メニュー

クレジットカード国内旅行傷害保険の概要と活用法を徹底解説

記事更新日:2017年11月5日

印刷する

国内旅行保険の特徴と活用法

 

国内旅行傷害保険は、国内旅行中に事故にあってケガをしてしまったなど、様々なトラブルを補償してくれる傷害保険のこと。クレジットカードの中にはこの国内旅行傷害保険が付いているクレジットカードがあるため、頻繁に国内旅行に行く、などという方はこの保険が付いているクレジットカードを選ぶと良いだろう。

 

なお、国内旅行傷害保険は一般に国内旅行保険と呼ばれることが多いので、以下ではその表現を使っていく。保険としてはどちらも同じものだ。

 

このページの目次:

クレジットカード付帯の国内旅行保険に関するまとめ:

クレジットカード付帯の国内旅行保険とは?:

国内旅行中のケガによる死亡や入院などを補償:

スカイツリー周辺を散歩する暮角べんり君海外旅行に行く場合にはほとんどの人が保険を意識するだろうし、自分で旅行保険に加入する人も多いと思う。しかし、国内旅行で保険に加入する方は少ないはず。クレジットカードの付帯保険で、万一の場合の補償を受けることができるとしたら、そのメリットは大きいといえるだろう。

 

クレジットカードによって補償内容や保険金額、適応条件などは異なるが、国内旅行保険があれば、国内で旅行中にケガをして死亡・後遺障害になった場合や、入院費、通院費、手術代などを補償してもらえる

 

補償の適用範囲は割と狭い:

ただし、国内旅行保険には意外と制約が多い。海外旅行保険の場合には病気や事故の他、思わぬアクシデントなども幅広く保険の適応となることが多いが、国内旅行保険の補償は原則として、死亡とケガに対するものが中心だという違いがある。

 

金額もそれほど大きくはない:

補償内容は、クレジットカードによっても異るので一概には言えないが、一般的に言えば、年会費が1万円以上かかるようなクレジットカードでも、死亡補償は5,000万円程度が最高額となっているケースが多い。

 

低年会費のカードや年会費無料のクレジットカードでは補償額はさらに低く、1,000万円程度などという場合も少なくない。旅行の目的などによって、死亡補償をしっかり付けたいというような場合には、付帯保険に頼るのではなく、生命保険など死亡時の補償が厚い、特化した保険に加入しておいたほうが安心だ。

 

国内旅行の補償はほとんどが「利用付帯」:

クレジットカード付帯の旅行保険には、旅行費用などをクレジットカードで支払うことを条件とする「利用付帯」と、クレジットカード利用に関わらず適用される「自動付帯」があるが、国内旅行保険では、ほとんどが利用付帯となっている。

 

保険の適用をうけるためには、クレジットカードで旅行費用を払っておかなければならないので気を付けよう。

 

国内旅行保険が適用されるケース:

ここからは、国内旅行保険は具体的にどのようなシチュエーションで適用されるのかを説明して行こう。先ほど説明の通り、補償範囲が限られる国内旅行保険では適用条件をよく理解しておく必要がある。ここは、しっかりと理解しておくようにしよう。

 

交通機関を利用中に事故に遭い、死亡もしくはケガをした場合:

女教師になった須田さいこちゃん(べんり君彼女)クレジットカードの国内旅行保険の多くは「公共交通手段で移動中に限り」のような文言が記載されている。バス・電車・飛行機・船など公共交通機関の利用中に起きた事故によって、死亡あるいはケガをした場合は補償の対象となるが、駅まで歩く途中や、マイカーで旅行中のケガなどには適用されないと考えておこう。

 

タクシーでの事故は?

タクシーも公共交通機関とみなされるという判断もあるが、国内旅行保険のほとんどは利用付帯(そのカードで支払いをしていることが条件)。クレジットカードであらかじめ料金を支払っている必要があるので、貸し切りで先払いしていたような場合ならOKだが、自宅から駅に向かうためにタクシーを利用していたというような場合には保険適用は難しいだろう。

 

宿泊先で火災・破裂・爆発事故に遭った場合:

ホテルや旅館などの宿泊施設での事故による傷害も補償対象となるが、火災・破裂・爆発などの事故による場合に限定される。例えば、

 

・ホテルの厨房から火災が起きて負傷した
・プロパンガスが破裂、爆発して負傷した

 

などというケースが考えられる。

 

旅行会社がなどの宿泊ツアー参加中の事故全般:

旅行会社などが企画した宿泊を伴うツアー参加中に起きた事故で死亡(あるいは負傷)した場合も、補償対象となる。ツアー参加の場合は、火災・破裂・爆発などの事故原因による制限はなく、ツアー中の事故全般が補償対象となるのでわかりやすく安心

 

個別に企画した旅行よりも、ツアーの方が補償を受けやすいということになる。ただし、日帰りツアーは含まれない。

 

【注意】本人の過失による場合は補償されない:

冒険をする暮角べんり君国内旅行保険では、本人の過失による傷害は対象外となってしまうので、要注意。以下のような場合は過失があるとみなされ、補償対象外となる。

 

・誤って足を滑らせて転び、ケガをした
・立ち入り禁止区域に入り、池に落ちた
・ホテル宿泊中に階段から落ちてけがをした

・旅館で寝たばこをしてボヤを出し火傷した

 

また、ツアー参加中の事故であっても、自分でレンタカーを借りて事故を起こしてしまった場合などは本人の過失とみなされ、補償は受けられなということも覚えておいてほしい。

 

国内旅行傷害保険付きクレジットカードの活用法:

年会費有料のクレジットカードが基本:

国内旅行傷害保険付きクレジットカードでは、基本的には年会費が発生してしまう。そもそも、ゴールドカード以上にならなければこの保険自体が付いていないからだ。

 

クレジットカードの種類 保障ランク 備考
年会費無料カード ×~△ ほぼ全ての年会費無料クレジットカードでは国内旅行傷害保険が付いていない。もし国内旅行傷害保険付きの年会費無料クレジットカードがあれば、すぐに申し込むと良いだろう。但し、ついていたとしても限度額1000~2000万円程度のものしかないため、遺族のために残す金額としては物足りないと思われる。
一般的なカード ×~△ 年会費無料のクレジットカードと同様、年会費が数千円以内のようなクレジットカードでは、この国内旅行傷害保険は付いていない場合が多い。しっかりとこの保険が欲しいのであれば、やはりゴールドカードを狙うのが良いだろう。
ゴールドカード ○~◎ 多くのゴールドカードでこの国内旅行保険が付いているが、中には付いていないゴールドカードも結構あるため、保険目的でゴールドカードを作る場合には確認が必要。大手クレジットカードブランドが発行しているゴールドカードなら、入院保障や通院保障まで付いている場合も。
プラチナカード以上 保障金額が5000万円~1億円、中には2億円以上もの保険が適応になる場合も。家族が居る方などは保険目的でプラチナカードを狙ってみるのも良いだろう。

 

国内旅行保険は必要?

冒険をする暮角べんり君このように見ていくと、国内旅行保険で補償が受けられるケースはかなり少ない感じがするかもしれない。しかし、そもそも、そのようなめったにない事態に備えることこそがが保険の役目でもある。ぜひ、有効に活用して欲しい。

 

家族特約の付いたクレジットカードを探してみよう:

国内の数泊程度の旅行に行くために、わざわざ保険に加入する方は多くないと思うが、国内旅行保険に別途加入しようとすると3泊で千円程度の保険料が発生してしまう。もし、家族4人なら4千円ということになってしまうので、頻繁に家族旅行をするなどと言う場合は、国内旅行傷害保険が付いたクレジットカードを持っておいた方がお得だろう。

 

その場合、カード会員本人だけでなく、家族にも保険が適用される家族特約についた保険が付帯していれば安心! 家族カードを発行して家族会員にも保険を適用させる方法もあるが、クレジットカードを持つことができない18歳未満のお子さんがいる場合などには、家族特約がついているクレジットカードを選ぶようにするのがおすすめだ。

 

以上、クレジットカード付帯国内旅行保険について説明した。旅行好きの方は、国内旅行保険が使える付いたクレジットカードをぜひ有効活用して欲しい。

 

国内旅行傷害保険付きのクレジットカード特集!

 

この記事に関する参考リンク:

付帯保険に属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。フリーターでも20歳以上なら申込可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動