メニュー

CIC(シーアイシー)とは?クレジットカード会社の多くが加盟する個人信用情報機関

記事更新日:2016年11月25日

印刷する

個人信用情報機関であるCIC(シー・アイ・シー)を解説

 

株式会社シーアイシー(Credit Information Center Corp. 略称:CIC )は、信販系や流通系のクレジットカード会社が中心となって作られた個人信用情報機関。2016年現在では銀行系クレジットカード会社を含むほぼ全てのクレジットカード会社がこのCICに加盟している。

 

クレジットカードの審査にも深くかかわる機関なので、どのようなところなのか、ざっくりと理解しておくと役立つだろう。

個人信用情報機関CICに関する徹底解説:

クレジットカード審査に影響が大きいCIC:

弁護士になった暮角べんり君(当クレジットカードサイトのキャラクター)現在、日本には3つの個人信用情報機関があるが、CICはそのうちのひとつ。クレジットカード会社が中心となって作られた個人信用情報機関というだけあって、クレジットカードの利用状況などの更新頻度も高く、精度が高い情報が登録されている。そのため各クレジットカード会社が、入会審査などで信用照会する際には必ずCICを確認するとされている。 

 

CICには、専業のクレジット会社の他にも、流通系、家電系、交通系、銀行系などの多くのクレジットカード会社も加入。その他、信販会社や消費者金融のカードローンなど、いわゆるクレジット事業を営む企業も多く加入している。ざっくり言うと、「日本でクレジットカードをつくろうと思ったら、ほぼ必ずCICの個人信用情報を参照される」と思っておけばいいだろう。当然ながら、その登録情報は審査に大きな影響力を持つ。

 

CICは指定信用情報機関に指定されている:

CICは、貸金業法に基づく「指定信用情報機関」としての指定を受けた個人信用情報機関。指定信用情報機関というのは、貸金業者が借り手の総借入残高を把握できるようにするために、信用情報の適切な管理などの条件を満たす信用情報機関として内閣総理大臣に指定された信用情報機関のことで、相互に残高情報等の交流を行うように義務付けられている。そのため、CICに悪い情報が掲載されると、他の指定信用情報機関にも共有されると思っておいた方がよいだろう。

 

CICが記録している情報:

CICがクレジットカードの審査に大きな影響力を持つことは分かっていただけたと思う。そうなると、CICには具体的にどのような情報が登録されているのだろうか?」と、気になると思うが、以下のような信用情報が管理されている。

 

CICで管理している情報:
信用情報の種類 内容 保有期間
申込み情報 クレジット、カードローン、キャッシングなどの新規申込みの情報。
氏名や生年月日、住所など個人の属性、申込み内容に関する情報
6ヶ月間
クレジット情報 CIC加盟会員との契約内容や支払い情報など 契約期間中、および取引終了後5年間
利用記録 クレジット、ローン、キャッシングの利用途上における支払い能力の調査、そして照会した事実の記録 6ヶ月間

 

申し込み情報と契約情報:

CICには、ひとりひとりのクレジットカードに関する様々な情報が集約されているが、クレジットカードに申し込むと次のような記録が残される。

 

申し込み情報:

クレジットカードに申し込むと審査が行われるが、その一環として、クレジットカード会社はCICの情報をチェックする。そのチェックしたという事実も個人信用情報を見ればわかるようになっている。具体的には、いつ、どのクレジットカード会社が情報を閲覧したかという「申し込み情報」の記録が残る。

 

クレジット情報(成約情報):

その後、晴れて審査に通過すると、今度は、その成約情報がクレジット情報として掲載される。具体的には、クレジットカードに関する以下のような情報だ。

 

・クレジットカードの名称、種類

・契約日

・利用限度枠(シッピング枠、キャッシング枠)

 

審査落ちが分かってしまう!

お願いポーズの暮角べんり君もう気づいた方も多いかもしれないが、申込情報の後に成約情報があれば、他社の審査を通ったことが確認できる。

 

しかし逆に、「他社への申込情報があるのに、その成約情報がない」という場合には、「あぁ、他社の審査に落ちたんだな」ということも分かってしまう。また、短期間にたくさんのクレジットカードに相次いで申し込んでいる…などという状況(いわゆる多重申込)も筒抜けになってしまうので気を付けよう!

 

制約情報記載のタイミングはクレジットカード次第なので注意!:

クレジットカードに総量規制の対象となるキャッシング機能がついている場合は、貸金業法の規則によって、審査通過の翌日までにCICに登録しなければならないことになっている。ただし、キャッシング枠がない場合は、クレジットカード任せということになっているのが現実。一般には制約後2営業日程度で記載されると言われているが、外資系のクレジットカード会社等の中には1ヶ月程度かかる場合もあるようなので気を付けたい。単にクレジットカード会社の記載が遅いだけなのに、審査に落ちたと見なされてしまっては損をしてしまう。

 

この点で言うと、CICの申込情報は6ヶ月経てば消えるので、審査に落ちた後に他のクレジットカードに申し込む場合は、6ヶ月以上、間を空けた方が通過の可能性が高まるだろう。

 

支払い情報の更新:

審査に通過して成約情報が掲載されると、毎月の利用や支払い情報が記録されていき、これは2年間残ることになる。つまり、毎月クレジットカードを使って支払いをしているなどと言ったことが過去2年間分丸わかりになるというわけだ。毎月クレジットカードを使い、遅れず払いをすればその記録が残り、「良いクレジットヒストリー」が築かれて大きな信用になる。もちろん、新しいクレジットカードの入会審査なども有利になる。

 

ただし、この情報更新については、クレジットカード会社次第なのが現実。毎月きちんと情報を更新してくれるクレジットカード会社がほとんどだが、アメリカンエキスプレスなどのように「延滞などがあった場合以外は情報更新を行わない」クレジットカード会社もある。

 

支払い情報の更新については、以下のページも合わせて参考にして欲しい!

 

 

クレジットカードが作れない時は、開示請求を:

セレブになった暮角べんり君もしも、CICに悪い情報(金融事故履歴や延滞)が掲載されていると、間違いなくほとんどのクレジットカードが作れなくなってしまうので、注意が必要だ。

 

どのクレジットカードを申し込んでも審査に通らない…などという時は、まずCICに登録されている自分の個人信用情報を確認してみると良いだろう。開示請求をすれば、自分の情報がどのように登録されているのかを知ることができる。パソコンやスマホからや郵送の他、窓口でも開示請求を行うことが可能。開示請求の手続きについては以下にまとめているので参考にして欲しい

 

今よりもお得なクレジットカードを作ろう

 

この記事に関する参考リンク:

個人信用情報の関連データに属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。パート主婦やアルバイトの学生も可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動