メニュー

ETCカードとは?

記事更新日:2015年4月15日

印刷する

ETCカードの特徴とその活用方法を徹底的にまとめ

 

ETCカード(イーティーシーカード)とは高速道路の自動通過料金支払いシステムであるETCで使うことの出来るクレジットカードのこと。通常はETC車載機と呼ばれるETCカードを読み取る装置に差し込む形で使う(車に備え付けられているケースや、別途、外付けで取り付ける必要性有り)。

 

ETCカードは別名、ETC専用カードと呼ばれることもある。

 

ポイントが貯まりやすいETCカード特集

ETCカードの申込方法や作り方:

ETCカードは原則、クレジットカードに付属するカードとして発行されているICカード。つまり言い換えれば、ETCカードを手に入れるためにはクレジットカードの申し込みがどうしても必要になるということでもある。ここではそんなETCカードについて、基礎的なことを詳しく説明していきたいと思う。

 

ETCカードの基本の基本:

ETCカードはあくまで高速道路料金を支払うための機能をもったICカードゆえ、レストランでの支払いに使ったり、デパートでの買い物に利用するといった通常のショッピングには利用することが出来ない。

 

また、クレジットカードの申し込みが必須になるため、18歳未満の方は申し込みが出来ず、18歳以上の場合でも、学生、もしくは定期的な収入がある方でないと申し込みすることが出来ない(残念ながら無職の方や18才でも高校生では入手不可能)。

 

■高校生ではETCカードを作ることは出来ない:
18才の高校生は車の運転免許証を取得することは出来るのに、ETCカードの発行をすることは出来ない。そのため、高速道路の運転をする必要性がある場合には現金で高速道路料金の支払いをするか、父親や母親といった親権者に家族カードを作ってもらい、そのカードにひもづける形でETCカードを発行してもらうしかないだろう。やや不便だが、高校を卒業するまでの辛抱だと思って欲しい。

 

ポイントが貯まりにくいものと貯まりやすいものがある:

あまり知られていないが、ETCカードの中にも利用金額に応じてポイントが貯まりやすいものと、ポイントが貯まりにくいものが存在する。

 

ポイントが貯まりにくいETCカードの場合、高速道路料金に対して0.3%程度しかポイントが貯まらないのに対し、貯まりやすいクレジットカードの場合には1%以上、最高レベルに貯まりやすいものの場合には2%近くものポイントが貯まる。つまり単純計算でしかないが、貯まりにくいETCカードと貯まりやすいETCカードでは、実に3~5倍以上も、ポイントが貯まるスピードが異なるのだ。

 

もしかするとあなたが今、利用しているそのETCカードはポイントが貯まりにくいETCカードであるのかも…。一般的なETCカードのポイント還元率は0.5%に設定されているため、ポイントについて詳しく考えたことがない方は、是非、当サイトがお薦めするポイントが貯まりやすいETCカード特集を参考にしてみてほしい。利用金額が多い人であればあるほど、年間で数千円以上もの節約差が出ることまちがいなしである。

 

ポイントが貯まりやすいETCカード特集

ETCカード利用上の注意点:

次に、ETCカードを利用する上での注意点をいくつかまとめてみた。ETCカードを使うなら、きちんと理解しておいてほしい。

 

ETC一体型クレジットカードは持たない方が無難:

ETCカードとクレジットカードが一体になったETC一体型クレジットカードという便利なものも、世の中では発行されている。これなら通常であればクレジットカードとETCカードの2枚持ちをしなくてはならないところを1枚で済むため、カード枚数が増えがちな財布にも優しいことだろう。

 

しかし、あくまで個人的な見解ではあるが、これらのETC一体型クレジットカードを持つことはお薦めしない。理由は非常にシンプルで、車の中に忘れてしまいがちなETCカードがもし車上荒らしなどで盗まれてしまった場合、その損失が大きくなってしまう弊害があるため。

 

例えばETCカードを盗まれてしまった場合には、高速代金の支払いのみでしか利用できないためにあまり損失が膨らむことはないが、クレジットカード機能が付いたETC一体型クレジットカードの場合には、どんなものでも買い物が出来てしまう。クレジットカードには盗難保険が付いているため、どちらの場合でもそれほど差はないのだが、万が一の時のことを考えるとやはり、ETCカードにはクレジットカード機能が付いていないほうが安心だと言えるだろう。

 

ETCカードには年会費有料なものも多い:

2008年から2009年には、発行手数料も年会費も無料というETCカードが大多数だった。ETCカード全盛時代といっても良いこの時代にETCカードを作った方には、それがむしろ常識とさえ思う方も多いだろう。

 

しかしこの流れは2010年頃から一変する。一部のクレジットカードに付属するETCカードが、年会費無料から年会費有料へと切り替わってしまったためだ。

 

現在、確認できている有料の条件としては、

 

1.完全に年会費有料。どんなにETCカードを使っても年会費が自動的にかかるもの。
2.利用条件付きETCカード。利用金額によってはETCカードの年会費が無料になる。
3.親カードの利用実績に応じて、年会費が有料になったり無料になるETCカード。

 

の3種類がある。

 

有料ETCカードを利用する場合には、上記3つのうち、どれに当てはまるのかをきちんと確認した上で、利用してみてほしい(お薦めはやはり年会費無料のETCカード利用)。

 

年会費有料のETCカードのほうがお得になる場合も:

前述のように、ETCカードの中には持っているだけでお金がかかる年会費有料のETCカードが多数存在する。

 

わざわざ年会費有料のETCカードを利用するなんてもったいないことをするより、年会費無料のETCカードを利用する…というのが、現実的には一番賢い選択肢であるのは事実だが、中にはETCカードのポイント還元率が高く、年会費有料でも利用したほうが良いETCカードも存在する。

 

理由はシンプル。利用金額に応じてETCカードのポイントがザクザク貯まるため、年会費分を支払ってもその元が取れるケースが存在するため。損して得取れの精神で使うことも出来るのだ。

 

ただあくまでそれらの年会費有料ETCカードがお得になるのは、月に5000円~1万円以上の高速代金を支払うような高速道路のヘビーユーザー向け。月に3000円も高速代金を利用しないよ~という方は、やはり年会費無料のETCカードを利用すると良いだろう。

ETCカードはクレジットカード機能無しで作れないのか?

最後にETCカードはクレジットカード機能無しでは作ることは出来ないのか?

 

これについて結論をお伝えすると、残念ながらETCカードはクレジット機能無しで作ることは出来ない。多くのクレジットカードを持ちたくないという現金主義の方や、クレジットカードを作れないという方からこれに関しては多くの声があがっているのだが、現在、残念ながらクレジットカードを申し込まないとETCカードを作ることは出来ないのである(厳密にいうとETCパーソナルカードというクレジット機能無しのETCカード作成は可能なのだが、多額のデポジット金が必要など不便なため個人には使いにくい)。

 

やはり理由としては以前のハイウェイカードはプリペイド方式(先にお金を払って金券を購入し、利用する)であり、ETCゲートのような止まらないことを前提に作られているETCシステムでは万が一、残高が足りないケースなどにトラブルの元になってしまうためであろう。要するにゲートが開かずに急停止する車が増えてしまうために、クレジット機能付きのETCカードが普及することになったのだ。

 

現状、クレジットカードを作りたくないという方は、ETCカード自体を今のところ諦めるしかない状況だと言えるだろう。

 

ポイントが貯まりやすいETCカード特集

付帯カードの種類に属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。パート主婦やアルバイトの学生も可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動