メニュー

最新情報・コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客満足度No.1をキャッチフレーズに、TVCMなどでも勢いを見せている楽天カード。年会費無料であることや、楽天市場でのお得さなどがその人気の裏付けになっていると思いますが、実は多くの方が楽天カードを持つキッカケになったのは間違いなく『入会キャンペーンで楽天ポイントが5000円分がもらえる』ことではないかと思います。時期によっては、さらに上乗せされて7,000ポイントや8,000ポイントになることもあります!これにはちょっと、心が動きますよね。

しかし・・・年会費も入会金も無料の楽天カードを作って1度利用するだけで5000円分もの楽天ポイントがもらえるって、考え方によってはちょっと怪しいですよね。神経質な方や疑い深い方なら、『何か裏があるんじゃないの?』と思ってしまうかもしれません。そこで今回は、楽天カードの入会キャンペーンではなぜ5000円分もの楽天ポイントを全員にプレゼント出来るのか?について書いてみたいと思います。

楽天カードの公式キャンペーンサイトはこちら

無料の楽天カードで5000円分ものポイントが貰える理由:

楽天グループ内で使ってもらえるポイントだから:

目がハートになっている暮角べんり君まず一番大きな理由がコレ。5,000円分のポイントは楽天市場などで利用できる楽天スーパーポイントであり、もらったポイントの多くがそのまま楽天市場内で消費される可能性が高いためです。

楽天カードを発行する楽天グループとしてみれば、楽天市場をはじめとする楽天のサービスを少しでも多く使ってもらうことが重要。その流通量を増やすために日々試行錯誤をしています。一見、無料の楽天カードを作ってもらうためだけに5,000円分もの楽天ポイントを付与すると大きな赤字になってしまいそうですが、それを楽天グループ内で利用してもらうことができれば、さらに次の売上につながる可能性などの二次的効果が期待できます。もし、楽天カード保有者がそのまま楽天市場のヘビーユーザーにでもなってくれれば、お釣りがくるかもしれません。

楽天スーパーポイントポイントではなく、5,000円分のギフト券などでプレゼントしてしまうと、自社グループとは関係の無いデパートで使われたりしてグループ内に還元されません。自社内で利用される楽天スーパーポイントだからこそ、ポイントを大盤振る舞いしても大丈夫なんですね。

楽天カードキャンペーン公式サイトはこちら

期間限定ポイントだから:

ここはちょっとずるい感じがするところではありますが、もらえる5,000円分のポイントの一部は、期間限定ポイントになっています。簡単に言えば、「有効期限のある楽天ポイント」です。

基本的には、2,000ポイントは入会時にもらえる有効期限なしの通常ポイント、残りの3,000ポイントは、指定された期間内にカードを初回利用した場合に発行される期間限定ポイント、というかたちです。

期間限定ポイントは、うっかり使い忘れてしまえばその価値は0円。このあたりは、「とりあえず5,000円分発行するけど、全て使われたら大変・・・」という思惑が、ちらりと見え隠れしますよね。そうでなければ、すべて通常ポイントでいいわけですしね^^。

つまり、楽天としては、「3,000円分のポイントを使い忘れてくれる人」の比率をある程度見積もっていると思われます。

3000円分付与×100%の人が利用=全員に3000円付与したのと同じ
3000円分付与×60%の人が利用=全員に1,800円付与したのと同じ

このように、6割の人しかポイントを使わなければ、ひとりあたりに発行したポイントは実質的には1,800円分ということになります。実際のポイント利用率はわかりませんが、これまでの利用実績などから見積もっているのかもしれません。もちろん、みなさんは楽天市場の思惑に負けず、しっかり5000円分のポイントをすべて使ってくださいね。

基本的にはインターネット上でしか募集していないカードだから:

最後に楽天カードはインターネット上を中心に募集されているクレジットカードであるということも挙げられます。最近はテレビCMも目立ちますが、雑誌広告を掲載したり、駅ビルなどに勧誘スタッフを配置して宣伝したりなどといったプロモーションは行っていません。募集受け付けもインターネット上でのみしか行っていません。

結果としてインターネット上で多くの楽天スーパーポイントをプレゼントしても回収が可能と考えているのでしょう。

一般に年会費無料クレジットカードの会員獲得費用は、1人あたり15,000円~20,000円程度と言われています(会社によってもちろん違います)。そのうち5000円をポイントとしてプレゼントしているだけ・・・と考えると、わかりやすいのかもしれませんね。

楽天カード入会キャンペーン公式サイトはこちらから

楽天カードは、いま魅力的なクレジットカード:

以上、楽天カード申し込みでなぜ全員に5,000円分のポイントが貰えるのか?について、考えられる3つの理由を紹介させていただきました。

言えることは、楽天カード側は、それだけ多くのポイントを発行してでも、まだまだカード会員数を増やそうとしているということ。消費者側としては、「そういう勢いに、乗らない手はないですよね。こういったポイントプレゼントキャンペーンは、いつ終わってしまうかもわかりません。どうせカードをつくるなら、勢いがあるうちの方がお得。年会費無料、発行手数料無料の楽天カードは、様々な生活のシーンでみなさんを助けてくれるはずですよ。ぜひ、キャンペーンで5,000ポイントをGETしてください。

楽天カード入会キャンペーンページ 楽天カードの紹介ページ

Mistakes
Mistakes / plindberg

あなたが今持っているそのクレジットカード、本当にお得なクレジットカードですか?「クレジットカードなんて、どれでも機能は同じでしょ?」と思っている方は意外と多いもの。しかし、実際にはクレジットカードごとに機能やサービス、ポイント制度は異なるため、もしかするとみなさんが今使っているそのクレジットカードは、ダメクレジットカードである可能性もあります。

もちろんどのクレジットカードがいいかは人それぞれ。しかし、ダメなクレジットカードはどんな風に利用でもダメなことも多いので、ぜひ、この機会に見なおしてみてくださいね。

1.銀行で勧められるがままに作ったクレジットカード:

あなたの持っているクレジットカードが、キャッシュカード一体型のクレジットカード、もしくは銀行で銀行口座を開設する際に勧められた作ったクレジットカードだったら、見直してみた方がいいかもしれません。

全てとは言いませんが、銀行で勧められるクレジットカードではごくごく普通の機能しか付いていない平凡なクレジットカードである場合が多いので、家計の節約という観点で考えるとあまり効果的でない場合もあります。しかも年会費が有料な場合が多く、カードはほとんど使わないのに年会費だけ払っている…などという状態にもなりかねません。

銀行で勧められるままに受身で作ったクレジットカードを持っているという方は、ぜひ、一度、見直しをかけてみてはいかがでしょうか?

2.年会費が1,000円~1,800円程度かかっているクレジットカード:

あなたの持っているクレジットカードが、年会費1,000円~1,800円程度という場合も、要注意。かなりの確率で、そのクレジットカードは見直した方がいいです。

今や、年会費無料のクレジットカードが多数存在します。そして、それらの年会費無料クレジットカードの多くは、年会費が1,000円~1,800円程度かかるクレジットカードとほぼ同等の機能やサービスを持っています。逆にいえば、年会費1,000円~1,800円程度のクレジットカードでは、それほど多くのサービスや特典は期待できないということ。つまり、単なる年会費の払い損である可能性が高いと言えます。

同じ年間30万円を利用した場合でも…:

ちなみに、年会費が1,500円で、1,000円利用ごとに5円分(0.5%)のポイントが貯まるクレジットカードの場合、ポイントだけで年会費の元を取るためには年間30万円の利用が必要になりますよね。つまり、30万円の利用でプラマイゼロということ。同じ年間30万円の利用でも、年会費無料で還元率1%のクレジットカードを使えば、3,000円分のポイントをGETできます。この差は、結構大きいと思いませんか?

3.過去2年以内にポイント交換をしたことがないクレジットカード:

経理作業をする暮角べんり君(当サイトのメインキャラ)クレジットカードのポイントを使ったことがない。周りの友人はどんどん商品券や電子マネーなどと交換しているのに、なぜ?などと言う方にも、見直しをおすすめします。その理由はもちろん、あなたが持っているそのクレジットカードのポイントプログラムがあまりお得なものではないため。使っても使ってもポイントが貯まりにくいのは、そもそもポイントが貯まりにくいクレジットカードだからです。

ポイントが溜まりやすいクレジットカードと貯まりにくいクレジットカードでは、実に5倍近くもの差がある場合さえあります。言い換えればポイントが溜まりやすいクレジットカードさえ使えば、最大で5倍以上のスピードでポイントが貯まるようになる可能性があるということ。これは非常に大きいですよね。

使いやすさも大切:

また、ポイントは貯まりやすさだけではなく使いやすさも大切。大量に貯まらないと使えず、しかも有効期限があるようなポイントは無駄になる可能性が高いです。1ポイントから支払いなどに利用できるクレジットカードや、ある程度貯まると電子マネーポイントなどに交換できるクレジットカード、Tポイントなどの共通ポイントが貯まるクレジットカードなど、ポイントを使いやすくしているクレジットカードはたくさんあります。自分の持っているクレジットカードのポイントプログラムはお得か…?もう一度見直しをしてみてください。

もし、いずれかに当てはまるクレジットカードを持っている場合は、ぜひこの機会に、見直しを行ってみてください。ポイントが貯まりやすく、魅力的なサービスが付いたクレジットカードを手にすれば、日々の生活はもっともっと明るく楽しくなるはず。クレジットカードなんてどれも同じでしょ?などと思っているあなたこそ、ぜひ、見直しを行ってみてください。

当サイトおすすめめの、お得なクレジットカード

クレジットカードに申込みをしたものの、「やっぱりこのカード、要らないな!」と思い直すことがあるかもしれません。こういう時は、どのようにしたら良いでしょうか?簡単にまとめてみたいと思います。

基本的には途中では止められない:

クレジットカードをたくさん保有している暮角べんり君結論から先にいってしまうと、クレジットカードの入会手続きは、基本的には申込後に途中で止めることはできません。

最近は、審査がスピードアップされているので、申し込み後すぐに審査手続きに入る場合も多く、個人信用情報機関にあなたの履歴情報を照会しているかもしれません。その場合は、仮に発行を中止できたとしても、あなたがクレジットカードに申し込んだという記録は、残ってしまいます。

ただし、問い合わせてみる価値はある!?

しかし、対応が遅いクレジットカード会社であれば、全く手続きを開始していない場合もあるかもしれません。どうしても中止したい場合には、ダメもとでクレジットカード会社に電話をして「入会手続きを止めてほしい」と相談してみましょう。運が良ければ、手続きに入る前に止めてもらえるかもしれません。

すでに審査が完了している場合は停止は無理:

すでに入会審査が完了し、クレジットカードを発券中…という状況になると、どうやっても入会手続きを止めることはできないでしょう。ゴールドカードやプラチナカードのように年会費が発生するクレジットカードの場合には、その時点ですでに年会費の発生が確定します(支払いが必要だということ)。

その段階まで来てしまっているのであれば、自分がクレジットカードを申し込んだという事実を受け入れるしかありません。もちろん、カードを使う使わないはあなたの勝手です。

解約する場合はタイミングを考えよう!:

入会直後に解約することもできます。ただし、ここで注意したいのは、それはあまり好ましくないということ。クレジットカード発行会社の立場に立ってみれば、あなたのために審査をし、クレジットカードを作り、それを郵送しているわけです。それにも関わらず1度も利用せずにすぐに解約されてしまったら、あまりいい印象は持たないですよね。今後、あなたが、また同じ会社のクレジットカードを作ろうとした時に影響する可能性もゼロとは言えません。また、個人信用情報機関にもクレジットカードを保有したという履歴はしっかりと保存されます。

年会費がかかるクレジットカードの場合は、せっかく作ったのなら次の年会費支払いの前まで待って解約すれば無駄がありません。また、年会費無料のクレジットカードであっても、せめて数ヶ月程度は保有して、何度かは使ってあげるなど、クレジットカード発行会社の心象を悪くしないような対応をした方が、後々のためにいいと思います。

もちろん、「やっぱり要らない」などということにならないように、よく考えて申し込むのが一番ですね!

今よりもお得なクレジットカードを作ろう

Apple Pay2016年10月25日、ついにApple Payのサービスが日本でもスタート。新しく提供される最新iOSのソフトウェアアップデートを適用するとApple Payのサービスが利用できます。当初9月9日に書いたこの記事を、本日の情報で更新します。

現状までにわかっていることをまとめておこうと思います。少し長くなりますが、最後まで読んでいただいて、少しでもお役立ていただければと思います。

このページの目次:

Apple Payとは?

まず最初に、Apple Payとはどんなサービスなのか?について、ざっくりと説明しておきましょう。「そこはよくわかっているから、クレジットカードに関連する情報について知りたい!」という方は、ここは飛ばして次に行ってくださいね。

Apple Payは、Appleが提供するモバイル・ウォレットサービス:

弁護士風の暮角べんり君2(当クレジットカードサイトのキャラクター)Apple Payは、Appleが提供するモバイル・ウォレットサービス。簡単に言えば「クレジットカードやプリペイドカードなどをiPhoneやApple Watchに入れておいて、支払いに使うことができる電子財布サービス」です

世界的に見ると、2014年にまずはアメリカでスタート。現在9か国で提供されている決済サービスで、今年中に日本以外にスペインでも開始予定される予定です。

自分のApple IDに紐づけてクレジットカード等の情報を端末に登録しておけば、店舗で読み取り機にタッチするだけで、そのカードでの決済が可能。カード本体を出すことなく、サインも不要で決済が完了します。さらに、アプリ内での支払いや、Apple Pay対応のショッピングサイトでの支払いも行えます。

Apple Payの特徴:
  • Apple IDでサービスにログインして、クレジットカードやプリペイドカードを自由に登録・変更できる
  • 複数のカードを登録し、切り替えて支払似に使える
  • 店舗ではiPhoneなどの端末をかざして電子マネーと同じように非接触で支払いができる
  • アプリ内での支払いやApple Payに対応するショッピングサイトでの支払いもできる
  • クレジットカード情報は端末内で暗号化され、Appleや支払先の店舗に残らず安全

 

つまり、Apple Payを利用すれば、クレジットカードを持ち歩く必要はなくなり、ネットショップでもいちいちカード情報を登録しなくても支払える。しかも安全に…、ということなんです。カードはすべてiPhoneの中にある…、というわけですね。

日本のおサイフケータイとは別物:

ちなみに、Apple Payは、これまで日本で使われてきた「おサイフケータイ」とはまったく別のサービス。「Felicaが採用され、Suicaが使えるようになった」ということで、「iPhnoeがおサイフケータイに対応した」とか、「Apple Payは電子マネーだ」などと思っている人もいるようですが、そうではありません。

最初にも説明したとおり、Apple Payは、複数のクレジットカードもプリペイドカードを入れておけるモバイル財布です。

おサイフケータイとApple Payの比較:
 利用条件 おサイフケータイ  Apple Pay
対応機種 おサイフケータイ対応(Falica搭載)の携帯電話、スマートフォン iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2の日本向けモデル(Falica搭載)
決済方法 登録した電子マネーで決済 店舗ではiDまたはQUICPayとして決済
オンラインではApple IDで決済
(後で詳しく説明)
チャージ・清算など

前払い電子マネーの場合は、現金チャージ、クレジットカードチャージ
後払い電子マネーの場合は特定のクレジットカードと紐づけてその利用料として支払い

クレジットカード、プリペイドカード、など。
複数登録して随時切り替え可能

決済・管理アプリ 個々の電子マネーごとの専用アプリが必要 Apple Payのアプリですべてを管
サービス提供元 個々の電子マネー提供会社 Apple
情報の記録 電子マネー提供会社が利用履歴などを一元把握。マーケティング活用している カード情報、取引情報、個人情報をApple側、小売店側で一切記録しない

Apple Payに登録できるクレジットカード:

ここからは、クレジットカードに関する話に移ります。まずは、Apple Payではどのようなクレジットカードが利用できるのか見ていきましょう。

登録できるクレジットカードの種類:

Apple Payの公式サイトでは、利用できるクレジットカード(ブランドと発行会社)が以下のように紹介されています。

applypayで使えるクレジットカード

2016年9月9日段階のキャプチャ

アメックス、JCB、MasterCardブランドと11のクレジットカード会社と提携:

その後、楽天カードが対応を発表しましたので、サービス開始時点で、国際ブランドとしてはAmerican Express、JCB、MasterCardの3ブランド、そして11社のクレジットカード発行会社がApple Payと提携しています(JCBとAmerican Expressはカード発行も行っているので、これを加えると13社)。

Visaブランドのクレジットカードは?

まず気になるのは、発行枚数世界一で、日本でも多くのクレジットカードに使われているVisaが含まれていません!これについてVisaは、「グローバルモデルではApple PayのNFCに対応しているものの、日本モデルだけがFeliCa搭載という特殊な端末仕様になったことから、現時点では未対応」だとしているようですが、、日本でもApple Payへの対応は検討している模様です。時間の問題のような気がします。

ただし、Visaブランドが付いたクレジットカードが全く使えないというわけではなく、Apple Payのサイトで紹介されている10のクレジットカード会社(イオンカード、au、オリコ、クレディセゾン、ソフトバンク、トヨタファイナンス、dカード、ビューカード、三井住友カード、MUFJカード、楽天カード)発行のクレジットカードなら大丈夫。VisaブランドであってもApple Payに登録でき、店舗での利用は可能です。一例を挙げれば、三井住友VISAカードオリコカードザポイント(国際ブランドVISA)などは、Apple Payに登録できますが、オンラインでは利用できないということになります。

Apple Payで利用できるクレジットカード:
クレジットカードの種別 利用できる場所
JCB、アメックス、イオンカード、au、オリコ、クレディセゾン、ソフトバンク、トヨタファイナンス、dカード、ビューカード、三井住友カード、MUFJカード、楽天カード発行の
American Express、JCB、MasterCardブランドのクレジットカード
店舗でもオンラインでも使える
上記クレジットカード会社発行のVisaブランドのクレジットカード 店舗では使えるがオンラインでは使えない
上記以外のクレジットカード会社が発行するクレジットカード 店舗でもオンラインでも使えない

Apple Payは、各クレジットカード発行元と契約しているため、提携カード発行会社のクレジットカードしか利用できません。ただし、提携クレジットカード発行会社のカードであっても、アプリ内やネットショッピングなどのオンライン決済では、国際ブランドで認証を行うため、国際ブランド自体の対応によって決済ができるかどうかが決まるのではないかと思われます。

クレジットカード以外では、開始時点ではソフトバンクカード(プリペイドカード)が入っています。今後、どこまでの種類のカードがApple Payに対応するのか、デビットカードの扱いはどうなるのかなど、詳細はまだよくわからないのが現状です。提携はこれから急ピッチで進んでいくのではないでしょうか。噂レベルでは、JCBプレモカード、LINE Payカードなどのプリペイドカードも対応するのではないかと言われています。

Apple Payでの支払い方法:

ここからは、登録したクレジットカードを使っての実際の支払い方法の話をします。

実店舗での支払い:

iD払い、またはQuicPay払いとして支払う:

クレジットカードをたくさん保有している暮角べんり君実店舗では、後払い電子マネーである「iD」または「QuicPay」として支払います。当然ながら、Apple Payが使える店舗は、iD、QuicPayの加盟店ということになります。Appleのプレスリリースによれば、「これは日本の大規模店舗での全取引のほぼ3分の2近くに相当します」ということです。

注意点としては、支払いの際に「Apple Pay払いで」とではなく、「QUICPay払いで」または「iD払いで」と言うようにしてください。

iDやQuicPayが付帯していないクレジットカードは?

ところで、iDやQuicPayが使えるようになっているクレジットカードもありますが、そうではないクレジットカードもありますよね。その場合はどうなるの?と、気になる方も多いことでしょう。

でも、大丈夫。Apple Payでは、iDやQuicPayが付帯していないクレジットカードでも使うことができます。そして、クレジットカード会社ごとに、どちらで支払うかが決まっているようです。つまり、QUICPay組と、iD組に分かれる感じです。

クレジット会社別:Apple Pay支払い時の対応対応電子マネー:
電子マネーの種類 クレジットカード会社
QUICPay

JCB
セゾンカード
オリコ
トヨタファイナンス
ビューカード
KDDI(au WALLET)
MUFJカード
楽天カード

iD NTTドコモ(dカード)
三井住友カード
ソフトバンクカード
イオンカード

上記は、各社のプレスリリースの内容により作成しました。詳細は各社のプレスリリースを集めた以下の記事を参考にしてください。
クレジットカード各社の「Apple Pay」への対応に関するリリースを集めました
JCB、American Expressに関しては、国際ブランドの運用に合わせ自らクレジットカードの発行も行っています。
 このうちAmerican Express自身が発行するプロパーカードに関する詳細は不明です。

QuicPayを運営するJCB、iDを運営するNTTドコモはともかくとして、それ以外のクレジットカード会社は、2社のいずれかと提携するかたちなのだと思います。

例えばクレジットカードに付帯させる電子マネーとしてiDもQuicPayも提供しているオリコの場合も、上記のようにApple Payに関してはQUICPay(JCB)と提携しているようです。自分の持っているオリコカードにはiDは付帯しているけど、Apple Payでの支払い時にはQUICPayで支払う…ということもあり得るわけですね。このあたりは、頭を整理して混乱しないようにしたいですね。

オンラインでの支払い方法:

アプリケーション内での支払いや、インターネットショッピングでもApple Payで支払いをすることができます。

アプリケーションやオンラインショッピングのお支払いにもApple Payをご利用いただけます。Touch IDに指を載せるだけで簡単にお支払いが完了し、配送先や連絡先、クレジットカード番号などをお買い物の都度入力する必要がないため、外出先でも簡単にお買い物を済ませることができます。

インターネットショッピングで支払い方法を選ぶときに支払い方法を選びますが、その選択肢に「Apple Pay」という項目が追加されるイメージだと思います。

Apple PayでのSuicaの利用:

Apple PayでSuicaを利用する場合は、登録したいSuicaカードやSuica定期券の情報(残額や定期券情報)を端末内に転送。これだけで、いつでもiPhoneなどでSuicaが利用可能になり、改札をタッチして通ったり、コンビニで支払えたりするようになります。

Apple Payの公式サイトには以下のように書かれています。

Apple PayでSuicaを使い始めるには、まずiPhone 7をあなたのSuicaカードかSuica定期券の上に置いてください。あなたのSuicaの残額やSuica定期券の情報がすばやく転送されます。これであなたのSuicaがiPhoneに入ったので、もうプラスチックのカードを持ち歩く必要はありません。

上記の表現はやや誤解を招きますが、Suicaの情報を移したら、それ以降、そのSuicaカードは使えなくなります。また、iPhoneなどで実際にSuicaを使用する際は専用のアプリケーション等を開く必要はなく、スリープした状態でも使えます。

Apple Pay-Suica登録したSuicaには、Apple Payに登録したクレジットカードやプリペイドカードから簡単にチャージしたり、定期券を更新したりすることガできます。

モバイルSuicaとは違う:

Apple Pay開始に伴ってJR東日本では、iPhone用の「Suicaアプリ」の提供を開始しました。このアプリを使えば、これまでおサイフケータイでしかできなかった、モバイルSuicaへの会員登録も可能になります。

ただし、Apple PayにSuicaを登録するだけであれば、モバイルSuica会員には登録しなくても大丈夫。Apple Payでのチャージの他、カード型Suicaと同じようにコンビニなどでの現金チャージも行えます。無記名式でも登録でき、会員登録は不要。iPhoneでの新規発行も可能で、Apple Payでチャージも行えます。使うクレジットカードの切り替えもできるし、年会費もいらないし…と、モバイルSuicaの人から見ると、うらやましい感じではないでしょうか?また、Apple Payでもビューカードを登録すればオートチャージの利用も行えます。

モバイルSuicaとApple PayによるSuica利用の比較:
 利用条件 従来の モバイルSuica  Apple PayでのSuica利用
サービス提供元 JR東日本 アップル+JR東日本
対応機種 おサイフケータイ対応の携帯電話、スマートフォン iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2
Suica専用アプリ 要(モバイルSuicaアプリ)
会員登録 選択可能
(会員登録なしでも利用可能
クレジットカード モバイルSuica用のクレジットカードを登録 Apple Payに登録したクレジットカードやプリペイドカード(複数登録、切り替えも可能)
モバイルSuica会員になった場合は、その登録カードも使用可能
年会費 要(1,030円)
※ビューカードを登録すれば無料

要(1,030円/ビューカードを登録すれば無料)
会員会員登録しない場合は不要

特急券が割安で購入できたり、旅行予約変更が簡単にできる「モバイルSuica特急券」などのサービスは、モバイルSuicaに登録しなければ使えませんが、あくまでも、タッチして改札を通ったり、支払いに使えればいいというのであれば、会員登録なしでも大丈夫です。

ApplePayが使える場所:

最後に、サービス開始時点でApple Payが使えるとされている場所を紹介します。

ApplePayが使える実店舗:

Apple Payの公式サイトでは以下の用に紹介されています。

Apple Pay 利用できる店舗

具体的には以下のような店舗でApple Payを使うことができます。

・交通系電子マネーのSuicaが使えるお店(PASMOなどの相互利用が可能な各種電子マネー含む)
・後払い式電子マネーのiD、QUICPayが使える店舗

iDが使える店舗検索
QUICPayが使える店舗検索
Suicaが使える店舗検索

店舗でのApplePayでの支払い手順

支払時にはiD、QUICPay、Suicaのいずれかで支払うかを伝える必要があります。繰り返しになりますが、「Suica払いで」「iD払いで」「QUICPay払いで」などと店員さんに伝えましょう。「Apple Pay払いで」と言っても払えません。

支払時はiD、QUICPayの場合は、Touch IDに指を載せたままリーダーにiPhoneをかざします。Suicaで支払いを行う場合は改札を通るときと同じで、Touch IDによる認証は必要なく、端末ををリーダーにかざすだけでOKのようです。

Apple Payの公式サイトでは以下のように説明されています。

まずレジの担当者に、QUICPay、iD、Suicaのいずれかで支払うことを伝えてください。QUICPayかiDで支払う時は、iPhone 7の場合はTouch IDに指を載せたままiPhoneをリーダーにかざしてください。

Apple Watch Series 2では、サイドボタンをダブルクリックしてからリーダーにかざしてください。
Suicaで支払う時は、デバイスをリーダーにかざすだけで支払いが完了します。

Apple Payが利用できるオンラインショップやサービス

applepay-iconいまのところ、Apple Payを採用することを表明しているオンラインショッピングサイトとしては、ソーシャルギフトサービス「giftee」、じゃらんnet出前館TOHOシネマズタクシーの日本交通BASEハンドメイドマーケット「minne」があります(Apple のプレスリリースより)。その他、VeriTrans3G、ソフトバンク・ペイメント・サービスなどの決済代行会社が、事業者向けオンライン決済メニューとしてApple Payへの対応を表明していますので、これを利用するオンラインショップは増えて行くものと思われます。また、大手ショッピングモールでも対応が進むと思われます。

Apple Payに対応するオンラインショップには、Apple Payのマークが表示されます。

 

以上、Apple Payについて、サービス開始時点での情報を更新しました。クレジットカードの使い方・活用の幅が広がりそうですね!もしかしたら、理解が違っているところもあるかもしれませんが、情報を確認しながら随時更新していきたいと思います。

クレジットカードイメージ画像クレジットカードのことを、あなたはどう呼びますか?

ちゃんと「クレジットカード」と呼ぶ方は意外と少ない気がします。ふと思いついて、私の周りで何人かに軽くリサーチしてみたところ、単に「カード」と言う、という人が多かったですね。

ダントツに多いのは「カード」。「カード払い」と言えばどこでも伝わる:

須田さいこちゃん(暮角べんり君の彼女)確かに、「カードで買っちゃおうかな」などと言いますし、買い物をした時などにも、店員さんに「カードでお願いします」とか「カード払いで」などと言いますよね。

小売店で働いている知人に聞いてみたところ、クレジットカードで支払いをする時に「クレジットカードで」という人と、「カードで」という人は、ざっくり3対7くらいかなぁ…と、言ってました(あくまで、その人の個人的な感覚ですが)。何も言わず、黙ってカードを差し出す人も意外と多いらしいですけどね(笑)。

よく考えたら、クレジットカード以外にもプリペイドカードやデビットカード、電子マネーカードなど、世の中には支払い用カードがあふれています。それでも、多くの場合、「カード払い」といえばクレジットカード払いのことだという、暗黙の了解がありますよね。クレジットカードが一番最初に普及した支払い用カードなので「カード=クレジットカード」というイメージができあがったのでしょうか。

「クレカ」という略称は、マイナー?それとも…

他には、クレジットカードには「クレカ」と言う略称もあります。ただ、これは、私のようにクレジットカードの情報サイトを運用している人間にとっては普通なんですが、一般の会話などではそれほど使われないかもしれないですね。周りに聞いてみれも、「何、それ?」という感じで、Suica(スイカ)などのように、何か特定のカードの名前だと思った人もいました(-_-;)。

昔、テレフォンカードを「テレカ」という省略で呼んでいたことを考えると、クレジットカードのことを「クレカ」というのは案外自然ではあるんですけどね。どうなんでしょう?

もっとも、今やテレフォンカード自体知らない人が多いですし、Apple Payなどでスマホでのクレジットカード支払いが増えてくると、ますます伝わらなくなるかもしれません。何しろ、「カード」というかたちで使うこと自体が減っていくわけですから。その時には、どんな略称が生まれるのでしょう!?スマホでクレジットカード払いにする「クレホ」払いとか?

意外と知ってるという見方も…

ちなみに、それでも、インターネット検索で「クレカ ○○」などとと検索してサイトに来てくれる方は案外と多いんですよね。お店では「クレカ払いで」などとは言いませんが、文字としては、案外知られているのかなぁ…などとも思う今日この頃です。クレカという言葉には、使われ方に特徴があるのかもしれません。みなさんは、どうですか?

ちなみに雑談と言えば、前にこんなのも書いています。もし、よかったら、どうぞ^^

高級ホテルでのクレジットカード払い。リッツカールトンで年会無料カード使っちゃダメ?

今のお勧めカード

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

ピックアップ記事

一覧を見る

カテゴリー一覧

アーカイブズ

タグ一覧