メニュー

クレジットカード活用ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

晴れて大学に入学!学生ライフを満喫していると、「クレジットカードがあると便利なのになぁ~」と思う機会が多くなってくると思います。実際、私も大学生の時にはクレジットカードに何度も助けられました!

親に家族カードを作ってもらっている…という方も多いかもしれませんが、何に使ったかも知られてしまいますし、やっぱり自分のクレジットカードも持っておきたいですよね!そこで今回は大学生でも作れるクレジットカードの情報を書いてみたいと思います。大学の方はぜひ、じっくりと読んでみてくださいね。

大学生のクレジットカード作成でよくある疑問:

弁護士風の暮角べんり君2(当クレジットカードサイトのキャラクター)いざ自分のクレジットカードを作ろうとした時に、よくある疑問は次の2つかなと思います。

1.そもそも大学生でもクレジットカードは作れるのか?
2.大学生でも作れるクレジットカードってどれ?

さっぱりわからないという方も多いかもしれませんが、心配しなくても大丈夫。当たり前ですよ~。何しろ、人生で初めてクレジットカードを作るわけですから、わからなくて当然です。ひとつづつ、説明して行きますね。

そもそも、大学生でクレジットカードは作れるのか?

まず、「収入がない大学生でもクレジットカードを作ることが出来るの?」という、そもそもの疑問についてですが、これはもちろんOKです!

というよりも、最近では、大学に入学した時点で強制的に、その大学の提携クレジットカードを作らせる大学なんていうのもあるくらいなので、いつの間にかクレジットカードを持っていた…という方もいるほど。大学生は、意外と信用度が高いのです。

ちなみに、未成年だからといってクレジットカードが作れないわけではありません。未成年の場合は、親の承諾が必要にはなりますが、「高校生を除く18歳以上」でつくれるクレジットカードはたくさんあるので、大学生でも大丈夫です!

大学生が申し込めるクレジットカード:

では、大学生でも作れるクレジットカードには、どんなものがあるのでしょうか?大学生でも作れるクレジットカードは主に2種類です。

1.学生専用のクレジットカード
2.学生入会OKのクレジットカード

基本は、このどちらかですね。

学生専用のクレジットカード:

学生専用のクレジットカードとは文字通り、大学生や短大生といった学生しか作ることができないクレジットカードです。学生専用というくらいなので、学生に広く門戸を開いています。学生の時点で申しこめば、入会審査なども難しいことはありません。

学生入会OKのクレジットカード:

次に学生入会OKのクレジットカードですが、これはピンきりです。「学生でも申し込みができます」となっていますが、必ず審査に通るとは限りません。審査が厳しいクレジットカードもあれば、簡単に入会できるものもあり、短い文章では説明しきれない感じになります。

1枚目のおすすめは学生専用クレジットカード:

須田さいこちゃん(暮角べんり君の彼女)個人的には、学生専用クレジットカードをまずは作ることをおすすめします。学生であるというだけで、ほとんどの場合審査OKですし、学生向けの特典が付いていたりするものも多いので、学生の特権を大いに活かして欲しいと思いますね。それで利用実績をつくれば、2枚目もつくりやすくなりますよ。

大学生の時からクレジットカードを持つことは、自分が社会人になった時の良い経験にもなりますよ。使い方がよくわからなかったり、失敗してしまったとしても、カード会社のサポートも受けられますし、いざとなれば親などに助けてもらうこともできまるのが学生の特権。どんどん、クレジットカードを使ってみてください!

学生専用のクレジットカー一覧!

みなさんはクレジットカード会社が運営するポイントモールを利用していますか?オンラインショッピングをする時に、ポイントアップモールを経由するだけで、ポイントが5倍、10倍、時には20倍になったりするという、あのサービスです。なぜ、あんなにも大量のポイントが発行されているのでしょう?そのしくみについて、書いてみたいと思います。

魅力的なポイントの維持が難しくなってきたクレジットカード会社の事情:

利用者にとってみればクレジットカードのポイントは、もっともっと増えて欲しいところですよね。利用金額の0.5%とか1%じゃ物足りない、3%、4%とポイントが貯まるクレジットカードができたらいいな…などと思っている方も多いと思います。

しかし残念ながら、そこはあまり期待できません。というのも、加盟店手数料が年々下落傾向にある中で、クレジットカード会社には、ポイントを発行するのが苦しくなってきている…という台所事情があるからです。

加盟店手数料を下げている原因は公共料金や税金:

参考のためここで少し説明しておくと、加盟店手数料が、大幅に下がっている理由には、クレジットカード会社ごとの競争が激しくなっていることがひとつ。さらには、公共料金や税金のクレジットカード払いが浸透してきていることも挙げられると思います。

電気代やガス代、NHK受信料といった公共料金や税金の支払い金額は膨大なもの。総額が大きいだけに、交渉も有利で、結果として加盟店手数料率が低く抑えられているのですね。クレジットカード会社の機密事項なので正確な数字はわかりませんが、非公式な情報によると、その加盟店手数料の低さは「仮に1%のポイントを付与してしまうと、クレジットカード会社はむしろ赤字になってしまう」というほどの低さのようです。

ちなみに、それでも、クレジットカード会社が公共料金や税金の支払いにもポイントを付けている理由は、定期的にカードを利用してもらうことで継続利用を促進し、その他の店舗などでの利用にもつなげて欲しいと考えているため。でもこの先は、もしかしたら、公共料金や税金の支払い分にはポイントが付かなくなる…なんて言うこともありうるかもしれません。公共料金や税金でしかクレジットカードを使っていないという方は、できれば、たまにはそのカードを違うところでも使ってあげてくださいね。

クレジットカード会社が、打開策として目を付けたのがポイントモール:

利益が少なくなるにつれて、ポイントの維持も厳しくなっているクレジットカード会社。そこで、クレジットカード会社が知恵を絞って始めた新しいポインサービスがポイントモール。「モールで利用するだけでポイント2倍」とか、「〇〇ショップでは、さらにポイント10倍」といったかたちです。

加盟店手数料が伸び悩み、ポイント制度を魅力的な条件で維持できなくなったクレジットカード会社は、オンラインショッピングサイトなどとの提携に目を付けたのです。ポイント〇倍というしくみは、クレジットカード会社が自腹をきってポイントをプレゼントしているのではなく、実は協賛企業がそのポイント倍増分を負担することで成り立っているわけなんですよね。

提携先にもメリット:

もちろん、提携先企業にも大きなメリットがあります。同じ商品を販売している同規模のオンラインショップがある場合、クレジットカードポイントが付くという差をつけてあげることができれば、利用者は、よりポイントが貯まる方で買い物をしますよね。クレジットカード払いをしても通常の1倍しか貯まらないショップとポイントが5倍貯まるショップ。利用者がどちらを選ぶかは説明するまでもありません。

魅力がなくなりつつあるポイント制度に、どうにかして魅力をもたせようと、クレジットカード会社も頑張っているのですね。加盟店手数料が伸び悩んでいる現状がある以上、今後も企業提携による販促は増えていくのではないかと思います。

ポイントが貯まりやすいお薦めクレジットカード特集

顧客満足度No.1をキャッチフレーズに、TVCMなどでも勢いを見せている楽天カード。年会費無料であることや、楽天市場でのお得さなどがその人気の裏付けになっていると思いますが、実は多くの方が楽天カードを持つキッカケになったのは間違いなく『入会キャンペーンで楽天ポイントが5000円分がもらえる』ことではないかと思います。時期によっては、さらに上乗せされて7,000ポイントや8,000ポイントになることもあります!これにはちょっと、心が動きますよね。

しかし・・・年会費も入会金も無料の楽天カードを作って1度利用するだけで5000円分もの楽天ポイントがもらえるって、考え方によってはちょっと怪しいですよね。神経質な方や疑い深い方なら、『何か裏があるんじゃないの?』と思ってしまうかもしれません。そこで今回は、楽天カードの入会キャンペーンではなぜ5000円分もの楽天ポイントを全員にプレゼント出来るのか?について書いてみたいと思います。

楽天カードの公式キャンペーンサイトはこちら

無料の楽天カードで5000円分ものポイントが貰える理由:

楽天グループ内で使ってもらえるポイントだから:

目がハートになっている暮角べんり君まず一番大きな理由がコレ。5,000円分のポイントは楽天市場などで利用できる楽天スーパーポイントであり、もらったポイントの多くがそのまま楽天市場内で消費される可能性が高いためです。

楽天カードを発行する楽天グループとしてみれば、楽天市場をはじめとする楽天のサービスを少しでも多く使ってもらうことが重要。その流通量を増やすために日々試行錯誤をしています。一見、無料の楽天カードを作ってもらうためだけに5,000円分もの楽天ポイントを付与すると大きな赤字になってしまいそうですが、それを楽天グループ内で利用してもらうことができれば、さらに次の売上につながる可能性などの二次的効果が期待できます。もし、楽天カード保有者がそのまま楽天市場のヘビーユーザーにでもなってくれれば、お釣りがくるかもしれません。

楽天スーパーポイントポイントではなく、5,000円分のギフト券などでプレゼントしてしまうと、自社グループとは関係の無いデパートで使われたりしてグループ内に還元されません。自社内で利用される楽天スーパーポイントだからこそ、ポイントを大盤振る舞いしても大丈夫なんですね。

楽天カードキャンペーン公式サイトはこちら

期間限定ポイントだから:

ここはちょっとずるい感じがするところではありますが、もらえる5,000円分のポイントの一部は、期間限定ポイントになっています。簡単に言えば、「有効期限のある楽天ポイント」です。

基本的には、2,000ポイントは入会時にもらえる有効期限なしの通常ポイント、残りの3,000ポイントは、指定された期間内にカードを初回利用した場合に発行される期間限定ポイント、というかたちです。

期間限定ポイントは、うっかり使い忘れてしまえばその価値は0円。このあたりは、「とりあえず5,000円分発行するけど、全て使われたら大変・・・」という思惑が、ちらりと見え隠れしますよね。そうでなければ、すべて通常ポイントでいいわけですしね^^。

つまり、楽天としては、「3,000円分のポイントを使い忘れてくれる人」の比率をある程度見積もっていると思われます。

3000円分付与×100%の人が利用=全員に3000円付与したのと同じ
3000円分付与×60%の人が利用=全員に1,800円付与したのと同じ

このように、6割の人しかポイントを使わなければ、ひとりあたりに発行したポイントは実質的には1,800円分ということになります。実際のポイント利用率はわかりませんが、これまでの利用実績などから見積もっているのかもしれません。もちろん、みなさんは楽天市場の思惑に負けず、しっかり5000円分のポイントをすべて使ってくださいね。

基本的にはインターネット上でしか募集していないカードだから:

最後に楽天カードはインターネット上を中心に募集されているクレジットカードであるということも挙げられます。最近はテレビCMも目立ちますが、雑誌広告を掲載したり、駅ビルなどに勧誘スタッフを配置して宣伝したりなどといったプロモーションは行っていません。募集受け付けもインターネット上でのみしか行っていません。

結果としてインターネット上で多くの楽天スーパーポイントをプレゼントしても回収が可能と考えているのでしょう。

一般に年会費無料クレジットカードの会員獲得費用は、1人あたり15,000円~20,000円程度と言われています(会社によってもちろん違います)。そのうち5000円をポイントとしてプレゼントしているだけ・・・と考えると、わかりやすいのかもしれませんね。

楽天カード入会キャンペーン公式サイトはこちらから

楽天カードは、いま魅力的なクレジットカード:

以上、楽天カード申し込みでなぜ全員に5,000円分のポイントが貰えるのか?について、考えられる3つの理由を紹介させていただきました。

言えることは、楽天カード側は、それだけ多くのポイントを発行してでも、まだまだカード会員数を増やそうとしているということ。消費者側としては、「そういう勢いに、乗らない手はないですよね。こういったポイントプレゼントキャンペーンは、いつ終わってしまうかもわかりません。どうせカードをつくるなら、勢いがあるうちの方がお得。年会費無料、発行手数料無料の楽天カードは、様々な生活のシーンでみなさんを助けてくれるはずですよ。ぜひ、キャンペーンで5,000ポイントをGETしてください。

楽天カード入会キャンペーンページ 楽天カードの紹介ページ

Mistakes
Mistakes / plindberg

あなたが今持っているそのクレジットカード、本当にお得なクレジットカードですか?「クレジットカードなんて、どれでも機能は同じでしょ?」と思っている方は意外と多いもの。しかし、実際にはクレジットカードごとに機能やサービス、ポイント制度は異なるため、もしかするとみなさんが今使っているそのクレジットカードは、ダメクレジットカードである可能性もあります。

もちろんどのクレジットカードがいいかは人それぞれ。しかし、ダメなクレジットカードはどんな風に利用でもダメなことも多いので、ぜひ、この機会に見なおしてみてくださいね。

1.銀行で勧められるがままに作ったクレジットカード:

あなたの持っているクレジットカードが、キャッシュカード一体型のクレジットカード、もしくは銀行で銀行口座を開設する際に勧められた作ったクレジットカードだったら、見直してみた方がいいかもしれません。

全てとは言いませんが、銀行で勧められるクレジットカードではごくごく普通の機能しか付いていない平凡なクレジットカードである場合が多いので、家計の節約という観点で考えるとあまり効果的でない場合もあります。しかも年会費が有料な場合が多く、カードはほとんど使わないのに年会費だけ払っている…などという状態にもなりかねません。

銀行で勧められるままに受身で作ったクレジットカードを持っているという方は、ぜひ、一度、見直しをかけてみてはいかがでしょうか?

2.年会費が1,000円~1,800円程度かかっているクレジットカード:

あなたの持っているクレジットカードが、年会費1,000円~1,800円程度という場合も、要注意。かなりの確率で、そのクレジットカードは見直した方がいいです。

今や、年会費無料のクレジットカードが多数存在します。そして、それらの年会費無料クレジットカードの多くは、年会費が1,000円~1,800円程度かかるクレジットカードとほぼ同等の機能やサービスを持っています。逆にいえば、年会費1,000円~1,800円程度のクレジットカードでは、それほど多くのサービスや特典は期待できないということ。つまり、単なる年会費の払い損である可能性が高いと言えます。

同じ年間30万円を利用した場合でも…:

ちなみに、年会費が1,500円で、1,000円利用ごとに5円分(0.5%)のポイントが貯まるクレジットカードの場合、ポイントだけで年会費の元を取るためには年間30万円の利用が必要になりますよね。つまり、30万円の利用でプラマイゼロということ。同じ年間30万円の利用でも、年会費無料で還元率1%のクレジットカードを使えば、3,000円分のポイントをGETできます。この差は、結構大きいと思いませんか?

3.過去2年以内にポイント交換をしたことがないクレジットカード:

経理作業をする暮角べんり君(当サイトのメインキャラ)クレジットカードのポイントを使ったことがない。周りの友人はどんどん商品券や電子マネーなどと交換しているのに、なぜ?などと言う方にも、見直しをおすすめします。その理由はもちろん、あなたが持っているそのクレジットカードのポイントプログラムがあまりお得なものではないため。使っても使ってもポイントが貯まりにくいのは、そもそもポイントが貯まりにくいクレジットカードだからです。

ポイントが溜まりやすいクレジットカードと貯まりにくいクレジットカードでは、実に5倍近くもの差がある場合さえあります。言い換えればポイントが溜まりやすいクレジットカードさえ使えば、最大で5倍以上のスピードでポイントが貯まるようになる可能性があるということ。これは非常に大きいですよね。

使いやすさも大切:

また、ポイントは貯まりやすさだけではなく使いやすさも大切。大量に貯まらないと使えず、しかも有効期限があるようなポイントは無駄になる可能性が高いです。1ポイントから支払いなどに利用できるクレジットカードや、ある程度貯まると電子マネーポイントなどに交換できるクレジットカード、Tポイントなどの共通ポイントが貯まるクレジットカードなど、ポイントを使いやすくしているクレジットカードはたくさんあります。自分の持っているクレジットカードのポイントプログラムはお得か…?もう一度見直しをしてみてください。

もし、いずれかに当てはまるクレジットカードを持っている場合は、ぜひこの機会に、見直しを行ってみてください。ポイントが貯まりやすく、魅力的なサービスが付いたクレジットカードを手にすれば、日々の生活はもっともっと明るく楽しくなるはず。クレジットカードなんてどれも同じでしょ?などと思っているあなたこそ、ぜひ、見直しを行ってみてください。

当サイトおすすめめの、お得なクレジットカード

JRの駅でビューカードを利用すると、必ずポイント3倍が手に入ると思っている方は多いと思います。しかし、厳密にいうとこれは間違い。ビューカードがポイント3倍(還元率1.5%)になるのは、JR東日本運営の切符売る場で決済された場合のみです。

ここを、誤解している人がいるようなので、念のため書いておきたいと思います!

そもそも、ビューカードのポイント3倍とは?:

100メートルに出走する暮角べんり君ビューカードを支払いに使うと、ショッピング利用ポイントとして「ビューサンクスポイント」が貯まります。この時の基本レートは、1,000円につき2ポイント(5円相当)。しかし、JR東日本での利用ではポイント3倍、つまり1,000円に付き6ポイントがもらえます

これは、VIEWプラスと呼ばれる特典。ビューカードはJR東日本グループのクレジットカードなので、いわば自社のサービスを利用してくれるお客さんへの特典ということですよね

VIEW プラスが適用される利用事例:
  • JR東日本の乗車券
  • 特急券
  • 回数券、定期券
  • Suica定期券、Suicaカード
  • ビューカードによるSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica利用
  • びゅう国内旅行商品 など

 

たまったポイントは、400ポイントにつき1,000円分としてSuicaにチャージできるので、効率よく利用できます。通学や通勤などでJR東日本をよく利用するなら、この特典が受けられるビューカードはおすすめです!

VIEW プラスが適用されるのはJR東日本での利用のみ:

お得なVIEWプラスなのですが、気を付けていただきたいのは、「VIEW プラスが適用されるのはJR東日本での利用のみ」だということ。例えば、東京大阪間の新幹線の切符を、JR東日本のみどりの窓口や券売機で往復分買えば、まるまるポイント3倍になりますが、帰りの切符は新大阪駅で買ったとしたら、ポイント3倍になるのは片道分だけということになります。

ここは、ついつい勘違いしてしまう方がいるので要注意ですね。同じJRでも、JR東日本とJR西日本、JR東海…などは別々の会社なんですよね。

JR小田原駅では注意が必要:

例えばJR小田原駅。この駅の構内には2つのみどりの窓口が存在するのですが、実はこのうち1つ(新幹線駅側)はJR東海管轄のみどりの窓口。ビューカード利用でもポイント還元率は0.5%にしかなりません。しかし、JR東日本管轄のもう1つのみどりの窓口で利用した場合にはポイント還元率は1.5%になります!

これら2つのみどりの窓口は、直線距離にしてわずか100メートル足らず。この距離を移動するかしないかで、ポイント還元率が実に3倍も異なるわけです。知らず知らずにJR東海のみどりの窓口で高額の乗車券を購入してしまった場合には、大きな差になってしまいます。

JR東京駅の中にもトラップあり!?:

実は、JR東京駅の中にもJR東日本管轄のみどりの窓口とJR東海管轄のみどりの窓口があるのをご存知ですか。これは、東海道新幹線はJR東海の管轄だから…ということかと思うんですが、ビューカードでとにかくビューポイントを貯めたいという方は、しっかりとどちらの管轄なのかを事前チェックした上で、新幹線切符を購入するようにしてくださいね。

新幹線乗り場付近の切符売り場:
運営主体 みどりの窓口(切符売り場)
JR東海運営 東海道新幹線/日本橋口、八重洲北口、八重洲中央口、八重洲南口
JR東日本運営 丸の内地下北みどりの窓口、新幹線北乗換口みどりの窓口、新幹線南乗換口みどりの窓口
(参考)JR東日本みどりの窓口がある駅検索

時間ぎりぎりで駆け込んで、切符を買って…などという時に、こんなことをいちいち考えていられないかもしれません。出張が多い方などは事前に余裕をもって、JR東日本管轄のみどりの窓口で購入するようにしたいですね。JRならどこで利用してもビューポイントがしっかり3倍貯まるようになると、なおうれしいんですけどね!

VIEWカードの種類にもご注意!

クレジットカードをたくさん保有している暮角べんり君ビューカードは、JR東日本の関連会社である株式会社ビューカードが発行しているクレジットカードですが、様々な企業との提携カードもたくさん発行されています。そのうち、外部企業との提携カードの中で「TYPEⅡ」として分類されるものは、VIEWプラスの特典を受けることができません。

このあたりについて詳しく知りたい方は、以下のQ&Aにわかりやすくまとめていますので、これからビューカードをつくろうかな…という方はぜひ事前にご覧ください!

以上、ビューカードでポイント3倍をGETするための情報をお伝えしました。知っているのといないのとでは、積み重なれば意外と大きな差に…。ぜひ、ビューカードをお得に活用してくださいね!

ビューカードの公式サイトはこちら

シティカードやアメリカン・エキスプレス・カードといった外資系クレジットカードをこれから作ろうとした時、本当に外資系のクレジットカードで大丈夫なのか?と心配する方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、実際にこれまでにシティカード(現在は三井住友トラストクラブ)やアメリカン・エキスプレス・カードを利用したことがある私の体験談を含め、外資系クレジットカードのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

外資系クレジットカードのデメリット:

まずは外資系クレジットカードのデメリットから。どんなマイナス面があるのかを紹介していきたいと思います。

ヘルプや電話サービスが使いにくい:

落ち込んでいる暮角べんり君まず言えるのが、ヘルプなどのわかりにくさ。例えば、GoogleやAmazonなどのヘルプページを見ても、日本語にはなっているんだけど、意味がわからない…なんていうケースは多々ありますよね。あれと同じようなことはありますね。これはまぁ、海外のクサービスをそのまま日本用に置き換えようとすると、ち仕方ないのかなあとも思います。

電話サービスに関しても、外国の方が利用するように出来ているところもあり、途中に英語でのガイダンスが入ったり、電話専門の暗証番号が必要になったり…と、使いにくさを感じたことがありました(以前のシティカードやダイナースクラブカードで経験)。その意味では、アメリカン・エキスプレス・カードに関しては、電話サービスでそれほど困ったことはないので、このあたりではアメックスに軍配があがりそうです。

ウェブサービスが使いにくい:

これも、さきほどのヘルプなどの話と同様ですね。インターネット利用明細書の閲覧や利用可能残高の確認などができるインターネットのウェブサービスの使い勝手が若干悪いです。

これも海外で作られたものを無理やり日本語版に変えた感じがあるので、使いにくいのは仕方のないところなのかもしれません。時間とともに改善されてはいますが、どこに求めている情報があるのかわからなかったり、ヘルプボタンを押しても解説がよくわからなかったりと結構苦労すると思います(^_^;)。

送られてくる利用明細書が見にくい:

送られてくる利用明細書についても見にくさがありますね。あくまで、私が日本発行のクレジットカードの利用明細書に慣れてしまっているだけかもしれませんが、外資系クレジットカード会社発行の利用明細書は確認しにくい印象を受けました。

ただこれに関しては慣れもあると思います。1年近く利用すると慣れてくるものなので、それほど気にならないかもしれません。

外資系クレジットカードのメリット:

ここからは、外資系クレジットカードの利点について、まとめてみたいと思います。国産にもたくさんのクレジットカードがあるのに、外資系のクレジットカードを作るメリットなんてあるの?という方、ぜひ読んでみてください。

外国でのステータスが高い:

外資系クレジットカードの最大のメリットはやはり、海外でのステータスが高いということ。東洋の島国で発行された、あまり見たことのないブランドマークのついたクレジットカードよりも、世界的に知名度のある金融グループやクレジットカード会社が発行しているクレジットカードのほうが、外国では信用度が高いのは当たり前ですよね。

旅行や出張でよく海外に行くというのであれば、1枚くらいは、日本でも作りやすいアメリカン・エキスプレス・カードなどの外資系クレジットカードを作っておくといいと思います!

海外でのサービスが充実:

外資系発行のクレジットカードの場合、日本でのサービスよりも、むしろ海外でのサービスのほうが充実しているケースも多いですね。アメリカン・エキスプレス・カードなんてその典型ですよね。

ホテルや飛行機の利用が割引になったり、アメックス保有者だけが受けられるサービスがあったりと、海外にいってみると『もっててよかった』と思うこともきっと多いと思います。

以上、外資系クレジットカードのメリットとデメリットをまとめてみました。これから外資系クレジットカードを作ろうかなと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト

kaiyaku_imageテレビCMの大量投下もあってか、発行数を伸ばしている楽天カード。それに応じて、もう使わなくなったから解約しようか…と考えている方、迷っている方も増えているだろうと思います。解約の前に、本当に不要かどうか見極めたいですよね。

ということで、今回は、楽天カード解約前のチェックポイントをまとめてみたいと思います!

楽天カードの最大のメリットは楽天市場でのお得さ:

楽天カードを持つ暮角べんり君楽天カードがお得に使えるのは、何といっても楽天市場。楽天カードを解約してしまうと楽天市場でのポイント還元率が、ガクンと低下してしまいます。解約の前に、もう一度考えてみましょう。

楽天カード払いでポイント4倍:

楽天市場ではスーパーポイントアッププログラム(SPU)によってポイント4倍となります(カード利用分3%+通常のショップポイント1%/2016年10月現在)。この他にも、楽天カード会員だけのポイントアップキャンペーンなども頻繁に行われているので、今後も楽天市場を利用することがあるなら、それだけのために持っていても損はありません。

ここは好き嫌いが分かれるところでもありますが、楽天カードはキャンペーンが多いクレジットカードなので、うまく活用すればお得さ享受できる機会がたくさんあります。

持っていても年会費は無料:

『今や、すっかりアマゾン派。楽天市場なんてもう使わない!』という方なら、解約しても問題ないと思いますが、個人的な経験では、楽天市場で販売されているけれどもアマゾンでは販売されていないというものも、まだまだあります。頻度は低くても、楽天市場も利用するかも…という可能性があるなら、持っていてもいいかもしれません。楽天カードは年会費無料なので、たとえ年に1度も利用しなかったとしても、年会費などの無駄な費用を払う必要性はありません。

楽天トータルでのメリットも考えてみよう:

楽天グループには、楽天市場以外にも楽天トラベルや楽天ブックスなどの、いろいろなサービスがありますよね。これら共通で、楽天スーパーポイントが貯まったり使えたりします。その他、電子マネー「楽天Edy」のサービスでも、楽天カードを持っていると、ポイントが貯まりやすかったりチャージが便利に行えるなどの特典があります。また、楽天カードで貯まった楽天スーパーポイントを、楽天Edyに交換することもできます。

楽天ポイントカードでリアル店舗にも進出中:

また、楽天グループは、楽天ポイントカードでリアル店舗にも積極的に進出中。楽天スーパーポイントは、共通ポイントとして、より魅力を増していく可能性があります。

今後、これらの楽天のサービスがより拡充して行けば、楽天カード保有のメリットは、さらに大きくなるかもしれません。個人的には、これらの可能性を考えて、せっかく楽天カードを持っているのなら、今は使わなくてもそのまま持ち続けることも検討してみてもいいのでは?という気がします。

他の楽天カードに乗り換えるのも一手かも:

若者風な暮角べんり君「まあ、たまには楽天市場も使うかもしれないし、楽天カードを持っていてもいいんだけど…」「でも、それだけのために持つのもなぁ…」などという方は、いっそ、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードなどの上位カードを狙ってみるのも手かもしれませんよ。女性の方なら、楽天PINKカードという選択肢もありますし、ANAをよく利用するならANAとの提携カード楽天ANAマイレージカードへの切り替えという方法もあります。

こういったカードであれば、楽天市場でのお得さだけでなく、様々なサービスもプラスされるため、利用頻度が増えるかもしれません。 これも、ひとつの方法として考えてみてはいかがでしょうか?

それでも解約…という時は、楽天カードの解約自体は電話の自動応答でごく簡単に行えます。ただし、やっぱりあった方がいいかなぁ…と思った時には、また申し込みをし直さなければなりません。楽天カードを解約しようと思った時には、今回ご紹介したチェックポイントを役立ててみてくださいね。

楽天カード株式会社が発行しているクレジットカード

Victoria Square Shopping Centre Belfast
Victoria Square Shopping Centre Belfast / infomatique

クレジットカードには、そのカードで買った商品に自動的に保険が掛けられる「ショッピング保険」が付いているということ、あなたはご存知ですか?実はこれ、意外と知られていないのが実状。今回、初めて耳にするという方も多いのではないでしょうか?

しかし、ネットショッピングが当たり前になり、クレジットカードで買い物をする機会がさらに増えている今、とってもお得なしくみなんですよ。今回は、そんなショッピング保険について具体的に見ていきましょう。

カードで買っておくだけで、壊れた時も安心補償!

カード払いにするか現金にするか…。何かを買った時に、もしも手持ち現金の有無で支払い方法を決めているとしたら損。特に、金額の大きな買い物をする場合には、迷わずクレジットカード払いにすることをおすすめします。

クレジットカード払いにすればポイントが貯まるのもさることながら、購入したその商品が壊れてしまった場合などに補償してくれる、ショッピング保険が適用されるからです。破損状態によって修理代金の負担、もしくは新品に交換してもらえる、というなんとも安心のサービスなんです。

例えば、買ったばかりのテレビに何かをぶつけて壊してしまった場合や、高価な食器を落として割ってしまった場合などでも、保険の対象。故意による破損(つまり保険金目当てでわざと壊す)などという場合を除いて、自分の過失で壊してしまったような場合でも保険対象になります。

現金払いでもついてくるメーカー補償などもありますが、自分で壊してしまった場合には自己負担となるケースがほとんど。それを考えると、なんともお得で便利な保険であることがわかりますよね。

買った物が盗まれても大丈夫。盗難被害にしっかり対応!

さらにこのショッピング保険は、盗難や紛失のケースでもしっかりと保険を適用してくれます。例えば、高価なアクセサリー類を外出先で盗まれてしまっても保険の適応対象。クレジットカードで購入しておくだけでいいんですから、うれしいですよね。

紛失した場合は、自分の責任だから補償されないと決めつけてしまいがちですが、売上票(お客様控え)さえ持っておけば、これも大丈夫。ショッピング保険で補償してくれます。紛失したらショックの大きい高額商品は、リスクヘッジの意味でもクレジットカードで購入するのが安全です。

その上さらに、ショッピング保険はプレゼントした者でも大丈夫。彼女に送った時計が壊れた…なんて時でも補償が受けられます。

ショッピング保険の適応条件:

破損や盗難・紛失などで保険が受けられることは分かったと思いますが、やはり、いつまでもずーっとというわけにはいきません。購入から90日間というのが一般的ですが、イオンカードなどでは180日と長く設定されています。自分が持っているクレジットカードの適用日数をしっかりと把握しておくことが重要です。

また、保険の適応対象外商品があることもチェックしておきましょう。こちらも、カード会社によって多少異なりますが、船舶や自動車、航空機などの乗り物、動物や植物、コンタクトレンズ、有価証券や小切手、携帯電話、食料品、チケット類などは一般的に適応対象外になります。家電などは、ほとんどが適応対象になっています。

そして、補償には限度額も存在します。こちらも、カード会社やカードの種類によって様々ですが、通常のカードで100万円、ゴールドカードなどで300〜500万円がひとつの目安になります。また、1事故につき自己負担額が3,000〜1万円程度はかかることも覚えておきましょう。

なお、クレジットカードによってはショッピング保険自体が付いていない種類もあるので、自身が持っているカードに保険がついているかどうかも調べておいてくださいね。高額なものを買う時のために、1枚はショッピング保険付きのクレジットカードを持っておきたいですね。

なお、クレジットカードのショッピング保険について、もっと詳しく知りたい方は、以下の解説を参考にしてください。

ショッピング保険を徹底解説!現金よりクレジットカードで買った方が安心な理由

クレジットカードを何年か使っていると、舞い込むことがあるのがゴールドカードへの勧誘。「今よりもお得なサービスがついたゴールドカードにクラスアップしませんか?」いった内容のメールや電話、DMなどを貰ったことがあるという方は多いと思います。

しかしなぜ、クレジットカード会社はそこまでしてゴールドカードに加入させようとするのでしょうか?今回は、その理由を簡単に解説してみたいと思います。

クレジットカード会社は、あなたを更にいい顧客にしたい!:

クレジットカードを発行しているクレジットカード会社は、営利企業。いうまでもなくクレジットカードを発行して、どんどん使ってもらうことで利益を得ているわけです。だから、たくさん利益をもたらしてくれる、「いい顧客」が欲しいわけなんですよね。

ゴールドカードを持ってもらえれば、利益が増える:

お金持ちな暮角べんり君そこでゴールドカードの出番です。あなたにゴールドカードを持ってもらえれば、クレジットカード発行会社は、更なる利益を得られるようになります。

年会費収入が得られる:

代表的なところが年会費。今は年会費無料のクレジットカードも多いですが、ゴールドカードに切り替えてもらうことで数千円から~1万円程度の年会費が得られるため、その分だけカード会社の収益アップにつながります(サービスの提供にもまわされるので、すべてが利益になるわけではありませんが)。

自社のコア顧客になってくれる:

クレジットカードは何枚でも持てますし、いつでも解約して他のカードの乗り換えることもできます。そんな中で、ゴールドカードへとランクアップしてくれる会員は、クレジットカード会社にとって、自社のファンともいえる有力なお客さん。そういう固定客になってくれる人を増やすことも、長い目で見て利益アップにつながるでしょう。

更に利用金額も増える傾向に:

また、ゴールドカード会員は、自ずと利用金額も多くなります。利用限度額自体も大きくなりますし、心理面でも、ゴールドカードを持つことで、少しランクアップしたような気持になり、消費も活発になるようです。

このように、一般のクレジットカードからゴールドカードへのグレードアップの勧誘に成功すれば、クレジットカード会社は今よりも更に利益を得られるようになる、というわけですね。

ではゴールドカードにランクアップさせる必要性はないのか?

では、ゴールドカードへのお誘いが来た時には、そうすればいいのでしょうか?クレジットカード発行会社を儲けさせるだけだから、ゴールドカードに変更する必要性はないのでしょうか?

それは、あなた次第です。ゴールドカードは年会費もかかりますが、その分、付帯保険の充実や一般カードにはない付帯サービスが付います。また、利用限度額が大きくなることや、海外での使い勝手がいいなどの、ゴールドカードならではのメリットもあります。そういったサービスに魅力を感じる方は、ひとつの機会として活用してみてもいいと思います。クレジットカード会社の方から勧誘されたのなら、審査に通る可能性は高いはずです。

年会費を上乗せしてでもゴールドカードが欲しいかどうかを検討してみてくださいね。ちなみに、現在では年会費が格安のゴールドカードも出てきています。現在使っている一般カードをゴールドカードに変更するのではなく、新しく別のゴールドカードを作るというのも立派な選択肢なので、そちらも合わせて検討してみてくださいね。

お薦めのゴールドカードを集めた特集

イオンのお客さま感謝デーを徹底調査&活用法のまとめ

 『20日30日は5%オフ♪』という耳に残るあのメロディ。もはや主婦の方であれば100%知っているのでは…と思われるのが、イオンのお客さま感謝デー。イオンやジャスコといったスーパーマーケットでお得に買い物ができると非常に人気のサービスですよね。

しかし、そんな超有名な割引デーにもかかわらず、この5%割引がどのようなケースでどのように適用されるのか?という点については、意外と正しくご存知ない方も多い様子。イオンカードを持っている人がイオンカードで支払った場合のみ、5%割引が適用される考えている方もいるようですが、そうではありません。

そこで今回は、イオンのお客さま感謝デーについて徹底的にまとめてみたいと思います。これを読んで頂ければ、今までよりも更にイオンを賢く使うことが出来るはずですよ!

 

イオンのお客さま感謝デーの概要:

まずは初歩編としてイオンお客さま感謝デーの適用条件をまとめてみます。どのような場所でいつ、割引対象になるのかを下記の表でご確認ください。

項目名 解説
開催日 毎月20日と30日
対象商品 セール品や金券などの一部の商品を除き、ほぼ全てが対象
割引 税込金額から5%オフ
対象店 イオングループ各社の全国のお店
対象店例 全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗。イオンレイクタウンKAZE、イオンモールなどでも開催(例外はあるが、それらの中に入っている店舗も5%オフを実施)。

要するにイオン系列のお店やモールで毎月20日、30日に5%オフが受けられるのが、イオンのお客さま感謝デーということになります。

5%オフになるのはイオンのスーパーマーケットだけではない:

読書中の暮角べんり君(当カードサイトのキャラクター)イオンのお客さま感謝デーは、イオン(旧ジャスコ)の店舗だけではありません。イオングループ各社の店舗やイオンモールに入っているようなお店(薬局、ブランドショップ、洋服販売店、ペットショップなど)でも5%割引の特典を受けることが可能。普段はなかなか割引が受けられないお店でも特典を受けることができます。

また、お店によっては5%オフではなく、なんと10%オフや20%オフ特典を設けている例もあります。

イオンレイクタウンKAZEでの5%以上の割引例:
お店の名前 お客さま感謝デー割引率 解説
BoConcept 10% 有名インテリアショップ
アトリアン 10% ギフトや印鑑
ハピネス 10% ブランド品の販売ショップ
ジャムジャイヴ 10% メンズ・レディースファッション
サザンウィンドフィールズ 20% ライフスタイルショップ 

このようにイオンのお客さま感謝デーは非常にお得な日であることは疑いようがないと思います。まとめ買い、買い溜めなどに向いていますね。

 

お客さま感謝デーの適用条件まとめ:

中級編として、次にお客さま感謝デーはどういったケースで受けることが出来るのか?をまとめてみたいと思います。多くの方がイオンカード提示で5%引きになると思っているとおもいますが、それを全面否定しちゃいます。

お客さま感謝デーで、5%割引を受けられる支払い方法:

このようにあくまでイオンお客さま感謝デーで5%割引を受けるために必要なのは、イオンカードの「提示」です(POSレジに通す必要があるので一旦、店員さんにカードを渡します)。提示した後の支払いは、現金や商品券などでも大丈夫。もちろん、そのままイオンカード払いにしてもOKです。

イオングループのお店でイオンカードで支払いをすると、200円(税込)で2ポイントのクレジット利用ポイント(ときめきポイント)がもらえますので、お客様感謝デーの5%『オフと合わせて、実質6%割引ということになります。これは、かなりお得ですね!

イオンカードで5%割引を受ける方法:
5%割引を受ける方法 支払い 解説
イオンカード提示 イオンカード払い 提示での5%割引が受けられるだけでなく、利用額に応じてイオンカードのときめきポイントも貯まります(実質的な割引率6%)。
現金払い イオンカードを提示した後、現金で支払っても5%割引を受けることは可能。
イオン商品券払い
イオンギフトカード払い
イオンカードを提示した後、イオン商品券やイオンギフトカードで支払っても5%割引に。
イオンバンクカード提示

現金払い
イオン商品券払い
イオンギフトカード払い

イオン銀行に口座(作成無料)を持っている方が作れるイオンバンクカード保有者であればイオンお客さま感謝デーで5%割引を受けることが可能。
イオンオーナーズカード イオンの100株以上の株主であれば貰えるイオンオーナーズカード提示でも5%の優待割が可能。

 

■イオンカード提示ではなくイオンカード提示(お預かり)な理由:
イオンの公式サイトにはイオンカードの提示(お預かり)という記載があります。なぜお預かり…という言葉が書かれているのかというと、POSレジに通すために、一旦店員さんに渡す必要があるため。これは推測ですが、有効期限の切れたイオンカードを提示したり、他人名義のイオンカードを見せて5%引きを受けようとする利用者を防ぐためではないかと思います。

WAON払いでも、5%割引を受けられる:

イオンバンクカードイオンカードを持っていなくても、イオン関連のカードを持っていれば、提示により5%の優待割引を受けることができます。特にイオンバンクカードは、イオン銀行に口座を開設するだけで簡単に作ることが出来るカード。イオンカードはちょっと…という方でも、これなら手軽に作れますね。

イオンカード以外で5%割引を受ける方法:
5%割引を受ける方法 支払い 解説
イオンバンクカード提示

現金払い
イオン商品券払い
イオンギフトカード払い

イオン銀行に口座(作成無料)を持っている方が作れるイオンバンクカード保有者であればイオンお客さま感謝デーで5%割引を受けることが可能。
イオンオーナーズカード イオンの100株以上の株主であれば貰えるイオンオーナーズカード提示でも5%の優待割が可能。

WAON払いでも、5%割引を受けられる:

三井住友VISAカードで作れるWAONカードイオンカードは作りたくないし、イオン銀行に口座を開くのもめんどう。イオンの株主になるのは、難しい…、そんな方は、電子マネーWAONを利用しましょう。イオンのお客さま感謝デーにWAON払いをするだけで、5%引きを受けることが可能です。

しかもこのサービス、イオンで300円で作れるWAONカードはもちろん、三井住友VISAカード保有者が無料作成できるWAONカードや、JALマイルが貯まるJMB WAONカードなども対象です。要するに、どんなWAONカーソであっても、イオンのお客さま感謝デーでWAON払いをするだけで、5%割引が受けられる…というわけ。これなら、全く手間はかかりませんよね。もちろん、200円に付1ポイントのWAONポイントも貯まります。

■「モバイルWAON」支払いでも5%オフ:
もちろん、おサイフケータイ対応の携帯電話やスマホ等で使える「モバイルWAON」でもOK。これなら発行費用も0円で済むので、よりお得です!

 お客さま感謝デーをさらに堪能する方法:

最後にお客さま感謝デーを最大限に活用する方法を紹介します。5%割引だけでは済ませない!お客さま感謝デーが更に割引率の高い日に変わります。

お客さま感謝デーではイオンカードで支払いをする:

イオンカードを提示するだけでなく、支払いもイオンカードで行いましょう。イオンカードを利用すると、利用金額に応じて200円に付き1ポイントのときめきポイントが貯まるため、実質的な割引率は約6%に。5%割引のお客さま感謝デーを更にお得にすることができます!

イオンカード提示後に現金払いで支払いをしている…という方は、イオンカード払いに切り替えてみてくださいね。

同様にイオン商品券を使ってもOK:

金券ショップなどで2%オフ程度で入手できるイオン商品券を使ってもOK。

イオンカードやイオンバンクカードなどを提示して5%オフにしてもらった後に、2%オフで手に入れたイオン商品券やイオンギフトカードを使って支払えば、合計で7%以上もの割引率にすることもできます。小さい節約かもしれませんが、高額商品を買う場合や、まとめ買いの時などには活躍してくれること間違いなしです。

イオンわくわくデーは、WAONだけが対象に:

2016年6月から、イオングループのお店でイオンカード決済すると、「いつでもときめきポイント2倍(税込200円で2ポイント)」になっています。そのため、毎月5日・15日・25日に開催されていたイオンカード支払いでポイント2倍になる「イオンのわくわくデー」は廃止されました。

ただし、毎月5日・15日・25日のWAON決済でWAONポイント2倍の「イオンわくわくデー」は今後も継続されます。JMB WAON の場合は獲得できるJALマイルが2倍になります!

イオンのお客さま感謝デーまとめ:

レスキュー隊員になった暮角べんり君このように、みなさんがよく知っている「20日30日は5%オフ♪」のイオンのお客さま感謝デーも、掘り下げていくと更にお得に使いこなす方法があるということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

単純に5%割引を受けるだけであればWAONカードを持つだけで充分ですし、それ以上にきっちり割引を得たい方は更なる組み合わせを利用して家計の節約をすることも可能です。是非、イオン側が困ってしまうほど、イオンのお客さま感謝デーを有効利用してみてください。

イオンカードには多彩な魅力有り:

最後に、ここまで説明してきたようにイオンカードにはイオンカードの魅力がたくさんあります。是非、そのあたりも考慮していただいた上で、イオンカードを持つか、イオン銀行で口座を開くか、はたまたWAONカードのみで乗り切るか…を考えてみてくださいね。

きっとどの方法でも、今よりももっと、お客さま感謝デーを活用できるはずですよ。

イオンカードの公式サイトはこちら

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

お薦めクレジットカテゴリー

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

ピックアップ記事

一覧を見る

カテゴリー一覧

アーカイブズ

タグ一覧

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動