天カードの海外旅行傷害保険の裏技:

ここまで楽天カードの海外旅行保険について書いてきましたが、飛上級編ではさらに、楽天カードの海外旅行保険を効率良く適用させるテクニックや、更に効率良く海外旅行保険を使う裏技を紹介したいと思います。これを読んで頂ければ海外旅行保険を完全無料で使いこなせますよ。

公共交通乗用具の費用は電車代やタクシー代でもOK:

レスキュー隊員になった暮角べんり君無料とはいえ、海外旅行保険に加入するために飛行機代やパッケージツアーの支払いを楽天カードでする…というのは、簡単なようで実は結構ハードルが高い場合があるんですよね。

例えばマイルを貯めて交換した航空チケットを使う場合は、飛行機代をカード払いにすることはできません。記念日のお祝いで、ツアーのチケットをプレゼントされたなんてこともあるかもしれません。あるいは、楽天カード払いをしたくても、格安航空券や格安パッケージツアーでは、そもそもクレジットカード払いを認めてくれないなんていうケースもあるので、保険を適用させたいのにどうしよう…と対応に困ってしまうことも多いでしょう。

お勧めしたいのは電車代やタクシー代の支払い:

しかし、そんな心配や苦労は無用です。

公共交通乗用具の費用を楽天カードで支払った場合の項目をもう一度、読みなおして頂ければわかりますが、実は飛行機代やパッケージツアー料金だけでなく、電車代やタクシー代の支払いでも楽天カードの海外旅行保険を適用させることが出来るということ。大事なのはあくまで『出国するまでに使った公共交通乗用具を楽天カードで支払う』ことなのです。

念のため、このあたりについてどこまでが加入OKで、どこまでがダメなのかを楽天カードの電話サポートに質問をし、表にまとめてみました。

■カードの利用と海外旅行保険適用1

条件 適用の可否 解説
空港までタクシーで移動し、その運賃を楽天カード払いする。 出国前までの公共交通乗用具利用にあたるため、適用。
空港までの電車切符を楽天カードで購入する。 出国前までの公共交通乗用具利用にあたるため、適用。
空港までのリムジンバスの代金を楽天カードで払う。 ◯  出国前までの公共交通乗用具利用にあたるため、適用。
成田空港などの国際空港までの国内便代金を楽天カードで支払う。 出国前までの公共交通乗用具利用にあたるため、適用。

このあたりまでであれば、楽天カード海外旅行保険の適用事項を読んで頂ければわかるものですよね。

ただこの場合でも問題なのは、空港までの電車(例えば京急や東京モノレール)やリムジンバスの代金はクレジットカード払いが出来ないことが多いということ。せっかく楽天カードの海外旅行保険を適用させたいと思っても、不可能じゃないか!と思われてしまうと思います。また、タクシーで自宅から空港まで行けるくらいお金持ちなら、そもそも海外旅行保険をなんとか無料にしようなんて思いませんよね。

更に踏み込んだ質問を楽天カードにしてみる:

そんな問題を吹き飛ばすべく、引き続きもう少し踏み込んだ質問も電話サポートセンターに対してしてみました。聞いてみたかったのは、空港までの途中区間のみ、楽天カード払いをすればOKなのか?という点です。

■カードの利用と海外旅行保険適用2

条件 適用の可否 解説
空港に向かうため、自宅の最寄り駅までタクシーで移動し、その料金を楽天カードで払う。 出国するため、空港に向かう途中に利用した公共交通乗用具の利用も適用可能。
羽田国際空港に向かうため、品川までのJR切符を楽天カードで購入し、品川からは京急をパスモで移動。 出国するため、空港に向かう途中に利用した公共交通乗用具の利用も適用可能。
新宿までの高速バス運賃を楽天カードで支払い、新宿からはスイカで成田空港まで移動。 ◯  出国するため、空港に向かう途中に利用した公共交通乗用具の利用も適用可能。
最寄りの地方空港までのJR切符代を楽天カードで支払い、地方空港から羽田国際空港に移動。その後、電車で成田国際空港へ移動。 出国するため、空港に向かう途中に利用した公共交通乗用具の利用も適用可能。

上記表を見て頂ければわかりますが、まとめると、重要なのはとにかく出国するまでに利用した公共交通乗用具の利用のどれか1つでも、楽天カードで支払うということ。JRの140円区間だろうが470円タクシーだろうがなんだろうが、楽天カードで支払うことが大事なのですね(JR普通切符をクレジットカード払いで購入する方法も参照)。

そこれをするだけで楽天カードの海外旅行保険が適用に。わざわざ飛行機代やパッケージツアー代を楽天カードで支払わなくて済むようになるため、ぜひ、無料の海外旅行保険を手に入れるため、試してみてください(面倒な質問に答えて下さった楽天カードの方、有難うございました)。

海外旅行保険の適用期間は一旦、帰国すれば延長OK:

飛行機なかなかそう滅多にはいらっしゃらないかとは思いますが、年に何度も海外に移動をするという方の場合、気になるのはその都度、海外旅行保険が適用になるか?という話ですよね。

その点についても楽天カード側に質問してみました。

何度でも旅行保険は適用される:

結論から先に言うと、海外旅行保険は出国の度に最大3ヶ月適用される保険なので、何度でも回数は制限無し。極端な話、3ヶ月海外に滞在し1日だけ帰国、その翌日にまた海外に出発して3ヶ月滞在…という場合でも、すべての行程で海外旅行保険があなたを守ってくれることになります。

あくまで年間最大3ヶ月までではなく、出発日から最大3ヶ月なので、極端な話、365日中360日分、海外旅行保険を適用させるなんてことも可能になります

海外旅行保険の治療費用を増やす方法:

楽天カードの海外旅行保険は持病を持っているような方の場合には、やや不足気味な補償内容です。万が一の時のことを考えると、少々、不安に感じる方もいるのではないでしょうか?

複数枚のクレジットカードを持って組み合わせる:

そこでお勧めしたいのは海外旅行保険が付いた年会費無料のクレジットカードをもう一枚持つということ。こうすると補償内容を増やすことが出来るためです。

■補償の合算の可否

補償内容 合算 複数枚カードの保険の合算
死亡後遺障害 × 複数枚カードを持っていても、一番高い補償金額に揃えられてしまう
(例:死亡後遺障害2000万円のカードと3000万円のカードを持っている場合、3000万円になる)。
傷害治療費用 持っているクレジットカードの枚数分、補償金額が増える
(例:200万円と300万円の傷害治療費用が付帯されている場合には合計500万円まで補償される)。
疾病治療費用 持っているクレジットカードの枚数分、補償金額が増える
(例:200万円と300万円の傷害治療費用が付帯されている場合には合計500万円まで補償される)。
賠償責任 持っているクレジットカードの枚数分、補償金額が増える
(例:2000万円と3000万円の傷害治療費用が付帯されている場合には合計5000万円まで補償される)。
携行品損害 持っているクレジットカードの枚数分、補償金額が増える
(例:20万円と30万円の傷害治療費用が付帯されている場合には合計50万円まで補償される)。
救援者費用 持っているクレジットカードの枚数分、補償金額が増える
(例:200万円と300万円の傷害治療費用が付帯されている場合には合計500万円まで補償される)。

但し、年会費無料で海外旅行保険が付帯しているクレジットカードはかなり少数。また、楽天カードのように出国までの公共交通乗用具の利用が必要になるクレジットカードも多いため、完全に年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険を手厚くすることには限界があるのも事実ですね。そんな中でおすすめなのは、自動付帯(カードを持っているだけで保険が有効になる)JCB EITオリコカード iBエポスカードなどだ。

年齢が高い方や持病を持っている方など、医療補償を充実させておきたい方は、年会費を少し払ってでも、海外旅行保険が手厚くついているゴールドカードを持つという方法もおすすめです。

 

自由の女神を背景に記念撮影する暮角べんり君以上、楽天カードの海外旅行保険が驚くほどわかる徹底まとめ、いかがでしたでしょうか?楽天カード保有者の方にこれを読んでおいて頂ければ、今後は海外旅行も安心して行くことができると思います。

楽天カードは年会費無料で作ることが出来るクレジットカードなので、まだ持っていないという方はぜひ、この機会に申込を検討してみてくださいね。専業主婦の方や学生の方も申込可能ですよ。

楽天カードの公式サイトはこちら

 

ちなみに、この機会にクレジットカードの海外旅行保険について徹底的に理解したいという方は、以下の解説もおすすめですよ。

 

年会費無料の楽天カードでは入会キャンペーンとして、入会+利用するだけで5000円分以上の楽天ポイントがもれなく全員にもらえるキャンペーン実施中!楽天カードは楽天市場でお得なことはもちろん、エネオスでポイント2倍になるためガソリン代節約にも効果的ですよ。
公式サイトはこちら

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

お薦めクレジットカテゴリー

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

ピックアップ記事

一覧を見る

カテゴリー一覧

アーカイブズ

タグ一覧

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動