メニュー

クレジットカードの適性枚数は何枚?所有枚数の理想を考えてみる

記事更新日:2016年9月26日

印刷する

クレジットカードの適性枚数をわかりやすく徹底解説

 

クレジットカードを使うことに慣れてくると、利用の仕方も拡がって来て、手持ちのクレジットカードの枚数がどうしても増えてしまうのではないだろうか。しかし、いつの間にか増えていくクレジットカードを見ながら、

 

「こんなに何枚も持っていていいのだろうか?」

「何枚くらい持つのが適正なのだろうか?」

 

と、考えたことがある方もいるのではないだろうか?

 

そこで今回は、クレジットカードの適正枚数は何枚くらいなのか?について書いてみたいと思う。この機会に、自分にとっての理想枚数を、考えてみて欲しい。

 

適正なクレジットカードの枚数と選び方のコツ:

1.クレジットカードの適正枚数とは?

適正枚数はライフスタイル次第:

プレゼンをする暮角べんり君(当クレジットカードサイトのキャラクター)こう言ってしまうと、ちょっとずるい答えになってしまうかもしれないが、正直なところ、クレジットカードの適正枚数は、その人のライフスタイルによって大きく異なる。

 

たとえば公共料金の支払いにしかクレジットカードを使わない人が複数枚持っても仕方がないし、逆に頻繁に飛行機に乗る人や、海外によく行く人が1枚だけしか持っていないのでは心もとない。つまり、人それぞれなので、『クレジットカードは○枚持つのが正しい!』という、絶対的な答えは存在しないのだ。

 

他の人は、何枚くらい持っているのか?

とは言え、目安は欲しいはず。枚数について悩んでいる方のために、まずはひとつの参考データを紹介しよう。ジェーシービー(JCB)が、全国の一般消費者を対象に毎年実施している「クレジットカードに関する総合調査」の2015年度の結果レポートだ。

 

それによると、クレジットカード保有者一人あたりの平均保有枚数は3.2枚、平均携帯枚数は2.0枚となっている。つまり、

 

・日本人は平均してひとり3枚のクレジットカードを持っており、

・そのうちの2枚をいつも持ち歩いている

 

ということになる。ちなみに、大きな流れとしては、ひとりあたりの平均保有枚数はやや減少傾向。節約志向が高まっていて、アンケート調査などを見ても、年会費がかからずポイントがたまりやすいお得なクレジットカードの人気が高まっている。

 

2.保有枚数と、メインカードとサブカード:

クレジットカードを選ぶときには、メインカードを決めて、それにサブカードをプラスして行くという考え方がおすすめ。自分の目的に合わせて、最もよく使う1枚を決定。その上で、足りない部分をサブカードで補っていくという考え方だ。現実には難しいが、メインカード1枚ですめば究極の理想と言えるだろう。

 

メインカード、サブカードの位置づけ:
 区分  選び方
メインカード 日頃一番多く使うクレジットカード。
幅広い場所で使える普段使いしやすいクレジットカードを選ぼう。例えば、
・節約志向の方は、どこで使ってもポイントが貯まりやすいカードがおすすめ
・お金に余裕がある方は、サービスが充実したゴールドカードやプラチナカードをメインにするという考え方もある。
サブカード メインカードでは足りない部分を補う、特定目的型のクレジットカード。例えば、
・よくいくスーパーや飲食店で割引やポイント特典を利用するため
・ガソリン給油で割引を受けるため
・電子マネーを活用するため
・定期等を一体にして通勤・通学に使うため
・スポーツクラブなどの会員証を兼ねたカード
・海外で利用するためのカード
・スペシャルカード(誕生月に強いカードなど)
・ポイント特典目当てのカード(楽天市場での楽天カード利用など)
・マイル用のカード(JALカード、ANAカードなど)

 

結局のところ、クレジットカードの保有枚数は、サブカードを何枚持つかで決まると言ってもいいかもしれない。そこは、その人も考え方次第だが、節約の機会をできるだけ取りこぼさないためにサブカードを複数持つ人は多いし、有効活用できるのなら、ある程度の枚数のサブカードを持っていてもいいのではないかと思う。

 

ただし、むやみにつくると管理も大変なことになるので、「勧められたからなんとなくつくった」などというのはNG。自分のライフスタイル重視で考えよう。「どこでも使えるメインカード1枚だけで、サブカードは0枚」など、シンプルな決定をするのもひとつの考え方だと思う。

3.現在の保有枚数別アドバイス:

ここからは、「何枚持つのが良いのか?」と悩んでいる方への参考として、現在の保有枚数別にアドバイスを書いてみたいと思う。

 

適正枚数を独断と偏見で書いてみる:

独断と偏見も混じっているかもしれないので、あくまでひとつの参考として目を通してみて欲しい。

 

クレジットカードの現在保有枚数別参考アドバイス:
現在のカード保有枚数: 詳細事項:
0枚(カード不所持) クレジットカードを持っていない現金主義の方ということになるが、様々な特典を得られる機会をみすみす逃してしまっているのでもったいない気がする。
また、いつまでもクレジットヒストリーが構築できないので、ある程度の年齢を超えると、クレジットカードを作りたくても作れなくなる「スーパーホワイト」問題に遭遇するおそれがある。若い方は、いまのうちに年会費無料のクレジットカードを、まずは1枚作ってみてはどうだろうか。
1枚 年収が高い方
細かな節約に興味が無く、今のカードの使いやすさに満足している方はそのままで十分。1枚持ちなら管理もしやすいし、集中して使えば利用履歴もよくなり、さらに高いグレードのクレジットカードに変更することもできるはずだ。せっかくならプラチナカードブラックカードを目指すと良いだろう。
但し、ほとんど何の特典もないようなプロパーカードを1枚しか持っていない、などとという方は、ちょっともったいない。サブカードををプラスするか、メインカードをより魅力的なものに切り替えてみてはどうだろうか?
年収が普通の方
できるだけ、しっかりと節約しないといけないはず。そうなると、1枚のクレジットカードだけでは、割引サービスなどを受けられる機会を逃しているかもしれない。自分がよく利用するお店や用途をチェックして、メリットが大きいサブカードの追加を検討してみてはどうだろうか?
2枚 普段使い用のメインカードを1枚。そして、よく行くスーパーマーケットなどで特定日の割引を受けられるサブカードを1枚。このような組み合わせなら、まずまずだろう。合わせて、もっと他にも節約ができるサブカードがないか一度チェックしてみてはどうだろうか?
同じ2枚でも、ほとんど使わないカードや勧誘されて何となくつくったカードや無難なプロパーカードしか持っていない、などという場合には見直しをかけたほうが良いだろう。
3~4枚 基本的には適切な枚数と言える。
ただし、徹底して節約したい方なら、数十円単位でも節約を積み重ねることが大事。ポイントや割引機能がついたクレジットカードをフル活用したいところ。今持っているサブカード以外に取りこぼしがないかをチェックして、年会費無料のサブカードをか補強してみてもいいかもしれない。
5~6枚 ちょっと多いかな?と思っている方も多いかもしれないが、様々なサービスで少しでも節約をしようとすれば、どうしてもこのあたりの枚数に落ち着いてしまう。管理上も、どうにか使いこなすことが出来る枚数だと思う。もちろん、あまり使わないカードが混じっている場合は整理してしまおう。
7~8枚 利用目的をよく考えて、必要に応じてこの枚数になってしまった場合は問題ないが、それ以外ではやや多いと思われる。過去半年以上まったく使っていないカードがあれば、この機会に解約してしまったほうが良いだろう。不正利用される危険性もなくなるため、防犯にもなるはずだ。
9枚以上 ちょっと多すぎる枚数ではないかと思う。枚数が多くなると、どうしても管理が不十分になり、セキュリティ上のリスクが出てくる。使っていないクレジットカードは即解約、使っているクレジットカードは集約できないか検討してみると良いだろう。特に年会費がかかるクレジットカードの見直しを優先しよう。

 

上記の通り、私が思うクレジットカードの適正保有枚数は5~6枚。クレジットカードを紹介したサイトや雑誌などではメイン1枚、サブ1枚の2枚持ちを勧めているケースも見かけるが、ポイント制度やクレジットカード特典が、ここまで多様化している今、2枚だけでは特典や節約の取りこぼしが多いはず。少しでも無駄をなくしたいと思っている方は、これくらいの枚数は持っていてもいいのではないかと思う。

 

この情報を参考にして、自分のライフスタイルを見直し、節約できそうなクレジットカードがあれば、この機会にぜひ申込をしてみてはどうだろうか。

 

4.適正なクレジットカード枚数を維持するコツとは?

サブカードには、年会費無料クレジットカードを活用しよう:

家計の節約のためにサブカードを増やしても、年会費がかかったのでは意味がない。メインカードでは、年会費がかかってもサービス重視で選ぶという考え方もあるかもしれないが、サブカードは年会費無料のクレジットカードを積極的に活用したい。

 

クレジットカードの使用感は、実際に使ってみないとわからない部分もある。年会費がかからないクレジットカードを選んで積極的に試し、もし合わなかったら解約して行けばよい。こうして、本当に使えるカードだけを手元に残していきたい。

 

例えばガソリン代が安くなるクレジットカード。それほど車を運転せず、ガソリンスタンドの利用なんて月1回くらいしかない…という方でも、ガソリン代払いに強いクレジットカードを使えば、数百円から数千円の節約にはなる。

 

これを大きい節約と考えるか小さい節約と考えるかは、その人の年収や考え方にもよると思うが、日頃の食費からそれだけ削ることを考えれば、馬鹿にできない金額ではないかと私は思う。試してみる価値はあるのではないだろうか?

 

節約に役立つクレジットカードを探してみよう 

 

年会費有料の中途半端なクレジットカードは解約を:

理由があって持っている場合は別だが、年会費がかかりながらそれほど大きなメリットもなく、サービスや会員特典を利用することもなく、なんとなく持ち続けているような中途半端なクレジットカードはすぐにでも解約したほうが無難だと思う。こういうカードを持っている人は、かなり多いのが実際だ。

 

1年に1度か2度しか利用しなくても年会費はかかってしまう。トータルすれば損失になってしまうこともあるため、本当にその年会費有料クレジットカードが必要なのかをぜひ、考えてみて欲しい。

 

■クレジットカードの解約はものの3分で終わる:
でも、クレジットカードの解約作業って面倒そう…と思う方もいるかもしれないが、実際にクレジットカードを解約するためにかかる時間は3分程度。カード裏面に書いてある電話番号に連絡し、『解約したい』と伝えるだけで簡単に解約できる。「不要なんだけど、解約するのが面倒だな…」と思う気持ちは私も同じで、ついつい解約を面倒くさがって1年以上持ち続けてしまったこともある。そんな自分への反省も込めて書いている。

保有枚数を増やすデメリットを考える:

すべてのクレジットカードをきちんと管理できるという自信がある方は問題ないが、ズボラな方がクレジットカード保有枚数を増やするのは考えもの。毎月の利用明細をチェックできていない、などという方はリスク管理ができていないので要注意だ。枚数が増えるほどカードの紛失や盗難などの可能性は高まるが、利用明細書のチェックが甘いと、不正利用されたとしても見逃してしまうことにもつながってしまう。

 

利用明細書のチェック以外にも、クレジットカードが増えるほど引き落とし日もバラバラになるため、利用代金の振替口座の残高管理にもミスが発生しがち。

 

いくら節約になるからといってクレジットカードをたくさん持つのは、自分の管理能力と相談してからにしよう。

【余談】私のクレジットカード保有枚数:

背広にカードをぎっしり持っている暮角べんり君以上、色々書いてきたが、実は私の現在のクレジットカード保有枚数はというと実に16枚。毎年2枚くらい不要になったクレジットカードを解約し、2枚くらい新しいカードを発行している(ポイント割引率の低下したカードを解約し、割引率の高いカードを新規入会するなど)。

 

もちろんお金に困ってたくさんのクレジットカードを持っているわけではないし、やみくもに欲しいクレジットカードを作ったわけでもない(汗)。目的としては当サイトでクレジットカードを紹介するにあたって、インターネット上の情報やデータを集めて紹介するだけでなく、できる限り自分でも利用してみたいと思っているため。もちろん、すべてのクレジットカードを試すわけにはいかないが、できるだけ確認するようにしたいと思っている。

 

やはり使ってみてわかるサービスや特徴というものもあるので、今後も当サイト運営のために多数のクレジットカードを使いこなしていきたいと思っている。

 

今よりもお得なクレジットカードを作ろう

 

この記事に関する参考リンク:

クレジットカードの効果的な使い方に属している記事一覧

お得なクレジットカード紹介

  • 楽天カード 楽天カード

    インターネット上で大人気のクレジットカードがこの楽天カード。楽天市場でも、それ以外でもお得です。

    Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

    ポイントが劇的に溜まりやすくなったオリコカード。電子マネー2種類も内蔵しているため、とにかく使いやすい。

    アコムマスターカード アコムマスターカード

    申し込んだその日に入手可能なクレジットカード(即日発行可能)。パート主婦やアルバイトの学生も可!

  • MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールド

    MUFGカードの低年会費ゴールドカード。最短翌日発行というスピード審査も魅力。

    JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGE

    18~29才までだけが申込可能な最高クラスのポイント制度を持ったクレジットカード。

    イオンカード(WAON一体型) イオンカード(WAON一体型)

    テレビCMでも有名なクレジットカードがこのイオンカード。20日、30日にイオンで割引が受けられる。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

  • 初めての方向け
    これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。
  • 直ぐに欲しい方向け
    すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。
  • 当サイトお薦め
    当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。
  • 推薦ステータスカード
    ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!
  • 海外に強いカード
    海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。
  • マイルが貯まる
    買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。
  • ポイントが貯まる
    買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。
  • 入会特典でお得
    入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう!

お薦めクレジットカテゴリー

  • お薦めETCカード
    お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。
  • お薦めVISAカード
    当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。
  • お薦め無料カード
    年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。
  • お薦め学生カード
    大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

  • 公共料金の節約に
    電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。
  • ガソリン代の節約に
    ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。
  • 携帯料金の節約に
    携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。
  • ネット通販を賢く
    楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

  • 初めてのクレジットカード入門
    クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。
  • クレジットカード申込から手元に届くまで
    クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。

今のお勧めカード

ピックアップ記事

一覧を見る

当サイト限定入会キャンペーン

一覧を見る

NTTグループカード

【当サイトから申込の方限定】入会&利用で漏れなく全員に2000円のアマゾンギフトカードが貰える!

カードの詳細を見る

主なカテゴリー一覧

トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ移動