メニュー

大学生に就活前にクレジットカードをつくっておくことを勧めたい、その理由

クレジットカードイメージ

 

私は、大学生は1年生の時から、学生でも作ることができるクレジットカードを持つべきだと、日頃からおすすめしています。きっかけがないと、なかなかクレジットカードなんて作らないものだと思いますし、特に現金払いに慣れている10代の方にクレジットカードの大切さを説明しても、なかなか伝わらないかもしれません。

でも、これを読んで早めにクレジットカードをつくっておくことのメリットを知って、ぜひ、早めに最初の1枚を手にして欲しいと思います!

就職活動前にクレジットカードを作ろう:

就活が始まると学生生活は一変する:

就活が始まる大学3年生の頃になると、学生生活は一変します。就活が忙しくなって、だんだんバイトに時間を回すことが出来なくなってきます。

それまでバイト代をガンガン稼いで生活にゆとりがあった大学生も、バイト時間が取れなくなると金欠状態になりがち。そんな時に、クレジットカードを一枚持っているのと持っていないのとでは『金回り』が違ってくるんです。そうなる前にクレジットカードをつくって使い慣れてくおくと、助かることも多いはずです。

就活費用は意外とたくさんかかる:

それに、会社訪問や面接のためにスーツを買わなくてはいけないなど、何かと出費が多くなるのも就職活動の特徴。就活にかかる費用は年によって多少変わりますが、大体15万円~17万円あたりで変動していると言われています。

2016年の就活費用の平均は16万円。地方の学生は30万円:

「日経就職ナビ 就職活動モニター調査」によると、2016年卒者の就活費用の平均は16万円だったそうです。思っていたより、かかると思いませんか?さらには、これを首都圏以外の学生だけでみると、就活費用はなんど約30万円!地方の学生の場合、交通費や宿泊代などもかかるので、こんなすごい金額になるのですね。

就活を経験して、「予想以上に費用がかかった」「就活で、こんなにお金がかかるなんて思わなかった」という感想を持つ学生は多いようです。残念ながら、なかなか内定が決まらない…などいう事態になると、さらに費用がかさむことも考えられます。そういう時にもクレジットカードを1枚持っておけば、交通費や宿泊費の支払いをカード払いにできるなど融通が利きます。ちょっと金利はかかりますが、いざとなれば、分割払いだって利用可能です。

クレジットヒストリーを、はやくから磨ける:

また、学生のうちからクレジットカードを利用しておくとクレジットヒストリーを築くことができるのも強みです。

クレジットヒストリーというのは、

クレジットカードやローンなどの利用履歴のことで、個人信用情報機関という情報センターに記録されます。少額でもいいので普段からクレジットカードを使って毎月きちんと返済して行くと、その実績の積み重ねが信用になっていくのです。

クレジットカードに申し込むと審査があり、必ず個人信用情報機関に登録されたその人のクレジットヒストリーが調査されます。社会人になって初めてクレジットカードに申し込んだ人のレジットヒストリーは真っ白ですが、学生のうちからクレジットカードを使っている人はしっかりとクレジットヒストリーが築かれているので、信用に大きな差が生まれ、欲しいクレジットカードの審査にも通りやすくなります。

大学生はとてもクレジットカードをつくりやすく、ほぼ確実に審査に通ると考えても大丈夫。この有利な条件を活かして、学生のうちにクレジットカードをつくり、はやくからクレジットヒストリーを築いておくことは、後々のためにかなり賢いやり方なんです。

学生はクレジットカードをつくりやすい!:

読書中の暮角べんり君(当カードサイトのキャラクター)ちなみに、「働いてもいないのに、なぜ大学生はクレジットカードがつくりやすいの?」と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、実は、クレジットカード会社にとって大学生は大事にしたい優良なお客さん。子どもを大学や大学院に行かせるだけの経済力を持った親がいると判断されるので、学生の信用力は抜群なんです。

また、大学生のうちに自社のクレジットカードを使い初めてもらって、社会人になってからも末永く自社の顧客でいて欲しいという思惑もあります。学生にクレジットカードを発行することは、未来のお客さんを学生のうちからガッチリと捕まえておこうという、いわば種まきのようなものだと言えます。

学生用のクレジットカードは魅力的でオトク:

実際に、大学生の頃に作ったクレジットカードは、長い間、解約せずに使い続ける傾向があるようなので、クレジットカード会社は、学生向けのクレジットカードに大盤振る舞いともいえる魅力的なサービスを付けたりもしています。中には、「学生専用クレジットカード」なるものを発行しているクレジットカード会社も…。学生の特権を活かして、メリットを使いこなしたいですね!

クレジットヒストリーが採用に使われるという話も…:

クレジットヒストリーは、あくまでも金融機関が審査目的で利用するためのもの。それ以外の目的で、本人の同意なしに勝手に閲覧することはできません。また、就活でクレジットヒストリー(個人信用情報)を提出させることは違法だとされています(本人が個人信用情報機関に情報開示の請求をすれば、クレジットヒストリーが分かる書類を発行してもらえる)。

しかし、これは非公式な話ですが、外資系企業の中には本人に開示請求をさせて、それを提出させる場合があると聞きます。また国内企業でも、金融系企業などは通常業務との区別がつきにくいので、就活生のクレジットヒストリーを見ている可能性があるともいわれています。その目的はもちろん、「お金を借りても、きちんと返す人」を採用したいため。クレジットヒストリーは、その何よりも判断材料になるのです。

もちろん、これはあくまでもそういう話もあるというだけで、真偽のほどはわかりません。ただし、クレジットヒストリーは一種の人物信用判断の材料にもなりうるということは知っておいてもいいのではないでしょうか。また、クレジットカードを持って、少しでも経済や金融に興味を持つことも、就職活動に有利になるのではないかと思います^^

学生でもつくりやすいクレジットカード一覧!

年会費無料の楽天カードでは入会キャンペーンとして、入会+利用するだけで5000円分以上の楽天ポイントがもれなく全員にもらえるキャンペーン実施中!楽天カードは楽天市場でお得なことはもちろん、エネオスでポイント2倍になるためガソリン代節約にも効果的ですよ。
公式サイトはこちら

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

お薦めクレジットカテゴリー

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

ピックアップ記事

一覧を見る

カテゴリー一覧

アーカイブズ

タグ一覧

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動