メニュー

クレジットカードに関する知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本発の国際ブランドであるJCBカード。日本ではこのJCBマークが付いたクレジットカードを持っている方が多いですよね。また、クレジットカードが使えるお店の多くで使え、広く普及しているカードになっています。

ところで、ひと言に「JCBカード」と言っても、大きく2種類があることをご存知ですか?これについて知らない方や誤解している方が意外と多いので、ちょっとまとめてみたいと思います。

これからJCBカードを作ろうと考えている方も多いはずなので、カード選びの参考にしてもらえるとうれしいです。

JCBカードには2つの種類がある:

須田さいこちゃん(暮角べんり君の彼女)一般的には、JCBマークが付いたクレジットカードのことを「JCBカード」と呼んでいることが多いですよね?でも、実はそれらには2つの種類が存在しています。

普段はあまり区別しないで使われているのですが、このどちらなのかによって、サービスやメリットなどの違いがあります。新しくJCBブランドのクレジットカードをつくりたい時には、自分に合ったJCBカードはどれなのかを調べるためにも、まずこの2種類の違いを把握しておくと役立ちますよ。

ということで、わかりやすくするために、まずは簡単に表にまとめてみました。

JCBカードの2つの種類とは:
JCBカードの種類 発行会社 解説

本家JCBカード
(プロパーカード)

株式会社ジェーシービー 株式会社ジェーシービー自身が発行するJCBカード。国際ブランドを運営するジェーシービーが、自ら発行会社となって発行する、いわば本家発行のクレジットカードで、「プロパーカード」と言われます。
JCB提携カード 楽天カードライフカードセゾンカードMUFGカードなど
多くのクレジットカード発行会社
株式会社ジェーシービーから国際ブランドで・JCBのライセンスを受け、他のクレジットカード会社が発行する、JCBブランド付きのクレジットカード。クレジットカード会社ごとに、様々なサービスや特徴をもたせたカードを発行。ポイントがお得なものなども多い。

まとめると、一口にJCBカードと言っても2つの種類があり、プロパーカードと提携カードでは、カードの特徴が変わってくるということですね。

■混同が多い理由:
ここまで読んでいただけばもうお分かりとは思いますが、株式会社ジェーシービーは、「国際ブランドを運営する会社」であると同時に、「自らクレジットカードを発行するクレジットカード発行会社」でもある、という2つの機能を持っています。このことを理解していないと、混同が起きがち。ここを押さえておくことはこれからのカード選びにも役立つと思いますので、この機会に頭に入れておいてくださいね。

【参考情報】国際ブランドについてよくわからない方は、この機会に抑えてしまいましょう!
クレジットカードの国際ブランドを徹底解説!

ということで、次に気になるのは、この2つの違いですよね。ごくざっくり言うと、本家発行という安心感やブランドイメージを重視して長く使いたいならプロパーカード、ユニークなサービスやメリット、お得さを求めるなら提携カードがおすすめです。以下に、それぞれについて説明して行きますね。

 

本家発行JCBカードのいいところ:

まずは、本家である株式会社ジェーシービー発行のJCBカードから始めましょう。

特定の企業との提携カードのように企業色がないので、どこでカードを出しても使いやすく、オーソドックスで安定感のあるクレジットカードが多くなっています。提携カードなどに比べると、カードが発行中止になるなどといったリスクも少なく、安心して長く使えると思います。また、一般カード→ゴールドカード→プラチナカードなど、ラインアップも充実していますので、プロパーのステータスカードを持ちたいと考えている方は、JCB一般カードなどのプロパーカードから始めて利用実績を積むのがおすすめです。

とはいえ、ジェーシービーでも非常に多くのJCBカードを発行していますので、女性向きのクレジットカードや、日々の買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカード、航空会社のマイルが貯まるクレジットカード、リボ払い専用クレジットカード会社など、特徴あるクレジットカードも用意されています。みなさん、ぴったりのJCBカードを探してみてください。

株式会社ジェーシービー発行のJCBカード特集

JCB提携カードは、まさに個性様々!:

一方のJCB提携カードの種類は多種多様。個性も様々です。お得さの面だけをとっても、非常にお得なJCB提携カードもあれば、あまりお得とは言えないJCB提携カードも存在。ここまでお読みくださった方はもう十分お分かりだと思いますが、これは、その提携カードを発行しているクレジットカード会社のサービス内容に依存してしまうためなんですね。

提携カードのポイントサービスには、JCBのOkiDokiポイントプログラムではなく、各クレジットカード会社が運営するポイントプログラムが適用されます。また、会員向けのWEBサービスやスマホアプリ、問い合わせの際のコールセンターなども各クレジットカード会社が運営するものになります。もちろん、入会審査やカードの発行も、基本的には各クレジットカード会社で行われます。

楽天カード、ライフカード、セゾンカードなどなど、本当にたくさんのクレジットカード会社がJCB提携クレジットカードを発行しています。今回は個別の紹介はしませんが、よかったら下記で検索してみてくださいね。

お得なJCBカードを探してみよう

etc_s車を運転することが出来る運転免許証の取得は満18才から。そのため、すでに働かれている18才の方はもちろん、高校在学中に就職のことを考えて運転免許を取得する方もいらっしゃいますよね。

これらの方が無事に運転免許を取得できた時に考えるのが「ETCカードって作れるの?」ということではないでしょうか。18才の時点で免許を取ったら、ETCカードが作れるかどうか…、今回はそれを簡単にまとめてみますね。

18歳でもETCカードがつくれるかは状況次第:

スポーツカーに乗っている暮角べんり君結論から先にいってしまうと、高校生以外の18才なら、ETCカードは作成可能です。ETCカードは、クレジットカードに付帯するカードなので、まずはクレジットカードがつくれるかどうかがポイント。そのクレジットカードに申し込めるのは、「高校生を除く18歳以上」となっているので、ETCカードが作れるかどうかもそれに準じることになります。

つまり、18才は18才でも、高校在学中の人はETCカードは作れません。

18歳のETCカードの作成可否:
18歳時の状況 作成可否 解説 
18歳(社会人) 中学校卒業と同時に就職した場合や、高校中退後に就職した場合などはETCカード作成可能。もちろん、高校卒業後に就職した場合も可能。
18歳(アルバイト) 中学卒業と同時にフリーターになった場合など、高校に在学せずアルバイトをしているような場合。アルバイトでも申し込めるクレジットカードもあるのでETCカード作成可能。
18歳(大学生・専門学校生) 18歳でも大学生であればクレジットカードに申し込めるのでETCカードも作成可能。学生専用カードなどもある、外学生はクレジットカードをつりやすい。
18歳(高専生) クレジットカード会社によって判断がわかれるところ。稀に作れる場合もある。
18歳(高校生) 高校生はクレジットカードを持てないので、基本的にはETCカードも作れない(家族カード付帯のETCカートの場合にはわずかに可能性アリ)。 

 

18歳は、親権者の同意が必要:

但し、どのようなケースであっても、未成年者がクレジットカードを作る場合には親権者(両親など)の同意(承諾)が必要になります。これは、民法に「未成年が結んだ契約は親権者の申し出によって無効にすることができる」という規定があるため。これに関連する手続き上の理由で、未成年は社会人となって働いていたとしても基本的には同意が必要なのです。

ETCカードが欲しいからと言って、自分で勝手にクレジットカードを作ることはできませんので、ETCカードが欲しいのであればまずは親に相談してみてくださいね。

クレジットカード不要で持てるETCカードもある!?:

クレジットカードをつくらなくても持てるETCカードとしては、「ETCパーソナルカード」があります。クレジットカードを持たない代わりに、デポジットと呼ばれる保証金を預けて発行するカードで、これなら、親権者の同意があれば16歳以上から申し込みができます。発行するのは高速道路運営会社6社が共同で発行している(詳しくはETC総合情報ポータルサイトで)。

どれくらい高速道路を利用するかにもよるのですが、デポジットは4万円から6万円程度必要。解約時には返金されますが、それまではずっと預けておくかたちになります。あくまでも保証金ですので、高速道路の利用料金がそこから支払われるわけではありません。利用料金は、カードの申し込み時に指定した金融機関の口座からの引き落としになります。

保証金さえ払えば審査はありませんので、クレジットカードに申し込めない人や審査に通らない人、クレジットカードが必要ない人には便利なカードです。

お薦めのETCカード一覧!

トヨタや日産などの自動車メーカーなどの工場で、契約社員として働くいわゆる期間工。この期間工がクレジットカードを申し込む場合の、審査難易度はどのくらいなのでしょうか?

期間工であってもクレジットカードの申込は可能:

レスキュー隊員になった暮角べんり君契約期間は限られていますが、その間は給料という安定収入がありますので、期間工の方もクレジットカードに申し込むことはできます。基本的には、アルバイトやパートなどと差はありません。

それに、期間工って意外と給料が高いんですよね。手当や報奨金制度なども充実していて好待遇。さらには、正社員への登用制度なども用意されているので、審査における期間工の評価は意外と高いとも言われています(クレジットカード会社は審査基準を公表していませんので、あくまでも推測ですが)。気にせず、クレジットカードに申し込んで大丈夫ですよ。

まずは、年会費無料クレジットカードから:

とはいえ、大手企業の正社員や公務員などと比べると、信頼度は低くなってしまいます。たとえ高年収であったとしても、これはまぁ、仕方ないところですね。期間工でクレジットカードを持ちたいという場合は、審査に通りやすいクレジットカードを、しっかり選んで、確実に手に入れましょう!

特にねらい目なのは、パートやアルバイトでも申し込み可となっているような年会費無料のクレジットカード。これらであれば、ほぼ問題なく審査通過できるはずです。そのカードをしっかり使って実績を積んでいけば、クレジットヒストリーができていくので、低年会費ゴールドカードくらいは申し込めるようになるかもしれませんよ!

年会費無料で作れるおすすめクレジットカードはこれ!

ここ数年で、各クレジットカード会社は、郵送による紙の利用明細書送付から、インターネット利用明細書(WEB明細書)の閲覧のみへの切り替えを積極的に推し進めてきました。

明細書の印刷や郵送といった経費を削減して、利用者が自分からネットに接続して見てくれると助かる…というのがその理由でしょう。でも、あまりにも性急にこの動きを推し進めてしまっているため、一部で弊害が出てしまっているのも事実。今回はそのことについて書いていってみたいと思います。

利用明細書がいつの間にか、ネットのみになるケースとは?

経費削減のためにも、利用者にインターネット明細を利用してほしい。クレジットカード会社というのは意外と薄利の商売なので、その気持ちはよくわかりますし、利用者もよく理解して、自分の選択としてネット明細への切り替えを進めるのであれば問題ないと思います。しかし、「知らないうちに利用明細書がネット明細のみになっていたんていうこともあるようなので、くれぐれもご注意ください。

ネットサービスを、いつの間にか切り替えられていた:

キックをしているベンリスター自分が持っているクレジットカードの利用履歴や利用可能残高を調べようと、ウェブサービスにログインしたら、「いつの間にか利用明細書が郵送ではなくネットのみに切り替えられていた」というケース。これは割と多いようです。

もちろん、クレジットカード会社が、本人の了承なく勝手にそうしたわけではありません。実際には、ログインした際にWEB明細書への切り替えをお願いする画面が表示されているのですが、長々とかかれた利用規約などを読む方は稀なために、はっきりと理解しないまま「Yes」と承認してしまうようなんですよね。

実は、私もある人気クレジットカードの会員ページで同様の経験をしたことがあります(数カ月間、利用明細書が郵送で届かなくて問い合わせた)。まあ、本人もいい加減だと言えなくもないのですが、もう少しわかりやすくしてほしいと思いますね。

利用明細書は郵送をしないクレジットカードだと知らなかった:

最近では、郵送による利用明細書送付を一切行わないというクレジットカードも増えています。

そういったクレジットカードを申し込む際に、『WEB明細のみだ』ということを認識した上で申し込むのであれば問題ないのですが、そういったことを知らずに、郵送で送られてくるはずの利用明細書を待ち続けてしまう…などというケースもちらほら。本来であればクレジットカード会社はもっと、「ネット明細にしか対応していません」ということをアピールすべきなのに…と、ここは残念に思います。

このようなクレジットカードの場合、カードをつくってから気が付いても、郵送の明細書発行は有料だったり、そもそも郵送に切り替えることができないこともあるのでくれぐれも申し込む前にご注意ください。

キャンペーンに申し込んだらいつの間にか…:

その他に多いのはコレだと思います。『インターネット利用明細書切り替えキャンペーン』などといったキャンペーンに、内容をよく理解しないまま登録してしまい、結果として利用明細書がネット明細のみになってしまうというケースです。

これも、本院の確認不足でもあるのですが、キャンペーンに複数の条件がせてちされていたりして、キャンペーンに申し込むだけで自動的にWEB明細書に切り替えられるということが分かりにくい場合があります。

キャンペーン好きの方はとにかくどんなキャンペーンでも申し込むのではなく、キャンペーン申込み条件くらいは細かく目を通すようにしてくださいね。

利用明細書がWEB明細だけになることの危険性:

解説する暮角べんり君自分の持っているクレジットカードの利用明細書はインターネットでしか確認できないということが、本人にしっかりとわかっていれば問題はありません。しかし、本人が意識しないまま、郵送からネット明細に切り替わってしまっている場合には、利用者がそれに気付くのに3~4ヶ月かかってしまうことも多いと思います。

こういう時、一番問題になるのがクレジットカードの不正利用。3~4ヶ月もの間、自分のカードの利用履歴を確認していない状態になると、その間に万が一不正利用があったとしても発覚が遅れてしまい、結果的に盗難保険の対象外になってしまうような悲惨なケースも起きないとは限りません。

また、紙の明細なら毎月届くことで確認するきかっけになりますが、WEB明細書は自分から見に行かない限り、見ないまま。チェックがおろそかになりがちだという課題もあります。このようなことも含めて、クレジットカード会社は、切り替えを促進するなら、それによってどのような弊害が発生しうるのかを、もう少しわかりやすく利用者に紹介すべきだと私は思っています。

『最近、利用明細書が届いていないかも?』という場合には、会員向けページにログインするか、サポートセンターに電話するなどして、自分の明細書送付方法がどうなっているか確認してみてくださいね。

クレジットカードの盗難保険についてはこちらで

あなたはクレジットカードを何枚持っていますか?
魅力的な新しいクレジットカードはどんどん出てくるし、デパートやスポーツクラブなどで勧められることも多いですよね。

そこでよくあるのが、

「クレジットカードって、何枚くらい持つのが適切なの?」

という疑問。今回は、これについて考えてみましょう!

タイプ別に考えるクレジットカードの適正枚数:

クレジットカードの適正枚数は、最終的にはライフスタイル次第、人それぞれなのですが、タイプ別に目安についてまとめてみました。

少しでも節約したい派の場合:

ちょっとでも家計を節約したいという場合は、節約効果が明確なクレジットカードを選びましょう。

  • いつも行くスーパーで割引が受けられる
  • ガソリン代が割引になる
  • よく利用するネットショッピングサイトでお得な特典がある
  • 電子マネーへのチャージでもポイントが付く

 

などという感じです。

この場合、日常的によく利用するものであれば、クレジットカードの枚数はある程度増えてもいいと思います。5~6枚くらいまでは許容範囲だと考えてもいいでしょう。

ただし、基本的には年会費無料のものを。有料の場合でも、ポイントや割引で確実に元が取れるものを選びましょう。年会費がかさんで、割引以上の大きな出費になってしまった…などということになったのでは意味がありませんからね^^。

ポイントを貯めたい派の場合:

多くのカードを並行して使うと、ポイントが分散してしまいます。そうなると、有効期限切れなどで無駄になるポイントが発生しがち。できる限りポイントを集約するのが鉄則です。究極的には、どこで使ってもポイントが貯まりやすいクレジットカード1枚に絞り込むのが理想ですが、現実的に言えば3枚くらいまでに押さえたいところです。

共通ポイントやポイント交換を活用:

最近はTポイントやPonta、楽天ポイントなどの共通ポイントが貯まるクレジットカードや、貯まったポイントを共通ポイントに交換できるようになっているクレジットカードも増えています。複数のクレジットカードを持つ場合は、最終的にどのポイントに集約するのがいいかを考えるといいでしょう。電子マネーもよく利用する方は、そのポイントも含めて有効な組み合わせを考えてみてください!

サービス重視派の場合:

節約やポイントよりも「サービスの質」を重視したいという場合は、ずばり、1枚のクレジットカードに絞り込むのがおすすめ。メインとする1つのカードを決めて集中的に使い、一般カードからゴールドカード、プラチナカードとグレードアップして行けば、カード会社からの信用も高まりVIP扱いを受けられます。その結果、より気持ちよく上質なサービスを受けることができるでしょう。

ステータスカードをつくってサービスを享受したい方は、できることならメインカード1枚に利用を絞るのがおすすめ。年会費10,000円のカードを3枚持つより、年会費 30,000円のカードを1枚持つ方がサービスの質は高まるはずです。

グローバル派の場合:

海外で使うなら、クレジットカードは最低2枚は持ちたいもの。万一カードが使えなくなってしまった場合などに、海外ではすぐに対応が取れないこともあるので1枚だけでは不安です。

また、特定の国際ブランドしか使えない場所もあるので、VISAとMastercardなど別ブランドのクレジットカードを持っておいた方が便利です。できれば、1枚はゴールドカード以上のクレジットカードを1枚は持って行くようにしたいところ。海外ではゴールドカードの信用力が高いので、ホテルなどの手続きがスムーズに行えます。

せっかく国際線を利用するなら、マイルが貯まる航空会社系のクレジットカードを持ってもいいかもしれませんね。

 

以上、タイプ別に適正枚数の目安を書いてみました。もっと詳しいことは、以下の記事でわかりやすく解説しています。この機会に、ぜひぜひ、読んでみてください。

■合わせて読もう!
クレジットカードの適性枚数は何枚?所有枚数の理想について
・クレジットカードの適正枚数とは?
・保有枚数と、メインカードとサブカード
・現在の保有枚数別アドバイス
・適正枚数を維持するコツとは?
・私のクレジットカード保有枚数

あなたに合ったクレジットカードを探そう!

新しいクレジットカードを受け取ったら、真っ先にするべきこと。
それがカード裏面へのサインです。

この時に使うペンは、何が良いのでしょうか?

特に初めてクレジットカードを手にした方は、その辺にあるペンを適当に使ってしまったために、失敗してしまうことがあります。クレジットカードの書名欄は、意外と狭く、その上、表面がツルツルしているので、文字を書くのは意外と難しいんですよね。

クレジットカードへのサインは、紙に書くのとは勝手が違うので慎重に。

もしも汚れて読めなくなってしまったりすると、再発行してもらわなくてはならなくなりますよ!そういう事態を防ぐためにも適切なペンを用意しましょう。

基本は太めの油性ボールペンで:

達筆の暮角べんり君裏面のサインをする時には、基本的には油性のボールペンがおすすめです。油性ペンで書いた文字は、数年以上にわたって使いつづけてもなかなか消えないので、基本的には次のカードの更新まで大丈夫。油性、さすがです!

ただ、細いボールペンだと弱々しい文字になってしまうので、太めのボールペンを選びましょう。0.9ミリ、1.0ミリなどがおすすめです。これなら、書く時にも手ごたえがあって、しっかりと書けますよ。

サインペンを使う時は、細いものを:

油性ならサインペンでもいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、あまりお薦めできません。太過ぎて字が読みにくくなったり、ひどい場合は、サイン欄が黒く塗りつぶされてしまうなどというケースもあります。黒の量が多いために、擦れて滲んでしまうのです。しっかり書ける分、しっかりと汚れていってしまうのですね。このようなトラブルを防ぐために、サインペンを使う場合は必ず極細のものを選びましょう。

水性ペンはNG:

絶対に使ってはいけないのは水性のペン!水性ペンでサインをしてしまうと、乾くまでに時間がかかります。その前に財布に入れたり、うっかり触ってしまうとサイン欄が汚れて文字が読めなくなることがあります。実は私も過去に再発行に至った経験がありますが、悲惨な状態になりかねません。

時間を置いてよくか乾かせば一応は定着しますが、クレジットカードは、カードケースから出し入れしたり、店員さんに渡してPOSレジや読み取り機に通したりするもの。長い間、それを繰り返していると、徐々に文字が薄くなってしまいます。

…ということで、結論として、クレジットカードのサインには太めの油性ボールペン、もしくは極細のサインペンがおすすめです。

参考:サインの役割とは?

サインの本来の役割は、支払いの際に店員さんが伝票のサインと照合して、カードを使っているのが本人であることを確認するためのもの。でも最近は、暗証番号での認証が主流になったので、サインを求められることはあまりないですよね。それでも、「サインなんて要らないのでは?」と思ってはいけませんよ。

これは、クレジットカード利用規約に必ず書かれていることですが、サインが書かれていないクレジットカードは利用できないことになっています。規約違反をすると、万一、不正使用に遭った場合などに、保険適用が受けられないこともあります。必ずクレジットカードにはサインをしておきましょう!

サインについては、よかったら以下の解説も参考にしてくださいね!いろいろわかりやすく説明しています。

■合わせて読もう
クレジットカードのサインを徹底解説!ローマ字か漢字か?
・クレジットカードのサインの目的
・サインの決まりや表現の自由度
・海外での利用を考えたサインとは?
・これからはサインレスの時代

今よりもお得なクレジットカードを探そう!

サインレス決済の長所と短所を徹底検証

最近では、珍しくなくなってきたクレジットカードのサインレス決済。コンビニやスーパーなどでは、当たり前になってきていますよね。スピーディに支払いができるので、私たちにとってもうれしい話なのですが、「サインも暗証番号の入力もなしにクレジットカードを利用して大丈夫なの?」と疑問に感じる方も多いようです。

そこで、サインレス決済の長所と短所についてまとめてみようと思います。

サインレス決済の長所と短所:

サインレス決済の長所は

サインレス決済の長所は、言うまでもなく会計のスピーディーさ。これに尽きます。

サインレスでクレジットカードを利用することができるお店は、煩わしいサインの記入や暗証番号の入力が不要になるので、処理時間が速いだけでなく、荷物をたくさん持っている時などでも快適ですよね。特に、少額利用でサインの記入を求められると、うんざりすることもあると思います。私は、サインレスでクレジットカード払いができないお店では、電子マネーを使うようにしています。

あと、これもスピーディーさの一部ですが、支払いの列ができている時などに自分の支払いに時間がかかると、次の人を待たせているのが気になってしまいませんか?その点でも、キャッシュレスだとプレッシャーが軽くなりますね。

サインレス決済の短所は?

落ち込んでいる暮角べんり君便利な反面、サインレス決済の最大の短所は悪用されやすいということ。

サインレス決済を導入しているお店でクレジットカードを使ってみるとわかりますが、裏面のサイン欄を確認することもなく、機械的にレジにクレジットカードを通して、出てきたレシートとともにクレジットカードを返却するだけ…という対応が多いと思います。

そう、これってまったく防犯体制がない状態に近いんですよね。拾ったクレジットカードでも、どこかから盗んだクレジットカードでもサインレス決済を導入しているお店では簡単に使えてしまう。多分、女性名義のクレジットカードを男性が使ってもわからないんじゃないでしょうか。結果的に、自分のクレジットカードが知らない誰かに使われてしまう…などという被害につながる確率は高くなります。

悪用対策はあるの?

根本的に、サインレス決済の悪用を防ぐ手段は、今のところないと思います。多くの人にクレジットカードをどんどん使ってもらうためには便利さを提供することが必要なので、多少のリスクは覚悟の上…ということでしょうか。

しかし、クレジットカード会は、何も対策を講じていないかといえばそうではありません。サインレス決済は、どの加盟店にも認めているわけではなく、

・サインレス決済で買い物ができる金額の上限を低めに設けている。
・サインレス決済が使えるお店には防犯カメラなどの設備を求める。

などの点を、事前に協議・確認したうえで加盟店とサインレス決済の契約を結んでいます。たとえ悪用されたとしても、被害を最小限に抑えられるようにしているわけですね。

実際、サインレス決済が使えるお店でも、高額の買い物をしようとするとサインを求められることがあります。

コンビニでもサインを求められるケースがある?
これは聞いた話でしかありませんがコンビニでもこれは同様で、ある一定以上の買い物をクレジットカード払いで行おうとするとサインを求められるケースがあるようです。私は、コンビニでそこまでの買い物をした経験はありませんが、いつもなサインレスのスーパーマーケットで高額の買い物をした時に、サインを求められたことがあります。

毎月の利用明細書は必ず確認を:

経理作業をする暮角べんり君(当サイトのメインキャラ)自分のクレジットカードを、サインレス決済の悪用から守る方法は1つだけしかありません。それは毎月毎月、きちんと利用明細書をチェックするということ。

クレジットカードには盗難保険という名前の保険がついており、万が一、盗難や紛失などによって、あなたのクレジットカードがあなたの知らないところで勝手に使われてしまったとしても、その損害金額を負担する必要はありません。しかしその保険の適用うぃ受けるためには、『これは自分が行った買い物ではない』ということに、自分自身で気づく必要があります。見逃して一定期間を過ぎてしまうと、保険適用を受けることはできなくなってしまいますので、利用明細書の確認が必須になるのですね。

クレジットカードを持ったなら、利用明細書を毎月しっかりとチェックすること。これだけは絶対に忘れないようにしましょう!

クレジットカードの基礎知識をもっと身につけよう!

学生でも持てるクレジットカードが学生専用クレジットカード。その名からもわかるように、まさに学生のために作られたクレジットカードなので、大学生はもちろん、専門学生や短大生でも作成可能なのが特徴です。特典も充実していることが多いので、学生の間にぜひフル活用して欲しいと思います。

しかし、いざその申込をしようとした時に、よく迷うのが『年収欄』という項目。一体どのように記載すれば良いのか、迷ってしまいますよね。なにせ大学生なのですから、アルバイトなどはしていたとしても、年収でいうと微々たるもの…という場合が多いためです。

学生がクレジットカード申込する場合の年収欄の書き方:

年収はゼロ円でも問題なし!

読書中の暮角べんり君(当カードサイトのキャラクター)学生がクレジットカード申込する場合の年収欄の書き方、これはもう『0円』で構いません。月間数万円程度のアルバイト料があるという場合でも、学生専用クレジットカードの申込であれば、0円でも審査に通るためです。堂々と0円と書いてしまいましょう。

学生専用カード以外の場合は?

学生専用クレジットカード以外にも、「学生も申し込み可」となっているクレジットカードはあります。そういう場合も、年収ゼロで申し込んでみても大丈夫かもしれません。学生は収入がないことは分かり切っていますし、その場合は、親の年収などを記載することになるはずです

また、「学生可」とはなっていなくても、「アルバイトやフリーターも申し込み可」というクレジットカードに申し込みたい場合は、職業を学生ではなくアルバイトやフリーターなどで申告し、その年収を記載すると良いでしょう。アルバイトでも月間数万円程度稼いでいる場合には、50万円~100万円程度の年収があるはずですよね(正直に申告しましょう)。

その年収で審査に通るかどうかはもちろんあなたの信用力次第。年収が低いのに、すでに他のクレジットカードをたくさん持っている…などとという場合には審査通過は難しいかもしれませんが、初めてのカードや2枚目のカードであれば、審査通過できる可能性はあると思います。

フリーターでも作れるクレジットカード特集

WEB申し込みなら大丈夫な場合が多い:

インターネットから学生専用クレジットカードを申し込む場合には、申込フォームが学生向けに対応しているため、職業欄で学生を選んだ場合には年収を聞いてこないようになっています(そもそも、学生に年収を聞く時点でナンセンスだからです)。紙の申込用紙を使って学生専用クレジットカードを申し込むと、なぜか年収欄があり、そうなると記入方法に悩むわけですよね。

紙での申込は、書き間違った時の訂正など、何かと面倒なので、学生の方はインターネット申込でスマートに学生カードの申込をしてみてくださいね。

 

ちなみに、大学生も早めにクレジットカードを持つことをおすすめしています!その理由は、こちらのコラムを読んでみてください。

おすすめの学生専用クレジットカード一覧

クレジットカードの利用限度額、あなたはどれくらい欲しいですか?

余裕を持って使いたいから「できるだけ高い方がいい」という方がいる一方で、誰かに盗まれた時が怖い等の理由で「低ければ低いほどいい」という方もいるのですね。このようなクレジットカード利用を怖いと思っている方からよくあるのが、利用限度額の下限についての質問。クレジットカードでは、いったいどのくらいまで限度額を引き下げることができるのでしょうか?

クレジットカード利用限度額の下限とは:

使ってもらわなければ利益が出ない、それがカード会社の立場:

スケートをする暮角べんり君クレジットカード会社の収入源は何でしょう?そう、加盟店からの手数料ですよね。つまり、会員が加盟店でクレジットカードをたくさん使ってくれるほど、クレジットカード会社の収益はアップ。だから、できるだけたくさん使って欲しいというのが本音なんですよね。せっかくクレジットカードを発行しても年に数万円程度しか使ってくれないような会員は、とても上客とは言えません。

利用限度額を極端に低くしてしまったのでは、クレジットカード会社にすれば、カードを発行する意味すらなくなってしまいます。利益にならないというばかりでなく、カードの発行や送付費用、会員用ページの提供などのサービスの経費で、赤字になってしまいかねません。そのようなこともあって、クレジットカードの利用限度額には下限が設けられています。

下限は10万円が、ひとつの目安:

気になるのは、その利用限度額の下限というのは「具体的にいくらなのか」ということでしょう。これはクレジットカード会社によってバラバラですし、公表されているわけではないので一概には言えませんが、多くが10万円を下限額として設定していると言われています。一部の審査がかなり緩やかな年会費無料カードや学生専用クレジットカードなどでは、5万円、3万円などといった下限を設定できる場合もありますが、これは例外的ケースと言えるでしょう。

利用者がクレジットカード会社に「限度額を3万円に設定してほしい!」お願いすれば特別に聞いてくれる場合もあるかもしれませんが、前述のようにカード発行会社にはメリットがあまりないため、断られてもダメ元だというくらいに思っておいた方がいいでしょう。

大きな声では言えませんが、本音で言うと、

「そんな下限以下の金額を設定するくらいなら、カード持ってもらわないほうがいい」

というところかもしれません。

クレジットカードは、きちんと管理すれば安心:

以上、下限について説明してきましたが、基本的には現金派でカードは少額だけしか使わないというなら、プリペイドカードやデビットカードでも十分。せっかくクレジットカードをつくるなら、ある程度の限度額があった方が便利ですよ。日本国内で発行されているクレジットカードには必ず盗難保険と呼ばれる保険が備わっているため、万一、カードを盗まれたりなくしたりして不正使用に遭ったとしても、その損害は保険で補償されます。利用明細の確認さえ怠らなければ、心配することはありません。

神経質になって利用限度額を下げることを考えるよりも、ゆとりある限度額で、毎月きちんと利用明細書を確認する習慣を守る方がクレジットカードを有効活用できるはずですよ。

年会費無料のクレジットカード会社一覧

キャッシングイメージクレジットカードには、ショッピング機能だけではなく、ATMなどでお金を借りることができるキャッシング機能がついています。では、消費者金融からお金を借りるのと、クレジットカードで借りるのとでは、何か違うのでしょうか?

今回はクレジットカードを使ったキャッシングと、消費者金融からのキャッシングにはどのような違いがあるのかをまとめてみたいと思います。ちょっとだけお金を借りたいなあ…などという時の参考にしてください。

クレジットカードと消費者金融、キャッシング機能に違いはある?:

まずは、クレジットカードを使ったキャッシングと消費者金融のキャッシングについて、基本項目をざっくりと比較してみましょう。

比較項目 クレジットカードを使ったキャッシング 消費者金融業者からのキャッシング
金利 15~18%程度の金利がかかることが多い。
ゴールドカードプラチナカード等を含むどのクレジットカードでもほぼ同じ
こちらも15~18%程度。
※上限金利である18%に近いことが多い。
※信用力が高い方は若干下がることも。
借入可能金額 上限100万円~150万円程度。
審査にもよるが30~50万円程度の場合も多く、まとまった金額を借りることは難しい。
上限500万円~800万円という場合もあるが、
一般には50万円程度が上限。借入金額を増やしたい場合は複数社からの借入が必要。
※おまとめローンなどの特別なケースは別
借入審査の難易度

消費者金融の借入審査と比べて若干厳しめ。
※年会費無料クレジットカードなどでは比較的緩やかな場合も

一般にはクレジットカードの入会審査よりも簡単。ただし、すでに借入金額が膨らんでいる方の審査突破は難しい。

発行カード 普通のクレジットカードなので、周りにはお金を借りていることがバレにくい 消費者金融発行のカードなので、一発で消費者金融を使っていることがバレる。
担保 担保不要 基本的に担保不要。
※不動産ローンなどを利用する場合には別。
保証人 保証人不要 大手なら基本的に保証人不要。
※準大手やちょっと怪しい消費者金融を利用する場合には保証人が必要なケースも。
利用可能な年齢 18歳から(未成年は親の同意が必要) 20歳から

このように比較すると、クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングには、年齢を除けば実質的にはほとんど差がないことが分かると思います。むしろ、大きな違いはイメージ的な部分。消費者金融でお金を借りていることはあまり周りに知られてたくない人が多いと思いますが、クレジットカードのキャッシングなら抵抗が少ないのではないでしょうか。

クレジットカードは、買い物の支払いなどに使うショッピング機能がメインで、キャッシングはいわばサブ的機能。キャッシング枠を申請すれば、1枚のクレジットカードで両方の機能が使えるので、周りの目を気にしなくてすみます。

サービスの違い、クレジットカードだけのメリットもある:

若者風な暮角べんり君基本的な機能ではあまり差がないクレジットカードと消費者金融のキャッシング。ただしサービス面は、多々異なります。消費者金融は貸金業でお金を貸すことがメイン業務なので、その部分では独自のサービスが見られます。例えば以下のようなものです。

  • スピード審査、即日融資
  • 30日間無利息融資などの商品化
  • 店頭や自動契約機での申し込み、借入
  • インターネットを利用した振込サービス

 

一方のクレジットカードのキャッシングには以下のようなメリットがあります

  • 海外でもキャッシングができる(現地通貨の引き出しが可能)
  • キャッシング利用でも、利用金額に応じてポイントが付与される

 

状況にもよりますし、一長一短という感じもしますが、ちょっとだけお金を借りたい時や、初めてキャッシングをする場合には、まずはクレジットカードを使ったキャッシングからスタートさせてみてはどうでしょうか。クレジットカードを作った時にキャッシング枠を付けなかった人は、後から追加申請して審査を受けることができますよ。

クレジットカードの基礎知識をもっと学ぶ

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

お薦めクレジットカテゴリー

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

ピックアップ記事

一覧を見る

カテゴリー一覧

アーカイブズ

タグ一覧

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動