メニュー

クレジットカードに関する知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードイメージ画像

イベント参加やプレゼントなどが多いシーズン。何かと出費もかさみがちですよね。皆さんの中には、クレジットカードが限度額いっぱいになって使えなくなってしまった…なんていう方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、クレジットカードの利用限度額オーバーについて書いてみようと思います。突然使えなくなっても慌てないように、最近ちょっと使い過ぎかな?と思う方は参考にしてみてくださいね^^

そもそも、利用限度額オーバーとは?:

暮角べんり君利用限度額については意外と誤解があるのですが、「そのカードを使って買い物ができる上限金額」のことです。

例えば以下は間違いです。クレジットカードではこのような設定はありません。

×1回の買い物で利用できる上限額
×1か月に利用できる上限額

利用限度額は、その人の信用度合いによって審査の際に決められます。ゴールドカード以上のランクの高いクレジットカードなら200万円以上など大きな枠が設定されますが、一般カードでは、多くの場合100万円程度が上限。年会費無料のクレジットカードになると、10万円~30万円くらいなんてこともよくあります。

そのような場合、頻繁にカード払いをしたり、ちょっとまとまった金額の利用をすると、すぐに上限に達してしまいます!これが「利用限度爆オーバー」という状態。残念ながら、もうそれ以上はそのクレジットカードは使えません。

利用限度額オーバーは突然やって来る:

利用限度額オーバーになると、いきなりそのカードは使えなくなります。決済時の認証でチェックされ、店員さんに「お客様、このカードは現在ご利用できなくなっています」なんて言われてしまうわけですね。そうなってしまったら、その場は、他のクレジットカードやプリペイドカードを使うか、現金で支払うしかありません。

ちなみに、限度額オーバーになること自体は、別に悪いことではありませんし恥ずかしいことでもありません。使い過ぎて枠が一体になってしまったというだけなので、もちろんペナルティになるようなこともありません。ただ、ちょっと不便ですよね。

こんなことにならないためには、WEB明細などで利用可能残高をチェックしておくようにするといいですよ。心配な場合は、電話すれば、クレジットカード会社でも教えてもらえます。

どうすればいいの?:

限度額オーバーになったクレジットカードは、次の支払日が来て支払いをした分だけリセットされ、利用可能枠が復活します。基本的には、それを待つことになります。

例えば利用限度額が30万円のクレジットカードを限度額いっぱいまで使ってしまった場合で、次の支払日の支払金額が15万円だった場合、それを支払えば15万円分の利用可能枠が空きます。

この場合、支払日からどれくたいててばリセットされるかはクレジットカードによって異なります。それについては、以下のQ&Aで詳しく説明していますので参考にしてください。

そこまで待てない…などという場合は、繰り上げ返済して一気に枠を空けてしまうこともできますよ。このあたりについては、以下の基礎知識に詳しくまとめていますので、よかったらぜひ参考に読んでみてくださいね。

頻繁に利用限度額オーバーになってしまう方は、クレジットカードをもう1枚持っておいてもいいかもしれません。そんな方は、以下のリックをクリックして探してみてくださいね~!

今よりもお得なクレジットカードを作ろう

個人信用情報機関という組織があって、そこに各人の個人信用情報が登録されているということは知っていても、実際に自分の情報がどのように登録されているのかは知らないという方、案外多いのではないでしょうか?

そこで今回は、個人信用情報機関に登録されている自分の情報を確認する方法について、説明してみたいと思います。すごくハードルが高いのでは?と億劫に感じる方も多いかもしれませんが、事務的に進めることができますよ。ぜひ自分の情報は、自分で管理しましょう!

あなたの個人信用情報はどこにある?:

クレジットカードをたくさん保有している暮角べんり君自分の個人信用情報は、誰でも請求して取り寄せることができます。信用情報機関に信用情報の「開示請求」をすればいいのです。自分の情報については知る権利があります!

現在、日本にある信用情報機関は3つ。パソコンやスマートフォン、郵送、窓口などで開示請求を行うことができます。以下のリンク先で、それぞれの最新情報を確認してみてください。

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シーアイシー(CIC)

どこまで開示請求すればいい?:

開示請求はそれぞれの個人信用情報機関あてに別々に行い、3つのうちのどれかあるいは複数に請求することができます。

クレジットカードに関する情報を確認したい場合は、まずはCICに開示請求をすればいいでしょう。CICは、クレジット会社の共同出資により設立された個人信用情報機関なので、ほとんどのクレジットカード会社が加盟しています。

その他、銀行系金融機関からのローンなどの情報はKSCに,消費者金融やローン会社での借り入れはJICCに開示請求をすることになります。それぞれ手数料がかかりますが、しっかりと自分の情報を確認するためには一度、全部の機関に開示請求をしてみることをおすすめします。

各機関への開示請求方法:

以下に、各個人信用情報機関への申し込み方法の概要をまとめておきます!詳細は、各リンク先で最新情報を確認してくださいね。

CICへの情報開示請求:
請求方法 手数料
インターネット(パソコン・スマートフォン) クレジットカード一括払い(1,000円)
郵送 ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)
窓口 500円(現金)

CICのインターネットによる開示請求は、パソコンやスマートフォンを使って開示請求を行い、画面上ですぐに開示報告書を確認できるので便利。ただし利用できるクレジットカードの種類が限定され、利用したクレジットカード会社に開示請求をしたことがわかります。一般には開示請求をしたこと自体はマイナスにはなりませんが、状況によって知られたくない場合には郵送などを利用しましょう。

CIC(情報開示請求に関する詳細情報ページ)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

全銀協への情報開示請求:
請求方法 手数料
郵送 ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)

KSCでは郵送のみでの受け付けになっています。

KSCへの個人信用情報開示請求に関する詳細
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

CICへの情報開示請求:
請求方法 手数料
スマートフォン クレジットカード(1,000円)
コンビニエンスストア(1,000円+手数料161円)
ペイジー対応ATM(1,000円+手数料161円)
オンラインバンキング(ペイジー)1,000円+手数料161円)
郵送 クレジットカード(1,000円)
ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)
窓口 500円(現金)

JICCでのスマートフォンでの請求は申し込みのみ。開示所書は書留で郵送されます。

JICCへの個人信用情報開示請求に関する詳細
http://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/index.html

個人信用情報の開示について、より詳しく知りたい方はぜひ、以下の情報もチェックしてみてくださいね。

ちなみに、自分の個人信用情報を見たことがないという方は、一度、自分自身で確認してみるのもおすすめです。個人信用情報の開示手続きは簡単に行えるので、ぜひ申し込みをしてみてください!自分の情報が、どのように管理されているかがよくわかりますよ。

クレジットカード入会審査時の信用照会とは?

クレジットカードイメージクレジットカードを使うなら「$マーク」(ドルマーク)を付けてくれるクレジットカードがいいよ…。そんな話を耳にしたことはありませんか?でも、「それ、何のこと?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなクレジットカード初心者の方のために、$マークについての基本的な説明をしてみたいと思います。

クレジットカード利用履歴はクレジットカード会社間で共有されている:

若者風な暮角べんり君まず、「その$マークって、どこに付くの?」という話ですが、これは個人信用情報機関に登録されるあなたのクレジットカード利用履歴の中です。

個人信用情報とには、かなり細かな情報が登録されていて、あなたが持っているクレジットカードの種類ごとに、過去2年間の利用や支払い状況が記録されているのです。この情報は、他のクレジットカード会社も見ることができるので、あなたがクレジットカードを使いちゃんと支払いをしているかどうか、延滞などをしていないかは一目瞭然なんですね。

情報は記号で記録されるようになっていて、例えば、クレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関であるCICでは以下のようなマークが使われます。

CICで使われる代表的マーク:
 マーク  意味
$ 期日どおり入金
A 未入金
P 一部だけ入金
- 請求も入金もない(利用がない)
空白 情報更新がない

これからわかるように、$マークは「利用代金の請求に対してちゃんと支払いがありました」という記号です。延滞してる場合は「A」がつきます。他にもいろいろな記号がありますが、これ以外は割と特殊なものなので、とりあえずはこれくらい知っていればいいでしょう。

利用履歴の記録の事例:

以下に紹介する画像は、CICのサイトで公開されている信用情報開示報告書の見方」というPDFファイルの一部を引用させてもらったもの。これがクレジットカードに関する利用履歴の書式です。

dallemark

 

一番下に、24か月分の記録があるのが分かりますよね。先ほど紹介した$やP、Aなどのマークがついています。この例の人の場合、最近5か月はAが続いているので、ここしばらく延滞しているということがわかりますよね。こうなると、要注意人物としてクレジットカード会社からの評価は厳しくなるでしょう。

「$」マークは、きちんと支払った印。信用も高くなる:

「$」は請求に対して期日どおりに入金したという証なので、「$」マークが毎月並んだクレヒスは、「よくクレジットカードを使いきちんと支払いもしている」という証だと言えます。支払い履歴は2年間保管されるため、ずらっと24個の「$」マークが並んだ状態がベストな状態です。

ちなみに、一日でも遅れたらAマークが付いてしまうのかと言えば、クレジットカード会社はそこまで厳しいわけではなくて、「うっかり入金するのを忘れていた」ということが一度や二度あっても、すぐに入金すれば、$マークを付けてもらえることがほとんどなので、心配はいりませんよ。

「$」をつけないクレジットカード会社もある!?

お医者さんになった暮角べんり君ここまで説明してきて、ちょっとアレなんですが、実は、きちんと支払いを行っても「$」は必ず付くとは限らないんです。「えーっ、なんで?」と思うかもしれませんが、「$」を付けるかどうかはクレジットカード会社次第なんですね。残念なことなんですが、きちんと毎月記載してくれるクレジットカード会社もあれば、全然つけてくれないクレジットカード会社もあるのが現実です(その場合、情報は空白になる)。

クレヒスを育てるためには、きちんと「$」をつけてくれるクレジットカード会社を選んだ方がいいと言われるのはこのためなんですね。信用情報機関に毎月きちんと「$」マークを記載してくれるクレジットカード会社のカードを使ってこそ、「$」マークを24個並べることができるというわけなんですよ。

多くのクレジットカード会社が「$」を付けてくれますが、有名なところではアメックスなどは付けてくれないとされています。ただ、このあたりは非公式な情報になるので、検索などで探してみてくださいね。

付けてくれない場合はどうなるの?

もちろん、「$」がないから評価が下がるというわけではありません。ただ、「$」があった方が、よりはっきりと利用&支払いをしたことがわかるので、審査に有利になる可能性はあります。とはいえ、審査は総合判断ですし、より重要なの「$」が付くことよりも「A」などの悪いマークが付いていないことなので、くれぐれも延滞だけはしないようにしてくださいね。

以上$マークについて説明しました。いかがでしたか?以下の記事ではクレジットカードの利用履歴についてもっと詳しく紹介していますので、ぜひぜひ合わせて読んでみてくださいね!この機会に仕組みを知って、有利なクレヒスをつくってみてください。

ちなみに、自分の個人信用情報を見たことがないという方は、一度、自分自身で確認してみるのもおすすめです。個人信用情報の開示手続きは簡単に行えるので、ぜひ申し込みをしてみてください!自分の情報が、どのように管理されているかがよくわかりますよ。

クレジットカード入会審査時の信用照会とは?

ハワイやグアムなどの観光地でJCBカードが使えることは知っているけど、ロサンゼルスやニューヨークなど、アメリカ本土では、どれくらいJCBカードを使うことができるのか?

こういった疑問を持たれている方が多いので、今回はアメリカ本土におけるJCBカードの状況について書いてみたいと思います。

JCBの発表では730万店以上で利用可能:

JCBは日本発の国際ブランドなので、日本人がよく行くハワイやグアムではかなり使えますが、残念ながらアメリカ本土では、それほど浸透しているとは言えません。加盟店は徐々に拡大し、デパートや大手ホテルなどでは使える場合も多くなってきていますが、まだまだ使えない場所も少なくありません。

ディスカバーブランドと提携捨て加盟店を拡大:

このような状況を解消するために、JCBカードは、アメリカ発の国際ブランドであるディスカバーカードと相互加盟店開放(それぞれの加盟店で、お互いにカードが使えるようにする契約)を行なっているため、ディスカバーカードのステッカーが貼ってあるお店でもJCBカードを利用することができます。

ディスカバーはアメリカでは500万件以上の加盟店を持っているので、JCBカードはかなり多くの場所で使えるはず。JCBのホームページの情報によると、「アメリカの730万店以上でJCBカードが利用可能」と書かれています(2016年11月現在)。

ただし、実際の利用はスムーズでない場合も…:

ただし、せっかく相互加盟店開放の契約を結んでいても、お店にその情報が行き渡っていないために、実際には使えるにも関わらず利用を拒否された…などというケースもあるようです。私も実験的にアメリカのラスベガスでJCBカードを利用してみましたが、利用を拒否をされることが多くて説明疲れしてしまいました。英語できちんとディスカバーと提携していることを伝えれば、大体の場合JCBカードで支払い手続きをしてもらえますが、多くの方にとってはその説明は難しいかもしれませんね。

ディスカバーカード加盟店の全てで使えるわけではない:

また、個人的には経験したことはありませんが、聞いた話によると、ディスカバーカードが使える加盟店であってもJCBカードが使えないケースもあるようですね。こういった場合には、どんなに英語で説明してお願いしたとしても、JCBカードで決済することはできません。真相は分かりませんが、その加盟店の契約が特別だったり、古いままの契約だったりするとこういった状態になるのかもしれません。

JCBもサポートはしてくれている:

暮角べんり君JCBでも、ディスカバーの加盟店でJCBカードが円滑に使えるようにサポートをしています。

Pleaseカードが使える:

そのひとつが、取扱い方法を書いたPleaseカードの配布。アメリカでのJCBカードの使い方を写真付きでわかりやすく紹介したガイドブック「JCBカードでアメリカを思いっきり楽しもう」の中に、「Pleaseカード」が挟み込みで付けられています。これは、加盟店スタッフ用に英語で取扱方法を書いたもの。ディスカバーカードのお店でJCBカードの利用を断られたら、これを提示すれば、英語が得意でなくても、わかってもらえるというわけですね。ガイドブックは、各空港内のJCBサービスデスク(羽田空港・成田国際空港・関西国際空港)でもらうことができます(詳しくはJCBのページで)。

JCBプラザ:

また、ニューヨークやロサンゼルスにあるJCBプラザに相談してみれば、JCBカードが利用できるお店などについていろいろ情報も教えてもらえると思います。

 

JCBカードは、ロサンゼルスやニューヨークといった都市部を中心に、アメリカ本土でも利用可能。しかし、その都度英語で説明しなくてはいけなかったりするなど、英語が苦手な日本人には少しハードルが高いのも事実です。アメリカ本土への旅行、出張の他、短期留学や海外赴任などで行く予定がある方は、やはりVISAカードやマスターカードといったアメリカでも問題なく使えるクレジットカードをあらかじめ用意した方がスムーズかと思います。

海外でお得に使えるクレジットカード特集 

クレジットカードで買物をするとその金額に応じて貯まるクレジットカードポイント。このポイント目当てでクレジットカードを使っているという方は、きっと多いと思います。

でも、「なんでカード払いにするだけで、ポイントをもらうことができるの?」ということをみなさんは考えたことはありますか?今回は、このクレジットカードポイントの正体について、初心者の方向けに説明して行きたいと思います。読み終わったらきっと、クレジットカードポイントをもっともっと貯めたくなりますよ!

ポイントを理解するためには加盟店手数料を理解する必要あり:

クレジットカードポイントを理解するためには、まず「加盟店手数料」というものについて理解する必要があります(ここを、ご存知の方は次の目次まで移動してくださいね)。

クレジットカードの加盟店手数料とは、簡単に言えばクレジットカードを使われた加盟店(レストランやショップなど)がクレジットカード会社に対して払う手数料のことです。

例えば、みなさんがどこかのレストランで1,000円の食事をし、その代金をクレジットカードで払ったとしましょう。レストランは、その代金をクレジットカード会社に請求することになりますが、実際には加盟店手数料を引かれた金額が入金されます。仮に加盟店手数が50円だとすると、実際に入金されるのは950円ということになります。

レストランに限らずブランドショップ、ホテル、家電量販店、書店などなど、クレジットカードを使われたお店は必ず、クレジットカード会社に対して加盟店手数料を払っています。

加盟店手数料は、パーセンテージで決められている:

加盟店手数料は1回クレジットカードを使われたら〇円…というような形態ではなく、消費税のようにパーセンテージで決められます。実際の手数料率は業界や加盟店ごとにまちまちですが、例えば加盟店手数料が5%のお店では、100円の時には5円、1000円の時には50円、1万円の時には500円といったように、利用金額に応じてクレジットカード会社に加盟店手数料を納めます。クレジットカード会社としてみれば、クレジットカードがどんどん使われれば使われるほど、そして利用金額が大きければ大きいほど利益を得ることができる…というわけですね。

ポイントが貯まりやすいクレジットカード特集

クレジットカードポイントの目的はカード会社による利用促進:

前提の話が長くなりましたが、いよいよポイントの話です。クレジットカードポイントは、ここまでに説明した加盟店手数料の一部をクレジットカード会社が会員に還元することで運用されています。その目的は、カードをたくさん使ってもらうため。いわば、利用を促進するための販促策ということですね。当然ですが、ポイントが加盟店手数料よりも高くなることはありません。

加盟店手数料≧クレジットカードポイント

更に、クレジットカード会社にはポイント制度やクレジットカードそのものを維持管理するための経費がかかります。そして利益も出さなければなりません。

加盟店手数料≧クレジットカードポイント+経費+利益 

加盟店手数料は、平均で3~5%程度とされています。クレジットカード会社はそこから経費を差し引いた上で、自社の利益を勘案してクレジットカードポイントの割合を決めている、というわけですね。

ポイントの割合は、クレジットカード会社の経営方針次第:

ちなみに、クレジットカード会社のポイント付与率って、バラバラですよね。その理由は、各クレジットカードの運営経費に差があることや、「利益」に関する考え方に各社違いがあるため。いわば経営の差と言ってもいいかもしれません。

これはクレジットカード会社に限った話ではないと思いますが、人件費等が高く経費高の会社もあれば、ネット利用などで省力化して低コストで運営している会社もあります。また、利益を重視する会社もあれば、薄利でもビジネスを拡大させようとする会社もあります。実際にクレジットカード会社の中には、ポイントを全く付けない利益重視の会社もあれば、反対にポイントを大盤振る舞いしてどんどんクレジットカードを使わせようという薄利多売主義のカード会社もあります。

その結果として、ポイントがザクザク貯まるクレジットカードと貯まらないクレジットカードという2種類が、世の中に存在することになっているのですね。

せっかくなら薄利多売会社のカードを活用したい!:

利用者としては、全くポイントをくれないような高利益体質のクレジットカード会社のカードを持つよりも、ポイントをぎりぎりまで発行してくれる薄利多売のカード会社のクレジットカードを持った方が、ポイント面ではお得です。

これは、あくまでも一般的な傾向として…という話ですが、クレジットカード会社の規模が大きいところはポイント付与率が低く、規模が小さい中小カード会社や知名度が低い新興クレジットカード会社はポイント付与率が高いと言われています。そこに魅力を持たせないとカード会員を集めることができないからというのがその大きな理由だと思います。逆に大企業は、特に魅力を持たせなくても知名度や安心感だけで、ある程度の利用者を集めることができるということがあるのでしょうね。

みなさんが持っているクレジットカードが、もし有名企業発行のあまりポイントに魅力がないクレジットカードなら、ポイントをもっと貯めるためのクレジットカードを別にもう1枚考えてみてもいいかもしれませんよ。

ポイントをどんどん貯めよう!

須田さいこちゃん(暮角べんり君の彼女)いかがでしたか?クレジットカードポイントと一言にいっても、様々な要素が絡んでいることがおわかり頂けたのではないでしょうか?クレジットカードを使えば、なんとなく勝手に貯まっていくというイメージのポイントですが、背景にはいろいろな絡みがあるのですね。

その中身を理解した上で貯めることが出来れば、更にもっともっと効率よくポイントを貯めることが出来るようになるはずです。

そして大切なのは自分が得られるクレジットカードポイントをもっと増やしていくためにも、ぜひ、クレジットカードをもっと使って欲しいということ。カードが使える場所では必ずクレジットカードを使う。たったこれだけであなたにはお得なポイントが貯まり、クレジットカード会社には次の新しいサービスを生み出すための利益が生まれます。新しいサービスが生まれればもっとあなたのクレジットカードポイントも貯まる・・・といったように、好循環が生まれます。

ポイントが貯まりにくいクレジットカードを使っている方は貯まりやすいクレジットカードに切り替えるなどして、家計の節約のためにもクレジットカードを使いこなしてくださいね。当サイトでも、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介していますので、ぜひ、リンクをクリックして探してみてくださいね。

ポイントが貯まりやすいクレジットカード徹底特集

自分は今、アルバイトの身分だからクレジットカードを作ることはできないだろう…。そう思っている方は意外と多いですよね。実際、過去にクレジットカードに申し込んで審査に落とされ、「ああ、やはりアルバイトではクレジットカードが作れないんだな」と、自分で結論付けた方も多いのではないかと思います。

でも、実際にはそんなことはありません。アルバイトの方でも充分にクレジットカードをつくることは可能です.しかも選び方さえ間違えなければ、審査に落とされることも稀なはず。クレジットカードが欲しいと思っている方は、この機会にコツをつかんで申込をしてみてくださいね。

アルバイトはなぜクレジットカードが作れないのか?

アルバイトだとなぜクレジットカードが作れないことが多いのか?まずはここから考えてみましょう。

アルバイトは収入が不安定なため:

ハンバーガーを食べている暮角べんり君アルバイトがクレジットカードを作れない理由はシンプルそのもの。それはアルバイトという職業は、収入が不安定だからです。

クレジットカード会社はみなさんにクレジットカードを使わせて、その利用代金を回収することで経営が成り立っています。しかし、もしもその利用代金の回収ができなかったとしたら…、当たり前ですが、みなさんにカードを使わせた分だけ損をしてしまいますよね。

収入が安定している方であれば安心:

もしもあなたが正社員で、毎月20万円といった金額を安定的に給料として得られる方なら、クレジットカード会社は毎月安定してクレジットカードを使わせた分のお金を回収できると考え、クレジットカードを発行するでしょう。

しかし、アルバイトの場合には、簡単にクビになってしまう可能性があったり、時期によってはシフト次第で収入が激減してしまったりすることもありえますよね。そういう「金欠状態」の時に、クレジットカード利用代金の回収が難しくなるのではないか?と考えるのですね。そして、リスクがあるからクレジットカードを発行するのは止めておこうという判断をするわけです。

これがアルバイトがクレジットカードの入会審査に落ちる理由そのもの。つまり、収入が不安定な方にクレジットカードを使わせると、その代金回収が難しくなりやすいためなのです。

クレジットカード会社はカード発行しないと儲からない:

ではアルバイトである限り、クレジットカードを作ることはできないのか?と言えば、もちろんそうではありません。クレジットカード会社のビジネスでは、カードをたくさん発行しないことには利益が生まれません。そのため、多少収入が不安定な方であっても、可能であればクレジットカードを発行して使ってもらいたいと考えています。

ここで狙うべきなのは「最初からアルバイトなどの方向けに発行されているクレジットカード」ですお堅い銀行系のクレジットカード会社や、ランク高めのゴールドカードなど、安定職業の方向けのカードを狙うから審査に落とされてしまうのです。そうではなく、パートやアルバイト、専業主婦でも申し込みOKの年会費無料カードなど、幅広い層を対象に発行されているクレジットカードに申しこめば…問題なく審査通過できるのです。

年会費無料で作れるクレジットカード一覧

更にリボ払い専用クレジットカードなども:

家計のやりくりに困る暮角べんり君さらに作りやすいクレジットカードが、リボ払い専用クレジットカードです。これは、支払い方法が、毎月一定額を支払うリボ払いに限定されているクレジットカードで、基本的にはあまり収入が多くない若い層や、金欠な方向けに発行されます。

そのため、多少収入が不安定であっても、他社からお金を借りている状態であっても作りやすいクレジットカードだと言えます。

但しリボ払いの金利手数料がかかるので要注意。しっかり内容を理解した上で利用ください。以下の解説にも、ぜひ目を通しておいてくださいね。

消費者金融発行のクレジットカードなども存在しますので、ここまでの方法でどうしても審査に通りにくい場合は、そこから始めてみてもいいかもしれません。利用実績ができれば、段階的にに一般のクレジットカードも作れるようになります。

リボ払い専用のクレジットカード特集

 

以上、アルバイトでも、選び方さえ間違えなければクレジットカードは十分つくれるという話でした!アルバイト中の大学生の方も、卒業後フリーターとして生計を立てている方も、早めにクレジットカードを手に入れて、将来のために立派な利用履歴を作ってみてくださいね。クレジットカードの世界では、利用実績が何よりの信用力になります!

アルバイトでも作れるクレジットカード特集

クレジットカードを使い慣れてくると、いろいろ欲しいカードが出てきますよね。そこで出てくるのが、同じクレジットカード会社が発行しているクレジットカードを2種類、持つことはできるのか?という疑問。例えば三菱UFJニコス株式会社が発行しているVIASOカードMUFGカード ゴールドの2枚持ちなどですね。

今回はこれについて書いてみたいと思います。

多くの場合、問題なく2枚持ち可能です!:

須田さいこちゃん(暮角べんり君の彼女)結論から先にいってしまうと、同じ会社が発行しているクレジットカードを2枚持つことは可能です。一般的には、クレジットカードの種類が違えば、複数申し込身を受け付けているクレジットカード会社がほとんどです(ただし、同じ種類のクレジットカードの複数申し込みはできないことが多い)。むしろ、提携カードをたくさんつくって、ひとりに何枚も申し込んで欲しいというクレジットカード会社も少なくありません。

クレジットカードを申し込む時に発行会社なんてあまり気にしていないという人も多いので、届いたら実は既に持っているクレジットカードと同じ発行会社だったなんてこともあるかもしれません。また、カード会社の統合や合併が多いため、意図せず2枚持ちになっちゃった…、なんてこともあるかもしれません^^。

例外もあるので注意!

ただし、中には、原則として2枚持ちを禁止しているクレジットカード発行会社もありますので、気を付けてください。

アメックスは2枚持ちできない!?

その代表がアメリカンエキスプレスです。この会社が発行するプロパーのクレジットカードを2枚持つことは、原則としてはできないことになっているので、他のクレジットカードに乗り換えたい時には、手元にあるカードを解約してから改めて申し込むか、いまのカードをアップグレードするというかたちになります。

アメックスにはANAやデルタなどの航空会社と提携して発行しているカードもあるので、これらのカードが欲しいと思った場合には、手元にあるアメリカン・エキスプレス・カードを諦めるしかない…ということになってしまいます。これは、ちょっと残念!そういう時には、電話で相談してみましょう。2枚持ちを認めてくれる場合もあるようです。

クレジットカード会社にとっても、カードをたくさん使ってくれるお客さんは大切なはず。柔軟に対応してもらえる可能性はあると思います。実際に、アメック・スゴールドと、アメックス・グリーンの2枚持ちができたという人の情報はネット上でもよく見られます。欲しいカードがある時には、まずは積極的に相談してみてもいいと思います!

タイプ別おすすめクレジットカードはこれ!

先日、「正社員になってまだ1ヶ月なんですが、クレジットカードにはもう少し待って申し込んだ方がいいでしょうか?」という質問を受けました。

正社員になりたてでもクレジットカードは作れるの?という疑問をお持ちの方、他にもいらっしゃるかもしれませんよね。そこで今日は、このテーマを取り上げてみたいと思います。

正社員になったばかりでも、問題なくクレジットカード作成可能:

弁護士風の暮角べんり君2(当クレジットカードサイトのキャラクター)最初に答を言えば、「イエス」だと思います。もちろんクレジットカードの種類や、クレジットカード会社ごとに審査基準は異なるため、勤続年数が少ない場合には作ることができないクレジットカードもあるかと思います。しかし、一般的には、安定した継続収入がある「正社員」は信用度が高いので、審査通過の可能性は高いと思われます。

実際に、社会人になりたての新社会人がクレジットカードに申し込んでも審査通過した例は多いですし、勤続年数の記入欄には「1年未満は1と記入」などという場合もあるため、1ヶ月か半年か9ヶ月かの差なんて、クレジットカード会社はそれほど気にしていないとも思われます。、

また、クレジットカード会社には学歴の把握のしようもありませんので、例えば大学院卒の25才で新社会人になった人と、高卒でブラブラとしていて25才で初めて正社員になった人との区別もつかないはず。しかも、将来がある新社会人は優良顧客予備軍もあり、クレジットカード会社にとって魅力的なお客さんでもあるので、20代でクレジットカードを申し込む分には、正社員になりたてかどうかなんてあまり気にしなくてもいいんじゃないかと思います。

30代・40代で正社員になりたての場合は?

では、30代や40代などで転職して、正社員になりたての場合はどうでしょうか?この場合も、勤続年数は1年未満になってしまいますよね。

答えとしては、最近では転職がそれほど珍しいことではなくなっているので、それほど神経質になる必要はないと思います。ある程度大手の企業に転職した場合や、しっかりとした年収がある正社員の方であれば、問題なく審査通過ができると思います。ぜひ、欲しいクレジットカードに申し込んでみてください。

また、30代や40代なら、すでに他のクレジットカードを持っている場合も多いと思います。その利用履歴(クレジットヒストリー)がよければ、転職は、さらに問題にはならないでしょう。ちなみに、このような意味でも、20代のうちにクレジットカードをつくって、しっかり利用しておくことはプラスになりますよ。

なお、勤務先などの条件にもよりますが、新社会人の方の場合、ゴールドカードプラチナカードの審査通過は難しいケースもあるかもしれません。一般カードから申し込むのが無難。特に、自分の勤務先や年収などにあまり自信がないという方は、まずは年会費無料クレジットカードから狙ってみるといいですよ。

あなたにピッタリのクレジットカードを探そう!

クレジットカードをよく利用する方の中には、カードが傷ついたり、割れてしまったり、汚れてボロボロになってしまったり…などという経験がある方も多いのではないでしょうか。クレジットカードの有効期限は、基本的には5年間。更新が近いなら新カードが届くのを待てばいいのですが、2~3年目にこのような状態になってしまった場合は、どうすればいいでしょうか?

できれば、新しくして気持ちよく利用したいですよね。今回は、クレジットカードの再発行について取り上げます。

再発行は可能だが、有料になることが多い:

若者風な暮角べんり君クレジットカードがボロボロになったとしたら、誰もが考えるのは再発行。カード会社に依頼すれば、再発行してもらえます。とはいえ、利用に問題がない場合は、クレジットカード会社側も無料での再発行にはなかなか応じてくれないかもしれません。有料になる場合も多いと思っておきましょう。その場合の再発行手数料は、郵送料も含めて1,000円程度のことがほとんどです。

このあたりは交渉次第というところもありますので、丁寧にお願いしてみましょう!ただし、考えてみれば、多くの会員が、汚れたとか破損したとか言って再発行を依頼してくるようになると、クレジットカード会社の再発行経費も大変。有料なのは仕方ないかもしれませんね。

ステータスカードの場合には無料のことも:

ただし、ゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードなら、ほとんどの場合、再発行費用をカード会社側が負担してくれるはず。高い年会費を払っているのだから、ひとつの会員サービスということでしょうか。せっかくのゴールドカードが傷だらけになってしまった…などという時には、クレジットカード会社に電話してみてくださいね。

ちなみに、破損や汚れなどによる再発行の場合は、基本的にはクレジットカード番号は変わりません。ただし、カードの返送を求められる場合もあるようなので、電話の際によく確認してください

盗難・紛失や、情報漏えいの場合は無料で再発行してもらえる:

クレジットカードの紛失や盗難、情報漏えいの可能性がある場合など、セキュリティ上のリスクがある場合には無料で再発行をしてもらえます。この場合は、現在使っているクレジットカードを利用停止にして、新しい番号のクレジットカードが発行されます。それによって、不正使用の心配なく安心してカードを使えるようになります。もしも、このような事態に遭った場合には、一刻も早くクレジットカード会社に連絡してくださいね。

イザという時のために。クレジットカードのトラブル対処法一覧

クレジットカードイメージ画像

どうしても欲しい服を見つけたけど、あいにく持ち合わせがない…。そんな時でも、クレジットカードさえ持っていれば、チャンスを逃すことなく、欲しいモノがその場で手に入ります。その上、一括払いなら手数料無料で、しかも支払いは翌月以降。もう、至れり尽くせり…って感じですよね。

利用者にとっては、まさにイイこと尽くめだけど、クレジットカード会社って一体どうやって成り立ってるの?あとで、手数料を請求されるなんてことはないだろうか?と、クレジットカード初心者の方は、ちょっと不安になるかもしれませんね。でも、心配はご無用!しくみをちゃんと理解すれば、安心して使うことができますよ。

…ということで、今回は、クレジットカード会社が利益を得ているしくみを、わかりやすく説明していきます。

店舗がクレジットカードを使えるようにするのは、実は販促が狙い

みなさんはレストランなどで、クーポンを使った経験はありませんか?フリーペーパーから切り取ったり、ネットからプリントアウトしたり、あるいはスマホでダウンロードしたり。いろいろなかたちでお得なクーポンを使ったことがある人は、結構多いと思います。

でも、クーポンを使う時に「タダで得するなんて、何かウラがあるのでは?」などと気にする人はいませんよね。それは、店舗はクーポンを発行することによって集客をしている、ということを私たちがわかっているから。つまり、「店舗は、販売促進を目的として割引をしている」というしくみを理解しているから、安心して使えるのです。

実は、クレジットカードもクーポンとそれほど変わりません。クレジットカードが使えるということは、そのお店にとって次のようなメリットがあるのです。

・利用者が現金を持っていなかったとしてもその場で買ってもらうことができる。
・まとめ買いやワンランク上の買い物をしてもらえる可能性がある。
・同じモノを買う時でも、クレジットカードが使えるようにしておいた方が自分の店を選んでもらえる。

販売機会を逃すことが少なくなり、大げさにいえばクレジットカードの使えない店舗と差別化ができるということですね。

一括払いでも、しっかり収入を得ているクレジットカード会社:

店舗にとっては販売促進の役目を果たしてくれるクレジットカード。ただ、その機能を使うためには、お店はクレジットカード会社と契約を結んで加盟店となり、手数料を支払う必要があります。実は、これがクレジットカード会社の大切な収入源の一つ。クレジットカード会社は利用者から手数料を得られなかったとしても、ちゃんと加盟店から収入を得ているのです。

また、クレジットカード会社はカード会員が分割払いやリボ払い、キャッシングなどを利用すれば、その金利手数料も得られますし、年会費というかたちで利用料を得る場合もあります。

つまり、店舗、利用者、クレジットカード会社は、3者が持ちつ持たれつの関係で成り立っているということ。再度、それぞれが得られるメリットを簡単にまとめてみましょう。

クレジットカード利用者のメリット

・手持ちの現金がなくても買い物ができる
支払いは翌月以降
・一括払いなら手数料不要

クレジットカードが使える店舗のメリット:

販売チャンスを逃さない
より多くのモノ、より高額なモノを販売できる可能性が高まる
カード利用不可の店と差別化ができる

クレジットカード会社のメリット:

店舗から加盟店手数料が得られる
・利用者から金利手数料が得られる(分割払いやリボ払い、キャッシングなどを利用した場合)
利用者から年会費が得られる(年会費無料のクレジットカードの場合を除く)

どうでしょう?このようなしくみがわかれば安心して利用できますよね。使いすぎにだけは気を付けて、クレジットカードを便利に活用してくださいね。

初めての方向けおすすめクレジットカードはこれ!

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

お薦めクレジットカテゴリー

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

ピックアップ記事

一覧を見る

カテゴリー一覧

アーカイブズ

タグ一覧

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動