メニュー

クレジットカードと口座振替、電気料金の支払いはどちらがおトク!?

電気代のクレジットカード払いがお得なケースと損なケースのまとめ

家電製品を省エネタイプにしたり、こまめに照明を消したり待機電力を減したり…などといった節電も大事ですが、電気料金の支払い方法を工夫することでも家計の節約ができるなら、ぜひ見直しをしたいですよね。電気料金の支払いは、どうすればお得なのでしょうか?クレジットカード?口座振替?

そこで今回は、電気料金の支払い方法について徹底解説。一般的にクレジットカード払いをすると、電気代の支払いはお得になる…と思われることも多いのですが、実はそうではないケースもあるといったあたりに重点をおいて書いていってみたいと思います。

電気代の支払い方法にはどのようなものがあるのか?:

まずはじめに知るべき点は電気代の支払い方法にはどのようなものがあるのか?ということ。これを把握しておかない限りには、どの支払い方がお得かなんてわかるはずもありませんよね。

わかりやすく各種支払い方法を表にまとめてみます。

電気代の支払い方法まとめ:
支払い方法 利用者数 解説
銀行口座引き落とし 多い 金額が確定したら、銀行口座から直接その電気料金が引き落とされる方法。多くの方が利用している。
クレジットカード払い 多い 最近、利用者が増えている支払い方法。クレジットカードで電気料金を支払うことでポイントが貯まるため人気。
コンビニ払い 普通 毎月、電力会社から届く支払い用紙を使って、コンビニで支払う方法。セブンイレブンやローソンといった大手なら対応してくれる。
銀行や郵便局 普通 コンビニ払い同様、電力会社から送られてくる支払い用紙を使って電気代を支払う方法。
電力会社の窓口 少ない 電力会社の窓口に支払い用紙を持っていくことで電気代を支払う方法。窓口によっては支払い対応してくれない場所も。

一般的には銀行口座引き落とし(口座振替)かクレジットカード払いを利用している方が多いのではないでしょうか?コンビニ払いや銀行払いなどはもはや、かなり少数だと思われます。

電力料金は支払い方法によってお得さが異なる:

次に、支払い方法によってどのような割引やポイント優遇があるのかを見て行きましょう。

支払い方法のお得さのまとめ:
支払い方法 割引など 概要
銀行口座引き落とし 有り 銀行口座から引き落としが行われる度に、52.5円の口座振替割引有り。1年間で考えると630円の電気料金割引を受けられる。
クレジットカード払い 有り 電気料金の金額によって、クレジットカードポイントが貯まる。どのくらいのポイントが貯まるかは、支払いに使うクレジットカードによって異なる。
コンビニ払い 基本無し 深夜でも祝日でも支払いが出来るのは利点だが、割引などは無し。ファミマTカード利用などの例外はあるが、恩恵は少ない。
銀行や郵便局 無し 銀行窓口での支払いでは割引無し。
電力会社の窓口 無し 電力会社の窓口での支払いでは割引無し。

ご覧いただければわかるように、銀行口座引き落としかクレジットカード払いを利用しないと、電気料金の割引を受けることはできません。つまり電気代の節約を考えているのであれば、どちらかの支払い方法を使うしかない…ということです。

 

電気料金の節約を考えているのであれば
銀行口座引き落としかカード払いで払おう!

銀行口座引き落としとクレジットカード払い、どちらがお得なのか?

電気料金の節約を考えているのであれば、銀行口座引き落としかクレジットカード払いがよい…というところまではおわかりいただけましたよね。ここで今回のテーマ、『では、どっちの支払い方法がお得なの?』というところです。

次にこれを解説していきましょう。

銀行口座引き落としのメリット:

経理作業をする暮角べんり君(当サイトのメインキャラ)銀行口座引き落としで電気代の払い込みをした場合、どのくらいの節約ができるのでしょうか?2016年11月現在、月間54円、年間648円の割引を受けることが可能です。

この口座振替割引は東京電力、関西電力、中部電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力の大手電力会社であれば受けることができます。北海道電力、東北電力、沖縄電力は口座振替割引がありません。

銀行口座からの引き落とし金額にかかわらず52.5円の割引:

この54円の割引は銀行口座からの引き落とし金額にかかわらず常に54円の割引となります。電気代が月に3,000円の一人暮らしの方も、月に5万円使っている大家族の方も一律54円の割引です。

月額電気代の例 割引金額 請求金額 割引率
1000円

54円

1,080円 約5%
5000円 54円 5,400円 約1%
1万円 54円 10,800円 約0.5%
2万円 54円 21,600円 約0.25%
3万円 54円 3,176円 約0.17%

割引率の視点で考えると、大家族で電気をよく使う方であればあるほど割引率は低く、一人暮らしの節電派の方であればあるほど割引率が高くなります。

クレジットカード払いの利点まとめ:

ベンリスター電気料金をクレジットカード払いするメリットは、やはりクレジットカード利用ポイントが得られるということ。結果的に、その分だけ節約になります。

ただ一言にクレジットカードといっても、どのクレジットカードを利用しても同じ分だけポイントが溜まっていくわけではありません。電気料金の支払いに向いているクレジットカードもあれば、あまり電気料金ではポイントが貯まらないクレジットカードも存在します。

ここではわかりやすくポイント還元率0.5%、1%、1.5%の3つで比較してみましょう。

クレジットカード払いで節約できるポイント:
月額電気代の例 還元率0.5% 還元率1% 還元率1.5%
1000円 5円 10円 15円
5000円 25円 50円 75円
1万円 50円 100円 150円
2万円 100円 200円 300円
3万円 150円 300円 450円

このように、クレジットカード払いでは、銀行口座引き落としと比べ、毎月の電気代が高い方であればあるほど節約できる金額が多いことがわかります。

銀行口座引き落としとクレジットカード払いのどちらがお得なのか?

銀行口座引き落としの利点とクレジットカード払いの利点をご理解いただいた上で、では、どちらがお得なのか?というと、もはや言うまでもないですよね。

結論としては毎月、得られるクレジットカードポイントが54円よりも多い場合にはクレジットカード払いを利用し、それ以下であれば銀行口座引き落としを使うほうがお得ということになります。

先ほどの表をわかりやすく色をつけてみます。

月額電気代の例 還元率0.5% 還元率1% 還元率1.5%
1000円 5円 10円 15円
5000円 25円 50円 75円
1万円 50円 100円 150円
2万円 100円 200円 300円
3万円 150円 300円 450円

だいたい月間電気代が1万円を超えてくるあたりでクレジットカード払いのほうがお得になることが、一目瞭然でおわかり頂けるかと思います。 

その他、クレジットカード払いの利点も:

家計のやりくりに困る暮角べんり君なお、ポイントによる直接的なお得さ以外にも、クレジットカード払いには銀行口座引き落としにはない利点がいくつかあります。簡単に箇条書きにしておきますね。

同じくらいの節約金額であれば、クレジットカード払いにしておくほうが総合的に私は価値やメリットがあると思っています(現に私も今、電気料金の金額は少ないけれどもクレジットカード払いを利用中)。

  • クレジットカード払いは銀行口座引き落としよりも支払いを先延ばし出来る。その分だけ、銀行口座内にお金を貯めておくことが出来る(家計にゆとりが出来る)。
     
  • クレジットカードの中には年間の利用金額が多いと翌年のポイント獲得分を増やしてくれるものがある。電気料金の支払いもその分に含めてもらえる。
     
  • 毎月クレジットカードを利用するとクレジットヒストリーが育ち、利用歴を良くすることができる。それによって、住宅ローンや車のオートローンなどを借りる時に有利になることも。
     
  • 電気料金の他にもガス料金やNHK受信料などもまとめてクレジットカード払いにすることで、引き落とし日を統一させることが出来る。バラバラだと家計の管理が面倒に。
     

こんなところでしょうか。特に、良いクレジットヒストリーづくりのために、毎月の公共料金支払いはおすすめですよ!

今回のまとめ

喜んでいる暮角べんり君

以上、今回は電気代のカード払いが損になるケースとお得になるケースのまとめでした。電気料金支払いはクレジットカード払いのほうが問答無用でお得だ!と思っていたのに、実は意外と損していた…などという方もいらっしゃったたのではないかと思います。

また、電気代などの公共料金は、毎月必ず発生し、長く続くもの。利用するクレジットカードによってもお得度が大きく変わります。月間の電気料金の支払いが多いという方や、ガス代や水道代などをまとめてお得なクレジットカードで支払いたいという方は、ぜひ、この機会に公共料金の支払いでお得なクレジットカードかどうか、見直してみてくださいね!

公共料金の支払いでお得なクレジットカード

年会費無料の楽天カードでは入会キャンペーンとして、入会+利用するだけで5000円分以上の楽天ポイントがもれなく全員にもらえるキャンペーン実施中!楽天カードは楽天市場でお得なことはもちろん、エネオスでポイント2倍になるためガソリン代節約にも効果的ですよ。
公式サイトはこちら

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

お薦めクレジットカテゴリー

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

ピックアップ記事

一覧を見る

カテゴリー一覧

アーカイブズ

タグ一覧

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動