メニュー

電子マネー「楽天Edy」にチャージする方法まとめ

記事更新日:2016年9月28日

印刷する

プリペイド(前払い)型電子マネーである「楽天Edy」は、チャージされていなければ使うことはできない。ここではEdyのチャージ方法をまとめてみたいと思う。

 

楽天Edyの利用方法にはバリエーションが非常に多いので、それぞれに分けて説明して行きたいと思う。最後にマトリックス表があるので、それも参考にして欲しい。

 

1.基本となるチャージ方法、現金でチャージ

2.Edy機能付き楽天カードの場合

3.基本となるチャージ方法、現金でチャージ:

4.iPhone+Edyカードの場合:

5.iPhone+おサイフケータイジャケットの方

6.楽天Edyへのチャージ方法まとめ:

 

現金チャージは、Edyカード(Edy-楽天ポイントカード)、Edy機能付き楽天カード、おサイフケータイなどすべての利用方法で利用できる、もっともベーシックなチャージ方法だ。

1.基本となるチャージ方法、現金でチャージ

コンビニ等で現金チャージする:

レジでEdyチャージ最も手軽に現金チャージができるのはコンビニのレジ。コンビニならどこにもあるし、ほぼすべてのコンビニチェーンが楽天Edyに対応しているので、困ることはないだろう。

 

方法もごく簡単。店員さんに「Edyチャージお願いします」と伝えよう。チャージ金額を伝えてお金を渡し、カードを読み取り機にかざせばOK。コンビニのレジなどでは、タッチパネル式のディスプレイで、チャージしたい金額を自分で選ぶようになっている場合も多い。

 

コンビニ以外では、プロント、喫茶ルノアール、ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ドラッグストアウェルネスなどの店舗で現金チャージが行える(→対象店舗)。

 

チャージ専用機械でチャージする:

Edyチャージャー(現金入金機)楽天Edyが使えるお店では、右の写真のようなEdyチャージャーと呼ばれる現金入金端末が設置されている場合もある。スーパーや書店などで見かけることが多い。

 

Edyチャージャーを利用する場合は、チャージしたい楽天Edyカードまたはおサイフケータイを所定の位置に起き、チャージしたい金額の現金を入れればOK。あのシャリ~ンという音がしたらチャージ完了だ!

 

必要な場合は、領収書も発行できるし、残高確認も行える。ただし、お釣りは出ない機種もあるので気を付けよう。

 

Edy機能付き楽天カードの場合:

楽天カード(クレジットカード)一体型のEdyでは、現金チャージに加えて、以下の方法でのチャージが行える。

 

クレジットカードでのチャージ:

楽天eNAVIにログイン。チャージするEdyカードを選択して、チャージ金額を設定(1,000円~25,000円)。その後、コンビニのKIOSK端末やパソリチャージしたEdyを受け取ることができる。

 

オートチャージ:

一度申込み&設定をしておけば、ファミリーマートでの買い物のたびに、Edy残高が設定金額を下回ると、自動的にチャージされるようになるので便利。オートチャージ金額等の設定は、楽天eNAVIで行うことができ、いつでも変更も可能だ。

 

ポイントからチャージ:

楽天ポイントクラブのサイトから、貯まっている楽天スーパーポイントによるEdyチャージの申込が可能。チャージしたEdyは、コンビニのKIOSK端末やパソリで受け取ることができる。

 

いつでもEdyチャージ:

一度の金額設定だけで、その後いつでも繰り返しチャージを受け取れる方法。設定した分のEdyを、コンビニのKIOSK端末やパソリで、いつでも受け取ることができる(ただし、一日一回まで)。

3.おサイフケータイの場合:

現金チャージに加えて、以下の方法でのチャージが行える。

 

クレジットカードでチャージ:

アプリのユーザー情報登録からクレジットカード情報を登録しておくと、アプリからいつでもチャージが可能になる(クレジットカード情報の新規登録・変更後は、通常翌日正午以降よりチャージ可能)。

 

楽天カードはもちろん、それ以外もほとんどのクレジットカードが登録可能。また、楽天市場の「お買い物で通常使うカード」に設定したクレジットカードでもチャージ可能。

 

銀行口座でチャージ:

あらかじめ金融機関に口座振替の申込みをすることで、銀行口座からの自動引落によるチャージが可能になる(オートチャージの利用もできる)。

 

楽天銀行の他、都市銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行、信用金庫などの提携金融機関が指定できる。

 

オートチャージ:

あらかじめチャージ方法と金額を設定しておくと、1時間に1回残高を確認し、設定された金額以下となった場合に自動的にチャージするサービス。チャージの手間が省ける便利な方法。以下の3つから選ぶことができる。

 

  • クレジットカードでのチャージ
  • 楽天会員IDでのチャージ
  • 銀行口座振替でのチャージ

 

ポイントからチャージ

楽天ポイントクラブのサイトから、貯まっている楽天スーパーポイントによるEdyチャージの申込が可能。チャージしたEdyは、コンビニのKIOSK端末やパソリで受け取ることができる。

 

iPhone+Edyカードの場合:

rc-pasorijpgiPhone専用につくられたカード型のパソリ(RC-390)にEdyカードを装着すると、Bluetoothを利用してワイヤレスで楽天Edyアプリと楽天Edyカードの通信が行える。

 

iPhoneでもおサイフケータイに近い使い方ができようになり、Edyカードの残高や利用履歴をiPhoneで確認出来て便利だ。

 

クレジットカードでチャージ;

iPhoneに接続したEdyカードに、アプリに登録したクレジットカードでチャージする方法。Bluetoothを利用して通信するので、チャージの際はからiPhoneとパソリが通信距離を離れないようにする必要がある

 

オートチャージ:

楽天Edyアプリからオートチャージ設定ができるようになっている。ただし、オートチャージ状態を維持するためには、Edyカードをパソリケースに収納して、常にiPhoneの通信距離内で携行する必要がある。

 

楽天会員IDでチャージ:

アプリのチャージ設定で、楽天市場の会員IDでチャージするよう設定しておけば、楽天市場で「お買い物で通常使うカード」に設定しているクレジットカードでチャージされる(オートチャージの利用も可能)。

4.iPhone+おサイフケータイジャケットの場合:

ジャケットのようにiPhoneに取り付けることで、おサイフケータイの機能を追加することができるオプション器具に「おサイフケータイジャケット01」がある。これを使う方法でも、iPhoneにチャージすることが可能だ。
おサイフケータイジャケット

 

先ほどのカード型のパソリとは違ってiPhoneと離れることがないので、通信距離を気にせず使えるようになる。また、楽天Edy以外に電子マネーiDや各種ポイントサービス、飛行機の搭乗券などにも利用できるようになっている。

 

クレジットカードでチャージ:

楽天Edyアプリのチャージメニューから、チャージ方法として「クレジットカード」を選択。金額を設定してチャージすることができる。

 

ポイントからチャージ:

楽天ポイントクラブのサイトから、貯まっている楽天スーパーポイントによるEdyチャージを申込。その後、楽天Edyアプリで受け取ることができる。

 

楽天会員IDでチャージ:

楽天市場の「お買い物で通常使うカード」に設定しているクレジットカードでチャージする方法。楽天Edyアプリのチャージメニューから、チャージ方法として楽天会員IDを選択した後、金額を設定してチャージできる。

 

楽天Edyへのチャージ方法まとめ:

最後に、ここまでの話のまとめとして、楽天Edyのサイトに掲載されていた表を引用しておこう。

 

edy-charge-map

 

楽天カードのことがよくわかる!まとめ

 

この記事に関する参考リンク:

 

楽天Edyに属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。パート主婦やアルバイトの学生も可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動