メニュー

クレジットカードに関する知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードは、郵送による申込手続きをしないと作れない時代がありました。そんな記憶が強く残っている50代以上くらいの方の場合、今でも「新規のクレジットカードを作るのは面倒だ!」と思っている方も多いかもしれません。しかし、、最近ではクレジットカードは、(極端な表現でもなんでもなく)本当にすぐに作成可能です。

発行までのスピードが速いカードの場合には、申し込んだその日のうちに手にすることもできますよ。

クレジットカードの発行スピード別区分け:

100メートルに出走する暮角べんり君コンピュータの利用が進んできたことなどもあって、クレジットカードの発行スピードは、全体的に早くなってきています。とはいえ、手元に届くまでの時間は千差万別。これはクレジットカードを発行している会社のシステムや体制の差によるもので、届くのが遅いクレジットカードもあれば、申込日に入手できてしまうカードもあります。

即日発行

海外に持って行きたいなど、とにかく急いでクレジットカードを作りたいという事情がある方は、即日発行できるクレジットカードから選べば便利。自分で受け取りに行く必要がありますが、最短ではその日のうちに手に入ります。

その日のうちに作れるクレジットカード特集

スピード発行:

その日のうちに…というほどではないけれど、受け付けから発行までがスピーディなクレジットカードは、「スピード発行」などと言われます。何日までならスピード発行なのか…などという明確な区分けがあるわけではありませんが、機械審査などのシステムを整えて、スピーディに手続きを行うクレジットカードのことです。例えば、公式サイトで、「申し込んだ翌日に審査が完了」「最短3営業日内に発行」などと速さをアピールしているのが、スピード発行のクレジットカードです。

スピード発行可能なクレジットカード

通常発行:

それ以外のクレジットカードは、通常発行というカテゴリになります。通常という表現はやや曖昧ですが、手元に届くまでの期間は、大体2週間前後を目安にすればいいでしょう。それほど急いでいるのでなければ、通常発行のものも含めて選んだ方が選択肢は広くなります。遅い場合でも、昔のように1ヶ月以上もかかるなどと言うケースは今ではほとんどありません。

WEBからの申し込みが基本:

須田さいこちゃん(暮角べんり君の彼女)クレジットカードの申し込みは、もはやWEB申し込みが主流。申込内容がそのままデータとして送信されるので、事務処理もスムーズに行われます。今でも、紙の申込書でも受け付けているクレジットカードもありますが、少しでも早く手に入れたいなら、WEB申し込みがおすすめです。

郵送する時間を考えただけでも、その差は歴然ですよね。もしも、記入漏れがあったような場合には一旦返送され、また送り直す…などということになってしまいます。WEB申し込みなら、必須事項の記入漏れなどは送信前にチェックされますので、ミスも軽減できますよ。もちろん、入力ミスなどには自分で気を付けてくださいね。

クレジットカードは、解約も簡単:

クレジットカードは入会も簡単なら、解約も簡単。カード裏面にかかれている電話番号に連絡し、解約したいと伝えれば、ほとんどの場合、その場で解約することができます。「クレジットカードを作ったらなかなか解約させてもらえないんじゃないか?」などと言う心配は無用です。

クレジットカードを持つのがこわくて一歩目を踏み出すことが出来ないという方も、入会も解約も語句スムーズにできるということを頭において、新規カードを申し込んでみてくださいね。クレジットカードを持つのもまた、社会的なひとつの経験になると思います。

その日のうちに作れるクレジットカード特集

4月に入社するのだけれども、入社前にクレジットカードを作っておきたい!

そういう新社会人の方は多いですよね。しかしこの時、クレジットカードの申込の職業欄の記入をどうするべきか、正社員なのか大学生なのかで迷う…という方は多いと思います。ここはどうすればいいのでしょうか?

卒業前後なら、大学生でもあり、正社員でもある:

紋付袴姿の暮角べんり君この悩みを持っているのが大学wp卒業する3月頃であるならば、正社員でも大学生でも、どちらで申込をしても問題はありません。

確かに卒業はしたものの大学生のままであり、かつ、4月から採用が決まっているわけですから正社員でもある…と言えるため。クレジットカード発行会社としても、そこまで細かいことは気にしない…というのが率直なところでしょう。

在籍確認を考えると学生の身分で申込したほうが無難?

しかし、実際問題として、クレジットカードの審査では、「申込者は、実際ににその会社に勤めているのか?」という確認、いわゆる在籍確認が入ることがあります(すべての申込で在籍確認があるわけではありません)。しかし、4月入社の場合、申し込み時点ではまだ会社勤務もしていないため、こそれを考えると大学生の身分でクレジットカードを申し込んだ方が無難と考えることもできます。

卒業まで時間があるなら学生として申し込むのも有利:

採用は決まっているけど、まだ卒業までには時間がある…という場合は、審査難易度を考えると、学生の身分のままで申し込んだ方が審査に通りやすいというメリットもあります。学生の身分では申し込めない社会人向けクレジットカードもあるため、一概にどちらが良いとは言い切れませんが、それほど多くの利用限度額は必要ないというのであれば、学生のまま申し込んだほうがクレジットカードを入手しやすいでしょう。学生専用カードを手に入れれば、卒業後には一般のカードに切り替わるクレジットカードも多いので、社会人になった後もつかうことができます。

学生か社会人か?申し込みの比較:
職業の記載 メリット デメリット
学生として申込
  • 審査通過がしやすい
  • 在籍確認などが不要
  • 学生専用カードも作れる 
  • 社会人向けカードは作れない
  • 利用限度額が低いカードになる
  • キャッシングが使えない場合も 
正社員として申込
  • 社会人向けカードが作れる
  • ゴールドカードなども申込対象
  • キャッシングなども使える
  • 利用限度額が高い傾向に
  • 在籍確認が入る場合がある
  • 審査がやや通りにくいケースも

 

このようにどちらも一長一短なので、あとはみなさん自身でどちらが良いかは考えてみて下さい。もちろん4月になるまでカード作成は我慢して、社会人として申し込むという選択肢もあります。就職先が安定した企業や公務員などであれば、新入社員でも問題なく作れるクレジットカードもたくさんありますよ。

お得なクレジットカードを徹底紹介!

クレジットカードを利用して買い物をすると、どこまで足がつく…つまり、記録されてしまうのでしょうか?

家族に用途を知られないようにクレジットカードを使いたいという場合や、どこでお金を使っているか周りに把握されたくない…という方もいるかと思いますので、簡単に説明していこうと思います。

クレジットカード利用で記録される情報:

結論から言うと、クレジットカードで支払いをした場合に、記録される情報は次のようなものです。

クレジットカード会社が把握する利用情報:
記録されるもの 解説
利用日時 何時何分何秒にクレジットカードを利用したかどうかが記録されます。
利用場所 どこでクレジットカードを利用したか、加盟店名が記録されます。
利用金額 いくらの利用があったのかが記録されます。
利用したクレジットカード情報 どのクレジットカードを利用したかは当然ながら記録されます。
カード種別、カード番号、有効期限
支払い方法 一括払い、分割払い、リボ払いなどの支払い方法が記録されます。
あなたのサイン 購入の際にサインをした場合にはカード会社内で保管されます。

クレジットカード会社を利用すると、これらの情報が記録されます。日時と場所が記録されるのは状況によっては大きいため、例えば、あなたが居てはまずい場所にいる時にはクレジットカードは利用しないほうが無難かもしれません。

特にあなたが家族カードを利用している場合には、利用明細は親カードの持ち主のところに届きますし、その人がカード発行会社に問い合わせをすれば、利用情報は開示されてしまいます。利用を隠したい場合は、絶対に使わないようにしましょう。

ただし、何を購入したかまでは把握されない:

弁護士風の暮角べんり君2(当クレジットカードサイトのキャラクター)ただし、具体的に何を購入したかまではクレジットカード会社は把握のしようがありません。そのあたりの情報は、お店側に問い合わせなければわかりません。

つまり、例えばアダルトなものなど、家族にはバレたくない商品を購入したとしても、お店側に問い合わせをされない限りは足が付かないとも言えます(それでも、利用場所を手掛かりに根気よく辿っていけばわかってしまう可能性はあります)。

このようにクレジットカードは、ある意味足がつきやすい支払い方法なので、諸事情があって出費を隠したい場合の支払いは、現金払いにしておくのが安全かもしれませんね。

今よりもポイントが貯まりやすいクレジットカードを作ろう

クレジットカードを申し込んだら、一日でも早く欲しいもの。でも、なかなか手元にクレジットカードが届かない・・・なんてケースは結構ありますよね。そんな時はどうすればいいのでしょうか?

3週間くらいは待ってみよう!:

パワーポイントを使って説明をする暮角べんり君(当サイトのイメージキャラ)クレジットカードの発行スピードは、どんどん速くなってきています。即日発行や、スピード発行など、速さを売りにしたクレジットカードも増えています。とはいえ、まだまだ、手元に届くまでに2週間程度はかかるクレジットカードも少なくはありません。中には、3週間前後かかる場合もありますし、提携クレジットカードなどの中には、複数の会社がかかわるためなのか、発行まで一か月以上かかるものもあったりします。

もし、まだクレジットカードを申し込んでから3週間もたっていないのであれば、もう少し待ってみましょう。

おかしいと思ったら、問合せを:

いえいえ、もう1ヶ月以上が経過してしまっている!などという場合は、遠慮なくクレジットカード会社に問合せ(催促)の電話を入れると良いと思います。人為的なミスで発行が止まってしまっているなんてことも完全に0というわけではありませんので、積極的に確認をすることも時には大事です。クレジットカード会社も、そういう問い合わせには慣れているので、快く調べてくれるはずですよ。

不在配達の見落としにも注意:

ちなみに、クレジットカードは書留や本人指定の配達方法で届きます。ポストに投函はしてくれませんので、ポストに不在配達票が入っていなかったか?他の郵便物などに紛れていないか?念のため、そちらもよくチェックしてくださいね。これを見逃していた…というケースも案外ありますよ。

すぐにクレジットカードを使う用事がなくても、なかなか届かないカードにはイライラしてしまうもの。気持ちはわかりますが、これから何年も長くお世話になるカードですので、ぜひ、もう少し待ってみてくださいね。せっかちな方や、早く必要な理由がある方は、即日発行やスピード発行のクレジットカードに申し込むといいですよ。

即日発行できるクレジットカード特集

クレジットカード情報サイトの運営をしていると、友人や知人のクレジットカードを見せて貰うことが多いのですが、この時、裏面にサインがされていないクレジットカードを見つけることが結構あります。

もちろん、そういう時には、「サインをしておかないと怖いよ!」という話をするのですが、意外と気に留めていない人が多いのが現実。そこで、サイン忘れのこわさを、ここでも書いておこうと思います。

支払いの際にサインは使われなくなったが…:

達筆の暮角べんり君クレジットカードのサインは何のためにするかと言えば、本人であることの証のため。以前は、伝票のサインとクレジットカードのサインを店員さんが比較して、利用者が間違いなく本人だということを確認していました。

しかし最近のクレジットカードはICカードになっているので、暗証番号での認証が標準になってきました。それどころか、レジなどにサッと通すだけで、サインレス支払いができる場合すらあり、伝票にサインをする…なんていう機会はめっきり少なくなりました。私は、少なくともここ2年ほどの間を振り返ってみても、お店でカード裏面のサインを確認された、なんて記憶はありません。

このように、クレジットカードのサインは、今や忘れられた存在だとも言えます。

それでもサインは、とても重要:

支払いの際には使われることがなくなったクレジットカード裏面のサインですが、サインなしでのクレジットカードの利用は、実は非常に怖いもの。その理由は、クレジットカードを落として、誰かに悪用されてしまったような場合、サインがないことで盗難保険の対象外となってしまう可能性があるからなのです。

普通であれば、どんなに悪用されても被害額は保険でカバーしてもらうことが出来るのですが、「サインをしていない=他人がサインをして使いやすい」と見なされ、カード管理上の重大な過失と見られてしまうことがあるようなのです。クレジットカードの利用規約にも、サインをすべきことは必ず書かれていますので、そもそも利用規約違反となります。

軽い気持ちで、サインをしないままクレジットカードを使っている場合もあるかと思いますが、万が一のことを考えれば自殺行為。絶対にサインはしておくようにしてくださいね!サインについては、以下の解説も面白いですよ!

高収入で、しかも安定した公務員という、本来ならクレジットカード発行に何の問題もないはずのAさん。もちろん、毎月の利用代金もしっかり払っている…そんなAさんがクレジットカードを一切発行できない状況になってしまった、という話をきいたことがあります。

今日は、この話を、みなさんにもご紹介しようと思います。

まさかの年会費未払いが原因:

落ち込んでいる暮角べんり君なぜこんなことに…と、調べてみると、どうやらAさんは個人信用情報(クレジットヒストリー)が傷ついてしまっていた様子。いわゆる、ブラックリスト入りと言われる状態です。そりゃまずいということで調べてみると、その原因は意外なところにありました。なんと、使っていないクレジットカードによるものだったのです!

実はAさんは、1年ほど前に引っ越しをしていました。しかし、その問題のクレジットカードは、全く使っていないクレジットカードだったので、うっかりと住所や電話番号変更の届出を忘れており、しかも引き落としに指定した銀行口座も、もう使っていないものだったのです。

そのクレジットカードは運悪く、年会費がかかるものでした。もちろん、カード自体は使っていなくても、毎年の年会費はかかります。ところが、使っていない銀行口座には残高がなく、クレジットカード会社はAさんの年会費を引き落とすことができませんでした。しかも、連絡を取ろうにも登録は旧住所のままでつながらない…。そんな状態が何ヶ月か続いた結果、Aさんの個人信用情報は、「クレジットカードの代金を延滞した信用出来ない利用者」ということになってしまったようなのです。

クレジットカードが管理不足になりやすい時代:

1年分の年会費を払い忘れただけで、信用情報が著しく傷ついてしまうことになったAさん。泣くに泣けなかったのではないかと思います。しかし、これはさぞかし特殊な話なのかと思えば、実は、そうでもないらしいので注意が必要です。

クレジットカードの発行に以前よりも抵抗が無くなってきたため、一人で10枚以上ものクレジットカードを持っているなどという人も今ではザラ。その結果、管理不足になってしまうクレジットカードも多いようなのです。

しかも、利用明細書がWEB明細が主流になるなど、どんどん、利用者が注意していないと管理不足になってしまいがちな環境になってきています。毎月来ていた利用明細書がこなかったら、「あれ?最近、明細書が来てないな?」などと気づくきっかけになりますが、WEB明細は自分で見に行かなけば、放置されたままになります。今後は、もっと、そういう方向に進んでいくと思われます。

使わないクレジットカードに注意!できれば解約を:

解説する暮角べんり君あなたの場合はどうですか?すべてのカードを管理できていますか?万一、1枚でも管理が出来ていなかったら…、一歩間違えばAさんの仲間入りしてしまうことになるかもしれません。

対策としては、まずは、引っ越しなどをしたら必ず届け出ること。いまは、WEBサイトから簡単に手続きできますので、忘れないうちに変更しておきましょう(これをやらないと、クレジットカードの利用規約違反にもなってしまいます)。

あとは、やはり使わないクレジットカードはできる限り解約しておいた方がいいと思います!そうすれば、Aさんのようなうっかりを招くこともなく、セキュリティ上も安心です。

クレジットカードは必要なものだけに絞り、きちんと手元で管理する。当たり前のことですが、その大切さをあたらめて感じていただきたいので、Aさんの話をご紹介しました。基本を守れば、何もこわいものはありません!クレジットカードを毎日の暮らしに活用してくださいね!

クレジットカードのトラブル対処法一覧!

もしも、クレジットカードの支払いが滞ってししまったら…。怖いお兄さんの取り立てが来たり、ドアをガンガン蹴ったりするの?今でも、そう思っている方、結構多いみたいですね。テレビドラマなどの影響なのか、「取り立て=怖いお兄さん」というメージ、確かにありますね。でも、実際のところはどうなのでしょうか?

実際には怖いお兄さんなど来ない:

落ち込んでいる暮角べんり君結論から先にいってしまうと、クレジットカードの場合、自宅まで直接、取り立てにくることはまずありません。昔はドラマのようなこともあったのかもしれませんが、現在では取り立ては法律で厳しく規制されており、クレジットカード会社に限らず、激しい取り立てをする業者はいなくなりました。催促のための訪問や電話をしていい時間も制限されていますので、夜間に押しかけて来るなどということもありません。

クレジットカード会社の中には、支払いが遅れた人に電話などで催促する仕事をしている人たちがいます。実際には、うっかり口座残高不足になっていた…などという人がほとんどで、こういう場合は、電話のあとすぐに入金してもらって終わり…という感じのことが多いようです。

中には、長く支払いをしない延滞者、つまりうっかり忘れではなく、お金がなくて払えないもいますが、その場合も電話や手紙による催促がほとんどです。一定以上の期間催促しても支払ってもらえなかった場合は、クレジットカード会社は保証会社と契約していますので、保証会社から補償金を受け取り、債務は保証会社に引き継ぎます。

もしも、やって来るとしたら…:

電話や手紙ではらちが明かない…という場合、実際に催促にやってくる可能性はゼロではないかもしれません。ただし、クレジットカード会社の場合、もし来るとしても、白いワイシャツ&スーツ姿のビジネスマンという感じの方が多いと思われます。クレジットカード会社は金融会社なので、多くはメガバンクなどの銀行の関連会社だったりしますからね(ただし、サービサーと呼ばれる回収業者に取り立てを外注している場合などは、少し違うかもしれませんが…)。

もちろん、毎月クレジットカードを健全に利用し、支払い日までにきちんと口座に代金を入金している優良会員のところには、取り立てなどくるはずもありません。自宅に取り立てが来るとしたら、あなたが数ヶ月以上にわたって、支払いを怠った場合のみ。その場合は、多少怖い人が来たとしても、自業自得だと思わなければならないかもしれないですよ。

支払いが厳しい時は、相談しよう!

お願いポーズの暮角べんり君そんなことはないと思いますが、もしも、あなたが、クレジットカードの利用代金を支払えないような事態になったら…。ずるずると延滞しても、何もいいことはありません。延滞が長引けば、遅延損害金という利子のようなものがついてしまいますし、もちろん個人信用情報にも傷がついてしまいます。そうなるとクレジットカードをつくったり、ローンを組んだりもできなくなってしまいます。

さらには、催促されても払わない状態が続くと、最終的には裁判所に訴えられることになります。そうなったら、最悪、財産や給料の差し押さえ…ということになりかねません。

支払いが難しい場合でも「利子だけでも払っていく」「分割にしてもらう」などということが可能な場合もありますし、じっくり話し合えば減額に応じてもらえるかもしれません。支払おうとする姿勢を見せれば、相談にのってもらえる余地はありますので、くれぐれも放置せずに、まずは速めに相談してみましょう。

クレジットカードの基礎知識はこちらで学ぼう

学生時代からクレジットカードを持つ人も多い一方で、30代で初めてクレジットカードを作ることになったという人も決して珍しいわけではありません。しかし、少数派であることは確か。30代になって初めてクレジットカードを作るとしたら、その入会審査は突破できるのでしょうか?

今回は30代で初めてクレジットカードを作る方の審査難易度について書いてみたいと思います。

30代なら、決して遅くありません!:

弁護士風の暮角べんり君2(当クレジットカードサイトのキャラクター)まず安心してください。30代で初めてクレジットカードを作ること自体は、決して難しいことではありません。40代で初めて…ともなると少々ハードルが高くなりますが、30代なら、まだそれほど気にすることもありませんよ。迷っている暇があったら、いまのうちに、まずは1枚目のクレジットカードを手に入れましょう!

最初の1枚をつくってしっかり利用し、利用履歴を磨いていけば、ゴールドカードやプラチナカードにも手が届くようになりますよ。

住宅ローンや車のローンを組んだことがある場合:

過去に住宅ローンや車のローンを組んだことがあるという方は、基本的に30代であることを意識する必要性はありません。その返済履歴がしっかりとしているのであれば、いとも簡単にクレジットカードを作れると思います。

というのも、住宅ローンや車のローンを組んでいると、その利用歴に応じてクレジットヒストリーが構築されているため。クレジットカード会社は、それによって『過去の信用度』をチェックした上でカードを発行することができるので、問題なく審査通過できるのです。

過去にローンなどを一切組んだことがない方の場合:

住宅ローンや車のローンだけでなく、携帯電話やスマートフォンなどの端末の分割払い、バイク、着物のローンなどなど、ローンや分割払いを一度も利用したことがないという、完璧な現金主義の方の場合、30代で初めて作るクレジットカードの入会審査では、若干の厳しさがあるかもしれません。先ほどの方と違って、クレジットヒストリーが一切ないためです。

今の時代、30代にもなってクレジットヒストリーが一切ない方というのはごくごく稀。そのため、お金に関して過去に何かあったのではないかと疑われてしまうのです。しかも悪いことに、クレジットヒストリーが一切ないという状態は、過去に自己破産をした方などと区別がつかないのです。単に現金主義だった人と自己破産した人では天と地ほどの違いがありますが、個人情報機関の情報、つまりクレジットヒストリー上では、同じに見えてしまうのです。そのため、クレジットカード会社によっては、過去に一切の利用歴がない方の審査を厳しめにするケースがあります。

30代なら、ハンディは十分クリアできる:

とはいえ、全てのクレジットカード会社がそうだというわけではなく、30代ならまだまだハンディは小さいです。仮に、初めて申し込んだクレジットカードの審査に仮に落ちてしまったとしても、くじけずにもう1枚か2枚は申込をしてみてください。狙い目は、年会費無料のクレジットカード。パートやアルバイト、専業主婦でも申し込めるようなクレジットカードを狙うと、比較的容易に入手できるはずですよ。そうすれば、それが実績になって、徐徐にランクアップしていくことも可能になります!

クレジットカードを早めに経験しよう!:

30代でも40代でも50代でも、これまでクレジットカードを持ったことがないという現金主義の方はぜひ、食わず嫌いをせずにクレジットカードを持ってみて欲しいなあと思います。世の中は、どんどんキャッシュレス化していますし、オンラインショッピングや各種サービスの利用などで、クレジットカードがないと不便だったり、損してしまうシーンも増えています。

慣れてしまえばクレジットカードはきっと、あなたの生活をより豊かにしてくれるはずですよ(^^)

初めての方にお薦めのクレジットカード比較

クレジットカードには、必ずクレジットカード番号があります。カードの表面に浮き出すような文字で表示されていて、ネットショッピングの時には、それをみて入力しますよね。

ちなみに、あなたの持っているクレジットカードの番号は何桁になっていますか?今日は、クレジットカードの桁数について、書いてみますね。

標準的な桁数は16桁だけど…:

クレジットカード番号は、一定のルールに基づいて生成されています。桁数も決まっていて、日本国内で発行されるクレジットカード番号の桁数は、多くの場合16桁になっています。

しかし、一部には例外的なものもあり、アメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブがそれ。アメックス発行のカードは15桁、ダイナースでは14桁の番号になっています。

日本で発行されるクレジットカードの桁数:
カードブランド 番号の桁数
ビザカード 16桁(4桁×4)
マスターカード 16桁(4桁×4)
JCBカード 16桁(4桁×4)
アメリカン・エキスプレスカード 15桁(4桁-6桁-5桁)
ダイナースカード

14桁(4桁-6桁-4桁

本当は、統一されていたら便利なんですけど、それぞれに経緯もあり、既に発行されたクレジットカードもたくさんあるので、なかなか難しいようですね。アメックスやダイナースのクレジットカードを持っている方は、ちょっと番号が特殊なんだということを頭に入れておいてくださいね。

通販サイトでの番号入力での注意:

解説する暮角べんり君番号の桁数の違いで、何か具体的な問題があるのか?ということですが、一番あるのはネットショッピングでのクレジットカード番号入力でしょうか。最近は、どんな桁数でも大丈夫なようにシステム側の対応が進んでいますが、今でもカード番号が16桁の前提でシステム化されているサイトもあります。

そのようなサイトで、アメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカードの番号を入力すると、桁数が足りないため、チェックにかかってエラーになることも…。そのような場合にはクレジットカード番号の先頭に0や00を足して、16ケタにして入力してみてくださいね。

この他にも、クレジットカード番号には、いろいろな意味やルールがあります。興味がある方は以下の基礎知識の読んでみてください。知らなくてもクレジットカードの利用に差し支えはありませんが、知っていると、ちょっとカード通の気分になれて、もっと楽しくクレジットカードを使うことができますよ!

クレジットカード番号を徹底分析!カードによって桁数は違う

職業が『家事手伝い』という方は、果たしてクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?結論から先にいってしまうと、職業が家事手伝いだという方の場合、クレジットカードを作るのはなかなか難しいと言えるでしょう。というのも、一般的に家事手伝いというと、(申し訳ないのですが)無職と同等に扱われることが多いためです。

それでも、なんとかクレジットカードを手にする方法はないものか…。現在の職業は家事手伝いだという方のために、そのあたりを簡単にまとめてみました。

クレジットカードを作るためには安定的な収入が必要:

警察官になった暮角べんり君お金には困ることがないような裕福な家庭に生まれた方でも、職業が家事手伝いということであれば、クレジットカードを作るのは簡単ではないでしょう。それはなぜかと言えば、クレジットカードを作るための重要な条件として、『安定的な収入があること』というものがあるため。

家事手伝いの場合、基本的には安定的な収入はないため、クレジットカードの審査基準をクリアできないのですね。

ただし、収入があれば大丈夫!:

ただし、家事手伝いは家事手伝いでも、『給料を得ながら、実家の家業を手伝っている』などという場合には、収入を申告すればクレジットカードを作れる場合があります。家業が会社組織であれば、社員やアルバイトとして給料ももらうようにすれば、家事手伝いではなく、会社員やアルバイトとしてクレジットカードに申し込めますよね。

また、年金や不動産収入があるという場合も、継続収入があるので、クレジットカードの申し込みは可能ですよ。年金生活者でも申し込めるクレジットカードなど、審査に通りやすそうなクレジットカードを上手く選んで申し込んでみてください。

家事手伝いのタイプいろいろ:
比較項目 状況 カードが作れるかどうか
家事手伝い 実家の家業の手伝いをしている 安定収入があるなら作成可能
不動産収入がある 安定収入があるなら作成可能
年金収入がある 安定収入があるなら作成可能
料理や洗濯を手伝っている 収入がないので難しい

 

一口に「家事手伝い」と言っても、状況はいろいろ。実家が事業を行っているわけではなく、単純に家事を手伝っているというだけなどという場合にはクレジットカードに申し込んでも審査に通るのは難しいでしょう。この場合は、親や配偶者などにお願いして家族カードをつくってもらいましょう!

家族カードが作れる年会費無料クレジットカード一覧!

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

お薦めクレジットカテゴリー

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

ピックアップ記事

一覧を見る

カテゴリー一覧

アーカイブズ

タグ一覧

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動