メニュー

管理人コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新日: 2016年10月11日

印刷する

先日、「正社員になってまだ1ヶ月なんですが、クレジットカードにはもう少し待って申し込んだ方がいいでしょうか?」という質問を受けました。

正社員になりたてでもクレジットカードは作れるの?という疑問をお持ちの方、他にもいらっしゃるかもしれませんよね。そこで今日は、このテーマを取り上げてみたいと思います。

正社員になったばかりでも、問題なくクレジットカード作成可能:

弁護士風の暮角べんり君2(当クレジットカードサイトのキャラクター)最初に答を言えば、「イエス」だと思います。もちろんクレジットカードの種類や、クレジットカード会社ごとに審査基準は異なるため、勤続年数が少ない場合には作ることができないクレジットカードもあるかと思います。しかし、一般的には、安定した継続収入がある「正社員」は信用度が高いので、審査通過の可能性は高いと思われます。

実際に、社会人になりたての新社会人がクレジットカードに申し込んでも審査通過した例は多いですし、勤続年数の記入欄には「1年未満は1と記入」などという場合もあるため、1ヶ月か半年か9ヶ月かの差なんて、クレジットカード会社はそれほど気にしていないとも思われます。、

また、クレジットカード会社には学歴の把握のしようもありませんので、例えば大学院卒の25才で新社会人になった人と、高卒でブラブラとしていて25才で初めて正社員になった人との区別もつかないはず。しかも、将来がある新社会人は優良顧客予備軍もあり、クレジットカード会社にとって魅力的なお客さんでもあるので、20代でクレジットカードを申し込む分には、正社員になりたてかどうかなんてあまり気にしなくてもいいんじゃないかと思います。

30代・40代で正社員になりたての場合は?

では、30代や40代などで転職して、正社員になりたての場合はどうでしょうか?この場合も、勤続年数は1年未満になってしまいますよね。

答えとしては、最近では転職がそれほど珍しいことではなくなっているので、それほど神経質になる必要はないと思います。ある程度大手の企業に転職した場合や、しっかりとした年収がある正社員の方であれば、問題なく審査通過ができると思います。ぜひ、欲しいクレジットカードに申し込んでみてください。

また、30代や40代なら、すでに他のクレジットカードを持っている場合も多いと思います。その利用履歴(クレジットヒストリー)がよければ、転職は、さらに問題にはならないでしょう。ちなみに、このような意味でも、20代のうちにクレジットカードをつくって、しっかり利用しておくことはプラスになりますよ。

なお、勤務先などの条件にもよりますが、新社会人の方の場合、ゴールドカードプラチナカードの審査通過は難しいケースもあるかもしれません。一般カードから申し込むのが無難。特に、自分の勤務先や年収などにあまり自信がないという方は、まずは年会費無料クレジットカードから狙ってみるといいですよ。

あなたにピッタリのクレジットカードを探そう!

記事更新日: 2016年10月09日

印刷する

クレジットカードをよく利用する方の中には、カードが傷ついたり、割れてしまったり、汚れてボロボロになってしまったり…などという経験がある方も多いのではないでしょうか。クレジットカードの有効期限は、基本的には5年間。更新が近いなら新カードが届くのを待てばいいのですが、2~3年目にこのような状態になってしまった場合は、どうすればいいでしょうか?

できれば、新しくして気持ちよく利用したいですよね。今回は、クレジットカードの再発行について取り上げます。

再発行は可能だが、有料になることが多い:

若者風な暮角べんり君クレジットカードがボロボロになったとしたら、誰もが考えるのは再発行。カード会社に依頼すれば、再発行してもらえます。とはいえ、利用に問題がない場合は、クレジットカード会社側も無料での再発行にはなかなか応じてくれないかもしれません。有料になる場合も多いと思っておきましょう。その場合の再発行手数料は、郵送料も含めて1,000円程度のことがほとんどです。

このあたりは交渉次第というところもありますので、丁寧にお願いしてみましょう!ただし、考えてみれば、多くの会員が、汚れたとか破損したとか言って再発行を依頼してくるようになると、クレジットカード会社の再発行経費も大変。有料なのは仕方ないかもしれませんね。

ステータスカードの場合には無料のことも:

ただし、ゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードなら、ほとんどの場合、再発行費用をカード会社側が負担してくれるはず。高い年会費を払っているのだから、ひとつの会員サービスということでしょうか。せっかくのゴールドカードが傷だらけになってしまった…などという時には、クレジットカード会社に電話してみてくださいね。

ちなみに、破損や汚れなどによる再発行の場合は、基本的にはクレジットカード番号は変わりません。ただし、カードの返送を求められる場合もあるようなので、電話の際によく確認してください

盗難・紛失や、情報漏えいの場合は無料で再発行してもらえる:

クレジットカードの紛失や盗難、情報漏えいの可能性がある場合など、セキュリティ上のリスクがある場合には無料で再発行をしてもらえます。この場合は、現在使っているクレジットカードを利用停止にして、新しい番号のクレジットカードが発行されます。それによって、不正使用の心配なく安心してカードを使えるようになります。もしも、このような事態に遭った場合には、一刻も早くクレジットカード会社に連絡してくださいね。

イザという時のために。クレジットカードのトラブル対処法一覧

記事更新日: 2016年10月09日

印刷する

クレジットカードイメージ画像

どうしても欲しい服を見つけたけど、あいにく持ち合わせがない…。そんな時でも、クレジットカードさえ持っていれば、チャンスを逃すことなく、欲しいモノがその場で手に入ります。その上、一括払いなら手数料無料で、しかも支払いは翌月以降。もう、至れり尽くせり…って感じですよね。

利用者にとっては、まさにイイこと尽くめだけど、クレジットカード会社って一体どうやって成り立ってるの?あとで、手数料を請求されるなんてことはないだろうか?と、クレジットカード初心者の方は、ちょっと不安になるかもしれませんね。でも、心配はご無用!しくみをちゃんと理解すれば、安心して使うことができますよ。

…ということで、今回は、クレジットカード会社が利益を得ているしくみを、わかりやすく説明していきます。

店舗がクレジットカードを使えるようにするのは、実は販促が狙い

みなさんはレストランなどで、クーポンを使った経験はありませんか?フリーペーパーから切り取ったり、ネットからプリントアウトしたり、あるいはスマホでダウンロードしたり。いろいろなかたちでお得なクーポンを使ったことがある人は、結構多いと思います。

でも、クーポンを使う時に「タダで得するなんて、何かウラがあるのでは?」などと気にする人はいませんよね。それは、店舗はクーポンを発行することによって集客をしている、ということを私たちがわかっているから。つまり、「店舗は、販売促進を目的として割引をしている」というしくみを理解しているから、安心して使えるのです。

実は、クレジットカードもクーポンとそれほど変わりません。クレジットカードが使えるということは、そのお店にとって次のようなメリットがあるのです。

・利用者が現金を持っていなかったとしてもその場で買ってもらうことができる。
・まとめ買いやワンランク上の買い物をしてもらえる可能性がある。
・同じモノを買う時でも、クレジットカードが使えるようにしておいた方が自分の店を選んでもらえる。

販売機会を逃すことが少なくなり、大げさにいえばクレジットカードの使えない店舗と差別化ができるということですね。

一括払いでも、しっかり収入を得ているクレジットカード会社:

店舗にとっては販売促進の役目を果たしてくれるクレジットカード。ただ、その機能を使うためには、お店はクレジットカード会社と契約を結んで加盟店となり、手数料を支払う必要があります。実は、これがクレジットカード会社の大切な収入源の一つ。クレジットカード会社は利用者から手数料を得られなかったとしても、ちゃんと加盟店から収入を得ているのです。

また、クレジットカード会社はカード会員が分割払いやリボ払い、キャッシングなどを利用すれば、その金利手数料も得られますし、年会費というかたちで利用料を得る場合もあります。

つまり、店舗、利用者、クレジットカード会社は、3者が持ちつ持たれつの関係で成り立っているということ。再度、それぞれが得られるメリットを簡単にまとめてみましょう。

クレジットカード利用者のメリット

・手持ちの現金がなくても買い物ができる
支払いは翌月以降
・一括払いなら手数料不要

クレジットカードが使える店舗のメリット:

販売チャンスを逃さない
より多くのモノ、より高額なモノを販売できる可能性が高まる
カード利用不可の店と差別化ができる

クレジットカード会社のメリット:

店舗から加盟店手数料が得られる
・利用者から金利手数料が得られる(分割払いやリボ払い、キャッシングなどを利用した場合)
利用者から年会費が得られる(年会費無料のクレジットカードの場合を除く)

どうでしょう?このようなしくみがわかれば安心して利用できますよね。使いすぎにだけは気を付けて、クレジットカードを便利に活用してくださいね。

初めての方向けおすすめクレジットカードはこれ!

記事更新日: 2016年10月08日

印刷する

kaiyaku_imageテレビCMの大量投下もあってか、発行数を伸ばしている楽天カード。それに応じて、もう使わなくなったから解約しようか…と考えている方、迷っている方も増えているだろうと思います。解約の前に、本当に不要かどうか見極めたいですよね。

ということで、今回は、楽天カード解約前のチェックポイントをまとめてみたいと思います!

楽天カードの最大のメリットは楽天市場でのお得さ:

楽天カードを持つ暮角べんり君楽天カードがお得に使えるのは、何といっても楽天市場。楽天カードを解約してしまうと楽天市場でのポイント還元率が、ガクンと低下してしまいます。解約の前に、もう一度考えてみましょう。

楽天カード払いでポイント4倍:

楽天市場ではスーパーポイントアッププログラム(SPU)によってポイント4倍となります(カード利用分3%+通常のショップポイント1%/2016年10月現在)。この他にも、楽天カード会員だけのポイントアップキャンペーンなども頻繁に行われているので、今後も楽天市場を利用することがあるなら、それだけのために持っていても損はありません。

ここは好き嫌いが分かれるところでもありますが、楽天カードはキャンペーンが多いクレジットカードなので、うまく活用すればお得さ享受できる機会がたくさんあります。

持っていても年会費は無料:

『今や、すっかりアマゾン派。楽天市場なんてもう使わない!』という方なら、解約しても問題ないと思いますが、個人的な経験では、楽天市場で販売されているけれどもアマゾンでは販売されていないというものも、まだまだあります。頻度は低くても、楽天市場も利用するかも…という可能性があるなら、持っていてもいいかもしれません。楽天カードは年会費無料なので、たとえ年に1度も利用しなかったとしても、年会費などの無駄な費用を払う必要性はありません。

楽天トータルでのメリットも考えてみよう:

楽天グループには、楽天市場以外にも楽天トラベルや楽天ブックスなどの、いろいろなサービスがありますよね。これら共通で、楽天スーパーポイントが貯まったり使えたりします。その他、電子マネー「楽天Edy」のサービスでも、楽天カードを持っていると、ポイントが貯まりやすかったりチャージが便利に行えるなどの特典があります。また、楽天カードで貯まった楽天スーパーポイントを、楽天Edyに交換することもできます。

楽天ポイントカードでリアル店舗にも進出中:

また、楽天グループは、楽天ポイントカードでリアル店舗にも積極的に進出中。楽天スーパーポイントは、共通ポイントとして、より魅力を増していく可能性があります。

今後、これらの楽天のサービスがより拡充して行けば、楽天カード保有のメリットは、さらに大きくなるかもしれません。個人的には、これらの可能性を考えて、せっかく楽天カードを持っているのなら、今は使わなくてもそのまま持ち続けることも検討してみてもいいのでは?という気がします。

他の楽天カードに乗り換えるのも一手かも:

若者風な暮角べんり君「まあ、たまには楽天市場も使うかもしれないし、楽天カードを持っていてもいいんだけど…」「でも、それだけのために持つのもなぁ…」などという方は、いっそ、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードなどの上位カードを狙ってみるのも手かもしれませんよ。女性の方なら、楽天PINKカードという選択肢もありますし、ANAをよく利用するならANAとの提携カード楽天ANAマイレージカードへの切り替えという方法もあります。

こういったカードであれば、楽天市場でのお得さだけでなく、様々なサービスもプラスされるため、利用頻度が増えるかもしれません。 これも、ひとつの方法として考えてみてはいかがでしょうか?

それでも解約…という時は、楽天カードの解約自体は電話の自動応答でごく簡単に行えます。ただし、やっぱりあった方がいいかなぁ…と思った時には、また申し込みをし直さなければなりません。楽天カードを解約しようと思った時には、今回ご紹介したチェックポイントを役立ててみてくださいね。

楽天カード株式会社が発行しているクレジットカード

記事更新日: 2016年10月06日

印刷する

Victoria Square Shopping Centre Belfast
Victoria Square Shopping Centre Belfast / infomatique

クレジットカードには、そのカードで買った商品に自動的に保険が掛けられる「ショッピング保険」が付いているということ、あなたはご存知ですか?実はこれ、意外と知られていないのが実状。今回、初めて耳にするという方も多いのではないでしょうか?

しかし、ネットショッピングが当たり前になり、クレジットカードで買い物をする機会がさらに増えている今、とってもお得なしくみなんですよ。今回は、そんなショッピング保険について具体的に見ていきましょう。

カードで買っておくだけで、壊れた時も安心補償!

カード払いにするか現金にするか…。何かを買った時に、もしも手持ち現金の有無で支払い方法を決めているとしたら損。特に、金額の大きな買い物をする場合には、迷わずクレジットカード払いにすることをおすすめします。

クレジットカード払いにすればポイントが貯まるのもさることながら、購入したその商品が壊れてしまった場合などに補償してくれる、ショッピング保険が適用されるからです。破損状態によって修理代金の負担、もしくは新品に交換してもらえる、というなんとも安心のサービスなんです。

例えば、買ったばかりのテレビに何かをぶつけて壊してしまった場合や、高価な食器を落として割ってしまった場合などでも、保険の対象。故意による破損(つまり保険金目当てでわざと壊す)などという場合を除いて、自分の過失で壊してしまったような場合でも保険対象になります。

現金払いでもついてくるメーカー補償などもありますが、自分で壊してしまった場合には自己負担となるケースがほとんど。それを考えると、なんともお得で便利な保険であることがわかりますよね。

買った物が盗まれても大丈夫。盗難被害にしっかり対応!

さらにこのショッピング保険は、盗難や紛失のケースでもしっかりと保険を適用してくれます。例えば、高価なアクセサリー類を外出先で盗まれてしまっても保険の適応対象。クレジットカードで購入しておくだけでいいんですから、うれしいですよね。

紛失した場合は、自分の責任だから補償されないと決めつけてしまいがちですが、売上票(お客様控え)さえ持っておけば、これも大丈夫。ショッピング保険で補償してくれます。紛失したらショックの大きい高額商品は、リスクヘッジの意味でもクレジットカードで購入するのが安全です。

その上さらに、ショッピング保険はプレゼントした者でも大丈夫。彼女に送った時計が壊れた…なんて時でも補償が受けられます。

ショッピング保険の適応条件:

破損や盗難・紛失などで保険が受けられることは分かったと思いますが、やはり、いつまでもずーっとというわけにはいきません。購入から90日間というのが一般的ですが、イオンカードなどでは180日と長く設定されています。自分が持っているクレジットカードの適用日数をしっかりと把握しておくことが重要です。

また、保険の適応対象外商品があることもチェックしておきましょう。こちらも、カード会社によって多少異なりますが、船舶や自動車、航空機などの乗り物、動物や植物、コンタクトレンズ、有価証券や小切手、携帯電話、食料品、チケット類などは一般的に適応対象外になります。家電などは、ほとんどが適応対象になっています。

そして、補償には限度額も存在します。こちらも、カード会社やカードの種類によって様々ですが、通常のカードで100万円、ゴールドカードなどで300〜500万円がひとつの目安になります。また、1事故につき自己負担額が3,000〜1万円程度はかかることも覚えておきましょう。

なお、クレジットカードによってはショッピング保険自体が付いていない種類もあるので、自身が持っているカードに保険がついているかどうかも調べておいてくださいね。高額なものを買う時のために、1枚はショッピング保険付きのクレジットカードを持っておきたいですね。

なお、クレジットカードのショッピング保険について、もっと詳しく知りたい方は、以下の解説を参考にしてください。

ショッピング保険を徹底解説!現金よりクレジットカードで買った方が安心な理由

記事更新日: 2016年10月05日

印刷する

電子マネーイメージ
Photo by TAKA@P.P.R.S

ポストペイ型(後払い型)の電子マネーであるiDやQUICPay。キャンペーンなどの多い楽天EdyやWAON、Suica、nanacoといったプリペイド型(前払い型)の電子マネーと比べるとちょっと地味な存在で、もしかしたら、『ところでiDとか、QUICPayってなんて読むの?』と思っている方もいるかもしれませんね(ちなみに、アイディー、クイックペイです)。

でも、実は後払い型電子マネーって、EdyやSuicaといった前払い型電子マネーにはない魅力や長所がたくさんあるのを知っていますか?クレジットカードと後払い型電子マネーの組み合わせは最強!…と、個人的には思っています。今回は、そんな私が、後払い式の電子マネーがいかに便利かを思いのままに熱弁させていただこうと思います。

これを読んだら、あなたも後払い型の電子マネーが欲しくなること、間違いなしですよ!

熱弁1:落としても平気:

前払い型電子マネーは、クオカードやイオカードなどと一緒で、基本的に落としてしまったらアウト。自分の手元に戻ってくることは稀でしょう。利用停止手続きができるようになっている電子マネーもありますが、気づく前に、拾った人に素早く使われてしまったらどうしようもありません。

プリペイド型であれば、落とした時のチャージ分だけの損失で済むと思っている方もいるかもしれませんが、昨今ではオートチャージなんて機能が設けられていることもあるので、そうとも言い切れないケースもありますよね。プリペイド…なんていいながらも、実は後払い式とそう変わらない仕組みになりつつあるのも現実です。

後払い型の電子マネーは基本、クレジットカードの付帯カードなので、落してしまって不正使用に遭った場合の被害金額は盗難保険の適応対象となります。盗難や紛失によっていくら使われても、みなさんの負担額は0円ですみます。後払い式の電子マネーを財布ごと落としてしまったり、おサイフケータイを置き忘れて電子マネーを使われてしまっても、ちゃんとした手続きさえ踏めば、金額的な損失はありません。

熱弁2:支払いは後回し

プリペイド型電子マネーの支払いは先払い。クレジットカードでチャーすれば、後払い式のように支払いを先延ばしできますが、基本的には、まだ使ってもないお金を先に払わないと電子マネーを使えない仕組みとなっています。

オートチャージなどの機能についても同様。残高が0円になってしまうと不便だから、常に2000円とか3000円といった金額をこまめにチャージしておく…ということ。なんだか個人的には、中途半端で変な感じがします。

その点、ポストペイ型の電子マネーはチャージ不要です。『これからいくら使うだろうから、先に○円入金しておかなくっちゃ…』などということを考える必要性がなく、使いたい時に使いたい分だけ使うことができるのも利点だと言えます。電子マネーの残高がいくらか、常に気にしていないといけないのが負担…という方にポストペイ型はお薦めですね。

支払いについても、使った分だけクレジットカード利用分として請求されるので、ごくシンプル。しかも、最大で利用日から60日程度、支払いを先延ばしすることができるので、月末でちょっとお金がない…といった場合にも、ポストペイ型の電子マネーさえあればコンビニ利用で乗り切れます。

■後払いなのが気持ち悪いという方へ…:
こういう話をすると、「後払いのほうが便利なのはわかるけど、あとで請求が来ること自体が気持ち悪い」という方がいるのも知っています。確かに現金感覚で電子マネーを利用したいという方には、後払い形式の電子マネーは気持ち悪い存在なのかもしれません。ただなぜか…、そういった方もクレジットカードを使ったオートチャージには寛容だったりするんですよね。実質、それも後払いのような気もするのですが、いかがでしょうか?やっぱり、都度、チャージ残高を気にするのはめんどうでは…と思うのですが、いかがでしょうか?

熱弁3:ポイントが貯まる

楽天Edyなどの前払い型電子マネーでは電子マネーの利用ポイントが貯まりますが、後払い型電子マネーの場合は利用金額に応じて、クレジットカードのポイントが貯まります。

これってどちらも同じように思えますが、前払い型電子マネーのポイントは、200円利用で1ポイントなど0.5%程度であることが一般的。さらには、ポイントが付く店舗が限られるなど、制約や条件がついてしまうこともチラホラ。これに対して、後払い型電子マネーでは、電子マネー利用分もクレジットカード利用代金の一部として請求されるので、クレジットカードのポイント還元率がそのまま適用され、基本的に電子マネーの利用分すべてにもれなくポイントが貯まるのが強みです。

例えばオリコカードなどのポイントが貯まりやすいクレジットカードで作った後払い型電子マネーの場合には、親となるクレジットカードと同じポイント制度が採用となるため、どこで利用しても利用金額の最大1.2%程度分のポイントを獲得可能。これって家計の節約にもかなり貢献しますよね。

このようにみなさんがどんなポイントを貯めたいかにもよりますが、前払い型電子マネーよりも後払い型電子マネーを利用したほうが、更に賢くポイントを貯めることができる場合が多くなっていますよ。

一応、ポストペイ型電子マネーのデメリットも…:

一方的にメリットだけ並べるのは公平でないので、ポストペイ型電子マネーのデメリットも箇条書きにしておきますね。

・親となるクレジットカードを持つことができないと、入手できない。つまり18歳未満は持つことが不可能。
・紛失や盗難に数ヶ月以上気づかないと、盗難保険の対象にならないケースもある。
・楽天Edyなどの前払い式電子マネーと比べると、加盟店数が少ない
(とはいえ主要コンビニなど、日常で利用するほとんどの場所で利用できる)

こんな感じでしょうか。

Apple Payで、注目度が高まりそう!iDとQUICPay:

2016年10月から、日本でもApple Payのサービスが、いよいよ開始されます!このサービスでは、登録したクレジットカードなどで支払いをする際、実店舗ではiDかQUICPayとして支払うことになっています。

これまでプリペイド型の電子マネーしか使ってこなかった人も、これを機会に後払い型の電子マネーの存在を知ったり、その便利さに気づく人が増えるのではないかなぁ…と、ひそかに期待しています。Apple Payについては、以下のコラムもぜひ参考にしてください。

以上で、私の熱弁は終わりです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。これを読んで後払い型電子マネーに興味を持っていただいた方はぜひ、1枚でいいので入手&利用してみてください。オリコカードなどでは、iDとQUICPayの両方が使えるデュアル搭載のクレジットカードも発行されていますよ!

ポストペイ型電子マネーを使うならおすすめのオリコカード

記事更新日: 2016年10月05日

印刷する

日本発の国際ブランドであるJCBカード。日本ではこのJCBマークが付いたクレジットカードを持っている方が多いですよね。また、クレジットカードが使えるお店の多くで使え、広く普及しているカードになっています。

ところで、ひと言に「JCBカード」と言っても、大きく2種類があることをご存知ですか?これについて知らない方や誤解している方が意外と多いので、ちょっとまとめてみたいと思います。

これからJCBカードを作ろうと考えている方も多いはずなので、カード選びの参考にしてもらえるとうれしいです。

JCBカードには2つの種類がある:

須田さいこちゃん(暮角べんり君の彼女)一般的には、JCBマークが付いたクレジットカードのことを「JCBカード」と呼んでいることが多いですよね?でも、実はそれらには2つの種類が存在しています。

普段はあまり区別しないで使われているのですが、このどちらなのかによって、サービスやメリットなどの違いがあります。新しくJCBブランドのクレジットカードをつくりたい時には、自分に合ったJCBカードはどれなのかを調べるためにも、まずこの2種類の違いを把握しておくと役立ちますよ。

ということで、わかりやすくするために、まずは簡単に表にまとめてみました。

JCBカードの2つの種類とは:
JCBカードの種類 発行会社 解説

本家JCBカード
(プロパーカード)

株式会社ジェーシービー 株式会社ジェーシービー自身が発行するJCBカード。国際ブランドを運営するジェーシービーが、自ら発行会社となって発行する、いわば本家発行のクレジットカードで、「プロパーカード」と言われます。
JCB提携カード 楽天カードライフカードセゾンカードMUFGカードなど
多くのクレジットカード発行会社
株式会社ジェーシービーから国際ブランドで・JCBのライセンスを受け、他のクレジットカード会社が発行する、JCBブランド付きのクレジットカード。クレジットカード会社ごとに、様々なサービスや特徴をもたせたカードを発行。ポイントがお得なものなども多い。

まとめると、一口にJCBカードと言っても2つの種類があり、プロパーカードと提携カードでは、カードの特徴が変わってくるということですね。

■混同が多い理由:
ここまで読んでいただけばもうお分かりとは思いますが、株式会社ジェーシービーは、「国際ブランドを運営する会社」であると同時に、「自らクレジットカードを発行するクレジットカード発行会社」でもある、という2つの機能を持っています。このことを理解していないと、混同が起きがち。ここを押さえておくことはこれからのカード選びにも役立つと思いますので、この機会に頭に入れておいてくださいね。

【参考情報】国際ブランドについてよくわからない方は、この機会に抑えてしまいましょう!
クレジットカードの国際ブランドを徹底解説!

ということで、次に気になるのは、この2つの違いですよね。ごくざっくり言うと、本家発行という安心感やブランドイメージを重視して長く使いたいならプロパーカード、ユニークなサービスやメリット、お得さを求めるなら提携カードがおすすめです。以下に、それぞれについて説明して行きますね。

 

本家発行JCBカードのいいところ:

まずは、本家である株式会社ジェーシービー発行のJCBカードから始めましょう。

特定の企業との提携カードのように企業色がないので、どこでカードを出しても使いやすく、オーソドックスで安定感のあるクレジットカードが多くなっています。提携カードなどに比べると、カードが発行中止になるなどといったリスクも少なく、安心して長く使えると思います。また、一般カード→ゴールドカード→プラチナカードなど、ラインアップも充実していますので、プロパーのステータスカードを持ちたいと考えている方は、JCB一般カードなどのプロパーカードから始めて利用実績を積むのがおすすめです。

とはいえ、ジェーシービーでも非常に多くのJCBカードを発行していますので、女性向きのクレジットカードや、日々の買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカード、航空会社のマイルが貯まるクレジットカード、リボ払い専用クレジットカード会社など、特徴あるクレジットカードも用意されています。みなさん、ぴったりのJCBカードを探してみてください。

株式会社ジェーシービー発行のJCBカード特集

JCB提携カードは、まさに個性様々!:

一方のJCB提携カードの種類は多種多様。個性も様々です。お得さの面だけをとっても、非常にお得なJCB提携カードもあれば、あまりお得とは言えないJCB提携カードも存在。ここまでお読みくださった方はもう十分お分かりだと思いますが、これは、その提携カードを発行しているクレジットカード会社のサービス内容に依存してしまうためなんですね。

提携カードのポイントサービスには、JCBのOkiDokiポイントプログラムではなく、各クレジットカード会社が運営するポイントプログラムが適用されます。また、会員向けのWEBサービスやスマホアプリ、問い合わせの際のコールセンターなども各クレジットカード会社が運営するものになります。もちろん、入会審査やカードの発行も、基本的には各クレジットカード会社で行われます。

楽天カード、ライフカード、セゾンカードなどなど、本当にたくさんのクレジットカード会社がJCB提携クレジットカードを発行しています。今回は個別の紹介はしませんが、よかったら下記で検索してみてくださいね。

お得なJCBカードを探してみよう

記事更新日: 2016年10月04日

印刷する

etc_s車を運転することが出来る運転免許証の取得は満18才から。そのため、すでに働かれている18才の方はもちろん、高校在学中に就職のことを考えて運転免許を取得する方もいらっしゃいますよね。

これらの方が無事に運転免許を取得できた時に考えるのが「ETCカードって作れるの?」ということではないでしょうか。18才の時点で免許を取ったら、ETCカードが作れるかどうか…、今回はそれを簡単にまとめてみますね。

18歳でもETCカードがつくれるかは状況次第:

スポーツカーに乗っている暮角べんり君結論から先にいってしまうと、高校生以外の18才なら、ETCカードは作成可能です。ETCカードは、クレジットカードに付帯するカードなので、まずはクレジットカードがつくれるかどうかがポイント。そのクレジットカードに申し込めるのは、「高校生を除く18歳以上」となっているので、ETCカードが作れるかどうかもそれに準じることになります。

つまり、18才は18才でも、高校在学中の人はETCカードは作れません。

18歳のETCカードの作成可否:
18歳時の状況 作成可否 解説 
18歳(社会人) 中学校卒業と同時に就職した場合や、高校中退後に就職した場合などはETCカード作成可能。もちろん、高校卒業後に就職した場合も可能。
18歳(アルバイト) 中学卒業と同時にフリーターになった場合など、高校に在学せずアルバイトをしているような場合。アルバイトでも申し込めるクレジットカードもあるのでETCカード作成可能。
18歳(大学生・専門学校生) 18歳でも大学生であればクレジットカードに申し込めるのでETCカードも作成可能。学生専用カードなどもある、外学生はクレジットカードをつりやすい。
18歳(高専生) クレジットカード会社によって判断がわかれるところ。稀に作れる場合もある。
18歳(高校生) 高校生はクレジットカードを持てないので、基本的にはETCカードも作れない(家族カード付帯のETCカートの場合にはわずかに可能性アリ)。 

 

18歳は、親権者の同意が必要:

但し、どのようなケースであっても、未成年者がクレジットカードを作る場合には親権者(両親など)の同意(承諾)が必要になります。これは、民法に「未成年が結んだ契約は親権者の申し出によって無効にすることができる」という規定があるため。これに関連する手続き上の理由で、未成年は社会人となって働いていたとしても基本的には同意が必要なのです。

ETCカードが欲しいからと言って、自分で勝手にクレジットカードを作ることはできませんので、ETCカードが欲しいのであればまずは親に相談してみてくださいね。

クレジットカード不要で持てるETCカードもある!?:

クレジットカードをつくらなくても持てるETCカードとしては、「ETCパーソナルカード」があります。クレジットカードを持たない代わりに、デポジットと呼ばれる保証金を預けて発行するカードで、これなら、親権者の同意があれば16歳以上から申し込みができます。発行するのは高速道路運営会社6社が共同で発行している(詳しくはETC総合情報ポータルサイトで)。

どれくらい高速道路を利用するかにもよるのですが、デポジットは4万円から6万円程度必要。解約時には返金されますが、それまではずっと預けておくかたちになります。あくまでも保証金ですので、高速道路の利用料金がそこから支払われるわけではありません。利用料金は、カードの申し込み時に指定した金融機関の口座からの引き落としになります。

保証金さえ払えば審査はありませんので、クレジットカードに申し込めない人や審査に通らない人、クレジットカードが必要ない人には便利なカードです。

お薦めのETCカード一覧!

記事更新日: 2016年10月04日

印刷する

JCBブランドロゴ多くの方々が見慣れていると思う、このJCBカードのブランドマーク(JCBのホームページより)。マークは青・赤・緑で構成されていますが、なぜこの3色になったのかご存知でしょうか?

JCBブランドマークの3色の由来は?:

JCBブランドマークの3色(青・赤・緑)は、実は、JCBカードの設立に関わった旧東洋信託銀行・旧日本信販(NICOS)・旧三和銀行のコーポレートカラーから作られたものなんです。なんとも、日本的なバランス感覚ですね。

jcb-old

今では、合併や統合を繰り返してどの会社も三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の一員になってしまっているので、今もしJCBカードというブランドを立ち上げることになったら、3色ではなく、真っ赤なブランドマークになっていたのかもしれませんね。

マークは、2007年頃から、順次今のモダンなJCBブランドマークに切り替わりました。日本初の唯一の国際ブランド、そしてカード発行会社として、ぜひぜひ日本経済をひっぱっていって欲しいところですね。

ちょっと似ている?中国銀聯:

JCBと銀聯のロゴ少し余談になりますが、雑学ということで。JCBマークのパクリでは?とも言われたのが中国銀聯(Union Pay)のマークです。確かに似ていますね。

でも、銀聯では、3つの色それぞれが、次のような意味を表しているのだそうで、かならずしもパクリというわけではなさそうです。

赤=積極的に前進すること
青=広範囲でのサービスの提供
緑=安全性と効率性

ちなみにJCBは、中国での加盟店開拓やJCBブランドのクレジットカード発行に積極的。中国銀聯とは提携も行っていますし、関係は良好なようです。

JCBブランドのおすすめクレジットカード

記事更新日: 2016年10月04日

印刷する

家族イメージ家族に勝手にクレジットカードを使われた!?そんなこと、めったにないでしょ?と思う方も多いかもしれませんが、これが意外とあるんですよね。ネット上のQ&Aサイトなどでも、「親にクレジットカードを使われた」「クレジットカードで夫に勝手にキャッシングされた」なんていう相談が見られます。

見知らぬ第三者に自分のクレジットカードを悪用されるという「不正使用」に遭ったとしても、クレジットカードには盗難保険という心強い保険がついているので安心。不正に使われた金額分は、本人負担ゼロで保険で支払われます。でも、例えば夫や妻、親や兄弟などの家族に勝手に使われた場合にはどうなんでしょうか?今回は、家族に勝手にクレジットカードを使われた場合のことについて考えてみたいと思います。

家族に使われた場合、基本的には補償の対象外:

弁護士風の暮角べんり君2(当クレジットカードサイトのキャラクター)まずは、盗難保険について。親や兄弟などの家族に勝手にクレジットカードを使われた場合、「家族がクレジットカードを意図的に持ち出した=盗んで不正利用した」とも言えるかもしれません。でも、結論から言うと、基本的には保険の適用は難しいと思います。

その理由は、クレジットカードを適切に管理していなかったとみなされる可能性が高いため。そもそも家族には、クレジットカードの保管場所や暗証番号を知られやすいので、それを分かった上できちんと管理する必要がありますよね。もしも家族に盗まれたとしたら、カードの所有者の管理が甘かったのではないかと疑われても仕方ありません。例えば、次のような場合、所有者に管理上の過失があったとみなされます。

  • クレジットカードを家族にわかりやすい場所に保管していた
  • 家族なら簡単にわかる暗証番号を使っていた
  • 保管場所や暗証番号について話したことがあった

 

家族に使われたら本人にもスキあり!?:

例えば、クレジットカードを入れた財布をポンとテーブルに置いたままお風呂に入ったり、暗証番号を入力する時に手元を見られていたり…など、家族にクレジットカードを勝手に利用されるスキを与えていたら、これはもう、本人の責任。…ということで、家族に勝手にクレジットカードを使われた場合、ほとんどのケースで本人に重大な過失があったとされて、盗難保険の補償を受けることはできないと思っておいた方がいいでしょう。

それに、もしも家族の勝手な利用まで保険適用の対象としてしまったら、家族で結託してだますこともできてしまいます。クレジットカード会社としては、これは困りますよね。その意味でも、認めてもらうのは難しいと思います。

とにかく大事なのは自分のクレジットカードはしっかり自分で管理すること。これはクレジットカードの利用規約にも書かれていることですし、もともと必要なことですが、金遣いが荒い家族やクレジットカードを無断使用してしまうような困った家族がいる方は、特にしっかりと管理することが大事です。それが家族間での要らぬトラブルを未然に防ぐことにつながりますよ。

子どもの場合は、どうなるのか?

落ち込んでいる暮角べんり君スマホのオンラインゲームでのアイテム購入の為に、親のクレジットカードを子どもが勝手に使ったという、いわば子どものカード犯罪がニュースを賑わわせたことがありましたよね。自分の子どもが黙ってクレジットカードを利用した場合は、どうなるのでしょうか?

この場合も、先ほどの説明と同じく、勝手に使われたこと自体の管理の甘さが問われるでしょう。さらに、未成年の子どもに関しては原則として親に監督責任がありますので、不正利用にはならず親に利用料金を支払う義務が生じます。

子どもにすれば、単にゲームのアイテム欲しさからしたことで、罪の意識はないかもしれません。でも、それが犯罪にあたるということは、早いうちから教えてあげるようにしたいところ。国際ブランド付きのデビットカードやプリペイドカードなど、子どもでも使える決済カードもあります。まずは、そういうものを持たせて、正しい使い方を教えて行くようにしたいですね。

とは言え、その前に親にも反省が必要かも…。そもそも、子どもに勝手に使われてしまうようなクレジットカードの管理をしていたのでは、一方的に子供を叱ることもできないですよね^^

クレジットカードの盗難保険について徹底まとめ

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。フリーターでも20歳以上なら申込可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動